• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2017/07/13

アメリカエイジング研究の現場から 研究最前線レポート 第27回 Obesity Paradox:太っていたほうが病気のときは回復力が強い!?

金木正夫

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.1, 119, 2017

最近,サルの研究でもカロリー制限が寿命を延ばすことが再確認されました。肥満は,糖尿病,高血圧,動脈硬化,がん,認知症の発症を増やすことが知られています。ですから,肥満のほうが正常体重(normal...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/13

元・編集長のページ Happy Money―幸せなお金の使い方!―

坪田一男

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.1, 110-114, 2017

お金がいくらあっても幸せは買えない。統計では年収800万円以上では収入増大効果はフラットになり,ほとんどなくなるといわれる。また,国内総生産(GDP)の高い国ほど幸せ度が高いわけではなく,イース...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/13

誌上ディベート 脳によいのはグルコース?ケトン体?

坪田一男

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.1, 95, 2017

脳が使えるエネルギー源として,グルコースに加えてケトン体も存在することはよく知られるようになった。一頃,“脳はグルコースしか使えない”とした間違った情報が伝えられていたが,この点は是正されてきて...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/13

総説 核内受容体とエイジング

佐々木裕輔/田中十志也/酒井寿郎

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.1, 79-93, 2017

核内受容体は,リガンド依存的な転写制御因子として機能し,後生動物において発生,生殖,代謝および恒常性維持を制御している。線虫の核内受容体の一つであるDAF-12は,加齢や寿命に関連した適応反応の...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/13

特集 画像からみたアンチエイジング 五十肩と病的血管

奥野祐次

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.1, 72-78, 2017

通称「五十肩」,専門的には「凍結肩」はいまだに原因が解明されていない。このため,なぜ痛いのかについて十分な説明を受けられないまま,湿布や痛み止めを処方されてただ時間が経過するのを待つという診療を...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/13

特集 画像からみたアンチエイジング 脊椎の画像診断:加齢とともに生じる変化

橘川薫

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.1, 65-71, 2017

身体運動に関わる骨,筋肉,関節,神経を総称して運動器という。運動器の障害は加齢により徐々に進行し,移動機能が低下して日常生活に困難をきたす。高齢化により機能低下をきたす運動器疾患として,脊椎の変...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/13

特集 画像からみたアンチエイジング 骨盤隔膜の形態の多様性と加齢性変化の指標を考える

山口久美子/室生暁/藪内朝紀/秋田恵一

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.1, 58-64, 2017

ヒトが直立二足歩行をするようになり,骨盤腔は重力方向に開口するようになった。四つ足動物において腹部内臓が重力方向に下がることにより,骨盤臓器が頭側に引っ張りこまれるのとは対照的である。さらに,腹...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/13

特集 画像からみたアンチエイジング 画像からみた心・血管のアンチエイジング

米山喜平/田中修

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.1, 51-57, 2017

生命予後に重要な慢性疾患(高血圧,糖尿病,認知症,がん,心血管病,骨粗鬆症など)はしばしば人生の終盤に起こるため,年齢は最も重要な予後予測の一つである1)。年齢は変化させることができない因子であ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/13

特集 画像からみたアンチエイジング 胃・食道老化と画像

齋田幸久

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.1, 44-50, 2017

老化あるいは加齢現象は,自然界の生物にとって避けられない現象である。ヒトの老化あるいは加齢現象はその外観だけでなく,身体内部にも大きな変化を生じ,日頃,直接目にすることのない消化管もその例外では...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/13

特集 画像からみたアンチエイジング 画像を用いた乳房加齢変化評価の可能性

町田洋一

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.1, 36-43, 2017

乳房の画像診断法は近年,技術の進歩に伴い多様な検査法が臨床応用されるに至っており,多岐にわたっているが,おおむねマンモグラフィ,超音波,MRI,核医学の4つに大別される。他の領域では臨床において...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/13

特集 画像からみたアンチエイジング 顔面のアンチエイジングに対する画像診断学的支援:CT・MRI による解析

奥田逸子

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.1, 27-35, 2017

近年,CTやMRIなどの医用画像診断装置の発展は著しく,複数の検出器を搭載された多列CT(multi-deteCTor raw computed tomography:MDCT)が医療の現場で日常的に...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/13

特集 画像からみたアンチエイジング 脳の加齢を画像で診る

山田惠

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.1, 20-26, 2017

超高齢社会を迎えるわが国において,認知症をはじめとする脳疾患は重大な社会の関心事項である。脳の加齢はQOL(生活の質)に直結するため,多くの読者が「我が事」として興味をもつ領域であろう。筆者は中...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/13

特集 画像からみたアンチエイジング 特集にあたって

陣崎雅弘/奥田逸子

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.1, 19, 2017

近年のアンチエイジングについての研究は目覚ましいものがある。しかしながら,“加齢”を見る,すなわち,加齢現象を客観的に評価するということは,なかなか難しいものがある。見た目で判断する“加齢”は,...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/13

エイジングサイエンス 第48回 天然ポリアミン、スペルミジンによる心保護と寿命延長

門野至/小倉慶雄/古家大祐

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.1, 120-123, 2017

人類は老化するにつれて心臓のリモデリングによる肥大がみられ,左室拡張能が進行性に低下する。この拡張能異常は65歳以上の人の20%以上に認められ,拡張能障害はうっ血性心不全の発症リスク増大につなが...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/13

抗加齢専門医・指導士認定試験のためのQ&A 「専門医のためのQ&A」「指導士のためのQ&A」

斎藤一郎

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.1, 115-117, 2017

「専門医のためのQ&A」Q1 口腔ケアの効果として正しいのはどれか。3つ選べ。Q2 全身疾患における口腔粘膜病変で正しいのはどれか。2つ選べ。

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/13

誌上ディベート ケトン体は脳を守る

植木浩二郎

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.1, 104-107, 2017

ケトン体は,インスリン作用不足が著しい場合にケトアシドーシスを引き起こすことから,悪者のように考えられてきた。しかしながら,絶食時に脂肪酸が分化されてできるケトン体は,脳などの臓器でエネルギーと...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/13

誌上ディベート 脳はブドウ糖をどのように利用しているか

高田明和/石井幸江/高尾哲也/小川睦美/清水史子/篠原恵介/畑敏道

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.1, 96-103, 2017

脳は酸素や全エネルギーの25%を使用している。さらに,ブドウ糖の約25%をさまざまな機能のために利用している。糖質を制限する糖質制限ダイエットがポピュラーになると,その効果が拡大解釈されるように...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/13

評議員・川北哲也の「百寿者に訊け!長寿のヒケツ」 ゆるく,こだわらず,上機嫌が持ち味 初瀬のぶ子さん

川北哲也

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.1, 12-15, 2017

長年,ゴルフの練習場を経営され,利用者との触れ合いを楽しんでこられたという初瀬さん。今も健在の記憶力でハキハキと会話され,100歳とは思えない,髪のツヤには驚かされた。15年のお付き合いという主...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/13

巻頭言 インタビュー Laura Kubzansky

坪田一男

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.1, 4-10, 2017

Laura Kubzansky先生は,ハーバード大学に新たに開設されたCenter for health and happiness(健康と幸せセンター)の教授だ。以前,巻頭言のインタビューでご紹介したハ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/12

抗加齢専門医・指導士認定試験のためのQ&A 「専門医のためのQ&A」「専門医・指導士のためのQ&A」

井手久満

アンチ・エイジング医学 Vol.12 No.6, 87-90, 2016

「専門医のためのQ&A」Q1 テストステロンについて正しいのはどれか。2つ選べ。Q2 テストステロン補充療法の効果について誤っているのはどれか。

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す