• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2016/09/16

1から学ぶ肺高血圧症(PH)―飛躍的に改善したPHの予後について,最新の診断と治療から学ぶ [7]肺高血圧症に対する肺移植

伊達洋至

血栓と循環 Vol.24 No.1, 86-88, 2016

「1 はじめに」肺高血圧症(pulmonary hypertension:PH)患者は,移植を必要とする段階においては,右心不全を併発している.かつては,心肺移植が必要と言われたが,現在では肺移植...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/16

1から学ぶ肺高血圧症(PH)―飛躍的に改善したPHの予後について,最新の診断と治療から学ぶ [6]小児の肺高血圧症

土井庄三郎

血栓と循環 Vol.24 No.1, 80-85, 2016

「1 はじめに」2013年にNiceで開催された第5回肺高血圧(pulmonary hypertension: PH)ワールドシンポジウム(Nice会議)で,初めて小児PH 1)が1つの独立したタスク...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/16

1から学ぶ肺高血圧症(PH)―飛躍的に改善したPHの予後について,最新の診断と治療から学ぶ [5]膠原病性肺高血圧症

桑名正隆

血栓と循環 Vol.24 No.1, 76-79, 2016

「1 はじめに」肺高血圧症(pulmonary hypertension:PH)はさまざまな病態に伴って発症するが,診療上遭遇することが最も多い基礎疾患は膠原病である.膠原病に伴うPHは特有な病態...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/16

1から学ぶ肺高血圧症(PH)―飛躍的に改善したPHの予後について,最新の診断と治療から学ぶ [4]肺動脈性肺高血圧症

大郷剛

血栓と循環 Vol.24 No.1, 70-75, 2016

「1 肺動脈性肺高血圧症の特徴」「a.肺高血圧症の病態と診断」肺高血圧症(pulmonary hypertension:PH)は肺血管抵抗上昇により右心不全,死亡を来す病態である1).通常,肺循環...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/16

座談会(Round Table Discussion) 血栓症の病態・診断・治療の変遷と展望

池田康夫/島田和幸/重松宏

血栓と循環 Vol.24 No.1, 64-69, 2016

「創刊23周年を振り返って」池田:『血栓と循環』は1993年に創刊し,今年で23周年を迎えます.そこで本日は,本誌の編集委員である新小山市民病院病院長の島田和幸先生と山王メディカルセンター血管外...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/16

特集 血栓性微小血管症(TMA) 11.肝移植におけるTMA(血栓性微小血管症)

松井俊樹/臼井正信/和田英夫/伊佐地秀司

血栓と循環 Vol.24 No.1, 59-63, 2016

「論文のポイント」[1]血栓性微小血管症(thrombotic microangiopathy:TMA)は,種々の臓器移植後に発症する致死的な合併症であり,骨髄移植後の約6.0%,固形臓器移植後の...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/16

特集 血栓性微小血管症(TMA) 10.造血幹細胞移植

上田恭典

血栓と循環 Vol.24 No.1, 53-58, 2016

「論文のポイント」[1]移植後TMAは,原疾患,幹細胞環境,移植前処置,GVHD予防のカルシニューリン阻害薬,GVHD,免疫不全に伴う感染等による血管内皮障害により惹起される予後不良の症候群であ...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/16

特集 血栓性微小血管症(TMA) 9.膠原病

久田諒/渥美達也

血栓と循環 Vol.24 No.1, 48-52, 2016

「論文のポイント」[1]二次性血栓性微小血管症の基礎疾患として最も多いのが膠原病であり,特に全身性エリテマトーデスと強皮症が多い.[2]膠原病患者で血小板減少,溶血性貧血を認めた場合には本症を疑...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/16

特集 血栓性微小血管症(TMA) 8.STEC-HUS(志賀毒素産生大腸菌による溶血性尿毒症症候群)

芦田明/玉井浩

血栓と循環 Vol.24 No.1, 43-47, 2016

「論文のポイント」[1]STECの頻度・疫学:わが国では年間3,000~4,000例の感染症例が発生し,そのうち100例前後がHUSを発症する.血清型は感染症例で約60%,HUS症例で約80%が...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/16

特集 血栓性微小血管症(TMA) 7.aHUS(非典型溶血性尿毒症症候群)の遺伝子解析

宮田敏行/秋山正志/中村敏子

血栓と循環 Vol.24 No.1, 34-42, 2016

「論文のポイント」[1]aHUS患者の約半数に,補体因子,補体制御因子,凝固関連因子の遺伝子変異,および抗CFH抗体が同定される.[2]aHUS患者に同定された補体因子および補体制御因子のアミノ...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/16

特集 血栓性微小血管症(TMA) 6.aHUS(非典型溶血性尿毒症症候群)の臨床

加藤秀樹/藤澤まどか/吉田瑶子/南学正臣

血栓と循環 Vol.24 No.1, 30-33, 2016

「論文のポイント」[1]非典型溶血性尿毒症症候群は血小板減少,溶血性貧血,急性腎障害を3徴とし,末期腎不全に至る重篤な疾患である.[2]近年,補体関連遺伝子の異常による補体第二経路の異常活性化が...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/16

特集 血栓性微小血管症(TMA) 5.先天性TTP(血栓性血小板減少性紫斑病)の臨床

八木秀男

血栓と循環 Vol.24 No.1, 25-29, 2016

「論文のポイント」[1]先天性TTPはADAMTS13遺伝子異常によってTTPを発症する疾患であり,その臨床症状は軽症かつ進行が緩徐であるため,原因不明の血小板減少が認められた場合には本症例の可...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/16

特集 血栓性微小血管症(TMA) 4.先天性TTP(血栓性血小板減少性紫斑病)の遺伝子解析

小亀浩市/樋口(江浦)由佳

血栓と循環 Vol.24 No.1, 20-24, 2016

「論文のポイント」[1]血漿ADAMTS13活性が常時10%未満で,かつ抗ADAMTS13自己抗体陰性の場合,先天性TTPの可能性が強く疑われる.[2]先天性TTPは劣性遺伝形式のADAMTS1...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/16

特集 血栓性微小血管症(TMA) 3.後天性TTP(血栓性血小板減少性紫斑病)の臨床

宮川義隆

血栓と循環 Vol.24 No.1, 13-19, 2016

「論文のポイント」[1]TTPの病態:ADAMTS13酵素活性の低下により発症する.約9割を占める後天性TTPは,同酵素に対する自己抗体が原因で発症する.[2]臨床的診断:非免疫性溶血性貧血,血...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/16

特集 血栓性微小血管症(TMA) 2.後天性TTP(血栓性血小板減少性紫斑病)の病態

松本雅則

血栓と循環 Vol.24 No.1, 8-12, 2016

「論文のポイント」[1]後天性TTPは,ADAMTS13に対する自己抗体によって同活性が10%未満に低下することにより発症する.[2]ADAMTS13活性が低下すると超高分子量von Willeb...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/16

特集 血栓性微小血管症(TMA) 1.TMA(血栓性微小血管症)―総論

藤村吉博

血栓と循環 Vol.24 No.1, 6-7, 2016

「論文のポイント」[1]TMAは血小板血栓を主徴とする病理学的診断名である.[2]TMAからDICへの移行はあり得る.[3]TTPはADAMTS13活性の欠損症で起こる.[4]aHUSの多くは補...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/01/12

日本脈管学会総会 第56回日本脈管学会総会

編集部

血栓と循環 Vol.23 No.4, 61, 2015

会長:磯部光章(東京医科歯科大学循環器内科教授)会期:2015年10月29日(木)~ 31日(土)会場:虎ノ門ヒルズフォーラム第56回日本脈管学会総会が2015年10月29日から31日まで,磯部光...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/01/12

特集 ジェンダーと血栓症 特集によせて

後藤信哉

血栓と循環 Vol.23 No.4, 5, 2015

科学は普遍性を追求する.エビデンスベースドメディシンも医療を科学としてとらえる思想の体系である.診療ガイドラインの元となるランダム化比較試験の対象症例は均質であると仮定されている.本来,男性のた...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/01/12

1から学ぶ肺高血圧症(PH)―飛躍的に改善したPHの予後について,最新の診断と治療から学ぶ [3]慢性血栓塞栓性肺高血圧症

坂尾誠一郎

血栓と循環 Vol.23 No.4, 54-59, 2015

「1 はじめに」2013年2月,フランスのニースで開かれた第5回肺高血圧症ワールドシンポジウム1)では,慢性血栓塞栓性肺高血圧症(Chronic thromboembolic pulmonary hy...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/01/12

特集 ジェンダーと血栓症 Ⅴ.抗血栓療法とジェンダー 2.抗血小板薬の効果と男女差

西川政勝

血栓と循環 Vol.23 No.4, 48-53, 2015

「論文のポイント」[1]今までに実施された抗血小板薬の臨床試験では,女性の参加率が低く(30~40%)男女差の評価はしにくいのが現状であり,抗血小板薬の治療ガイドラインでは男女差に関する治療法の...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す