• Webマガジン 検索結果

検索結果

category05.gif category13.gif

2016/02/01

Diabetes Frontier Online 3 MODY3へのSGLT2阻害剤の使用経験

上田晃三

Diabetes Frontier Online 3, e1-001, 2016

「要約」症例は20歳女性。10歳時に学校検尿にて尿糖を指摘され,糖尿病の家族歴および遺伝子解析からmaturity onset diabetes of the young type 3(MODY3)と診断され...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2016/01/05

Diabetes Frontier Online 2 高浸透圧高血糖症候群と糖尿病性ケトアシドーシスの合併,さらに麻痺性イレウスを併発した1症例 A case of mixed hyperosmolar hyperglycemic syndrome(HHS)and diabetic ketoacidosis(DKA)with paralytic ileus

高岡佑三子

Diabetes Frontier Online 2, e1-014, 2015

「要約」64歳男性。62歳時に2型糖尿病と診断され,SU剤と持効型インスリンの併用療法を受けていた。2週間前に転倒後インスリン中断,1週間前から腹部が膨隆し,救急車で来院した。軽度意識障害あり。...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/01/05

Diabetes Frontier Online 2 広島県における2型糖尿病治療でのDPP-4阻害剤の処方動向調査 Prescription analysis of dipeptidyl peptidase-4 inhibitors for outpatients with type 2 diabetes in Hiroshima

佐古有紀/三上郁恵/桐林芳江/重山昌人/山口友明

Diabetes Frontier Online 2, e1-013, 2015

「要約」Dipeptidyl peptidase-4(DPP-4)阻害剤は,2型糖尿病治療の種々の問題点を改善することが期待されているが,併用による重篤な低血糖の発症にも注意が必要である。そこで,...

⇒全文を見る

category13.gif

2015/10/08

Diabetes Frontier Online 2 ケルセチンの終末糖化産物(AGEs)形成阻害作用 Inhibition of advanced glycation end products formation by quercetin

石橋裕治/松井孝憲/西秀博/山岸昌一

Diabetes Frontier Online 2, e1-012, 2015

「要約」加齢に伴い生体内蛋白は一様に糖化を受け,臓器障害性の強い終末糖化産物(advanced glycation end products:AGEs)と呼ばれる劣化蛋白を形成するに至る。AGEsの生...

⇒全文を見る

category13.gif

2015/08/04

Diabetes Frontier Online 2 ブロッコリースーパースプラウトの摂取は,血中AGEレベルを低下させる Oral consumption of sulforaphane precursor-rich broccoli supersprouts decreases serum levels of advanced glycation end products in humans

山岸昌一/西野友梨/尾嶋亜弥子/松井孝憲/西秀博

Diabetes Frontier Online 2, e1-011, 2015

「要約」加齢に伴い生体内蛋白は糖化変性修飾を受け,構造的にも機能的にも劣化した終末糖化産物(advanced glycation end products:AGE)を形成するに至る。さらに,AGEは,...

⇒全文を見る

category13.gif

2015/07/22

Diabetes Frontier Online 2 24時間蓄尿を用いたtofogliflozin投与による臨床効果と安全性の検討 The safety and clinical efficacy of tofogliflozin using 24hour accumulated urine analysis

小林一雄

Diabetes Frontier Online 2, e1-010, 2015

「要約」SGLT2阻害薬の臨床効果を正確に検討するため,2型糖尿病症例に24時間蓄尿を行いつつtofogliflozin 20mgを24週間投与した。結果,24時間蓄尿量(mL/日)は1,790±...

⇒全文を見る

category13.gif

2015/06/22

Diabetes Frontier Online 2 レクチャー「糖尿病患者の外食」:⑥居酒屋での注意点,料理選択のポイントとコツ Lecture「Eating out with diabetes mellitus」:⑥Notes in Japanese style bar, food selection points and tricks for diabetes mellitus

岡本智子

Diabetes Frontier Online 2, e1-009, 2015

「要約」居酒屋料理の特徴は,肉や魚を使った「主菜」に相当する料理が多いということです。「主菜」は栄養素でいうとたんぱく質や脂質,塩分が多くなりがちな部分です。「粉もの」と称されるたこやき,お好み...

⇒全文を見る

category13.gif

2015/06/22

Diabetes Frontier Online 2 GLP-1受容体作動薬でコントロール不良な肥満2型糖尿病におけるダパグリフロジン併用療法の検討 Efficacy of dapagliflozin in combination therapy with the glucagon-like peptide-1 analog in obese patients with type 2 diabetes

五十野桃子/藤原和哉/古川祥子/熊谷亮/野牛宏晃

Diabetes Frontier Online 2, e1-008, 2015

「要約」GLP-1受容体作動薬でコントロール不良(HbA1c 7.5%以上)な肥満2型糖尿病患者(BMI 25kg/m2以上)においてダパグリフロジン5mgを3ヵ月間投与し,SGLT2阻害薬併用の有...

⇒全文を見る

category13.gif

2015/06/22

Diabetes Frontier Online 2 レクチャー「糖尿病患者の外食」:⑤弁当・惣菜での注意点,料理選択のポイントとコツ Lecture「Eating out with diabetes mellitus」:⑤Notes in lunch box (deli), food selection points and tricks for diabetes mellitus

渡辺啓子

Diabetes Frontier Online 2, e1-007, 2015

「要約」食べる機会の多様化に伴い,外食や中食が増えています。そして,すぐに食べられるお弁当やお惣菜,加工食品の種類は実にさまざまで豊富に揃っています。忙しい方に限らず便利なデパ地下のお総菜コーナ...

⇒全文を見る

category13.gif

2015/05/25

Diabetes Frontier Online 2 レクチャー「糖尿病患者の外食」:④中華店での注意点,料理選択のポイントとコツ Lecture「Eating out with diabetes mellitus」:④Notes in Chinese restaurant, food selection points and tricks for diabetes mellitus

黒川有美子/碣石峰子

Diabetes Frontier Online 2, e1-006, 2015

「要約」食事をおいしく食べられる条件下にある時こそ,食生活を鑑みるチャンスと考えています。特に食は医師・スタッフにとっても大変身近で他人事では済まされない,患者さんから厳しい視線の注がれる分野で...

⇒全文を見る

category13.gif

2015/04/20

Diabetes Frontier Online 2 レクチャー「糖尿病患者の外食」:③洋食店での注意点,料理選択のポイントとコツ Lecture「Eating out with diabetes mellitus」:③Notes in Western restaurant, food selection points and tricks for diabetes mellitus

西村一弘/藤原恵子/鈴木順子

Diabetes Frontier Online 2, e1-005, 2015

「要約」現在の糖尿病患者の食事療法を取り巻く環境は,ファストフードやファミリーレストランが24時間営業を行い,高カロリー高脂肪食を食べる機会が増えているため,決して良い環境とはいえない状況です1...

⇒全文を見る

category13.gif

2015/04/20

Diabetes Frontier Online 2 レクチャー「糖尿病患者の外食」:②和食店での注意点,料理選択のポイントとコツ Lecture「Eating out with diabetes mellitus」:②Notes in Japanese restaurant, food selection points and tricks for diabetes mellitus

中川幸恵/富永史子

Diabetes Frontier Online 2, e1-004, 2015

「要約」糖尿病患者の治療は,「食事療法」「運動療法」が基本です。良好な血糖コントロールを維持するために食べる量,食べる時間,食べ方,食材の選択など食習慣や食生活の見直し,食事療法の継続が必要です...

⇒全文を見る

category13.gif

2015/03/25

Diabetes Frontier Online 2 SGLT2阻害薬による体組成の変化 Change of body composition by SGLT2i

田村紀子

Diabetes Frontier Online 2, e1-003, 2015

「要約」SGLT2阻害薬は,脱水が影響していると考えられる重篤な副作用の報告があり,体重減少がどの部分でもたらされているか知ることは重要と思われる。タニタマルチ周波数体組成計(MC190)を用い...

⇒全文を見る

category13.gif

2015/03/25

Diabetes Frontier Online 2 レクチャー「糖尿病患者の外食」:①総論 Lecture「Eating out with diabetes mellitus」:①General remarks

幣憲一郎

Diabetes Frontier Online 2, e1-002, 2015

「要約」 糖尿病治療において「食事療法」は治療の根幹をなし,患者の自己管理行動に大きく左右されることはご存知の通りです。特に食事療法の実践において「外食」は大きなウエイトを占め,「食事療法を継続す...

⇒全文を見る

category13.gif

2015/02/26

Diabetes Frontier Online 2 人間ドック受診時のHbA1c異常低値を契機に発見したヘモグロビン異常症の1家系 Case report of one family with variant hemoglobin as detected by abnormally low HbA1c when diagnosed by routine examination

鈴木陽之/倉橋ともみ/滝啓吾/鈴木千津子/森俊明/渡邉峰守

Diabetes Frontier Online 2, e1-001, 2015

「要約」症例1は45歳女性。人間ドック受診時にHbA1c異常低値を指摘。HbA1cは2.9%と低値であったが,75gOGTTで耐糖能障害を認めた。GAは13.5%であった。HPLCにて異常ピーク...

⇒全文を見る

category13.gif

2015/01/28

Diabetes Frontier Online 1 強化療法からSGLT2阻害剤を用いたBOTに切り替え可能であった肥満2型糖尿病患者2症例 Switching from intensive therapy to basal-supported oral therapy with SGLT-2 inhibitor in obese patients with type 2 diabetes: A report of two cases

大藪知香子

Diabetes Frontier Online 1, e1-005, 2014

「要約」目的:強化療法で良好な血糖コントロールが得られた肥満2型糖尿病患者2例の報告を通し、SGLT2阻害剤を用いたBOTへの切り替えの有用性、およびその際のインスリン減量方法を提案する。症例:...

⇒全文を見る

category13.gif

2015/01/28

Diabetes Frontier Online 1 モサプリド内服,インスリン製剤の変更により不安定な血糖変動の改善を認めたインスリン抗体を有する糖尿病の1例 A severe brittle diabetes with insulin antibody successfully treated with mosapride and switched from glargine to degludec

白木梓

Diabetes Frontier Online 1, e1-004, 2014

「要約」症例は80歳,女性。62歳時に糖尿病と診断され,各種インスリン製剤による治療を続けてきた。2013年,徐々に血糖コントロールが悪化し,高血糖,低血糖を繰り返すため入院となった。インスリン...

⇒全文を見る

category13.gif

2015/01/28

Diabetes Frontier Online 1 糖尿病通院者の日々のカロリー・炭水化物・たんぱく質・脂質・塩分・食物繊維の摂取調査 Daily intake of calories, carbohydrate, fat, salt, and dietary fiber in outpatients with type 2 diabetes

樋詰友香

Diabetes Frontier Online 1, e1-003, 2014

「要約」【目的】2型糖尿病患者の日常生活での各栄養素の摂取を明らかにする。【方法】外食も含むすべての摂取の3日間の書き取り調査を行った。【結果】協力者は73名(20%)と多くなかったが,非協力者...

⇒全文を見る

category13.gif

2015/01/28

Diabetes Frontier Online 1 デュロキセチンが著効した糖尿病性神経因性疼痛の1例 A case report of treatable for diabetic painful neuropathy with duloxetine

清野弘明

Diabetes Frontier Online 1, e1-002, 2014

「要約」59歳男性,52歳時に糖尿病と診断されグリメピリド 2mgとピオグリダゾン 30mgの内服治療を開始されるが,2007年5月より両下肢のしびれ感・疼痛自覚し改善しないため当院を2007年9月...

⇒全文を見る

category13.gif

2015/01/28

Diabetes Frontier Online 1 スルフォラファンは,試験管内において終末糖化産物(AGE)形成を抑制する Sulforaphane inhibits formation of advanced glycation end products in vitro

深水圭

Diabetes Frontier Online 1, e1-001, 2014

「要約」慢性的な高血糖状態では,還元糖による蛋白質や脂質のアミノ基の非酵素的糖化反応が進み,循環血液中や組織で終末糖化産物(AGE)が促進的に形成,蓄積されてくる。近年,AGEの蓄積が,糖尿病の...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す