• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2017/07/18

うつ病のComorbidity パニック症とうつ病

塩入俊樹

DEPRESSION JOURNAL Vol.4 No.3, 24-27, 2016

精神疾患の併存は,通常のことで珍しいものではない.特に,うつ病(Major Depressive Disorder:MDD)と不安症群との併存は約60%と高率である1).臨床的に重要なことは,この両...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/18

うつ病診療のUpdate アンケート・座談会 子どもの虐待とうつ病

岡田俊/奥山眞紀子/亀岡智美

DEPRESSION JOURNAL Vol.4 No.3, 4-15, 2016

岡田(司会):子どもの虐待は大きな社会問題となっていますが,虐待を受けた子どもはメンタルヘルスに大きな問題を抱え,トラウマ関連障害やうつ病といったさまざまな精神疾患に罹患するリスクが高まると考え...

⇒全文を見る

category06.gif category13.gif

2017/07/18

臨床最前線(DEPRESSION JOURNAL) メープル・クリニック

佐藤啓二

DEPRESSION JOURNAL Vol.4 No.3, 16-19, 2016

メープル・クリニックは,滋賀県の琵琶湖南端にある草津市に1997年に開院したメンタルクリニックで,2016年で19年目を迎えます.年間の新患患者数は約1,000名にのぼり,医師は院長のほかに非常...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/18

医療連携通信 あいちGPネットワーク(うつ病医療体制強化事業):一般科かかりつけ医と精神科医との連携への取り組み

舟橋利彦

DEPRESSION JOURNAL Vol.4 No.3, 32-35, 2016

あいちGPネットワーク(General PhysicianとPsychiatristの連携システム)は,2010年度末の臨時国会において,自殺対策を踏まえた臨時予算として愛知県に下り,愛知県より一...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/18

Depression Research Update 日本精神神経学会・第17回精神医療奨励賞 2014年度 日本若手精神科医の会

伊井俊貴

DEPRESSION JOURNAL Vol.4 No.3, 30-31, 2016

日本若手精神科医の会(JYPO)は,若手精神科医が組織を超えた交流により相互に学術的研鑽を深め,海外の若手精神科医との交流を通じて国際的な素養を身につけることを目的として2002年に設立されまし...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/18

学会長インタビュー The Psychiatrist in Japan 第9回日本不安症学会学術大会

神庭重信

DEPRESSION JOURNAL Vol.4 No.3, 28-29, 2016

日本不安症学会は,不安症の理解の普及や,精神医学・心身医学・心理学・教育学の発展と精神保健の充実に寄与することを目的として,2007年に設立されました.会員は,医師や臨床心理士を中心とするコメデ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/18

Topics Q&A 時流解説 エピジェネティクスとはどのような概念ですか

森信繁

DEPRESSION JOURNAL Vol.4 No.3, 22-23, 2016

エピジェネティクスという用語は,1940年代に英国の発達生物学者であるConrad Hal Waddingtonが提唱した概念であり1),遺伝子型と表現型の不一致の原因として遺伝・環境の相互作用があ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/18

身体疾患とうつ病 各種疾患・病態におけるうつ病・気分障害の合併の実情 口腔領域の慢性疼痛と抑うつ

徳倉達也

DEPRESSION JOURNAL Vol.4 No.3, 20-21, 2016

筆者らは,精神科医と歯科医とが連携して口腔領域の症状を有する患者を診療する“リエゾン歯科医療外来”を行っている.その初診患者1,001例の疫学調査を行ったところ,実に60%以上が慢性疼痛の患者で...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/19

医療連携通信 岩手県久慈地域における医療関係者と地域住民が参加する自殺対策

大塚耕太郎/遠藤仁/赤平美津子/中村光/藤澤美穂/本田笑奈/岡田依知奈/酒井明夫

DEPRESSION JOURNAL Vol.4 No.2, 32-35, 2016

「はじめに:久慈地域について」岩手県は日本の北に位置し,広大な県土をもつ.そのなかでも,北部に位置する久慈地域は,山間部は北上山地の山岳地帯であり,沿岸は三陸リアス式海岸が続く.2011年3月1...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/19

日本総合病院精神医学会 肺がん患者に合併する抑うつの危険因子―大規模データーベースを用いた身体・心理・社会的要因の包括的検討― 日本総合病院精神医学会・第18回金子賞(2015年)

清水研

DEPRESSION JOURNAL Vol.4 No.2, 30-31, 2016

「肺がん患者の抑うつ合併に影響する関連要因として「心理要因」が最も大きいことが明らかに」肺がん患者では高頻度に抑うつを呈することが知られ,抑うつが合併することで肺がん治療のアドヒアランス低下,入...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/19

日本総合病院精神医学会 第29回日本総合病院精神医学会総会

三村將

DEPRESSION JOURNAL Vol.4 No.2, 28-29, 2016

日本総合病院精神医学会(JSGHP)は,総合病院精神科医療の推進,発展を主目的として設立された学会です.1988年に第1回総会が東京で開催されて以来,精神医学専門領域の学会として歴史を重ね,現在...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/19

うつ病のComorbidity 社交不安症とうつ病

朝倉聡

DEPRESSION JOURNAL Vol.4 No.2, 24-27, 2016

「はじめに」社交不安症(social anxiety disorder: SAD)は,他人の注視を浴びるかもしれない状況に対して顕著で持続的な恐怖感を抱き,自分が恥をかいたり,恥ずかしい思いをしたり,...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/19

身体疾患とうつ病 各種疾患・病態におけるうつ病・気分障害の合併の実情 耳鳴とうつ病

坂田俊文

DEPRESSION JOURNAL Vol.4 No.2, 20-21, 2016

「はじめに」耳鳴は聴覚異常感のなかでも著しく生活の質(QOL)を低下させうる疾患であり,医師にとっては診療に難渋することが多い.その理由は,耳鳴消失を切望する患者に馴化という現実的な治療目標を受...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/19

うつ病診療のUpdate アンケート・座談会 (座談会)うつ病と認知症

馬場元/天野直二/水上勝義

DEPRESSION JOURNAL Vol.4 No.2, 11-15, 2016

馬場(司会):うつ病と認知症はどちらも高齢者に多くみられる疾患で,相互に合併する頻度が高く,また長期経過においてうつ病から認知症に移行する例も少なくありません.近年,画像診断技術は格段に進歩して...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/19

うつ病診療のUpdate アンケート・座談会 (アンケート)うつ病と認知症

馬場元

DEPRESSION JOURNAL Vol.4 No.2, 4-10, 2016

「アンケート概要」実施日:2016年3月1日~3月24日対象:主に,過去5年間に日本うつ病学会・日本精神神経学会・日本神経精神薬理学会・日本臨床精神神経薬理学会などでうつ病に関する発表を行った研...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/19

Topics Q&A 時流解説 震災後メンタルヘルスの現状について教えてください

富田博秋

DEPRESSION JOURNAL Vol.4 No.2, 22-23, 2016

A.東日本大震災が発生してから5年が経過した被災コミュニティのメンタルヘルスの実態はどうであろうか.15,894名の死者,2,561名の行方不明者,6,152名の負傷者(警察庁発表2016年3月...

⇒全文を見る

category13.gif category06.gif

2016/10/19

臨床最前線(DEPRESSION JOURNAL) 勝山診療所

穂坂路男

DEPRESSION JOURNAL Vol.4 No.2, 16-19, 2016

「診療所開設までの歩みを教えてください」地域における医療供給体制は,医師の地域偏在や在宅医療への早急な誘導政策から,“医療過疎”あるいは“医療崩壊”という言葉にあるとおり,質量ともに危機的状況に...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

うつ病診療のUpdate アンケート・座談会 (座談会)双極性障害の現況

川嵜弘詔/神庭重信/山田和男

DEPRESSION JOURNAL Vol.4 No.1, 11-17, 2016

川嵜(司会):双極性障害はほかの精神疾患との鑑別が難しく,未治療期間が長い,自殺企図率や再発率が高いといった,多くの課題を抱える疾患です.以前より,統合失調症とともに二大精神疾患の位置づけにあり...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

医療連携通信 うつ自殺予防対策「富士モデル事業」8年間の報告

窪田幸久/荒井毅/窪田博/髙木啓/高山大起/外岡雄二/望月美和/内田勝久/松本晃明

DEPRESSION JOURNAL Vol.4 No.1, 36-39, 2016

「はじめに」富士モデル事業とは家族にも社会的にも影響が大きい働き盛り世代の男性に焦点をあて,静岡県富士市(人口約26万人)で進められているうつ・自殺予防事業である(図1).本事業では,かかりつけ...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

アジア精神医学世界大会(WCAP) 日本の救急施設における自殺未遂者と既遂者の自殺企図手段の比較 WCAP 2015 サルトリウスアワード(2015年)

衞藤暢明

DEPRESSION JOURNAL Vol.4 No.1, 34-35, 2016

「救命救急センターに搬送された自殺企図者に可能な限り介入」福岡大学病院の救命救急センターは三次救急を担っており,年間50~70人の自殺企図者が搬送されてきます.そのうち約70%が未遂者ですが,救...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す