• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2015/12/09

抗凝固・抗血小板とアンチエイジング シリーズ1-4:血小板とアンチエイジング─アンチエイジングにおける多血小板血漿(PRP)療法の有用性 第13回 アンチエイジングにおける多血小板血漿(PRP)療法の有用性―抗加齢医療・美容医療などへの応用の現状と今後の課題―

福田智

Anti-aging Science Vol.7 No.3, 95-100, 2015

「Abstract」シワは,真皮のコラーゲンの劣化,減少に始まるが,下層の表情筋の萎縮と脂肪組織の構造劣化によりさらに目立つ程度の深いシワに進む.われわれは,シワを小ジワ,中ジワ,陥凹ジワ,表情...

⇒全文を見る

category13.gif

2015/07/22

抗凝固・抗血小板とアンチエイジング シリーズ1-2:血小板とアンチエイジング─アンチエイジングにおける多血小板血漿(PRP)療法の有用性 第11回 骨のアンチエイジングにおける多血小板血漿(PRP)療法の有用性─ロコモティブ症候群への応用の可能性─ PRPを用いた骨粗鬆症患者への脊椎手術の骨癒合促進効果 Efficacy of platelet-rich plasma in posterolateral lumbar fusion:A prospective randomized controlled trial

大鳥精司/鴨田博人/久保田剛/山下正臣/志賀康浩/折田純久/山内かづ代/稲毛一秀/鈴木都/高橋和久

Anti-aging Science Vol.7 No.2, 54-59, 2015

ロコモティブ症候群の1つ,骨粗鬆症,サルコペニアは高齢化社会を迎え,深刻な問題点となっている.英国での研究によると,骨粗鬆症,サルコペニアによる医療経済的損失は癌疾患と同等であり,今後克服すべき...

⇒全文を見る

category13.gif

2015/07/22

老化と心血管疾患 第5回 Wntシグナルと心血管系老化

塩島一朗

Anti-aging Science Vol.7 No.2, 48-53, 2015

「1.Wntシグナル伝達系」Wntは分子量約4万の分泌蛋白で,種を超えて保存されている.ショウジョウバエで最初に同定されたwingless(wg)とマウス乳癌ウイルスによって活性化される癌遺伝子...

⇒全文を見る

category13.gif

2015/07/22

特集 アンチエイジングサイエンスからロコモティブシンドロームを考える 4.運動器のアンチエイジングとしてのロコモティブシンドローム対策 Measures against locomotive syndrome as anti-aging strategies for locomotive organs

石橋英明

Anti-aging Science Vol.7 No.2, 34-38, 2015

「Ⅰ 運動器のアンチエイジング」身体の加齢変化のスピードは,暦年齢だけでは決まらない.アンチエイジングサイエンス(抗加齢医学)はこの視点に立脚し,遺伝,環境,生活習慣,疾病,運動,食事などの要因...

⇒全文を見る

category13.gif

2015/07/22

特集 アンチエイジングサイエンスからロコモティブシンドロームを考える 3.アンチエイジングからサルコペニアを考える Sarcopenia from a perspective of anti-aging

若林秀隆

Anti-aging Science Vol.7 No.2, 28-33, 2015

「Ⅰ はじめに」サルコペニアは進行性,全身性に認める筋肉量減少と筋力低下であり,身体機能障害,QOL低下,死のリスクを伴うとEuropean Working Group on Sarcopenia in O...

⇒全文を見る

category13.gif

2015/07/22

特集 アンチエイジングサイエンスからロコモティブシンドロームを考える 2.アンチエイジングから変形性膝関節症を考える Osteoarthritis of the knee and anti-aging

中村洋

Anti-aging Science Vol.7 No.2, 24-27, 2015

「Ⅰ はじめに」関節に起きる加齢現象が変形性関節症(osteoarthritis:OA)で(図1),膝関節に多く,ロコモティブシンドロームの大きな原因の1つとなっている.OAでは関節を構成する軟...

⇒全文を見る

category13.gif

2015/07/22

特集 アンチエイジングサイエンスからロコモティブシンドロームを考える 1.本邦における変形性関節症の現状 Epidemiology of osteoarthritis in Japan

吉村典子

Anti-aging Science Vol.7 No.2, 20-23, 2015

「Ⅰ はじめに」ロコモティブシンドローム(locomotive syndrome,以下ロコモ)は,日本整形外科学会により2007年に提唱された概念であり,運動器の障害のために移動機能が低下し,進行...

⇒全文を見る

category13.gif

2015/06/22

老化とバイオマーカー 第10回 脂肪老化とバイオマーカー

林由香/吉田陽子/清水逸平/南野徹

Anti-aging Science Vol.7 No.1, 55-60, 2015

「はじめに」老化は種・個体間で多様性をもちながら普遍的に存在する生命現象であるが,その制御メカニズムはいまだ多くの謎に包まれている.以前は老化の過程は無秩序に生じるものと考えられていたが,今日で...

⇒全文を見る

category13.gif

2015/06/22

老化と心血管疾患 第4回 心疾患発症における長寿遺伝子の役割

丹野雅也/三浦哲嗣

Anti-aging Science Vol.7 No.1, 44-48, 2015

「1.要約」長寿遺伝子として知られるSirtuin遺伝子の活性化により合成されるヒストン脱アセチル化酵素Sir2は酵母や線虫などの下等生物の寿命を延長する.ほ乳類のSirtuin蛋白にはこれまで...

⇒全文を見る

category13.gif

2015/06/22

特集 アンチエイジングから骨代謝を考える 4.内分泌代謝疾患と骨粗鬆症 Secondary osteoporosis due to endocrine disorders

垣田彩子/鈴木敦詞

Anti-aging Science Vol.7 No.1, 33-36, 2015

「Ⅰ はじめに」原発性骨粗鬆症には,遺伝的素因,生活習慣,閉経,加齢の4つの要因が関連する.これらの要因以外に,骨粗鬆症を引き起こす特定の原因を認める場合が続発性骨粗鬆症であり,その原因は内分泌...

⇒全文を見る

category13.gif

2015/06/22

特集 アンチエイジングから骨代謝を考える 3.高血圧と骨粗鬆症 Hypertension and Osteoporosis

中神啓徳/森下竜一

Anti-aging Science Vol.7 No.1, 29-32, 2015

「Ⅰ はじめに」わが国が迎える超高齢社会において,高血圧と骨粗鬆症はますます増加の一途をたどっている.「高血圧治療ガイドライン2014」においても,高齢者の特殊性として転倒・骨折に留意した治療が...

⇒全文を見る

category13.gif

2015/06/22

特集 アンチエイジングから骨代謝を考える 2.糖尿病と骨粗鬆症 Close relationship between diabetes and osteoporosis

山本昌弘/杉本利嗣

Anti-aging Science Vol.7 No.1, 23-28, 2015

「Ⅰ はじめに」加齢により増加する疾患の1つに骨粗鬆症がある.平成25年国民生活基礎調査の概況によると要支援・要介護が必要となった原因において骨折・転倒は上位に位置し,また骨粗鬆症による骨折後の...

⇒全文を見る

category13.gif

2015/06/22

特集 アンチエイジングから骨代謝を考える 1.パノラマX線写真による骨粗鬆症スクリーニング法 Screening for osteoporosis by panoramic radiographs

田口明

Anti-aging Science Vol.7 No.1, 18-22, 2015

「Ⅰ はじめに」日本の骨粗鬆症患者数は1,300万人に達すると試算されている.1987年の日本の大腿骨頸部骨折患者数は約5万人であったが,2012年には3倍強の約17万人に増加した.大腿骨頸部骨...

⇒全文を見る

category13.gif

2015/01/28

特集 アンチエイジングから心房細動を考える 4.糖代謝・尿酸代謝と心房細動 Influences of glucose and uric acid metabolisms on occurrence of atrial fibrillation

倉田康孝/久留一郎

Anti-aging Science Vol.6 No.3, 112-116, 2014

「Ⅰ糖代謝と心房細動」1 糖尿病と心房細動の合併 糖尿病は虚血性心疾患や心筋症などの心疾患を高率に合併することが知られており,近年では心房細動(Af)の発生率が有意に増加することも示唆されている...

⇒全文を見る

category13.gif

2015/01/28

特集 アンチエイジングから心房細動を考える 3.運動療法と心房細動 Exercise training and atrial fibrillation

加藤祐子

Anti-aging Science Vol.6 No.3, 106-111, 2014

「Ⅰはじめに」活動的に過ごすことや適度な運動習慣は,加齢という生物学的なプロセスにおいて発症する動脈硬化性疾患や一部のがんなどの罹患率を下げる,という点でアンチエイジングである。日常的な運動が動...

⇒全文を見る

category13.gif

2015/01/28

特集 アンチエイジングから心房細動を考える 2.アンチエイジング薬と心房細動 Anti-aging drugs as new strategies against atrial fibrillation

手嶋泰之

Anti-aging Science Vol.6 No.3, 100-105, 2014

「Ⅰはじめに」心房細動は基礎心疾患に加え,高血圧や糖尿病などの生活習慣病を基盤として発症することが多く,人口の高齢化や生活習慣の欧米化によりその患者数は爆発的に増加している.日本国内の患者数は2...

⇒全文を見る

category13.gif

2015/01/28

特集 アンチエイジングから心房細動を考える 1.心房のエイジング Aging in the atrium

加藤武史

Anti-aging Science Vol.6 No.3, 92-99, 2014

「Ⅰはじめに」心房細動は臨床で遭遇する最も頻度の高い持続性不整脈であり,その重篤な合併症として脳塞栓症がある.脳塞栓症発症後の死亡率は非常に高く,たとえ生存しても後遺症を残し,いわゆる寝たきりと...

⇒全文を見る

category13.gif

2014/10/27

老化とバイオマーカー 第9回 骨格筋老化とバイオマーカー

冨田哲也/中村洋/吉川秀樹

Anti-aging Science Vol.6 No.2, 48-51, 2014

「はじめに」高齢化社会の到来に伴い運動器の障害 (locomotive syndrome) はメタボリックシンドロームや認知症と並び, 健康寿命の短縮や寝たきりや要介護状態の大きな要因となっている. lo...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す