• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2016/09/20

誌上ディベート パーキンソン病は腸管のα-シヌクレイン蓄積から始まる 「No」の立場から

平山正昭

Frontiers in Parkinson Disease Vol.9 No.3, 17-19, 2016

「はじめに」今回パーキンソン病(PD)をどう定義するかであるが,少なくとも遺伝性PDの多くはレビー小体が神経細胞にみられることは少ないため,遺伝性PDに関しては“腸管のα-シヌクレイン(α-sy...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/20

座談会(Round Table Discussion) パーキンソン病におけるwearable monitoring technologiesの有効性

服部信孝/大山彦光/三苫博/前田哲也

Frontiers in Parkinson Disease Vol.9 No.3, 5-12, 2016

われわれの生活において,もはや必需品といっても過言ではないスマートフォンなどの通信端末は,医療においても革新的な役割を担っている。映画の世界でしかみることのできなかったような時計や眼鏡の形をした...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/20

パーキンソン病診療Q&A パーキンソン病患者の自動車運転ではどのようなことに気を付けたらよいですか?

安藤利奈

Frontiers in Parkinson Disease Vol.9 No.3, 44-47, 2016

Q1:パーキンソン病患者でみられる運転能力の変化はどのようなものですか?また,運転中に起こり得る危険はどのようなことがありますか?A:パーキンソン病(PD)は無動や筋強剛,振戦,姿勢反射障害を四...

⇒全文を見る

category13.gif category06.gif

2016/09/20

クリニック紹介 佐藤神経内科診療所

佐藤健一

Frontiers in Parkinson Disease Vol.9 No.3, 40-43, 2016

「患者さんの話をゆっくり聴いて,診療していきたい」と穏やかに話す佐藤神経内科診療所院長の佐藤健一先生は,大学病院に長く勤務された経験をもとに練馬区の住宅街に開業し,地域の神経疾患診療に尽力されて...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/20

パーキンソン病診断のコツとPitfall SWEDDs(Scans Without Evidence of Dopaminergic Deficit)

向井洋平/村田美穂

Frontiers in Parkinson Disease Vol.9 No.3, 28-31, 2016

「はじめに」2014年1月にわが国でドパミントランスポーターSPECT(DAT SPECT)が保険適応になり,SWEDDsと診断される患者がみられるようになった。本稿ではSWEDDsの概念と原疾患...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/20

パーキンソン病のVisual View 大脳基底核と小脳から,視床を介した運動野への投射

倉本恵梨子

Frontiers in Parkinson Disease Vol.9 No.3, 24-27, 2016

随意運動の実現には,大脳基底核と小脳による調節が必要不可欠である。大脳基底核と小脳からの情報が,視床を介してどのように運動野へと伝達されるのか,視床皮質投射についての単一細胞レベルでの解析により...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/20

誌上ディベート パーキンソン病は腸管のα-シヌクレイン蓄積から始まる 「Yes」の立場から

若林孝一

Frontiers in Parkinson Disease Vol.9 No.3, 13-16, 2016

「はじめに」パーキンソン病(PD)は,レビー小体型認知症(dementia with Lewy bodies:DLB),純粋自律神経不全症とともにレビー小体の出現を中核病変とするレビー小体病の1つであ...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/06/03

パーキンソン病診療Q&A パーキンソン病の瞳孔

澤田秀幸

Frontiers in Parkinson Disease Vol.9 No.2, 38-41, 2016

Q1:瞳孔の神経支配はどのようになっているか?A:瞳孔には瞳孔括約筋と瞳孔散大筋とがあり,これらにより瞳孔径が決定される。瞳孔括約筋は虹彩の近位部に輪状に分布し,動眼神経の支配を受ける。すなわち...

⇒全文を見る

category13.gif category06.gif

2016/06/03

クリニック紹介 目々澤醫院

目々澤肇

Frontiers in Parkinson Disease Vol.9 No.2, 34-37, 2016

東京都江戸川区の閑静な住宅街に1933年から開業している目々澤醫院。3代目院長の目々澤肇先生は大学病院での長い臨床経験をもとに,頭痛や脳卒中などの神経疾患を中心に診療を行っている。外来のほか,近...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/06/03

パーキンソン病診断のコツとPitfall パーキンソン病の流涎

前田哲也

Frontiers in Parkinson Disease Vol.9 No.2, 30-33, 2016

「はじめに」パーキンソン病(PD)は緩徐進行性の運動障害を主徴とし,多彩な非運動症状と相まって,複雑な臨床像を形成する神経変性疾患である。運動症状に対してはすでにドパミン補充療法が確立されており...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/06/03

パーキンソン病のVisual View Graft-induced dyskinesiaの病態

安藤喜仁/村松慎一

Frontiers in Parkinson Disease Vol.9 No.2, 24-28, 2016

「はじめに」人工妊娠中絶した胎児の中脳ドパミン神経細胞を線条体に移植する細胞治療は,進行したパーキンソン病(PD)患者に対する先端治療として,1980年代から欧米を中心に実施された。オープンラベ...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/06/03

誌上ディベート Disease modifying therapyの実現は可能か?(臨床編) 「No」の立場から

波田野琢/服部信孝

Frontiers in Parkinson Disease Vol.9 No.2, 18-21, 2016

「はじめに」パーキンソン病(PD)は進行性の神経変性疾患であり,運動症状のみならず多彩な非運動症状も合併する。現在,運動症状についてはL-ドパをはじめとした多くの抗PD薬が開発され,生命予後は飛...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/06/03

誌上ディベート Disease modifying therapyの実現は可能か?(臨床編) 「Yes」の立場から

渡辺宏久/勝野雅央/祖父江元

Frontiers in Parkinson Disease Vol.9 No.2, 13-17, 2016

パーキンソン病(PD)において,disease modifying therapy(DMT)を実現できる可能性は,DMTの定義によって大きく変わる。もしDMTを「病気の根本原因から病気の進展,さらに...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/06/03

座談会(Round Table Discussion) パーキンソン病診療を担う医師を育成するための医学教育―卒前・卒後・生涯教育の取り組み―

鈴木則宏/伊東秀文/豊島至/山本光利

Frontiers in Parkinson Disease Vol.9 No.2, 5-11, 2016

高齢社会を迎え,パーキンソン病(PD)の有病率の上昇が見込まれるなか,PD診療を担う医師の育成が求められている。人材育成のための取り組みは教育機関である大学をはじめ,病院や学会でも行われており,...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/03/01

パーキンソン病診療Q&A パーキンソン病と司法

大平雅之

Frontiers in Parkinson Disease Vol.9 No.1, 48-50, 2016

Q1:パーキンソン病患者では,どのような法律問題が生じやすいのでしょうか?A:判例検索サイトなどで確認できる判例のうちパーキンソン病(PD)に関連する事件としては,PDそのものよりもそれに伴う認...

⇒全文を見る

category06.gif category13.gif

2016/03/01

クリニック紹介 はやし神経内科

林理之

Frontiers in Parkinson Disease Vol.9 No.1, 42-46, 2016

京都市中京区のオフィス街に2011年に開業したはやし神経内科。院長の林理之先生は神経難病と認知症の診療をライフワークとして臨床経験を重ね,「城の中にいるよりも,外に出て戦う医師でありたい」との思...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/03/01

パーキンソン病診断のコツとPitfall 新制度におけるパーキンソン病軽症Hoehn & Yahr 1 or 2での難病認定申請

相沢祐一/武田篤

Frontiers in Parkinson Disease Vol.9 No.1, 32-35, 2016

「はじめに」平成27年1月1日「難病の患者に対する医療等に関する法律」が施行された。これによりいわゆる「難病」のうち,国が指定したパーキンソン病(PD)を含む110の指定難病について医療費を助成...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/03/01

パーキンソン病のVisual View パーキンソン病での視線解析

松本英之

Frontiers in Parkinson Disease Vol.9 No.1, 28-31, 2016

視線解析により,パーキンソン病(PD)では眼球運動が小刻みとなり,注視範囲が狭小化していることが判明した。つまり眼球運動にも動作緩慢がみられ,その結果,視線を広い範囲に向けられなくなっている。こ...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/03/01

誌上ディベート Disease modifying therapyの実現は可能か?(基礎編) 「No」の立場から

金子鋭

Frontiers in Parkinson Disease Vol.9 No.1, 22-24, 2016

「要約」パーキンソン病(PD)は,黒質線条体ドパミン神経細胞の脱落による運動症状を主徴とする進行性の神経変性疾患である。ドパミン神経細胞が障害されるメカニズムとして神経炎症やグルタミン酸興奮毒性...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/03/01

誌上ディベート Disease modifying therapyの実現は可能か?(基礎編) 「Yes」の立場から

髙橋牧郎

Frontiers in Parkinson Disease Vol.9 No.1, 15-21, 2016

「はじめに」パーキンソン病(PD)をはじめとする神経変性疾患は加齢とともに発症率が増加し,病状も進行することから,病的老化が疾患のstrong risk factorであることは異論のないところであ...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す