• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2017/07/20

特集 接触皮膚炎をみる 5 炎症について考える~血管透過性のイメージング~

江川形平

皮膚アレルギーフロンティア Vol.14 No.3, 29-33, 2016

接触皮膚炎などの炎症が生じると,組織には“腫脹”が生じる.これは,血管透過性の亢進に起因するが,この“腫脹”の生理学的な意味とは何なのか? 本稿では,血管膜のバリア構造を概説し,また炎症や病態との...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/20

特集 接触皮膚炎をみる 4 接触皮膚炎のイメージング

小野さち子/本田哲也

皮膚アレルギーフロンティア Vol.14 No.3, 23-27, 2016

外来抗原の皮膚侵入に際し,ケラチノサイトなどの皮膚構成細胞,マクロファージ・肥満細胞などの自然免疫系細胞,樹状細胞・T細胞などの獲得免疫系細胞は協調して免疫応答を誘導し,抗原排除に働く.近年,二...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/20

特集 接触皮膚炎をみる 2 接触皮膚炎の臨床と病理像

加来洋

皮膚アレルギーフロンティア Vol.14 No.3, 13-17, 2016

接触皮膚炎は,アレルギー性接触皮膚炎と刺激性接触皮膚炎に大別される.接触皮膚炎の皮膚症状は,個疹は基本的にいわゆる湿疹三角の症状を呈する.しばしば皮疹は,境界明僚で輪郭・形状が外的因子による接触...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/20

特集 接触皮膚炎をみる 1 接触皮膚炎の発症機序

本田哲也

皮膚アレルギーフロンティア Vol.14 No.3, 7-11, 2016

接触皮膚炎の成立過程は,大きく感作相と惹起相に分けられる.感作相では,皮膚所属リンパ節にて抗原特異的T細胞の分化・増殖が誘導される.惹起相では,皮膚において抗原特異的T細胞の活性化が誘導され,抗...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/20

書評 「ファーマナビゲーター にきび治療薬編」

高橋健造

皮膚アレルギーフロンティア Vol.14 No.3, 53, 2016

にきび治療は,この10年間で大きく変遷し進化しました.皮膚科の進歩は,乾癬の抗体製剤やメラノーマの免疫療法だけではありません.尋常性痤瘡(にきび)のガイドラインは,新薬の導入に伴い2008年と2...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/20

スキルアップのためのQ&A 疥癬虫を見つけるコツを教えてください

石井則久

皮膚アレルギーフロンティア Vol.14 No.3, 51, 2016

顕微鏡検査とダーモスコピー検査がある1).しかし,疥癬虫(ヒゼンダニ)を見つける最良の方法は疥癬トンネルを見つけることである.疥癬トンネル内ではダニが生活しているからである.なお,角化型疥癬は臨...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/20

特集 接触皮膚炎をみる 3 慢性接触皮膚炎モデル

中島沙恵子

皮膚アレルギーフロンティア Vol.14 No.3, 19-22, 2016

慢性接触皮膚炎モデルとして現在汎用されている動物モデルは,マウス慢性接触皮膚炎(chronic contact hypersensitivity;cCHS)モデルである.cCHSは野生型マウスの皮膚...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/20

写真で学ぶアレルギー これが皮脂腺細胞,脂肪細胞の三次元画像だ!

江川形平

皮膚アレルギーフロンティア Vol.14 No.3, 55, 2016

皮膚には細胞質に多量の脂質(トリグリセリド)を蓄えた細胞が2種類存在する.皮脂腺細胞と皮下脂肪細胞である.皮脂腺細胞は表皮幹細胞に由来し,皮脂の産生,分泌を行う.一方,皮下脂肪細胞は間葉系幹細胞...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/20

写真で学ぶアレルギー これが膠原線維,弾性線維の三次元画像だ!

村田光麻

皮膚アレルギーフロンティア Vol.14 No.3, 54, 2016

膠原線維・弾性線維は,真皮を構成する主要な細胞外マトリックスである.それらの評価のためには,薄切切片に染色(ヘマトキシリン・エオジン染色,エラスチカ・ワンギーソン染色,マッソン・トリクローム染色...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/20

スキルアップのためのQ&A 蛍光抗体直接法と血清抗体検査の評価について教えてください

大日輝記

皮膚アレルギーフロンティア Vol.14 No.3, 50, 2016

蛍光抗体直接法(direct immunofluorescence;DIF)とは,病変部の組織に沈着した免疫グロブリンや補体を,蛍光標識抗体を用いて直接検出する方法である.とくに皮膚科領域では,自...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/20

アレルギーをめぐるトレンド 保湿剤によるアトピー性皮膚炎の予防効果

森田久美子/大矢幸弘

皮膚アレルギーフロンティア Vol.14 No.3, 48-49, 2016

アトピー性皮膚炎の基本病態の解明が進み,皮膚バリア機能障害が発症の重要な因子である可能性が示唆されるようになり,皮膚バリアをターゲットにした予防的アプローチが試みられるようになった.そのひとつと...

⇒全文を見る

category13.gif category06.gif

2017/07/20

国内研究施設紹介 筑波大学医学医療系皮膚科 世界を舞台に活躍するフィジシャン・サイエンティストを育成する

藤本学

皮膚アレルギーフロンティア Vol.14 No.3, 46-47, 2016

筑波大学は,1872年に設立された日本最初の官立師範学校である東京師範学校を前身とする東京教育大学を母体として,1973年に新構想大学として設立され,「開かれた大学」を設立以来の理念としています...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/20

鼎談(皮膚アレルギーフロンティア) 古くて新しい接触皮膚炎

西岡清/高山かおる/椛島健治

皮膚アレルギーフロンティア Vol.14 No.3, 36-44, 2016

椛島:本日は,接触皮膚炎の臨床と研究に深く携わってこられた西岡清先生と高山かおる先生に,接触皮膚炎をめぐるさまざまなお話を伺っていきたいと思います.まず,先生方が接触皮膚炎の臨床を始められたきっ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/20

特集 接触皮膚炎をみる 特集にあたって

椛島健治

皮膚アレルギーフロンティア Vol.14 No.3, 5, 2016

接触皮膚炎は,皮膚科の外来で遭遇する最もありふれた皮膚疾患のひとつである.また,因果関係が非常に明確な疾患であるため,原因が特定されれば,それを回避することで疾患を完全に回避することができる.し...

⇒全文を見る

category06.gif category13.gif

2016/09/12

国内研究施設紹介 島根大学医学部皮膚科学 「患者に役立つ研究」をモットーに、臨床の疑問を解明する臨床研究を

森田栄伸

皮膚アレルギーフロンティア Vol.14 No.2, 44-45, 2016

島根大学医学部皮膚科は,2004年12月に森田が第3代教授に着任して以来11年が経過しました.研究テーマはヒトを対象とする臨床研究が多く,主にアレルギー疾患を対象に,生化学的分析技術を駆使した臨...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/12

写真で学ぶアレルギー これがクリオピリン関連周期熱症候群(CAPS)だ!

福永淳

皮膚アレルギーフロンティア Vol.14 No.2, 55, 2016

Point!「かゆみを伴わない蕁麻疹様皮疹,繰り返す発熱,炎症所見の遷延があるときはCAPSを鑑別に入れる.」「1.概要」クリオピリン関連周期熱症候群(cryopyrin-associated p...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/12

データを読む ACROSS trialを深読みする

神戸直智

皮膚アレルギーフロンティア Vol.14 No.2, 50-52, 2016

「Summary」「眠気のある抗ヒスタミン薬のほうがかゆみ治療の効果も高いのか?」という風説を検証する目的で企画されたACROSS trialには,502例もの症例が組込まれ,多施設無作為化オープ...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/12

鼎談(皮膚アレルギーフロンティア) 肥満細胞の研究を通じて

北村幸彦/中畑龍俊/神戸直智

皮膚アレルギーフロンティア Vol.14 No.2, 34-42, 2016

「肥満細胞の研究に従事するきっかけ」神戸:本日は,肥満細胞の研究に携わる私にとって偉大な先達である北村幸彦先生,中畑龍俊先生のお二人に,研究者として歩んでこられた道や,研究への思いなどをうかがい...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/12

写真で学ぶアレルギー これがシュニッツラー症候群だ!

大久保ゆかり/末次香織

皮膚アレルギーフロンティア Vol.14 No.2, 54, 2016

Point!「シュニッツラー症候群は,かゆみのない慢性蕁麻疹,単クローン性IgM血症を主徴候とする原因不明の症候群である.自己炎症性疾患のひとつと考えられている.」「1.概要」シュニッツラー症候...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/12

スキルアップのためのQ&A 蕁麻疹に対するステロイドの使い方を教えてください

室田浩之

皮膚アレルギーフロンティア Vol.14 No.2, 49, 2016

「A」蕁麻疹にはさまざまな病型,病因・病態があり,病態に応じた治療を必要とする.蕁麻疹の診断の際には,皮疹を生じさせる直接刺激ないし誘因の有無を常に考慮し,悪化要因を除去あるいは回避することが治...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す