• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2018/01/12

エイジングサイエンス 第50回 絶食様食事制限はNgn3誘導性のβ細胞再生を促進させ,糖尿病を寛解させる

門野至/小倉慶雄/古家大祐

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.3, 102-105, 2017

動物の食糧不足に対する適応反応には,エネルギー消費の最小化のため,多くの組織や臓器の萎縮を伴う。この萎縮反応は,普通に食糧を摂れるようになると,造血系や神経系では回復することが知られるが,長期絶...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/12

総説 D-アミノ酸と老化;新規老化マーカーとしてのD-アミノ酸の有用性

藤井紀子/高田匠

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.3, 67-75, 2017

ヒトのタンパク質は数万~数十万種類存在するといわれており,その機能は生体内での代謝,合成などの化学反応を加速(触媒)する酵素,細胞や組織の支持体としての機能を有する構造タンパク質,感覚機能を司る...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/12

特集 免疫老化とアンチエイジング 加齢個体における腎三次リンパ組織形成メカニズムの解明

佐藤有紀

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.3, 50-55, 2017

近年,先進国を中心に末期腎不全患者は増加の一途を辿っているが,その多くが高齢者である。高齢者が末期腎不全に至る主たる原因は急性腎障害(acute kidney injury:AKI)であることが疫学...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/12

特集 免疫老化とアンチエイジング マクロファージの老化と心疾患

中山幸輝/藤生克仁

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.3, 44-49, 2017

食の欧米化が進むにつれて,日本人の死因において心疾患が占める割合は増加してきた。β遮断薬やアンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬),抗アルドステロン薬といった薬剤が,収縮障害を伴う心不全の...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/12

特集 免疫老化とアンチエイジング SASP因子としてのアンジオポエチン様因子2と免疫老化

門松毅/尾池雄一

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.3, 38-43, 2017

生活習慣や加齢に起因するストレスにより,生体内の各組織には機能的,構造的に微小な損傷が生じる。この損傷を修復する生体の恒常性維持応答機構として,各組織における実質細胞と間質細胞との細胞間接着や液...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/12

特集 免疫老化とアンチエイジング 胸腺退縮とT細胞老化

濱崎洋子

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.3, 20-27, 2017

免疫系は,自己・非自己成分を識別し,細菌やウイルスなどの感染性微生物の感染防御とその排除に必須の生体システムである。一方,近年,さまざまな代謝性疾患,慢性炎症性疾患の発症や病態に,加齢に伴う免疫...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/12

巻頭言 インタビュー Matt Kaeberlein

坪田一男

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.3, 4-12, 2017

今回から5回にわたり,5月15日から19日まで5日間にわたって横浜で開催されたエイジングに関するKeystone Symposiaでのインタビューをお届けする。トップバッターは,マット・ケーバーラ...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/12

特集 細胞老化update ハエからみた細胞老化

井藤喬夫/井垣達吏

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.4, 43-48, 2017

細胞老化は,がんの進行に対して抑制的にも促進的にも働くと考えられている。我々は,ショウジョウバエを用いて腫瘍の悪性化メカニズムを解析する過程で,細胞老化現象がショウジョウバエ上皮においても保存さ...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/12

特集 細胞老化update 特集にあたって

南野徹

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.4, 17, 2017

細胞は一定の分裂後,テロメアの短縮に伴って細胞周期を停止し,細胞老化の状態となる。酸化ストレスやメタボリックストレスなどによりDNA損傷が生じると,テロメア非依存的に分裂を停止し,細胞老化の形質...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/12

アメリカエイジング研究の現場から 研究最前線レポート 第28回 メトホルミンに続く,次のアンチエイジング薬候補は何だろうか?

金木正夫

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.3, 92, 2017

糖尿病薬として使われているメトホルミンが,がん,認知症,心臓疾患などの加齢に伴う症候群を予防できるかどうかを検討する治験の実施を米国FDAが2015年に認めてから,2年経ちました。米国NIHもメ...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/12

誌上ディベート 歯ぎしりにボツリヌス治療は有効か?

吉田和也

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.3, 78-82, 2017

ボツリヌス毒素は,グラム陽性偏性嫌気性杆菌であるボツリヌス菌(Clostridium botulinum )によって産生される菌体外毒素である。ボツリヌス毒素は抗原性によってA型からG型までの7型に...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/12

特集 免疫老化とアンチエイジング 特集にあたって

山下政克/濱崎洋子

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.3, 19, 2017

免疫系の老化が個体老化の原因となるという考え方“免疫老化仮説”は,老化研究のパイオニアの1人であるRoy Walford博士らにより50年以上前に提唱された仮説である。免疫老化仮説では,個体老化は...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/12

特集 細胞老化update p53と細胞老化

田中知明

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.4, 57-61, 2017

現在,日本のみならず世界的に高齢化社会が進行しており,2050年には,世界の全人口の約18%が65歳以上になると予想されている。このような高齢化社会の進行に伴って,老化関連疾患,すなわち悪性腫瘍...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/12

総説 HIV感染症/AIDSとエイジング

鍬田伸好/満屋裕明

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.4, 62-70, 2017

後天性免疫不全症候群(acquired immune deficiency syndrome:AIDS)の病原体がヒトレトロウイルス〔後にヒト免疫不全ウイルス(human immunodeficiency...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/12

特集 細胞老化update 加齢関連肺疾患における細胞老化とオートファジー

桑野和善/荒屋潤/原弘道/皆川俊介

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.4, 49-56, 2017

オートファジーは,ユビキチン・プロテアソーム機構とともに,細胞内自己成分の分解処理機構である。リン脂質の二重膜様構造からなるオートファゴゾームと呼ばれる小胞によって,タンパク質や小器官を囲い込み...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/12

特集 細胞老化update ステムセルエイジングの特徴とメカニズム

小林央/田久保圭誉

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.4, 37-42, 2017

多細胞生物は,機能分化した組織・臓器が協調することで,生涯にわたる個体の恒常性を維持している。組織幹細胞は,自己複製能および分化能を有する細胞で,多くの組織・臓器の維持に重要な役割を果たしている...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/12

特集 細胞老化update 老化細胞除去モデルとsenolytic薬

三河隆太/杉本昌隆

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.4, 30-36, 2017

哺乳動物の正常細胞を試験管内で培養すると,やがて「細胞老化」と呼ばれる恒久的な増殖停止状態に陥る。細胞老化は,古くから生体において極めて重要な癌抑制機構として機能することが知られていた。しかし近...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/12

特集 細胞老化update 細胞老化とSASPの生体における役割

大谷直子

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.4, 23-29, 2017

細胞老化とは,細胞に強いDNA 損傷が生じた際に,異常をきたした細胞を増殖させないために,細胞周期を不可逆的に停止させる生体防御機構であり,重要ながん抑制機構であることが知られている。しかし,アポ...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/12

特集 細胞老化update インスリン・IGFと細胞老化

高橋裕

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.4, 18-22, 2017

インスリンとインスリン様増殖因子1(IGF-1)は,ホルモン・受容体の構造,細胞内シグナルが類似しており,共通点も多い。一方,作用の点では,いずれも同化ホルモンであるが,インスリンが代謝を調節す...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/12

特集 免疫老化とアンチエイジング 免疫老化とがん免疫

塚本博丈

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.3, 56-62, 2017

生体にはがんの発生を抑制するさまざなメカニズムが備わっている。細胞は,がん化を引き起こす過度な増殖応答,DNA損傷,がん遺伝子の活性化などのストレスに曝された場合,細胞老化(cellular se...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す