• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2017/08/02

Know-how 女性の健康に関するベーシック 卵子の再生力

森本義晴

WHITE Vol.4 No.2, 121-129, 2016

1. 高齢女性において,卵巣の卵子を生み出す残されたパワーを見るには,どのような方法がありますか?2. ヒトの生体内で,ミトコンドリアはどのような機能を持っていますか?3. 卵子のミトコンドリアは,ど...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/02

WHITE PLUS~いま,女性医療の領域で起きている注目すべき変化~ 間違っているシミの治療法

葛西健一郎

WHITE Vol.4 No.2, 116-119, 2016

Q. シミにはどのような種類があるのでしょうか.シミは雀卵斑(そばかす),ADM(後天性真皮メラノサイトーシス),肝斑,老人斑(老人性色素斑),炎症後色素沈着の5つに大きく分類することができます....

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/02

座談会(Round Table Discussion) 足の痛み

牛田享宏/熊井司/髙倉義幸

WHITE Vol.4 No.2, 60-65, 2016

牛田:本日は,整形外科のなかでも足部の障害や変形に関し多くの症例を手がけておられる奈良県立医科大学の熊井司先生と高倉整形外科クリニックをご開業されている髙倉義幸先生をお招きし,「足の痛み」をテー...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/02

Trend & Topics 痛みの分子科学 1. 電位依存性Na⁺チャネル最前線

栗原崇

WHITE Vol.4 No.2, 42-48, 2016

今から60年以上前のヤリイカ巨大神経軸索を用いた活動電位発生機構の研究をもとに,ホジキン(Alan Lloyd Hodgkin)とハックスレー(Andrew Fielding Huxley)によりその存...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/02

Trend & Topics 痛みの分子科学 3. ATP受容体

津田誠

WHITE Vol.4 No.2, 56-59, 2016

すべての細胞で生産されるATPは,リン酸化酵素の基質など生体の生理機能維持に必要である.一方で,ATPは細胞の興奮やダメージにともない細胞外へ放出され,隣接する細胞に情報を伝える,細胞間情報伝達...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/02

Trend & Topics 痛みの分子科学 2. 温度受容体と機械受容体

池田亮

WHITE Vol.4 No.2, 50-54, 2016

環境温度と機械刺激は,他の刺激に付随あるいは単独で多くの生理現象を引き起こす原始的な刺激である.これらの刺激を的確に検出し求心性神経を興奮させる受容体は,タイプによる特異性はあるものの個体のあら...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/02

特集 女性の痛み 2. 腰痛

大鳥精司/折田純久/稲毛一秀/山内かづ代/鈴木都

WHITE Vol.4 No.2, 17-26, 2016

腰痛の患者が受診した場合,注意深い問診と身体検査が必要である.一般的には次のように考えられている.①危険信号を有し,重篤な脊椎疾患(腫瘍,炎症,骨折)の合併が疑われる腰痛,Σ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/02

THINK ABOUT WOMEN 女性について考える 女性の美白願望

山田秀和

WHITE Vol.4 No.2, 134-139, 2016

「美白」という単語が使われ始めたのは,1990年代後半に鈴木その子氏がテレビで「美容研究家」として登場以降のように思う.それ以前でも,「色白は七難隠す」といって,日本女性の間では色の白いことが重...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/02

Current Words 女性の健康にまつわる新語辞典 ②エピジェネティクス

山岸昌一

WHITE Vol.4 No.2, 132-133, 2016

後成遺伝学.DNAの遺伝子配列に変化を伴わずに遺伝子発現を調節する後天的な化学修飾の仕組みを研究する学問分野.

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/02

Current Words 女性の健康にまつわる新語辞典 ①FODMAP

木下芳一

WHITE Vol.4 No.2, 130-131, 2016

FODMAPとは難消化・難吸収性の短鎖の糖質を示す.摂取すると小腸内に水分を保持するとともに,腸内細菌によって発酵をうけ短鎖脂肪酸と水素などのガスに変換される.

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/02

WHITE PAPER 女性の健康をめぐる新たな潮流 女性の痛み─これまでとこれから─

阿部博昭/住谷昌彦

WHITE Vol.4 No.2, 76-79, 2016

本邦の慢性疼痛患者は腰部・頸部(肩凝り)・膝関節など運動器に疼痛を訴える患者が最も多く,0~10までの11段階で5以上の強度の運動器疼痛が6ヵ月以上持続する,中等度以上の慢性疼痛患者が人口あたり...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/02

ASK SPECIALIST 専門医からのアドバイス 「女性は痛みに強い」は正しいか?

井関雅子/宮地良樹

WHITE Vol.4 No.2, 70-75, 2016

日本の慢性疼痛患者は約2,700 万人とされ,特に女性はおもに月経痛・関節リウマチ・変形性関節症を慢性疼痛として訴え,長年にわたり痛みの問題を抱えている.痛みとは「他人と共有できない不快な感覚と情...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/02

Essay 痛みの記憶 鎮痛薬依存

長櫓巧

WHITE Vol.4 No.2, 69, 2016

私は,いろいろな痛みを経験してきましたが,今でも苦痛が沸き起こってくるような強烈な痛みの記憶はありません.ここでは,私が長く付き合ってきた痛みについて述べます.私は,30歳頃からスポーツなどで体...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/02

Book Review 書籍紹介 『スティル・ライヴズ―脊髄損傷と共に生きる人々の物語―』

大住倫弘

WHITE Vol.4 No.2, 68, 2016

著者のジョナサン・コールは,求心路遮断・慢性疼痛・脊髄損傷・メビウス症候群などを専門とする臨床神経生理学者(医学博士)でありながら,現象学的身体論の研究者である.著者が研究している現象学とは,意...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/02

特集 女性の痛み 4. 月経痛

江川美保/小西郁生

WHITE Vol.4 No.2, 33-39, 2016

月経困難症(dysmenorrhea)とは,月経期間中に月経に随伴して起こる病的状態を言い,下腹痛,腰痛,腹部膨満感,嘔気,頭痛,疲労・脱力感,食欲不振,イライラ,下痢および憂うつの順に多くみら...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/02

特集 女性の痛み 3. 片頭痛

渡邉由佳/五十嵐久佳

WHITE Vol.4 No.2, 27-32, 2016

片頭痛は一次性頭痛(機能性頭痛)の代表的疾患であり,有病率が高い,いわゆるcommon diseaseである.片頭痛は,ときに重度で,動くことがつらく寝込むこともあり,仕事や学業・家事への日常生活...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/02

特集 女性の痛み 1. 膝痛

池内昌彦

WHITE Vol.4 No.2, 11-16, 2016

膝痛の原因は,外傷,炎症,変性,腫瘍など多岐にわたる.そのなかで最も有病率が高い疾患が変形性関節症(osteoarthritis;OA)である.OA とは,関節軟骨の変性摩耗と続発する関節構成体(...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/02

特集 女性の痛み Overview

井関雅子

WHITE Vol.4 No.2, 5-9, 2016

痛みは,国際疼痛学会において「実際に何らかの組織損傷が起こったとき,または組織損傷を起こす可能性があるとき,あるいはそのような損傷の際に表現される,不快な感覚や不快な情動体験」と定義されており,...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/05/31

Current Words 女性の健康にまつわる新語辞典 腸内フローラ Intestinal microflora

福田真嗣

WHITE Vol.4 No.1, 86-87, 2016

ヒトの腸管内には多種多様な腸内細菌が生息しており,その数は数百種類以上でおよそ100兆個にもおよぶ.これら腸内細菌が腸内にびっしりと生息している様子が花畑を連想させることから,腸内細菌全体を「腸...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/05/31

Current Words 女性の健康にまつわる新語辞典 LGBT Lesbian, Gay, Bisexual, Transgender

中塚幹也

WHITE Vol.4 No.1, 84-85, 2016

生物学的性(セックス)は,①性染色体(XY,XX),②内・外性器の解剖,③男性・女性ホルモンのレベルなどから決定される1).また,社会的性(ジェンダー)は,①性自認(性の自己意識,心の性,「自分...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す