• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2016/01/14

MESSAGE FROM EDITOR エディターズ・メッセージ(THE GI FOREFRONT) 第22回 Exciting now, but...

春間賢

THE GI FOREFRONT Vol.11 No.2, 88-90, 2015

私は1975年に大学を卒業し内科研修を開始したが,その頃は,上部消化管疾患の診療では,胃エックス線検査による胃癌や消化性潰瘍の診断が,研究では胃酸分泌やガストリンなど消化管ホルモン,さらに,胃粘...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/01/14

私のひそかな趣味 第2回 どうでもいいこと

藤本一眞

THE GI FOREFRONT Vol.11 No.2, 86-87, 2015

私に対する皆さんの印象はお酒を飲んでゴルフばかりしているお気楽な教授ということでほぼ定着していますので,いまさら趣味といっても何を書こうかなと思っています。最初にこのコーナーを書かれた春間賢先生...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/01/14

TOPICS OF GI 消化器疾患のトピックス 第22回 札幌コンセンサス

間部克裕

THE GI FOREFRONT Vol.11 No.2, 82-85, 2015

「はじめに」人口の高齢化と血栓症に対する予防ガイドラインの普及により,抗血栓薬(抗血小板薬,抗凝固薬)服用者は年々増加している。抗血栓薬は動脈性血栓症の予防に用いるアスピリン,クロピドグレルなど...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/01/14

DEBATE ON GI THERAPY ディベート SSBE

大島忠之/郷田憲一/三輪洋人

THE GI FOREFRONT Vol.11 No.2, 63-70, 2015

「SSBEの定義とバレット食道の頻度」三輪:食道は通常,重層扁平上皮で被われています。この食道扁平上皮の下端部が胃粘膜からの連続した円柱上皮に置換された病態をバレット食道といいますが,今回は,そ...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/01/14

特集2 第20回JAPANGAST Study Groupハイライト JGSG進行状況報告3

間部克裕

THE GI FOREFRONT Vol.11 No.2, 60-61, 2015

「1 若年者の除菌研究について」Cure of H. pylori infection for Early Age Patients study (CHEAP study)と呼称している若年者の除菌研究が,現在,登録...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/01/14

特集2 第20回JAPANGAST Study Groupハイライト JGSG進行状況報告2

牛島俊和

THE GI FOREFRONT Vol.11 No.2, 58-59, 2015

「1 メチル化診断の最新の状況について」H. pyloriに感染すると胃粘膜の細胞にメチル化が発生するが,除菌後にメチル化の程度がどれほど下がるかということについては,患者によって異なる。大きく下...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/01/14

特集2 第20回JAPANGAST Study Groupハイライト JGSG進行状況報告1

加藤元嗣

THE GI FOREFRONT Vol.11 No.2, 57, 2015

「1 薬物性の消化管傷害の実態調査について」薬物性・薬剤性の出血性潰瘍の実態について調べるため,「jgsg.jp」のホームページ内より現在アンケート調査を実施中である。登録対象は,2013年4月...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/01/14

特集2 第20回JAPANGAST Study Groupハイライト 電子レセプト分析によるH. pylori除菌の状況(1年間の変化)

藤森研司

THE GI FOREFRONT Vol.11 No.2, 54-56, 2015

除菌適用拡大から約2年半が経過したが,除菌に関わる診療の変化を,過去1年間を振り返って概観した。除菌数や除菌に関わる検査数には大きな変化はないが,除菌のための薬剤には大きな変化の兆しがみられ,新...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/01/14

特集1 H. pylori除菌後の諸問題 8 H. pyloriの抗菌薬耐性の機序と影響

古田隆久

THE GI FOREFRONT Vol.11 No.2, 44-47, 2015

H. pyloriの抗菌薬耐性は除菌の失敗とともに耐性を獲得する。特にわが国では,クラリスロマイシン(CAM)の一次耐性率が高いが,除菌の失敗に伴い耐性率が上昇する。メトロニダゾール(MNZ)の一...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/01/14

特集1 H. pylori除菌後の諸問題 7 保険適用になって以来,重大な副作用は発生しているのか

蘆田潔

THE GI FOREFRONT Vol.11 No.2, 40-43, 2015

H. pylori除菌療法は保険適用になってから15年が経過している。この15年間に適用が拡大され2013年には胃炎に対しても除菌が追加適用となった。これまで膨大な数の除菌療法が行われてきたが,そ...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/01/14

特集1 H. pylori除菌後の諸問題 6 炎症性腸疾患の頻度を上げる可能性はあるのか?

中村正彦

THE GI FOREFRONT Vol.11 No.2, 37-39, 2015

Hp感染とIBDの関連については,Hp陽性者ではIBD罹患率が低いことは,成人,小児とも多くの検討からほぼ確定的であると考えられる。一方,Hp除菌後にIBDが増加するかどうかという点に関しては,...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/01/14

特集1 H. pylori除菌後の諸問題 5 アレルギー疾患の頻度は上昇するのか

塩谷昭子/大澤元保/松本啓志/鎌田智有/春間賢

THE GI FOREFRONT Vol.11 No.2, 33-36, 2015

幼児期のH. pyloriをはじめとする種々の感染症が減少することにより,免疫機構が変化し,アレルギー疾患が増加する可能性が指摘されている。しかしH. pylori感染と成人発症のアレルギー疾患との...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/01/14

特集1 H. pylori除菌後の諸問題 4 食道腺癌の発生を考慮する必要はあるのか?

三輪洋人/渡二郎

THE GI FOREFRONT Vol.11 No.2, 29-32, 2015

欧米からの報告では,H. pylori除菌後にGERDを発症することはほとんどないが,日本人ではH. pylori除菌により胃酸分泌能が回復するため,逆流性食道炎のリスクが上昇する可能性は否定できな...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/01/14

特集1 H. pylori除菌後の諸問題 3 バレット食道の頻度は上昇するのか

西澤俊宏/鈴木秀和

THE GI FOREFRONT Vol.11 No.2, 26-28, 2015

Helicobacter pylori(H. pylori)が胃食道逆流を抑制する因子としては,胃粘膜萎縮による酸分泌能の低下,ガストリン分泌亢進による下部食道括約筋圧上昇,内臓脂肪の減少からの腹圧...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/01/14

特集1 H. pylori除菌後の諸問題 2 H. pylori除菌がGERD発症にどのように影響するのか

加藤元嗣/小野尚子/中川学/中川宗一/安孫子怜史/宮本秀一/水島健/津田桃子/大野正芳/大西俊介/清水勇一/坂本直哉/間部克裕

THE GI FOREFRONT Vol.11 No.2, 22-25, 2015

H. pylori感染は胃酸分泌との関わりからGERDの影響因子である。実際,H. pylori感染率とGERD有病率については相反する関係にあり,H. pylori感染がGERD発症に防御的に作用し...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/01/14

特集1 H. pylori除菌後の諸問題 1 逆流性食道炎の頻度は増加しているのか?―世界の流れ―

木下芳一/相見正史

THE GI FOREFRONT Vol.11 No.2, 18-21, 2015

逆流性食道炎を含むGERDはHelicobacter pylori(H. pylori)感染者の減少に伴う相対的な胃酸分泌増加,肥満者の増加,ストレスなどによる食道酸感受性の亢進などが原因となって増...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/01/14

特集1 H. pylori除菌後の諸問題 巻頭言

浅香正博

THE GI FOREFRONT Vol.11 No.2, 17, 2015

今回のJAPANGAST Study Group(JGSG)は第20回の記念すべき会であった。研究会の講演内容は本誌にて特集として掲載をしてきた。特集1を『H. pylori除菌後の諸問題』,特集2を...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2016/01/14

CLINICAL CONFERENCE 症例から学ぶ上部消化器疾患 第22回 胆汁逆流が胸やけの原因と考えられた1例

大澤元保/春間賢/末廣満彦/中村純/岡好仁/河本博文/眞部紀明/鎌田智有/塩谷昭子

THE GI FOREFRONT Vol.11 No.2, 13-15, 2015

「はじめに」GERD治療の第一選択はプロトンポンプ阻害薬(以下PPI)であるが,常用量のPPI投与によっても胸やけ症状をコントロールできない症例も経験される。PPI抵抗性GERDの治療については...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/01/14

対談 消化器病医が知っておかねばならない法律知識

浅香正博/寺野彰

THE GI FOREFRONT Vol.11 No.2, 5-11, 2015

「医療関連訴訟の現状と医療事故の概要―刑事事件と民事事件と行政処分―」浅香:今号から始まる新コーナー,対談の初回は,医師として,弁護士として,また獨協学園理事長としてご活躍中の寺野彰先生をゲスト...

⇒全文を見る

category13.gif

2015/07/22

私のひそかな趣味 第1回 水もの

春間賢

THE GI FOREFRONT Vol.11 No.1, 79-81, 2015

私の密かな趣味がテーマである。テニスは職業なので,テーマに当てはまらない。考えてみるといくつか思い浮かぶが,纏まりがないものが多い。そこで,今回は細々と続けている,水ものの話を取り上げる。水と言...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す