• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2016/09/16

日本フットケア学会 第14回日本フットケア学会年次学術集会 2016年2月6日(土)~7日(日):神戸

大谷則史

Angiology Frontier Vol.15 No.2, 73-75, 2016

2016年2月6日(土)~7日(日)の2日間にわたり,神戸大学大学院医学研究科形成外科学教授 寺師浩人先生を大会長として第14回日本フットケア学会年次学術集会が神戸市の神戸ポートピアホテルにて開催...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/16

私の研究―My Research― 第12回 血管新生を促す微小環境を備えたゲル状バイオマテリアルの開発

小山博之

Angiology Frontier Vol.15 No.2, 68-72, 2016

「はじめに」三次元構造をもち,かつ十分な大きさを備えた再生組織の構築は,再生医療が目指す重要な到達点の1つといえよう。再生組織を構築するためには,細胞ソースの確保と組織構築技術の確立が必要である...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/16

特集 新規抗血栓治療薬の実臨床における問題点 7.新規抗凝固療法と凝固線溶系バイオマーカー New anti-coagulation therapy and biomarkers for coagulation/thrombolysis

野村昌作/二木麻衣子/清水導臣

Angiology Frontier Vol.15 No.2, 59-65, 2016

「Summary」深部静脈血栓症(DVT)と肺血栓塞栓症は1つの連続した病態と考えられており,両者を合わせて静脈血栓塞栓症(VTE)と呼ばれている。VTEの内科的治療は,初期治療としてはヘパリン...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/16

特集 新規抗血栓治療薬の実臨床における問題点 6.静脈血栓塞栓症に対するNOAC/DOAC治療の課題と展望 Treatment of VTE with NOAC/DOAC : current issue and future perspective

中村真潮

Angiology Frontier Vol.15 No.2, 50-58, 2016

「Summary」静脈血栓塞栓症(VTE)の治療の第一選択は抗凝固療法であり,従来から日本では未分画ヘパリンとワルファリンが使用されてきたが,いずれも調節に難渋するためVTE再発が少なくなかった...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/16

特集 新規抗血栓治療薬の実臨床における問題点 5.心原性脳塞栓症とNOAC NOAC use for cardioembolic stroke

井手俊宏/豊田一則

Angiology Frontier Vol.15 No.2, 42-49, 2016

「Summary」2016年6月現在,4つの非ビタミンK阻害経口抗凝固薬(NOAC)が心原性脳塞栓症の予防に使用可能であり,各NOACの第Ⅲ相試験,およびそれらをまとめたメタ解析において,ワルフ...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/16

特集 新規抗血栓治療薬の実臨床における問題点 4.抗凝固療法Up-To-Date Anticoagulation therapy Up-To-Date

有田卓人/山下武志

Angiology Frontier Vol.15 No.2, 34-41, 2016

「Summary」超高齢社会を迎えるわが国において,今後心房細動患者の増加,またその高齢化が予想され,リスク管理はますます重要になると考えられる。その一方で,エビデンスが構築されにくい患者層が増...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/16

特集 新規抗血栓治療薬の実臨床における問題点 3.チエノピリジン系薬剤による虚血性心疾患の治療の現状と問題点 Current status and issues on thienopyridine antiplatelet agents

後藤信哉

Angiology Frontier Vol.15 No.2, 28-33, 2016

「Summary」抗血小板クロピドグレルは,薬効標的未知のままランダム化比較試験と経験に基づいて,世界で広く使用された。クロピドグレルはチエノピリジン系であった。のちに,薬効標的P2Y12ADP...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/16

特集 新規抗血栓治療薬の実臨床における問題点 2.アテローム性脳梗塞症と抗血小板療法 Atherothrombotic stroke and antiplatelet therapy

内山真一郎

Angiology Frontier Vol.15 No.2, 20-27, 2016

「Summary」脳動脈疾患(CVD),冠動脈疾患(CAD),末梢動脈疾患(PAD)は不安定粥腫の破綻を契機に形成される血小板血栓による動脈の閉塞というメカニズムを共有し,アテローム血栓症(AT...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/16

特集 新規抗血栓治療薬の実臨床における問題点 1.抗血小板療法Up-To-Date Antiplatelet therapy Up-To-Date

海北幸一/小川久雄

Angiology Frontier Vol.15 No.2, 13-19, 2016

「Summary」経皮的冠動脈インターベンション(PCI)後の抗血小板療法は,冠動脈内血栓予防における標準的治療である。本邦では,アスピリン,クロピドグレルを用いた抗血小板薬2剤併用療法(DAP...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/16

特集 新規抗血栓治療薬の実臨床における問題点 特集にあたって

野村昌作

Angiology Frontier Vol.15 No.2, 12, 2016

『Angiology Frontier』のVol.15 No.2をお届けします。今回の特集のテーマとしては,「新規抗血栓治療薬の実臨床における問題点」を取り上げさせて頂きました。わが国における深部静...

⇒全文を見る

category13.gif category05.gif

2016/09/16

目でみる血管障害 重症下肢虚血のWIfI分類

東信良

Angiology Frontier Vol.15 No.2, 1-5, 2016

「1 WIfI分類が生まれた背景」これまで,虚血肢の重症度を評価する尺度としてFontaine分類やRutherford分類が用いられてきた。しかし,糖尿病が爆発的に増え,それによって虚血による...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/05/17

特集 日常診療における脈管検査―目的とその意義 特集にあたって

宮田哲郎

Angiology Frontier Vol.15 No.1, 14, 2016

脈管疾患の罹患率は,年齢とともに増加します。年代別死因をみると,悪性新生物は50~70代までは男女ともに第一位であるのに対して,60代以降は死亡の主因ではあるが減少に転じます。それに伴って心疾患...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/05/17

特集 日常診療における脈管検査―目的とその意義 5.バスキュラーアクセス診療におけるエコーの有用性 Clinical usefulness of ultrasound for vascular access

春口洋昭

Angiology Frontier Vol.15 No.1, 40-45, 2016

「Summary」バスキュラーアクセス(VA)に対するエコーの役割としては,①VAの作製時における血管評価,②日常管理におけるサーベイランス,③VAトラブルの診断,④治療における補助に分けられる。...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/05/17

日本糖尿病合併症学会 第30回日本糖尿病合併症学会 2015年11月27日(金)~28日(土):愛知

保坂利男/石田均

Angiology Frontier Vol.15 No.1, 67-69, 2016

第30回日本糖尿病合併症学会は,愛知医科大学医学部内科学講座糖尿病内科 中村二郎教授が会長を務められ,2015年11月27日(金)~28日(土)にかけての2日間,愛知県産業労働センターウインクあい...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/05/17

私の研究―My Research― 第11回 DAMPs:HMGB1

丸山征郎

Angiology Frontier Vol.15 No.1, 62-66, 2016

「はじめに」私は,1972年に鹿児島大学を卒業した。当時は学生運動華やかし頃で,私も医学・医療のあり方について真剣に考える機会が多く,机の上でのほほんと医学知識を漁るというような状況ではなかった...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/05/17

特集 日常診療における脈管検査―目的とその意義 7.MRI MRI

天沼誠

Angiology Frontier Vol.15 No.1, 55-60, 2016

「Summary」躯幹部,四肢領域の脈管に対するMRI撮像は,近年のソフトウエア,ハードウエアの開発により,日常臨床においてなくてはならない診断技術となった。特に最近では,簡便で空間分解能の高いC...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/05/17

特集 日常診療における脈管検査―目的とその意義 6.脈管疾患におけるCT検査の役割 The role of computed tomography for vascular disease

上田達夫/林宏光/安藤嵩浩/齊藤英正/武田美那子/福嶋善光/高木亮/村上隆介/汲田伸一郎

Angiology Frontier Vol.15 No.1, 46-54, 2016

「Summary」CT検査は比較的簡便で侵襲が低く,かつ短時間で広範囲の領域を客観的に評価できることから,脈管疾患における日常診療において必要不可欠な検査である。その目的はスクリーニングに始まり...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/05/17

特集 日常診療における脈管検査―目的とその意義 4.静脈エコー(表在静脈,深部静脈) Venous duplex ultrasound(superficial and deep veins)

小川智弘

Angiology Frontier Vol.15 No.1, 35-39, 2016

「Summary」静脈疾患の診断には,静脈閉塞に加えて静脈逆流を評価することが必要であるが,血管エコーではどちらも解剖学的部位評価が可能であり,さらに無侵襲で繰り返しベッドサイドにて検査ができる...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/05/17

特集 日常診療における脈管検査―目的とその意義 3.腹部大動脈・腎動脈・腹部内臓動脈エコー Ultrasound evaluation of abdominal aorta, renal artery and abdominal visceral artery

小田代敬太

Angiology Frontier Vol.15 No.1, 29-34, 2016

「Summary」造影CTやMRAに比べてエコーは非侵襲的であり,簡便性に優れる。日常診療におけるエコーの有用性を忘れてはならない。生活習慣病患者における大動脈エコーと腎動脈エコー,難治性高血圧...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/05/17

特集 日常診療における脈管検査―目的とその意義 2.頸動脈エコー Ultrasound evaluation of carotid artery

松尾汎

Angiology Frontier Vol.15 No.1, 23-28, 2016

「Summary」頸動脈エコーでは,動脈壁の状態を詳細に評価しうる。それらは同部位の動脈硬化を示しており,動脈硬化の程度を視覚的に評価できるというインパクトがある。同時に,下流である脳血管障害発...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す