• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2017/08/02

第一線で働く医師たちからのオピニオン 暮らしを支える医療こそ一生の仕事

佐藤元美

THE LUNG perspectives Vol.25 No.1, 104-107, 2017

私はここ岩手県一関市藤沢町の隣の千厩(せんまや)町で農家の長男として生まれました。地元の小・中・高校に進学し,将来は数学者になりたいと思い描いていましたが,高校3年生の時に自治医科大学が創設され...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2017/08/02

CPC日常臨床から学ぶ クリゾチニブ投与後に急性肺障害をきたしたALK融合遺伝子陽性肺癌の一剖検例

三田祐実子/武山廉/志々目修/久保綾子/溝渕莉恵/多賀谷悦子/近藤光子/辺見卓男/宇都健太/小田秀明/玉置淳

THE LUNG perspectives Vol.25 No.1, 10-14, 2017

クリゾチニブはALK 融合遺伝子陽性肺癌においてプラチナ併用療法を大きく凌駕する治療成績を示し,標準療法としての地位を確立している。今回クリゾチニブ内服中に急性肺障害をきたし,ステロイドパルス療法...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/02

MEDICAL TOPICS 第61回 グレリンと健康長寿

乾明夫/鮫島奈々美/森永明倫/網谷真理恵

THE LUNG perspectives Vol.25 No.1, 84-87, 2017

日本は世界に冠たる超高齢化社会となり,持続ある社会の発展のために,種々のレベルでパラダイムシフトが求められるようになった。このような状況の中,生物寿命と健康寿命の約10年の相違が,克服すべき急務...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/02

特集 呼吸器在宅医療のサイエンス 呼吸器疾患における交感神経活動亢進の意義

城宝秀司

THE LUNG perspectives Vol.25 No.1, 78-83, 2017

呼吸器疾患は高齢者に多い疾患の1つであり,心血管疾患をはじめとして多くの併存症を伴う。交感神経活動の亢進は様々な疾患の予後不良予測因子といわれているが,呼吸器疾患においても例外ではない。呼吸器疾...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/02

特集 呼吸器在宅医療のサイエンス 高齢者の睡眠中の嚥下・誤嚥

佐藤公則

THE LUNG perspectives Vol.25 No.1, 72-77, 2017

1. 睡眠中は嚥下の回数,頻度が減少しており,長時間,嚥下が行われておらず,咽頭・食道のクリアランスが低下している。また睡眠中は唾液分泌機能が低下し,気道の線毛運動機能が低下している。この傾向は高...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/02

特集 呼吸器在宅医療のサイエンス 在宅で呼吸器疾患患者をケアする家族の問題

桂秀樹/松崎恵子/樽石育良

THE LUNG perspectives Vol.25 No.1, 66-70, 2017

地域包括ケアシステムの導入により,慢性呼吸器疾患患者においても在宅医療の重要性がこれまで以上に高まってくると推定される。在宅医療においては患者を介護する家族の協力が欠かせない。これまでの報告では...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/02

特集 呼吸器在宅医療のサイエンス 地域に根差した呼吸器在宅医療・介護の体制作り ―湘南東部医療圈での多職種参加型「医療と在宅呼吸管理勉強会」の目的―

中島活弥/西川正憲/鈴木勇三/熊切寛

THE LUNG perspectives Vol.25 No.1, 60-65, 2017

湘南東部医療圈で「呼吸器に関心のある職種」を対象に参加を呼びかけ,多職種参加型「医療と在宅呼吸管理勉強会」を2015年2月~2016年3月に3回開催している。本会は呼吸器在宅医療・介護についての...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/02

特集 呼吸器在宅医療のサイエンス 離島へき地における遠隔医療の現状と展望

大脇哲洋/根路銘安仁/網谷真理恵/嶽崎俊郎

THE LUNG perspectives Vol.25 No.1, 56-59, 2017

遠隔医療(遠隔診療)を保険制度上の「診療」と捉える方向に進んでおり,診療,診断,加療への応用が行われている。また,情報通信技術の進歩は想像以上に早く,スマートフォンによるテレビ電話機能はその端末...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/02

特集 呼吸器在宅医療のサイエンス 栄養の管理と誤嚥予防

井上登太

THE LUNG perspectives Vol.25 No.1, 52-55, 2017

包括的呼吸リハビリテーションでは,栄養管理と運動療法は車の両輪と考えられる。食餌時の環境調節も重要であり,食餌を苦痛に感じることは,抑うつ状態を誘発し運動量減少に伴う筋萎縮を誘発,デコンディショ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/02

特集 呼吸器在宅医療のサイエンス 小児患者の発育,教育に呼吸器在宅医療はどう貢献できるか

佐地勉

THE LUNG perspectives Vol.25 No.1, 47-51, 2017

1771年に薬学者であったドイツ系スウェーデン人Karl Scheeleが酸素を発見してから250年に近くなるが,彼は多くの有機酸や無機酸も発見し,当時から酸素自体に有害物質の疑いもあったといわれ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/02

特集 呼吸器在宅医療のサイエンス 稀少肺疾患における患者会・医療者・行政の連携およびその成果;患者の視点から

遠藤玲奈

THE LUNG perspectives Vol.25 No.1, 40-46, 2017

妊娠可能な若い女性にみられるリンパ脈管筋腫症(LAM)は,肺機能の低下による在宅酸素療法をはじめ,進行すると肺移植の適応となる稀少難病である。移植が一般的ではない日本においては長年治療法がなく,...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/02

特集 呼吸器在宅医療のサイエンス 新しい手技を用いたリハビリテーション

黒澤一

THE LUNG perspectives Vol.25 No.1, 35-39, 2017

リハビリテーションの分野における新しい手技を用いた手法について,特に在宅でも役立つと思われるものをまとめた。電気刺激療法はこれまでの横隔膜ペーシングなどに加え,呼気筋の強化や,慢性呼吸疾患の二次...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/02

特集 呼吸器在宅医療のサイエンス 呼吸器終末期患者の在宅支援

越川貴史

THE LUNG perspectives Vol.25 No.1, 32-34, 2017

終末期患者の在宅支援は,本邦の医療事情により複雑化している。緩和ケアについても緩和ケア病棟の施設基準の改定により在宅医療との密接な連携が必須となってきている。在宅支援には,スムーズに行える要素を...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/02

特集 呼吸器在宅医療のサイエンス 在宅医療の現場から―呼吸器専門医の視点―

篠田裕美

THE LUNG perspectives Vol.25 No.1, 28-31, 2017

終末期に在宅療養を希望する人は多く今後さらに増えると予測されているが,病院に勤務する医師にとって在宅医療の現場は未知なることが多い。呼吸器内科医であり在宅医である立場から在宅医療の特色や病院との...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/02

特集 呼吸器在宅医療のサイエンス 在宅呼吸ケアの現状と展望

木田厚瑞

THE LUNG perspectives Vol.25 No.1, 21-27, 2017

我が国の在宅呼吸ケアは在宅酸素療法(HOT)を軸として進歩し,同時に包括的呼吸リハビリテーション,地域での医療連携,多職種によるチーム医療など,他の領域の在宅医療を推進させる原動力となった。在宅...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2017/08/02

Medical Pictures 劇症型溶血性連鎖球菌感染症

藤田次郎

THE LUNG perspectives Vol.25 No.1, 3, 2017

症例は57歳男性。主訴は発熱,呼吸困難。既往歴として下咽頭癌術後(2009年,永久気管孔,化学療法後,放射線療法後),高血圧,左側頭葉梗塞などがある。生活歴として,喫煙:20本×30年,2009...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/02

特集 呼吸器在宅医療のサイエンス 序文

別役智子

THE LUNG perspectives Vol.25 No.1, 20, 2017

我が国は超高齢化・少子化社会を迎え,医療のあり方,家族のあり方など大きな変革を余儀なくされている。統計学的にも,数十年前からこの時代の到来を予期できていたであろうに,充分な対策も追いつかず,目の...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/02

患者から医師へのシグナル 第76回 仕事が好き,それが何よりの張り合い

渡邉正直

THE LUNG perspectives Vol.25 No.1, 108-111, 2017

私は現在82歳ですが,最初に慢性閉塞性肺疾患(COPD)と診断されたのは70歳代の時で,きっかけは脳の硬膜下血腫の手術でした。ある日,新宿で法事がありけっこうな量のお酒を飲んだ私は,帰りに駅の階...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/02

医療と哲学 第53回 臨床死生学からみる生と死の問題を取り巻く流れ

小山千加代

THE LUNG perspectives Vol.25 No.1, 100-103, 2017

死学,死生学,臨床死生学という言葉を,現代社会の人々はどれほど承知しておられるであろうか。死を研究テーマとするような学問があるのかと,多くの人は不快になり,目をそらしたくなるのが当たり前のことの...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/02

いま振り返る研究の日々 第11回 肺機能に遺伝の影響はあるか? 双生児研究から答える

川上義和

THE LUNG perspectives Vol.25 No.1, 94-98, 2017

遺伝と環境は,すべての疾患の病因(原因,危険因子)にはもちろん,病態,治療の効果にも関わっている,と私は信じている。もちろん,病因としての単一の原因だけでなく,複数の危険因子にも遺伝と環境が関わ...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す