• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2018/04/06

特集 プレシジョン・メディシンとアンチエイジング 運動器疾患とプレシジョン・メディシン

王晨尭/渡辺研

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.5, 55-60, 2017

高齢社会において最も大きな社会問題の一つとしてあげられるのが介護の問題である。平成28年度の国民生活基礎調査では,介護が必要となった主な原因の構成割合として,骨折・転倒(10.8%)と関節疾患(...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/06

特集 プレシジョン・メディシンとアンチエイジング エクソームシークエンスとプレシジョン・メディシン

重水大智

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.5, 36-40, 2017

次世代シークエンス技術(next generation sequencing:NGS)の目覚ましい発展により,さまざまな生物種の細胞レベルでのDNA配列決定が可能になってきている。この技術は,全染色...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/06

特集 プレシジョン・メディシンとアンチエイジング バイオインフォマティクスとプレシジョン・メディシン

伊藤薫

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.5, 20-26, 2017

プレシジョン・メディシンは,2015年米国のオバマ大統領によって発表された“Precision Medicine Initiative”によって一躍有名になった概念である。それは個別化医療をさらに深...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/06

特集 プレシジョン・メディシンとアンチエイジング 特集にあたって

伊藤薫/尾崎浩一

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.5, 19, 2017

近年のビッグデータと機械学習・人工知能時代の到来は,各科学分野と同様に医療のあり方も変えようとしている。この医療の変化の方向をまさに言い表したのが“プレシジョン・メディシン”であろう。簡単に述べ...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/06

100歳まで生きるための本100選 第64選 『人は誰でも「元気な100歳」になれる 長寿遺伝子活性化の秘訣』

大倉萬佐子

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.5, 104-105, 2017

著者は坪田一男先生。日本抗加齢医学会の会員の方々にとっては周知のことですが,坪田先生は,ドライアイ,角膜移植,屈折矯正手術における眼科医としても日本の第一人者です。しかも,研究領域を抗加齢医学に...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/06

誌上ディベート 小太りは長生きできる!? update

坪田一男

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.5, 87, 2017

“小太りは長生きできる?できない?”は人気のバトルテーマだ。カロリーリストリクションと有名なNEJM 誌の大規模疫学研究から,体重には最適値があり,BMI で22程度(小太りではない)が最も健康だと...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/06

誌上ディベート 小太りは長生きできない

長尾博文/下村伊一郎

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.5, 93-97, 2017

肥満は単に体脂肪量の増加だけではなく,体脂肪がどの部位に多く蓄積しているか,体内脂肪分布の違いによって,種々の生活習慣病の罹患率に差があることがわかっている。日本の肥満の判定基準はBMI〔体格指...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/06

誌上ディベート 小太りは長生きできる

新井康通

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.5, 88-92, 2017

肥満は,糖尿病や高血圧とともに最も重要な心血管病危険因子の一つであり,健康長寿の阻害要因であることは疑いがない。一方で,小太り〔本稿では世界保健機関(WHO)の基準に従い,BMI(body mass...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/06

特集 プレシジョン・メディシンとアンチエイジング がんのプレシジョン・メディシン

加藤護

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.5, 67-73, 2017

がんは,遺伝子の異常によって引き起こされる病気である。ただし,遺伝子の異常といっても,多くのケースでは,先天的なものではなく後天的なものである。たとえば,細胞内では,多くの遺伝子が関与して細胞の...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/06

総説 早老症~ウェルナー症候群とハッチンソン・ギルフォード症候群~

加藤尚也/前澤善朗/横手幸太郎

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.5, 78-86, 2017

日本は超高齢社会を迎え,総人口における65歳以上の割合を示す高齢化率は,2015年に26.7%と過去最高を更新した1)。全世界においても,今後半世紀で高齢化率は2倍以上に高まると予測されており,...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/06

特集 プレシジョン・メディシンとアンチエイジング アルツハイマー病のプレシジョン・メディシン

池内健

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.5, 61-66, 2017

アルツハイマー病の病理変化は,老人斑と神経原線維変化の出現により特徴づけられる。臨床的に認知機能低下が生じる前から,これらの脳内病理変化が出現することが,神経病理学的解析や脳アミロイドPET解析...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/06

特集 プレシジョン・メディシンとアンチエイジング 自己免疫疾患とプレシジョン・メディシン

寺尾知可史

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.5, 49-54, 2017

自己免疫性疾患は,自己の組織や細胞を異物として白血球が認識して炎症を起こす疾患であり,膠原病や潰瘍性大腸炎,クローン病,1型糖尿病,バセドウ病,橋本病,多発性硬化症など幅広い疾患を包含する。それ...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/06

特集 プレシジョン・メディシンとアンチエイジング 糖尿病とプレシジョン・メディシン

前田士郎

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.5, 41-48, 2017

ゲノムワイド関連(相関)解析(genome-wide association study:GWAS)が導入された後,2型糖尿病に関しては,すでに100ヵ所を超える関連ゲノム領域が同定されており,ゲノ...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/06

特集 プレシジョン・メディシンとアンチエイジング 虚血性心疾患の分子遺伝学

尾崎浩一

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.5, 27-35, 2017

虚血性心疾患(coronary artery disease:CAD)である心筋梗塞(myocardial infarction:MI)における一塩基多型(single nucleotide polymo...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/06

エイジングサイエンス 第52回 オートファジーは,若齢または高齢幹細胞の代謝と機能を維持している

森慶太/柳田素子

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.5, 106-107, 2017

造血幹細胞(hematopoietic stem cell:HSC)は,血球の維持に関して自己複製とすべての血球への分化の機能を担う。加齢は血球分化能を維持する一方で,HSCの自己複製能を低下させる...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/06

抗加齢専門医・指導士認定試験のためのQ&A 「専門医のためのQ&A」「指導士のためのQ&A」

齋藤英胤

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.5, 101-103, 2017

「専門医のためのQ&A」Q1 DNAメチル化に関する以下の記載のうち正しいのはどれか。Q2 非アルコール性脂肪肝炎(NASH)に関する次の記載で正しいのはどれか。

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/06

元・編集長のページ 湘南慶育病院できる!ヘルスサイエンスの実践!

坪田一男

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.5, 98-99, 2017

数年前から,慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)で渡辺光博教授とともに,ヘルスサイエンス・ラボという研究室を始めている。医学部教授とともにヘルスサイエンス・ラボ教授としても(兼担教授といいま...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/06

編集部が訪問「百寿者に訊け!長寿のヒケツ」 風に吹かれるように自然に生きて 中村つるさん

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.5, 12-15, 2017

昨年,脳梗塞で入院したものの,見事に回復されて元気に過ごしている100歳の中村つるさん。孫の智子さんと一緒にお話を伺うと,何度もくり返すご主人のお話から,よい夫婦関係こそが長生きの秘訣のようにも...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/06

巻頭言 インタビュー Jan H.J. Hoeijmakers

坪田一男

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.5, 4-10, 2017

ジャン・ホッジメーカー先生は小児の遺伝病の先生だったのに今ではエイジング研究の第一人者になっている。これ不思議に思いますよね。小児の専門の研究者がなぜエイジングをやっているのか? 本編を読んでい...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/12

エイジングサイエンス 第50回 絶食様食事制限はNgn3誘導性のβ細胞再生を促進させ,糖尿病を寛解させる

門野至/小倉慶雄/古家大祐

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.3, 102-105, 2017

動物の食糧不足に対する適応反応には,エネルギー消費の最小化のため,多くの組織や臓器の萎縮を伴う。この萎縮反応は,普通に食糧を摂れるようになると,造血系や神経系では回復することが知られるが,長期絶...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す