• Webマガジン 検索結果

検索結果

category04.gif

2014/05/26

米国整形外科学会(AAOS) 米国整形外科学会(AAOS)

稲葉裕/齋藤知行

Arthritis―運動器疾患と炎症― Vol.11 No.2, 48-49, 2013

 2013年3月19日~23日まで,米国イリノイ州シカゴのMcCormick Place Convention Centerで米国整形外科学会(American Academy of Orthopaedic ...

⇒全文を見る

category12.gif

2014/05/26

Orthopractice―私の治療法 高疾患活動性のRA初診例に対する治療 DEBATE 1 MTX単独による治療

天野宏一

Arthritis―運動器疾患と炎症― Vol.11 No.2, 14-18, 2013

 メトトレキサート(MTX)未使用の活動性関節リウマチ(RA)に対し,MTXと生物学的製剤の併用療法の効果がMTX単独より優れているのは大規模試験の成績から確かである.しかし,MTX単独でもかな...

⇒全文を見る

category01.gif category11.gif

2014/05/26

MY TURNING POINT 長澤浩平

長澤浩平

Arthritis―運動器疾患と炎症― Vol.11 No.2, 72, 2013

 昨年(2012年)夏,1人の中年女性が私の外来を受診しました.それが何と,今を去ること42年前,私が研修医だった時代に高熱を発して入院し,診断,治療に大いに苦慮した患者さんだったのです.いわば...

⇒全文を見る

category03.gif

2014/05/26

Arthritis Topics Discussion 運動器疾患としてのRA治療,現状と将来

石黒直樹/西田圭一郎/橋本淳/宮原寿明/桃原茂樹

Arthritis―運動器疾患と炎症― Vol.11 No.2, 56-63, 2013

生物学的製剤によるRA治療の進歩と関節評価石黒 本日は,全国各地方で関節リウマチ(rheumatoid arthritis;RA)診療に力を入れておられる整形外科医の先生方にお集まりいただきました...

⇒全文を見る

category01.gif

2014/05/26

シリーズ スポーツ医学 第30回 トップメディカルドクターにきく~体操~

清水卓也

Arthritis―運動器疾患と炎症― Vol.11 No.2, 50-55, 2013

 体操競技は一般人が真似ることができないような動作パターンが多用されるため,神経系が発達する幼少期からのトレーニングが必要な種目である.また上肢を荷重に使用するため,手関節などの痛みを伴いやすく...

⇒全文を見る

category01.gif category09.gif

2014/05/26

RA Clinical Question 機能的寛解の判定基準を教えてください

長澤逸人

Arthritis―運動器疾患と炎症― Vol.11 No.2, 46-47, 2013

 現在の関節リウマチ(RA)の治療目標は,臨床的寛解(罹病期間長期の場合は低疾患活動性),関節破壊進行の阻止(構造的寛解),ならびに身体機能の改善・保持(機能的寛解)である.

⇒全文を見る

category01.gif category09.gif

2014/05/26

RA Clinical Question 臨床的寛解の判定基準を教えてください

平田信太郎/田中良哉

Arthritis―運動器疾患と炎症― Vol.11 No.2, 44-45, 2013

 関節リウマチ(RA)の治療成績は,メトトレキサート(MTX)と生物学的製剤の導入による治療戦略の進歩に伴って飛躍的に向上した.TiCoRA study 1)およびCAMERA study 2)では,複...

⇒全文を見る

category12.gif

2014/05/26

Orthopractice―私の治療法 高疾患活動性のRA初診例に対する治療 コメント

竹内勤

Arthritis―運動器疾患と炎症― Vol.11 No.2, 30, 2013

 抗リウマチ薬を初めて使用する早期関節リウマチ(RA)の治療戦略は,RAの予後を決定づけるきわめて重要な臨床的課題であり,早期診断・早期治療の要といっても過言ではない.第一選択薬として2011年...

⇒全文を見る

category12.gif

2014/05/26

Orthopractice―私の治療法 高疾患活動性のRA初診例に対する治療 DEBATE 2 MTX+TNF阻害薬による治療

齋藤和義/田中良哉

Arthritis―運動器疾患と炎症― Vol.11 No.2, 20-29, 2013

 早期に関節リウマチ(RA)と診断して遅滞なくメトトレキサート(MTX)を開始する重要性が唱えられている.さらに,予後不良因子などを勘案して生物学的製剤を併用することが推奨されるが,現在わが国で...

⇒全文を見る

category12.gif

2014/05/26

Orthopractice―私の治療法 高疾患活動性のRA初診例に対する治療 総論

竹内勤

Arthritis―運動器疾患と炎症― Vol.11 No.2, 12-13, 2013

 目標達成に向けた治療「Treat to Target;T2T」戦略によって,臨床的寛解を治療目標とすることがコンセンサスとなった.一方,リスク・ベネフィットを考慮し,合併症を有する例,長期罹患症例...

⇒全文を見る

category01.gif category06.gif

2014/05/19

施設紹介 RA診療最前線

大島至郎

Arthritis―運動器疾患と炎症― Vol.10 No.3, 62-65, 2012

―リウマチ診療支援システムの開発経緯についてご教示ください. 臨床の現場では,RAの活動性評価はおもに欧州リウマチ学会が提唱するDAS(Disease Activity Score)28を用いて行わ...

⇒全文を見る

category01.gif category06.gif

2014/05/19

施設紹介 独立行政法人国立病院機構大阪南医療センター

佐伯行彦

Arthritis―運動器疾患と炎症― Vol.10 No.3, 57-61, 2012

―大阪南医療センターリウマチ科の沿革および理念についてお聞かせください. 大阪南医療センターは大阪府河内長野市に位置し,大阪市内から電車で約30分という立地下にあります.2004年に独立行政法人...

⇒全文を見る

category12.gif

2014/05/19

Orthopractice―私の治療法 下肢手術の静脈血栓予防 DEBATE 4 アスピリン

清水耕

Arthritis―運動器疾患と炎症― Vol.10 No.3, 34-43, 2012

 少量のアスピリンと機械的予防法を併用したTHA450例,TKA450例,計900例につき検討した.致死性PE発生率はTHA0%,TKA0%,計0%で,症候性PEもTHA0.2%,TKA0%,計...

⇒全文を見る

category01.gif category11.gif

2014/05/19

MY TURNING POINT 三浪明男

三浪明男

Arthritis―運動器疾患と炎症― Vol.10 No.3, 94, 2012

 越智光夫広島大学教授からお電話があり,「先生に『Arthritis』で“私のターニングポイント”としての原稿をお願いすることにしたいのでよろしく」との依頼でした.後日,正式な依頼状が送られ「諾...

⇒全文を見る

category01.gif

2014/05/19

シリーズ スポーツ医学 第28回 トップメディカルドクターにきく~スポーツ選手の栄養学~

杉浦克己

Arthritis―運動器疾患と炎症― Vol.10 No.3, 82-86, 2012

 スポーツ選手の栄養は,一般人と同様,食品・飲料・サプリメントから構成されている.しかし,激しい練習に打ち克ち,ベストコンディションで試合に臨み,最高のパフォーマンスを発揮するには,これらのうち...

⇒全文を見る

category04.gif

2014/05/19

欧州リウマチ学会議(EULAR) 欧州リウマチ学会議(EULAR)

金子祐子

Arthritis―運動器疾患と炎症― Vol.10 No.3, 80-81, 2012

 2012年6月6日から9日まで,ドイツの首都ベルリンで欧州リウマチ学会(European League Against Rheumatism;EULAR)が開催されました.EULARはリウマチ領域で...

⇒全文を見る

category04.gif

2014/05/19

国際軟骨修復学会(ICRS) 第10回ICRS(国際軟骨修復学会)

下村和範/中村憲正/吉川秀樹

Arthritis―運動器疾患と炎症― Vol.10 No.3, 78-79, 2012

 本学会は2012年5月12日から15日までカナダのモントリオールにて開催されました.演題は特別講演が中心であり,口演が242題,ポスターが273題発表され,さらにFIFA(国際サッカー連盟)と...

⇒全文を見る

category03.gif

2014/05/19

Arthritis Topics Discussion 関節エコーの臨床での実践と今後の展望について

谷村一秀/岡野匡志/小笠原倫大/舟橋康治

Arthritis―運動器疾患と炎症― Vol.10 No.3, 68-75, 2012

関節リウマチの診断においてどのように関節エコーを用いるか谷村 現在,日本リウマチ学会(JCR)を中心に,関節エコーの普及活動が盛んに行われていることから,関節エコーに対する関心が全国的に高まって...

⇒全文を見る

category03.gif

2014/05/19

座談会(Round Table Discussion) 半月板損傷の診断と治療

堀部秀二/大森豪/畑山和久/中田研

Arthritis―運動器疾患と炎症― Vol.10 No.3, 45-55, 2012

半月板損傷の診断堀部 半月板損傷の診断は,おもにMRI検査で行われていると思いますが,留意点として,①半月実質内の輝度や形態に着目すること,②合併損傷,とくに前十字靱帯(anterior cruc...

⇒全文を見る

category12.gif

2014/05/19

Orthopractice―私の治療法 下肢手術の静脈血栓予防 コメント

齋藤知行

Arthritis―運動器疾患と炎症― Vol.10 No.3, 44, 2012

 股関節周囲骨折や下肢人工関節置換術の術後の静脈血栓塞栓症(VTE)の発生頻度がわが国でも高いことが明らかとなり,重篤な合併症である致死性の肺塞栓症例の報告も散見されるようになった.肺塞栓は術後...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す