• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2018/01/15

誌上ディベート 7T MRIは臨床に役立つか? 「No」の立場から

花川隆

Frontiers in Parkinson Disease Vol.10 No.2, 22-24, 2017

1980年代に臨床応用され始めた当時は0.5Tesla(T)程度の静磁場強度しかもたなかったMRIだが,1.5T装置が標準的な臨床機であった時代を経て,現在は3T装置が標準的臨床機となっている。...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/15

パーキンソン病診療Q&A 進行期パーキンソン病の診断基準

三原雅史

Frontiers in Parkinson Disease Vol.10 No.3, 46-50, 2017

Q1:パーキンソン病の重症度を評価する指標にはどのようなものがありますか?A:症状ごとにさまざまな臨床指標が考案されているが,運動症状,非運動症状などを総合的に評価する場合には Unified Pa...

⇒全文を見る

category13.gif category06.gif

2018/01/15

クリニック紹介 みわ内科クリニック

三輪隆子/三輪英人

Frontiers in Parkinson Disease Vol.10 No.3, 38-42, 2017

「在宅医療は西東京市全域が受け入れ範囲です。すべて自転車で移動です」と話す三輪隆子先生は,クリニックでの診療はもちろん,在宅医療や西東京市医師会理事としての活動に精力的に取り組んでいる。2017...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/15

パーキンソン病診断のコツとPitfall パーキンソン病とフレイル・サルコペニア

吉崎崇仁

Frontiers in Parkinson Disease Vol.10 No.3, 30-34, 2017

最近フレイル・サルコペニアなどの言葉を聞くようになってきた。これらは超高齢化社会を迎えつつあるわが国において,ただの寿命ではなく,“健康” 寿命を伸ばしていくことが課題となっているからである。骨折...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/15

パーキンソン病のVisual View 歩行の機序:重力と歩行

内藤寛

Frontiers in Parkinson Disease Vol.10 No.3, 24-27, 2017

二足歩行中の床反力は重心の加速度に応じて変化するが,床反力よりも重心が前方にある限り,重力による回転モーメントが発生して歩行の駆動力になる。重心が連続的に前方に移動していくことから,「歩行とは転...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/15

誌上ディベート 嗅覚障害はパーキンソン病の進行とともに増悪するか? 「No」の立場から

仙石錬平

Frontiers in Parkinson Disease Vol.10 No.3, 19-21, 2017

パーキンソン病(PD)の嗅覚障害は,1975年にAnsariとJohnsonによって記載され1),現在ではPD患者の73~90%に嗅覚障害を認めるとされている2)。また,Honolulu Asis ...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/15

誌上ディベート 嗅覚障害はパーキンソン病の進行とともに増悪するか? 「Yes」の立場から

谷口さやか/武田篤

Frontiers in Parkinson Disease Vol.10 No.3, 16-18, 2017

嗅覚障害はパーキンソン病(PD)の進行とともに増悪するのか? PDの他の症状は治療介入の影響や,認知機能の変動などを除けば,ほとんどが進行性である。嗅覚障害に関してはどうなのか。病理学的には,病...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/15

座談会(Round Table Discussion) オートファジーと神経変性疾患

服部信孝/水島昇/吉森保

Frontiers in Parkinson Disease Vol.10 No.3, 5-11, 2017

われわれの身体のなかで,細胞は毎日少しずつ入れ替わっているという話を耳にしたことはないだろうか。2016年にノーベル生理学・医学賞の受賞テーマとなった「オートファジー」は,代謝回転で細胞内の恒常...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/15

パーキンソン病診療Q&A Paradoxical gaitの機序とリハビリテーション

乙宗宏範/三原雅史/宮井一郎

Frontiers in Parkinson Disease Vol.10 No.2, 46-50, 2017

パーキンソン病(PD)は中脳黒質のドパミン神経細胞変性に伴う大脳基底核ネットワークの機能不全によって振戦,無動,筋強剛,姿勢反射障害などの運動症状をはじめとしたさまざまな症状を引き起こす進行性の...

⇒全文を見る

category13.gif category06.gif

2018/01/15

クリニック紹介 武蔵中原まちいクリニック

町井克行

Frontiers in Parkinson Disease Vol.10 No.2, 40-44, 2017

「すべては患者さんに来てもらうためです」と笑いながら話す町井克行先生は,その言葉の一方で,神経疾患に悩む患者さんがどのような治療や支援を必要としているかを考え,患者さんの社会復帰のための「ハブ」...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/15

パーキンソン病診断のコツとPitfall パーキンソン病での自律神経症状

榊原隆次/舘野冬樹/山本達也/長尾建樹

Frontiers in Parkinson Disease Vol.10 No.2, 32-38, 2017

パーキンソン病(PD)は,黒質ドパミンニューロンなどの変性に伴い,運動障害を来す代表的な錐体外路疾患である1)。一方,PDで非運動障害を来すことはその原著にも記載され2),2015年の改定PD診...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/15

パーキンソン病のVisual View 脳深部刺激療法(DBS)の作用機序

知見聡美/南部篤

Frontiers in Parkinson Disease Vol.10 No.2, 28-31, 2017

視床下核,淡蒼球内節,視床などをターゲットとした脳深部刺激療法(DBS)は,パーキンソン病やジストニア,振戦などの運動異常症の症状を効果的に改善する。DBS は,ターゲット核から投射先への異常な運...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/15

誌上ディベート 7T MRIは臨床に役立つか? 「Yes」の立場から

福山秀直

Frontiers in Parkinson Disease Vol.10 No.2, 18-21, 2017

まず,最初に述べておく必要があるのは,現在の日本では,7TのMRIは,一般臨床用には,医薬品医療機器総合機構(Pharmaceuticals and Medical Devices Agency:PMD...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/15

座談会(Round Table Discussion) パーキンソン病治療における医師・薬剤師連携

鈴木則宏/高橋一司/中鏡暁子/野元正弘

Frontiers in Parkinson Disease Vol.10 No.2, 5-14, 2017

処方箋だけでは,医師の処方意図は十分にはわからない。患者への説明はなされていても,薬剤師には医師から直接の説明があるわけではないため,情報の共有が十分ではない現状があるようだ。パーキンソン病(P...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/26

誌上ディベート メタボロームはパーキンソン病のバイオマーカ-として有用か? 「No」の立場から

徳田隆彦

Frontiers in Parkinson Disease Vol.10 No.1, 24-27, 2017

パーキンソン病(PD)の診断は,現在は,主としてその特徴的な臨床症状の組み合せ,L-ドパに対する反応性および画像診断による他疾患の鑑別により行われているが,発症早期の診断はしばしば難しく,その病...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/26

誌上ディベート メタボロームはパーキンソン病のバイオマーカ-として有用か? 「Yes」の立場から

斉木臣二

Frontiers in Parkinson Disease Vol.10 No.1, 20-23, 2017

生体サンプル(血液,尿,脳脊髄液,組織など)を用いた代謝産物網羅的解析は,測定・解析技術の長足の進歩により,多サンプル・多測定項目の同時解析が可能になっており,その他のオミクス解析(ゲノミクス・...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/26

誌上ディベート パーキンソン病における遺伝子治療の有効性 「No」の立場から

馬場孝輔/望月秀樹

Frontiers in Parkinson Disease Vol.9 No.4, 17-20, 2016

パーキンソン病(PD)は安静時振戦や筋強剛といった運動障害を特徴とし,中脳黒質のドパミン神経細胞の変性,細胞死を主体とする進行性の神経変性疾患である。神経変性疾患のなかでは2番目に多く,わが国で...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/26

誌上ディベート パーキンソン病における遺伝子治療の有効性 「Yes」の立場から

村松慎一

Frontiers in Parkinson Disease Vol.9 No.4, 14-16, 2016

神経細胞に効率よく遺伝子を導入し長期に発現させるウイルスベクターを使用して,パーキンソン病(PD)に対する遺伝子治療の臨床研究が実施されている1)。①ドパミン合成に必要な酵素の遺伝子を被殻に導入...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/26

座談会(Round Table Discussion) パーキンソン病の早期診断とdisease modifying therapyの可能性を探る研究の現在

宇川義一/武田篤/村田美穂/望月秀樹

Frontiers in Parkinson Disease Vol.9 No.4, 5-12, 2016

近年,パーキンソン病(PD)の運動症状の発症前にすでにドパミン神経細胞の脱落が始まっているという知見が報告されている。これを受けて,運動症状発症前の治療を実現するため,さまざまな研究が行われてい...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/26

パーキンソン病診療Q&A パーキンソン病とサプリメント

頼高朝子

Frontiers in Parkinson Disease Vol.10 No.1, 48-51, 2017

Q1:サプリメントとは,法律の規制はあるのか?A:米国では,「サプリメント」とは日常生活で不足しやすい栄養成分の補給や保険の用途に適する食品のうち,錠剤カプセルなど通常の食品の形でないものをいう...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す