• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2018/03/09

期待される最新研究 膵臓がんのバイオマーカーの実状

谷内田真一

膵・胆道癌FRONTIER Vol.6 No.2, 38-42, 2017

言うまでもなく膵臓がんは難治がんである。しかし我々は,献体された膵臓がん患者の解剖サンプルを用いてシーケンス解析を行ったところ,がん細胞は突然変異を繰り返しながら進化を遂げ,最終的に転移能を獲得...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/09

外科手術手技の実際 コツと工夫 EUSガイド下経胃・経肝胆管ドレナージの実際

糸井隆夫/土屋貴愛/田中麗奈

膵・胆道癌FRONTIER Vol.6 No.2, 24-28, 2017

現在,閉塞性黄疸に対する治療としては,ERCPを用いた経乳頭的胆管ドレナージが最も多く行われており,ERCP困難例に対して経皮経肝胆管ドレナージ(PTBD)が選択されている。近年こうした従来のド...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/09

誌上ディベート 局所進行膵癌に対して有効な治療法とは ③各論を総括して

古瀬純司

膵・胆道癌FRONTIER Vol.6 No.2, 22-23, 2017

がん治療が進む中,膵癌は5年生存割合が5-10%と依然予後不良である。膵癌の進行度別の治療選択において,局所進行膵癌は化学療法単独と化学放射線療法が同じレベルで推奨されているが1),どちらをどの...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/09

誌上ディベート 局所進行膵癌に対して有効な治療法とは ②一次治療は化学療法を選択する立場から

須藤研太郎/山口武人

膵・胆道癌FRONTIER Vol.6 No.2, 19-21, 2017

近年,FOLFIRINOX療法やゲムシタビン(GEM)+ナブパクリタキセル(nab-PTX)療法などの有効性の高い治療の登場により,進行膵癌に対する治療は大きな転換期を迎えている。切除不能局所進...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/09

座談会(Round Table Discussion) 胆道癌治療前の病理診断はどこまで必要か

大川伸一/清水宏明/川嶋啓揮/笹平直樹/平岡伸介

膵・胆道癌FRONTIER Vol.6 No.2, 4-11, 2017

胆道癌は国内における年間罹患者約2万人,死亡者数約1.8万人と,膵癌に次ぎ予後の悪い難治癌である。しかしながら,胆道癌の診療領域では必ずしも十分なエビデンスが得られていないテーマが存在し,臨床医...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/09

米国臨床腫瘍学会(ASCO) ASCO Annual Meeting 2016

石井浩

膵・胆道癌FRONTIER Vol.6 No.2, 44-46, 2017

ASCO Annual Meetingが2016年6月3日~7日に米国シカゴで開催された。今回は,膵癌切除後補助療法としてのゲムシタビン+カペシタビン療法の有用性を検証したESPAC-4試験と日本か...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/09

膵癌・胆道癌 診断・治療Q&A Q2. pNETに対するストレプトゾシンの使い方について教えてください

肱岡範/渋谷仁/奥野のぞみ/水野伸匡/原和生

膵・胆道癌FRONTIER Vol.6 No.2, 33-37, 2017

膵神経内分泌腫瘍(pNET)の治療方針は,切除可能であれば外科的切除が第一選択であるが,切除不能例や進行例に対しては薬物療法が検討される。pNETは2010年に改定されたWHO classific...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/09

膵癌・胆道癌 診断・治療Q&A Q1. 膵癌診療ガイドラインの改訂ポイントについて教えてください

山口幸二

膵・胆道癌FRONTIER Vol.6 No.2, 30-32, 2017

膵癌診療ガイドラインは2006年1)に日本膵臓学会より“科学的根拠に基づく膵癌診療ガイドライン”として発刊され,2009年2),2013年3)にそれぞれ改訂版が発刊されている。2009年,201...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/09

誌上ディベート 局所進行膵癌に対して有効な治療法とは ①一次治療は化学療法+放射線療法を選択する立場から

新地洋之/前村公成/又木雄弘/蔵原弘/高尾尊身/夏越祥次

膵・胆道癌FRONTIER Vol.6 No.2, 14-18, 2017

膵癌は早期発見が困難であり,現状では半数以上の患者が診断時切除不能あるいは切除可能境界(Borderline resectable; 以後BR)膵癌となっている1)。日本膵臓学会の膵癌診療ガイドライ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/05/19

欧州癌治療学会議(ESMO) 40th ESMO Congress 2015

石井浩

膵・胆道癌FRONTIER Vol.6 No.1, 44-46, 2016

第40回欧州癌治療学会議(ESMO:The European Society for Medical Oncology)が2015年9月25日~29日にオーストリアのウィーンで開催された。今回はPoste...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/05/19

期待される最新研究 「アミノインデックス技術」を用いた膵がん診断

福武伸康/片山和宏/菊池信矢

膵・胆道癌FRONTIER Vol.6 No.1, 38-42, 2016

膵がんの早期診断および予後改善を図るため,簡便で精度の高いスクリーニング方法が必要とされている。近年では複数のがんにおいて血漿中遊離アミノ酸濃度が特徴的な変動を示すことが報告されており,今回我々...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/05/19

膵癌・胆道癌 診断・治療Q&A 膵癌取扱い規約の改訂ポイントについて教えてください

村田泰洋/岸和田昌之/伊佐地秀司

膵・胆道癌FRONTIER Vol.6 No.1, 30-37, 2016

日本膵臓学会では1980年に膵癌取扱い規約第1版を出版し,その後,改訂が重ねられてきた。2009年に第6版が出版され,7年が経過し,今回,2016年に第7版が出版された。第7版では,これまでにな...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/05/19

外科手術手技の実際 コツと工夫 膵頭十二指腸切除術におけるArtery-first approach~Mesenteric approachの実際

藤井努/山田豪/小寺泰弘/中尾昭公

膵・胆道癌FRONTIER Vol.6 No.1, 24-29, 2016

膵頭部癌は,その解剖学的特徴から,上腸間膜静脈(SMV)/門脈(PV)から上腸間膜動脈(SMA)周囲神経叢背側へ浸潤を認めることが多い。このことから,SMV/PVの合併切除・再建,SMA神経叢浸...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/05/19

誌上ディベート 早期十二指腸乳頭部粘膜内癌に対する手術術式に何を選択するか ①乳頭部局所切除術も選択する立場から

樋口亮太/太田岳洋/山本雅一

膵・胆道癌FRONTIER Vol.6 No.1, 14-17, 2016

現在,十二指腸乳頭部癌に対する標準手術は,全胃幽門輪温存膵頭十二指腸切除術(PPPD)であり,乳頭部局所切除術のコンセンサスは得られていないといえる(胆道癌ガイドライン)1)。しかし,リンパ節転...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/05/19

誌上ディベート 早期十二指腸乳頭部粘膜内癌に対する手術術式に何を選択するか ②膵頭十二指腸切除術を選択する立場から

谷眞至/赤堀浩也

膵・胆道癌FRONTIER Vol.6 No.1, 18-21, 2016

十二指腸乳頭部は胆管が十二指腸固有筋層に陥入してから十二指腸乳頭開口部までのOddi筋に囲まれた特殊な構造の領域であり(図1),同部に発生する腫瘍性病変は膵癌や胆管癌と比較して症例数が少ない。し...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/05/19

誌上ディベート 早期十二指腸乳頭部粘膜内癌に対する手術術式に何を選択するか ③各論を総括して

杉山政則

膵・胆道癌FRONTIER Vol.6 No.1, 22-23, 2016

胆道癌診療ガイドライン(第2版)では,「十二指腸乳頭部癌に対しては膵頭十二指腸切除術が標準的治療であり,局所的乳頭部切除術(外科的,内視鏡的)は推奨されない」と記載されている1)。膵頭十二指腸切...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/05/19

米国臨床腫瘍学会(ASCO) 2016 Gastrointestinal Cancers Symposium

近藤俊輔

膵・胆道癌FRONTIER Vol.6 No.1, 47-49, 2016

2016 Gastrointestinal Cancers Symposium(ASCO GI)が2016年1月21~23日の期間サンフランシスコにおいて開催された。近年のASCO GIでは少数の口頭演題...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/05/19

座談会(Round Table Discussion) 膵癌における家族性腫瘍の臨床上の意義と治療方針

高折恭一/森実千種/菅野康吉/金子景香

膵・胆道癌FRONTIER Vol.6 No.1, 4-11, 2016

家族性膵癌は膵癌症例全体の5~10%に該当し,家族性膵癌家系の個人における膵癌発症リスクは,そうでない家系の個人に比べ有意に高いことが判明している。死亡率が高く,罹患率が低い膵癌のスクリーニング...

⇒全文を見る

category13.gif

2015/11/06

誌上ディベート 膵頭十二指腸切除術(PD)において術前ドレナージに何を選択するか ENBDを選択する立場から

大木克久/杉浦禎一/上坂克彦

膵・胆道癌FRONTIER Vol.5 No.2, 13-17, 2015

「はじめに」膵頭十二指腸切除術(pancreaticoduodenectomy;PD)の適応となる膨大部領域癌では,術前の閉塞性黄疸,胆管炎に対して術前胆道ドレナージ(preoperative b...

⇒全文を見る

category13.gif

2015/11/06

期待される最新研究 わが国の家族性膵癌登録制度について

高折恭一/森実千種/谷内田真一/肱岡範

膵・胆道癌FRONTIER Vol.5 No.2, 42-47, 2015

膵癌に罹患した一対以上の第一度近親者がいる家系を家族性膵癌家系と言う。家族性膵癌家系に発生した膵癌を家族性膵癌とすると,すべての膵癌患者の5~10%は家族性膵癌であることが報告されてきている。家...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す