• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2017/06/26

誌上ディベート メタボロームはパーキンソン病のバイオマーカ-として有用か? 「No」の立場から

徳田隆彦

Frontiers in Parkinson Disease Vol.10 No.1, 24-27, 2017

パーキンソン病(PD)の診断は,現在は,主としてその特徴的な臨床症状の組み合せ,L-ドパに対する反応性および画像診断による他疾患の鑑別により行われているが,発症早期の診断はしばしば難しく,その病...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/26

誌上ディベート パーキンソン病における遺伝子治療の有効性 「Yes」の立場から

村松慎一

Frontiers in Parkinson Disease Vol.9 No.4, 14-16, 2016

神経細胞に効率よく遺伝子を導入し長期に発現させるウイルスベクターを使用して,パーキンソン病(PD)に対する遺伝子治療の臨床研究が実施されている1)。①ドパミン合成に必要な酵素の遺伝子を被殻に導入...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/26

座談会(Round Table Discussion) パーキンソン病の早期診断とdisease modifying therapyの可能性を探る研究の現在

宇川義一/武田篤/村田美穂/望月秀樹

Frontiers in Parkinson Disease Vol.9 No.4, 5-12, 2016

近年,パーキンソン病(PD)の運動症状の発症前にすでにドパミン神経細胞の脱落が始まっているという知見が報告されている。これを受けて,運動症状発症前の治療を実現するため,さまざまな研究が行われてい...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/26

誌上ディベート メタボロームはパーキンソン病のバイオマーカ-として有用か? 「Yes」の立場から

斉木臣二

Frontiers in Parkinson Disease Vol.10 No.1, 20-23, 2017

生体サンプル(血液,尿,脳脊髄液,組織など)を用いた代謝産物網羅的解析は,測定・解析技術の長足の進歩により,多サンプル・多測定項目の同時解析が可能になっており,その他のオミクス解析(ゲノミクス・...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/26

誌上ディベート パーキンソン病における遺伝子治療の有効性 「No」の立場から

馬場孝輔/望月秀樹

Frontiers in Parkinson Disease Vol.9 No.4, 17-20, 2016

パーキンソン病(PD)は安静時振戦や筋強剛といった運動障害を特徴とし,中脳黒質のドパミン神経細胞の変性,細胞死を主体とする進行性の神経変性疾患である。神経変性疾患のなかでは2番目に多く,わが国で...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/26

パーキンソン病診療Q&A パーキンソン病とサプリメント

頼高朝子

Frontiers in Parkinson Disease Vol.10 No.1, 48-51, 2017

Q1:サプリメントとは,法律の規制はあるのか?A:米国では,「サプリメント」とは日常生活で不足しやすい栄養成分の補給や保険の用途に適する食品のうち,錠剤カプセルなど通常の食品の形でないものをいう...

⇒全文を見る

category06.gif category13.gif

2017/06/26

クリニック紹介 メディカルクリニック柿の木坂

岩田誠

Frontiers in Parkinson Disease Vol.10 No.1, 42-45, 2017

大学病院の教授から「町医者」になることが,岩田誠先生にとって大きな変化であったようだ。人間関係の距離の近さがとても面白いという。音楽や美術,文化人類学にも深い造詣をもつ岩田先生に,自身が育ってき...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/26

パーキンソン病診断のコツとPitfall パーキンソン病と全身炎症

澤田秀幸

Frontiers in Parkinson Disease Vol.10 No.1, 36-40, 2017

従来,神経変性の病態は,炎症や血管障害とは全く別個の変性固有の過程であると考えられてきたが,近年の知見からは,中枢神経内で生じる炎症(neuroinflammation)の関与があることが注目さ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/26

パーキンソン病のVisual View MRIによるパーキンソン病重症度の可視化

小山内実/菊田里美

Frontiers in Parkinson Disease Vol.10 No.1, 30-34, 2017

パーキンソン病(PD)はその発症機序が解明されていないことに加えて,確定診断法が存在しない。MRIを用いた新しい非侵襲神経活動計測法により,PDで神経活動が変化している領域の可視化だけでなく,重...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/26

座談会(Round Table Discussion) α-シヌクレイノパチーとマイトファジー研究の現在と今後の展望

髙橋良輔/Glenda Halliday/長谷川成人/服部信孝/松田憲之/José A. Obeso

Frontiers in Parkinson Disease Vol.10 No.1, 7-16, 2017

パーキンソン病(PD)が感染症のように,ヒトからヒトに伝染するとしたら…。近年,α-シヌクレイン(α-syn)がプリオンと共通している性質をもち,さらに細胞間を伝播することから,疾患が「感染症や...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/26

『Frontiers in Parkinson Disease』創刊10年記念稿 『Frontiers in Parkinson Disease』創刊10年を記念して

服部信孝

Frontiers in Parkinson Disease Vol.10 No.1, 1-2, 2017

『Frontiers in Parkinson Disease』が創刊10年を迎えた。ちょうど,小生が教授に就任した年に企画され,創刊された。編集委員には,宇川義一先生(福島県立医科大学医学部神経内科...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/26

パーキンソン病診療Q&A パーキンソン病におけるC型肝炎の関与

熊谷智昭/永山寛

Frontiers in Parkinson Disease Vol.9 No.4, 40-43, 2016

Q1:C型肝炎ウイルス感染症はパーキンソン病発症の危険因子か?A:パーキンソン病(PD)発症については,遺伝的因子と環境因子が作用しそこにミトコンドリア機能異常,炎症反応,酸化ストレス障害が加わ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/26

パーキンソン病診断のコツとPitfall 心因性パーキンソニズム

福武敏夫

Frontiers in Parkinson Disease Vol.9 No.4, 30-34, 2016

心因性パーキンソニズム(psychogenic parkinsonism:PP)を含む心因性運動異常症(psychogenic movement disorders:PMD)を考える場合,まず「心因性...

⇒全文を見る

category13.gif category06.gif

2017/06/26

クリニック紹介 岡部医院

岡部慎吾

Frontiers in Parkinson Disease Vol.9 No.4, 36-39, 2016

西麻布は閑静な高級住宅街のイメージがある一方で,古くからこの街に住み,長く居を構えている方も大勢いる。岡部慎吾先生も幼少から西麻布の街に住み,この街とともに育ってきた1人である。若くして祖父であ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/26

パーキンソン病のVisual View パーキンソン病とニューロメラニン

佐々木貴浩

Frontiers in Parkinson Disease Vol.9 No.4, 24-28, 2016

黒質緻密層に存在するニューロメラニンは加齢とともに蓄積する黒色の色素である。古くはドパミンなどカテコラミンの単なる代謝産物であると認識されていたが,そのはたらきには神経保護作用と神経障害作用の二...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/20

誌上ディベート パーキンソン病は腸管のα-シヌクレイン蓄積から始まる 「No」の立場から

平山正昭

Frontiers in Parkinson Disease Vol.9 No.3, 17-19, 2016

「はじめに」今回パーキンソン病(PD)をどう定義するかであるが,少なくとも遺伝性PDの多くはレビー小体が神経細胞にみられることは少ないため,遺伝性PDに関しては“腸管のα-シヌクレイン(α-sy...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/20

座談会(Round Table Discussion) パーキンソン病におけるwearable monitoring technologiesの有効性

服部信孝/大山彦光/三苫博/前田哲也

Frontiers in Parkinson Disease Vol.9 No.3, 5-12, 2016

われわれの生活において,もはや必需品といっても過言ではないスマートフォンなどの通信端末は,医療においても革新的な役割を担っている。映画の世界でしかみることのできなかったような時計や眼鏡の形をした...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/20

パーキンソン病診療Q&A パーキンソン病患者の自動車運転ではどのようなことに気を付けたらよいですか?

安藤利奈

Frontiers in Parkinson Disease Vol.9 No.3, 44-47, 2016

Q1:パーキンソン病患者でみられる運転能力の変化はどのようなものですか?また,運転中に起こり得る危険はどのようなことがありますか?A:パーキンソン病(PD)は無動や筋強剛,振戦,姿勢反射障害を四...

⇒全文を見る

category13.gif category06.gif

2016/09/20

クリニック紹介 佐藤神経内科診療所

佐藤健一

Frontiers in Parkinson Disease Vol.9 No.3, 40-43, 2016

「患者さんの話をゆっくり聴いて,診療していきたい」と穏やかに話す佐藤神経内科診療所院長の佐藤健一先生は,大学病院に長く勤務された経験をもとに練馬区の住宅街に開業し,地域の神経疾患診療に尽力されて...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/20

パーキンソン病診断のコツとPitfall SWEDDs(Scans Without Evidence of Dopaminergic Deficit)

向井洋平/村田美穂

Frontiers in Parkinson Disease Vol.9 No.3, 28-31, 2016

「はじめに」2014年1月にわが国でドパミントランスポーターSPECT(DAT SPECT)が保険適応になり,SWEDDsと診断される患者がみられるようになった。本稿ではSWEDDsの概念と原疾患...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す