• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2016/08/31

日本精神神経学会 第112回日本精神神経学会学術総会

宮田久嗣

Frontiers in Alcoholism Vol.4 No.2, 47-48, 2016

第112回 日本精神神経学会学術総会が東京慈恵会医科大学精神医学講座 中山和彦主任教授のもとで2016年6月2~4日の3日間,幕張メッセとアパホテル&リゾート東京ベイ幕張で開催されました。大会のテー...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/08/31

若手ドクターの広場 英国でのアディクション留学体験 Addiction training in the UK.

橋本望

Frontiers in Alcoholism Vol.4 No.2, 38-39, 2016

「はじめに」私は,ロンドン国立ギャンブル依存症クリニックに勤務する傍ら,キングスカレッジロンドンの精神・心理・神経科学研究所のアディクション部門で学んでいます。精神科処方ガイドラインなどで有名な...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/08/31

九州アルコール関連問題学会 第28回九州アルコール関連問題学会 北九州大会

杠岳文

Frontiers in Alcoholism Vol.4 No.2, 47, 2016

2015年度の九州アルコール関連問題学会が,2016年3月11~12日の2日間,北九州国際会議場において,松尾病院 松尾典夫理事長を大会会長に「アルコール健康障害対策基本法にいのちを吹き込もう~わ...

⇒全文を見る

category13.gif category05.gif

2016/08/31

Clinical Report 症例紹介 チームで支えるアルコール依存症と注意欠如多動症(ADHD)~現場の支援を支える医療~

田中増郎/橋本耕司

Frontiers in Alcoholism Vol.4 No.2, 44-46, 2016

「はじめに」医療機関を受診するアルコール依存症患者の35~60%に精神科的併存症があると言われている1)。近年,発達症の概念も普及しつつあり,なかでも注意欠如多動症(ADHD)の罹患率は物質使用...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/08/31

Topics アルコール問題対策委員会の活動

新藤利一

Frontiers in Alcoholism Vol.4 No.2, 42-43, 2016

「アルコール問題対策委員会の取り組み」母校の学生が急性アルコール中毒で亡くなったことを受けて,飲酒問題の当事者である学生が立ち上がらなければならないと思い,アルコール問題対策委員会を発足させまし...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/08/31

若手ドクターの広場 揺れる思い,あるいは弁証法的思考 The thought that swings, or dialectical thought.

尾上毅

Frontiers in Alcoholism Vol.4 No.2, 40-41, 2016

「執筆にあたって」2016年4月14日,15日に熊本県周辺で大きな地震があったことはご存知かと思います。私は,その熊本県の熊本市に隣接する菊陽町にある,社会医療法人芳和会 菊陽病院に勤務しています...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/08/31

特集 アルコール依存症治療の変遷 5 地域の回復施設の変遷 Transition of local rehabilitation center

大嶋栄子

Frontiers in Alcoholism Vol.4 No.2, 32-37, 2016

「Summary」中高年男性の断酒(断薬)と新しい生き方の獲得を目的に,当事者の相互援助として日本に根付いた回復施設は,利用者の多様化と重複障害の占める割合が増加するに伴い,この10年で大きく変...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/08/31

特集 アルコール依存症治療の変遷 4 クリニックにおける治療の変遷 Transition of the treatment in the clinic

辻本士郎

Frontiers in Alcoholism Vol.4 No.2, 27-31, 2016

「Summary」アルコール専門外来は1981年の小杉クリニックから始まった。アルコール依存症を専門外来で通院治療することが可能になったのは,大阪方式と呼ばれる地域ネットワークが成熟したからであ...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/08/31

特集 アルコール依存症治療の変遷 3 大阪におけるアルコール関連問題対応の変遷 Transition of the correspondence of alcohol-related problems in Osaka

平野建二

Frontiers in Alcoholism Vol.4 No.2, 22-26, 2016

「Summary」大阪は今も昔も町人の町であり,お上の号令一下で一斉に人が動くような土地柄ではない。したがってアルコール関連問題対応の始まりから大阪方式として,「医療・行政・断酒会の三位一体」が...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/08/31

特集 アルコール依存症治療の変遷 2 自助グループの歴史と変遷 The history and development of self-help groups

齋藤利和

Frontiers in Alcoholism Vol.4 No.2, 17-21, 2016

「Summary」日本における,禁酒運動,断酒運動の歴史的変遷を述べた。日本で1番古い組織的な禁酒運動はクラーク博士によるものであり,その後,彼の教え子である札幌農学校の出身者によって禁酒が守ら...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/08/31

特集 アルコール依存症治療の変遷 1 久里浜におけるアルコール依存症治療の変遷 Transition of the treatment of alcohol dependence syndrome in Kurihama

湯本洋介/樋口進

Frontiers in Alcoholism Vol.4 No.2, 12-16, 2016

「Summary」1960年代に国立医療機関としては唯一のアルコール依存症専門治療病棟が久里浜病院に設立されて以降,アルコール依存症者の主体性を重要視し,開放病棟での治療を中心とした久里浜方式と...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/08/31

Visual View 基礎講座 アルコール依存症の基礎生物学 連載(6)ギャンブル障害の心理生物学

廣中直行

Frontiers in Alcoholism Vol.4 No.2, 6-10, 2016

「非物質「嗜癖」とは何か?」近年,化学物質ではないものへの依存,すなわちDSM-5で「嗜癖性障害群」とされる問題が大きくなってきた。そこで,これから3回にわたってギャンブル,インターネット,人間...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/02/05

European Society for Biomedical Research on Alcoholism(ESBRA) European Society for Biomedical Research on Alcoholism(ESBRA)2015

樋口進

Frontiers in Alcoholism Vol.4 No.1, 83-84, 2016

ESBRAは、ISBRA(International Society for Biomedical Research on Alcoholism)の関連学会である。第15回学術総会は、Consuelo Gue...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/02/05

アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会 沖縄における減酒支援 平成27年度アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会ランチョンセミナー3

福田貴博

Frontiers in Alcoholism Vol.4 No.1, 77-82, 2016

(座長)橋本隆(医療法人社団信和会高嶺病院理事長)「健康長寿復活へ向け「適正飲酒」の普及啓発を推進」沖縄は長寿のイメージが強いが、今や都道府県別の平均寿命は男性で30位、女性で3位に転落した。そ...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/02/05

書籍や映画にみるアルコール依存症 第3回

森川恵一

Frontiers in Alcoholism Vol.4 No.1, 86-87, 2016

松原病院の森川です。お楽しみいただいていた「書籍や映画にみるアルコール依存症」のコーナーも、今回で最終回です。残念ですが、また皆様とお会いできる機会を楽しみにしています。さて、何らかの形でアルコ...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/02/05

世界精神医学会議(WPA International Congress) WPA International Congress 2015(世界精神医学会議 2015)

宮田久嗣

Frontiers in Alcoholism Vol.4 No.1, 85, 2016

WPA International Congressが第4回Asian Congress of Schizophrenia Researchと第4回Congress of Asian College of Neuro...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/02/05

International Society of Addiction Medicine(ISAM) International Society of Addiction Medicine(ISAM)2015

樋口進

Frontiers in Alcoholism Vol.4 No.1, 84, 2016

2014年に横浜で行われたISAM年次学術総会に続き、2015年は英国スコットランドのDundee市で10月5日~8日にかけて開催された。学会長はDundee大学のAlex Baldacchino...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/02/05

Asia-Pacific Society for Alcohol and Addiction Research(APSAAR) Asia-Pacific Society for Alcohol and Addiction Research(APSAAR)2015

樋口進

Frontiers in Alcoholism Vol.4 No.1, 83, 2016

APSAARは、2008年に発足した新しい学会である。この学会はわが国の特に齋藤利和先生と樋口の主導のもとに設立され、学会の事務局も久里浜医療センターにあるなど、わが国に馴染みの深い学会である。...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/02/05

Institute 治療現場最前線 一般社団法人ASW協会

岡﨑直人

Frontiers in Alcoholism Vol.4 No.1, 72-76, 2016

ASW協会(日本アルコール関連問題ソーシャルワーカー協会)は1986年9月、全国のアルコール関連問題にかかわるソーシャルワーカーを中心に、わが国におけるアルコール関連問題に対する社会福祉の増進に...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/02/05

入院治療における心理社会的アプローチ 第2回 アルコール依存症専門病棟を持たない単科精神科病院における心理社会的アプローチの可能性について

吉田精次

Frontiers in Alcoholism Vol.4 No.1, 68-71, 2016

「はじめに」当院は1980年開院、240床の単科精神科病院である。開院当時から徳島県断酒会とのつながりは深く、院内例会はその頃から続いている。アルコール依存症の入院治療プログラムは、筆者が200...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す