• Webマガジン 検索結果

検索結果

category06.gif category13.gif

2017/06/29

Person 診療・研究の現場より 公益財団法人 星総合病院 慢性疼痛センター

髙橋直人

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.2, 40-43, 2016

国際疼痛学会(IASP)では, 慢性の運動器痛への対処法として,有効性や費用対効果および医原性合併症の少なさから『学際的・集学的アプローチ』を推奨している。実際,米国では,外来診療という同一空間で...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/29

Clinical Question Q&A形式で疑問を解決 Question 2 小児の成長痛をどうみるか教えてください。

横井広道

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.2, 38-39, 2016

いわゆる成長痛とは,幼稚園から小学校低学年の小児において夕方から夜間に起こる下肢(膝周囲が多い)の疼痛であり,短時間で痛みは消失し,翌朝は無症状で保育所や幼稚園,学校などの社会生活に支障はみられ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/29

Clinical Question Q&A形式で疑問を解決 Question 1 梨状筋症候群とはどんな病気ですか?

齋藤貴徳

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.2, 34-36, 2016

われわれ整形外科医の間においても,梨状筋症候群は疾患名としては古くからよく知られておりますが,現在でも診断を確定するのが難しい疾患のひとつとして認識されており,積極的に治療している病院はごくわず...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/29

Lecture レクチャー オピオイド感受性遺伝子の個体差について

西澤大輔/福田謙一/林田眞和/池田和隆

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.2, 14-18, 2016

オピオイド物質に対する感受性には個人差があることが知られており,環境要因と遺伝要因が複雑に影響すると考えられるが,近年のゲノム科学の急速な進展にともない,そのような個人差についても,遺伝要因が次...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/29

Focus 最新の話題 腎機能低下患者における運動器慢性疼痛管理のあり方 ―骨粗鬆症,高血圧および糖尿病を伴う症例への注意点を踏まえて―

安田宜成

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.2, 58-63, 2016

運動器慢性疼痛を訴える患者の多くは高齢者であり,加齢に伴う腎機能低下や慢性腎臓病(chronic kidney disease;CKD)といった腎機能障害を抱えるとともに,生活習慣病など複数の疾患が...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/29

Focus 最新の話題 高齢者の多剤併用における処方整理の考え方 ―運動器慢性疼痛に対する鎮痛薬の処方整理を踏まえて―

金子英司

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.2, 52-57, 2016

多くの高齢者は複数の疾患を抱えており,各診療科を受診することでポリファーマシー(以下,多剤併用)に至るため,薬の飲み忘れ・飲み間違い,重複処方,薬物相互作用などによる有害事象のリスク増大という問...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/29

Orthopaedic Forum 整形外科領域における様々な話題 高齢者におけるサルコペニアと筋力トレーニング

酒井義人

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.2, 48-50, 2016

サルコペニアとは加齢により起こる骨格筋量の減少であり,測定法や定義が確立されてきたことを契機に,近年,サルコペニアの基礎的および臨床的研究が世界的に盛んに行われ,病態解明が進みつつあると同時に治...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/29

Column オピオイドを理解する オピオイド治療と内分泌機能異常

柴田政彦/田渕優希子/安田哲行

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.2, 44-46, 2016

オピオイドの長期使用により性腺機能異常をはじめとする内分泌機能障害を併発することがある。疲労感,気分障害,体重減少など,オピオイドの適応となる慢性痛の随伴症状との鑑別が困難なため注意が必要である...

⇒全文を見る

category13.gif category05.gif

2017/06/29

Case Study 症例検討 多発性骨髄腫の疼痛治療

大谷太郎/山口重樹/濱口眞輔

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.2, 30-33, 2016

多発性骨髄腫は形質細胞ががん化して異常増殖し,骨や腎臓などの臓器,免疫系や血液系細胞の機能を障害することによってさまざまな症状を引き起こす疾患である。従来から病期分類として用いられてきたDuri...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/29

Special Article 総説 脊髄損傷における神経障害性疼痛

名越慈人/中村雅也

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.2, 24-28, 2016

脊髄損傷後の神経障害性疼痛は,治療に難渋するケースも多く,患者のQOLを低下させる原因となっている。近年開発された国際脊髄損傷疼痛分類やNeuropathic Pain Symptom Invento...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/29

Special Article 総説 神経の瘢痕癒着に対する最新の知見

岩月克之/平田仁

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.2, 20-23, 2016

末梢神経の損傷や手術後における瘢痕は,末梢神経機能の回復に大きな影響を及ぼす。末梢神経の瘢痕を予防する研究は数多く行われているが,現在日本において末梢神経の瘢痕を予防するために利用可能な薬剤はな...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/29

座談会(Round Table Discussion) 本邦におけるオピオイド治療の展望

山口重樹/境徹也/二階堂琢也/西原真理

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.2, 5-13, 2016

がん性疼痛におけるオピオイド治療と非がん性慢性疼痛におけるオピオイド治療はまったく異なっており,前者は多くの国で成熟してきたものの,後者についてはまだまだ見直さなければならない点が多く指摘されて...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/06/17

Orthopaedic Forum 整形外科領域における様々な話題 microRNAと関節疾患

中佐智幸/安達伸生

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.1, 60-63, 2016

microRNA(miRNA)は,約20数塩基程度のnon-coding RNAであり,遺伝子発現を制御している。miRNAは,生命現象に重要な役割を担っており,miRNAの発現異常は,さまざまな...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/06/17

Column オピオイドを理解する 慢性疼痛に対するオピオイド治療が高用量化,長期化する患者の特徴と対応

山口重樹/高薄敏史/秦要人/小澤継史/武村優/Donald R Taylor

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.1, 56-58, 2016

慢性疼痛に対するオピオイド治療における諸問題の要因は,その高用量化,長期化であることが明確になってきている。それらの問題を回避するためには,処方医が適正な知識を習得し,安易な治療開始,継続を避け...

⇒全文を見る

category13.gif category06.gif

2016/06/17

Person 診療・研究の現場より なかつか整形外科リハビリクリニック

中塚映政

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.1, 52-55, 2016

痛みは主に侵害受容性疼痛,神経障害性疼痛,心因性疼痛に分類されるが,実地臨床の場で診る運動器慢性疼痛(腰痛,頸肩腕痛,関節痛など)にはその混合型が多く,どの痛みのウエイトが大きいかは患者により千...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/06/17

Clinical Question Q&A形式で疑問を解決 Q2 こむら返りの治療について教えてください。

遠藤健司/村田寿馬/山本謙吾

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.1, 50-51, 2016

下肢静脈瘤などの原疾患がない場合は,漢方(芍薬甘草湯),筋肉のストレッチなどの保存的治療が中心です。「はじめに」こむら返りは,主に下肢に生じる有痛性筋痙攣で,高齢者の有病率が高く症状が夜間に起こ...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/06/17

Clinical Question Q&A形式で疑問を解決 Q1 石灰沈着性腱板炎はどのように治療しますか?

佐々木毅志/高岸憲二

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.1, 48-49, 2016

急性期症状には局所安静・関節注射・消炎鎮痛薬投与,慢性期症状にはリハビリテーションや手術を行います。「はじめに」石灰沈着性腱板炎は腱板に沈着した石灰が白血球に貪食され肩峰下滑液包内に急性炎症を誘...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/06/17

Case Study 症例検討 疼痛と記憶―般化形成と記憶再形成過程の役割―

龍野耕一

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.1, 40-46, 2016

「最初の疑問」岡山大学病院で,臨床心理士として運動器の慢性疼痛患者への面接を始めてまず感じたことは,外科的侵襲以外に,交通事故,格闘技,暴力,行き過ぎた躾などを直接あるいは間接的体験としてもつ患...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/06/17

Special Article 総説 上肢のしびれ(神経障害)と痛み

橋詰博行

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.1, 30-39, 2016

上肢のしびれ(神経障害)と痛みの正確かつ迅速な診断と治療のためには,脳―脊髄―上肢末梢神経ユニットの障害として捉え,特定の疾患を想定するだけでなく系統的なアプローチが大切である。頻度の高い上肢絞...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/06/17

Special Article 総説 膝関節痛に対する運動療法―Closed Kinetic Chain Exercise―

河村顕治

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.1, 24-28, 2016

膝関節痛をきたす原因として最も多い変形性膝関節症の運動療法としてclosed kinetic chain(CKC) exerciseが注目されている。CKCでは膝関節における剪断力が減少する一方で圧迫...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す