• Webマガジン 検索結果

検索結果

category01.gif

2015/05/19

わが国におけるインクレチンとグルカゴン研究―その源流を訪ねて― インクレチン╱グルカゴン研究の流れと今後への期待―自らの33年を振り返って―

難波光義

International Review of Diabetes Vol.3 No.2, 72-81, 2011

For over 40 years, the research on incretin and glucagon has been extended and still advanced globally. Particular...

⇒全文を見る

category01.gif

2015/05/19

わが国におけるインクレチンとグルカゴン研究―その源流を訪ねて― 糖尿病における肝糖代謝の偏移とグルカゴンの役割 The role of glucagon in the hepatic glucose metabolism

石田俊彦

International Review of Diabetes Vol.3 No.2, 68-71, 2011

The hepatic extraction of insulin (50%) and glucagon (5-28%) are quite different and independently regulated. He...

⇒全文を見る

category01.gif

2015/05/19

わが国におけるインクレチンとグルカゴン研究―その源流を訪ねて― (特別インタビュー)GIP研究の成果と展望

清野裕

International Review of Diabetes Vol.3 No.1, 74-79, 2011

インクレチン研究へ―背景と経緯― 消化管にあるシグナルが血糖降下作用を持つという概念は非常に古くからあり,インスリン発見以前の20世紀初頭に,ブタ十二指腸粘膜抽出物の投与による糖尿病の改善が報告...

⇒全文を見る

category01.gif

2015/05/19

わが国におけるインクレチンとグルカゴン研究―その源流を訪ねて― 膵外/腸管グルカゴンとGLP-1の分泌調節とその生理作用 Secretion and the physiological implications of gastrointestinal glucagons and GLP-1

松山辰男

International Review of Diabetes Vol.3 No.1, 62-73, 2011

Gastrointestinal -cell glucagon is released when insulin concentration is low, and works as hyperglycemic facto...

⇒全文を見る

category01.gif

2015/05/19

わが国におけるインクレチンとグルカゴン研究―その源流を訪ねて― 揺籃期の膵グルカゴン,消化管グルカゴン研究 The inchoate stage of reseach on pancreatic and extrapancreatic glucagons

島健二

International Review of Diabetes Vol.2 No.4, 61-65, 2010

Three topics are selected among our works related to glucagon and glucagon-like immunoreactive (GLI) materials a...

⇒全文を見る

category01.gif

2015/05/19

わが国におけるインクレチンとグルカゴン研究―その源流を訪ねて― わが国におけるグルカゴン研究の黎明期―グルカゴンの基礎研究に参加して― Participation in basic reseach on glucagon and the related peptides during 1970s-1980s

矢内原千鶴子

International Review of Diabetes Vol.2 No.4, 56-60, 2010

In early 1970s, the research group under Noboru Yanaihara had already had their own methodology for production of r...

⇒全文を見る

category01.gif

2013/06/07

わが国におけるインクレチンとグルカゴン研究―その源流を訪ねて― わが国におけるインクレチン研究の揺籃期―2010年の現状から― A cradle stage of incretin study in Japan

佐々木英夫

International Review of Diabetes Vol.2 No.3, 67-71, 2010

An initial report by Japanese related to incretin was made by Ohneda in Unger痴 lab, next by Shima in his own lab around ...

⇒全文を見る

category01.gif

2013/04/08

わが国におけるインクレチンとグルカゴン研究―その源流を訪ねて― 連載を企画して

難波光義

International Review of Diabetes Vol.2 No.3, 60, 2010

 2009年末から2010年にかけてGLP-1とGIPの生理的・薬理的作用をターゲットとした新規糖尿病治療薬が相次いで承認,発売を迎えた.GLP-1とGIPはいずれもグルカゴンファミリーに属する...

⇒全文を見る

category01.gif

2013/04/08

わが国におけるインクレチンとグルカゴン研究―その源流を訪ねて― 連載のはじめに

奥野巍一

International Review of Diabetes Vol.2 No.3, 61, 2010

 最近新しい分野の糖尿病治療薬として,インクレチン関連薬が登場した.これはプレプログルカゴンのプロセッシングの過程(1982-83年)で同定されたものである.インクレチンという名称は1929年L...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す