• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2016/06/17

Orthopaedic Forum 整形外科領域における様々な話題 microRNAと関節疾患

中佐智幸/安達伸生

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.1, 60-63, 2016

microRNA(miRNA)は,約20数塩基程度のnon-coding RNAであり,遺伝子発現を制御している。miRNAは,生命現象に重要な役割を担っており,miRNAの発現異常は,さまざまな...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/06/17

Column オピオイドを理解する 慢性疼痛に対するオピオイド治療が高用量化,長期化する患者の特徴と対応

山口重樹/高薄敏史/秦要人/小澤継史/武村優/Donald R Taylor

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.1, 56-58, 2016

慢性疼痛に対するオピオイド治療における諸問題の要因は,その高用量化,長期化であることが明確になってきている。それらの問題を回避するためには,処方医が適正な知識を習得し,安易な治療開始,継続を避け...

⇒全文を見る

category13.gif category06.gif

2016/06/17

Person 診療・研究の現場より なかつか整形外科リハビリクリニック

中塚映政

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.1, 52-55, 2016

痛みは主に侵害受容性疼痛,神経障害性疼痛,心因性疼痛に分類されるが,実地臨床の場で診る運動器慢性疼痛(腰痛,頸肩腕痛,関節痛など)にはその混合型が多く,どの痛みのウエイトが大きいかは患者により千...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/06/17

Clinical Question Q&A形式で疑問を解決 Q2 こむら返りの治療について教えてください。

遠藤健司/村田寿馬/山本謙吾

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.1, 50-51, 2016

下肢静脈瘤などの原疾患がない場合は,漢方(芍薬甘草湯),筋肉のストレッチなどの保存的治療が中心です。「はじめに」こむら返りは,主に下肢に生じる有痛性筋痙攣で,高齢者の有病率が高く症状が夜間に起こ...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/06/17

Clinical Question Q&A形式で疑問を解決 Q1 石灰沈着性腱板炎はどのように治療しますか?

佐々木毅志/高岸憲二

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.1, 48-49, 2016

急性期症状には局所安静・関節注射・消炎鎮痛薬投与,慢性期症状にはリハビリテーションや手術を行います。「はじめに」石灰沈着性腱板炎は腱板に沈着した石灰が白血球に貪食され肩峰下滑液包内に急性炎症を誘...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/06/17

Case Study 症例検討 疼痛と記憶―般化形成と記憶再形成過程の役割―

龍野耕一

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.1, 40-46, 2016

「最初の疑問」岡山大学病院で,臨床心理士として運動器の慢性疼痛患者への面接を始めてまず感じたことは,外科的侵襲以外に,交通事故,格闘技,暴力,行き過ぎた躾などを直接あるいは間接的体験としてもつ患...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/06/17

Special Article 総説 上肢のしびれ(神経障害)と痛み

橋詰博行

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.1, 30-39, 2016

上肢のしびれ(神経障害)と痛みの正確かつ迅速な診断と治療のためには,脳―脊髄―上肢末梢神経ユニットの障害として捉え,特定の疾患を想定するだけでなく系統的なアプローチが大切である。頻度の高い上肢絞...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/06/17

Special Article 総説 膝関節痛に対する運動療法―Closed Kinetic Chain Exercise―

河村顕治

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.1, 24-28, 2016

膝関節痛をきたす原因として最も多い変形性膝関節症の運動療法としてclosed kinetic chain(CKC) exerciseが注目されている。CKCでは膝関節における剪断力が減少する一方で圧迫...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/06/17

Lecture レクチャー 痛みの細胞記憶とエピジェネティクス

成田年/五十嵐勝秀/田村英紀/成田道子/葛巻直子/田中隆治

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.1, 14-22, 2016

エピジェネティクスとは,遺伝子配列の変化を必要とせず,環境など,後生的な要因により遺伝子の転写効率に変化をもたらすことによってゲノム情報を制御する遺伝子修飾機構である。このような制御機構は,外界...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/06/17

座談会(Round Table Discussion) 関節リウマチの痛みのコントロール

西田圭一郎/門野夕峰/小嶋俊久/三木健司

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.1, 5-13, 2016

関節リウマチ(RA)は一般に40~50歳代に発症することが多いが,わが国が超高齢社会となるに伴って高齢者RAも増えている。しかも,60歳未満で発症したYORAと60歳以降になって発症するEORA...

⇒全文を見る

category13.gif

2015/11/20

Focus 最新の話題 疼痛管理におけるブプレノルフィンの位置付け―慢性疼痛に対するオピオイド鎮痛薬の選択―

関山裕詩

Locomotive Pain Frontier Vol.4 No.2, 60-65, 2015

従来,オピオイド鎮痛薬のひとつであるブプレノルフィンは,がん性疼痛ならびに周術期の疼痛管理において注射剤と坐剤がわが国で使用されてきたが,近年になり変形性関節症および腰痛症に伴う慢性疼痛に適応を...

⇒全文を見る

category13.gif

2015/11/20

Orthopaedic Forum 整形外科領域における様々な話題 疾患特異的iPS細胞研究の現状

戸口田淳也

Locomotive Pain Frontier Vol.4 No.2, 56-58, 2015

疾患特異的iPS細胞とは,特定の疾患に罹患した方の体細胞から樹立したiPS細胞である。そこから疾患の原因となっている分化細胞を誘導し,その疾患の病態をin vitroで再現することで病態の分子機構...

⇒全文を見る

category13.gif

2015/11/20

Column オピオイドを理解する オピオイドを開始するときの併用薬の注意点―薬物代謝―

高薄敏史/山口重樹/Donald R Taylor

Locomotive Pain Frontier Vol.4 No.2, 52-54, 2015

前回,オピオイドを開始するにあたっての薬物相互作用について,薬物動態学的相互作用および薬力学的相互作用を中心に解説し,オピオイドの処方には,併用薬剤に対し細心の注意を払う必要があることを述べた1...

⇒全文を見る

category06.gif category13.gif

2015/11/20

Person 診療・研究の現場より 仙台ペインクリニック石巻分院

川井康嗣

Locomotive Pain Frontier Vol.4 No.2, 48-51, 2015

痛みには侵害受容性疼痛,神経障害性疼痛,心因性疼痛など様々な種類があるが,いずれの痛みもペインクリニックの対象となる。疾患としては頭痛,三叉神経痛,運動器疼痛(腰痛,頸肩腕痛,関節痛など),帯状...

⇒全文を見る

category13.gif

2015/11/20

Clinical Question Q&A形式で疑問を解決 Q2 MISt(最小侵襲脊椎安定術)の適応について教えてください。

船尾陽生/石井賢

Locomotive Pain Frontier Vol.4 No.2, 44-47, 2015

腰椎変性疾患のほか,脊椎腫瘍,椎体骨折,化膿性脊椎炎などにも応用されつつあります。「はじめに」高齢化社会を背景に,腰痛を主訴に医療機関を受診する患者が増加している。近年,運動器障害により日常生活...

⇒全文を見る

category13.gif

2015/11/20

Clinical Question Q&A形式で疑問を解決 Q1 小児の運動器疼痛の薬物療法について教えてください。

中村有里

Locomotive Pain Frontier Vol.4 No.2, 42-43, 2015

疼痛の原因や年齢,体重によって大きく異なります。ルールなどに基づく問題点などがあり,実際の投与にあたっては考慮が必要です。「はじめに」小児の運動器は,発育・発達途中です。その特徴としては,脆弱性...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2015/11/20

Case Study 症例検討 再発馬尾腫瘍術後の神経障害性疼痛の症例に関する考察

岩波明生/中村雅也

Locomotive Pain Frontier Vol.4 No.2, 36-40, 2015

「はじめに」神経障害性疼痛とは「体性感覚神経系に対する損傷や疾患によって直接的に引き起こされる疼痛」とされる。神経障害性疼痛は分類として,末梢神経の障害による末梢性神経障害性疼痛と脳や脊髄に起因...

⇒全文を見る

category13.gif

2015/11/20

Special Article 総説 疾病利得の心理・生物学的背景とオペラント行動療法

笠原諭

Locomotive Pain Frontier Vol.4 No.2, 32-35, 2015

慢性疼痛の患者の中には,強い痛みを訴えながらも「治りたくないのではないか」との印象を与える者もおり,医療者は「疾病利得を求めている」と意識的な動機付けを想定しがちである。しかし疾病利得は無意識的...

⇒全文を見る

category13.gif

2015/11/20

Special Article 総説 慢性腰痛と脳の形態変化

福井聖/新田一仁

Locomotive Pain Frontier Vol.4 No.2, 24-30, 2015

Voxel-based morphometry (VBM)による脳内組織の容積を直接測定する形態学的画像診断法を用いた研究で,慢性腰痛患者では,前頭前野,辺縁系の領域で灰白質体積が減少することが報告...

⇒全文を見る

category13.gif

2015/11/20

Lecture レクチャー 慢性および再発性非特異的腰痛のマネジメント

松平浩/住谷昌彦/笠原諭

Locomotive Pain Frontier Vol.4 No.2, 16-23, 2015

Biopsychosocial modelで捉えるべき非特異的腰痛を,「運動器と脳,両方のdysfunctionが共存した状態」と規定している。層化したケアが重要視されており,その代表的なツールと...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す