• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2016/07/11

特集 アディポサイエンス・フロンティア Ⅲ アディポサイエンス・クリニカル 体脂肪分布のフロンティア―肥満・インスリン抵抗性における白色脂肪組織およびその体内分布の重要性

吉野純

Diabetes Frontier Vol.27 No.3, 337-342, 2016

「はじめに」インスリン抵抗性は,2型糖尿病,心血管病変,非アルコール性脂肪肝炎(non-alcoholic steatohepatitis:NASH),動脈硬化症の病態生理に深く関与することが知ら...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/07/11

特集 アディポサイエンス・フロンティア Ⅰ アディポサイエンス・ベーシック 褐色脂肪細胞・ベージュ脂肪細胞のフロンティア

長谷川豊/梶村真吾

Diabetes Frontier Vol.27 No.3, 288-295, 2016

「はじめに」代謝活性のある褐色脂肪細胞やベージュ脂肪細胞は,ヒト成人にも存在し,全身のエネルギー代謝を制御していることが近年の研究でわかってきた。これらの細胞の分化や熱産生機能を活性化することに...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/07/11

基礎講座 1型糖尿病の基礎研究 樹状細胞と細胞療法

安田尚史

Diabetes Frontier Vol.27 No.3, 363-370, 2016

「はじめに」1型糖尿病(type 1 diabetes:T1D)は,膵β細胞破壊に伴い絶対的インスリン欠乏に至る糖尿病である。膵β細胞破壊の成因により,自己免疫の関与が考えられる群は自己免疫性(1A...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/07/11

特集 アディポサイエンス・フロンティア Ⅲ アディポサイエンス・クリニカル 肥満症外科治療のフロンティア

卯木智/前川聡

Diabetes Frontier Vol.27 No.3, 356-361, 2016

「はじめに」肥満外科治療は,内科治療では減量が困難な高度肥満症患者に対する強力な減量治療法として欧米を中心に広がった。現在,世界中で年間約34万件の手術が行われている1)。日本では,これまであま...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/07/11

特集 アディポサイエンス・フロンティア Ⅲ アディポサイエンス・クリニカル 肥満症内科治療のフロンティア

長嶺和弘/上野浩晶/中里雅光

Diabetes Frontier Vol.27 No.3, 350-355, 2016

「はじめに」近年,世界中で肥満人口は増加傾向で,わが国でも「平成25年国民健康・栄養調査」による成人肥満者の割合は男性28.6%,女性20.3%であり,若年女性を除いて継年的に増加傾向にある1)...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/07/11

特集 アディポサイエンス・フロンティア Ⅲ アディポサイエンス・クリニカル 異所性脂肪のフロンティア

島袋充生/益崎裕章/佐田政隆

Diabetes Frontier Vol.27 No.3, 343-349, 2016

「はじめに」肥満症は,インスリン抵抗性,インスリン分泌障害をきたすことで脂質異常症,耐糖能障害,高血圧症のリスクが重積する1)。インスリン抵抗性,インスリン分泌障害あるいは心臓血管病のメカニズム...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/07/11

特集 アディポサイエンス・フロンティア Ⅱ アディポサイエンス・トランスレーショナル 臓器連関のフロンティア

宇野健司/片桐秀樹

Diabetes Frontier Vol.27 No.3, 331-336, 2016

「はじめに」飽食の現代において,摂取カロリー増加と運動不足による消費エネルギー低下に基づく肥満を背景にしたメタボリックシンドロームの増加が,社会的・医療経済的にも問題となっている1)2)。その病...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/07/11

特集 アディポサイエンス・フロンティア Ⅱ アディポサイエンス・トランスレーショナル 中枢性食欲調節のフロンティア

箕越靖彦

Diabetes Frontier Vol.27 No.3, 325-330, 2016

「はじめに」脳は,個体全体のエネルギー状態,個々の組織の代謝状態を常にモニターし,それらの情報を統合することによって摂食を制御する。しかし,摂食調節機構の全容はまだまだ全く不明であり,われわれの...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/07/11

特集 アディポサイエンス・フロンティア Ⅱ アディポサイエンス・トランスレーショナル アディポサイトカインのフロンティア

前田法一/下村伊一郎

Diabetes Frontier Vol.27 No.3, 315-324, 2016

「はじめに」過剰な脂肪蓄積,特に内臓脂肪蓄積がメタボリックシンドローム発症の上流に位置し,脂肪組織由来生理活性物質(アディポサイトカイン)の分泌異常が病態形成に重要な役割を果たしていることが示さ...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/07/11

特集 アディポサイエンス・フロンティア Ⅱ アディポサイエンス・トランスレーショナル 慢性炎症のフロンティア

菅波孝祥/田中都/小川佳宏

Diabetes Frontier Vol.27 No.3, 309-314, 2016

「はじめに」近年,種々の慢性疾患に共通の基盤病態として「慢性炎症」が注目されている。従来,動脈硬化や自己免疫性疾患などにおいて慢性炎症の分子メカニズムや病態生理的意義が精力的に研究されてきたが,...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/07/11

特集 アディポサイエンス・フロンティア Ⅰ アディポサイエンス・ベーシック 腸内環境のフロンティア

木村郁夫/粕渕真由/宮本潤基

Diabetes Frontier Vol.27 No.3, 302-308, 2016

「はじめに」われわれの腸管には,約100兆個,重さにして1kgもの細菌が棲息し,その菌種は数百にものぼると考えられている。このような多種多様な腸内細菌は,細菌同士や腸内環境との相互作用により複雑...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/07/11

特集 アディポサイエンス・フロンティア Ⅰ アディポサイエンス・ベーシック 骨格筋・サルコペニアのフロンティア

倉本尚樹/小川渉

Diabetes Frontier Vol.27 No.3, 296-301, 2016

「はじめに」骨格筋は加齢による変化が顕著な臓器である。加齢に伴い,骨格筋量は減少し,40~79歳までの40年間に男性で10.8%,女性で6.4%の骨格筋が失われるとされている1)2)。骨格筋量の...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/07/11

特集 アディポサイエンス・フロンティア Ⅰ アディポサイエンス・ベーシック エピジェネティクスのフロンティア

脇裕典/山内敏正/門脇孝

Diabetes Frontier Vol.27 No.3, 282-287, 2016

「はじめに」エピジェネティックスはDNAの配列変化を伴わないゲノムの修飾により生じる転写制御であり,近年のシークエンス技術の発展に伴い,その解析法が急速に進歩した。脂肪細胞研究においても,これら...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/07/11

特集 アディポサイエンス・フロンティア 特集にあたって

小川佳宏

Diabetes Frontier Vol.27 No.3, 281, 2016

「アディポサイエンス」はわが国発の造語であり,文字通り「脂肪の科学」を意味する。従来,脂肪組織は単なるエネルギー貯蔵器官であり,美容上の観点で議論されるだけだった。臨床家にとって体脂肪の過剰状態...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/07/11

総説 Sirtuin familyと糖尿病 ―Sirt1,3,6を中心に

北田宗弘/古家大祐

Diabetes Frontier Vol.27 No.3, 271-280, 2016

「はじめに」サーチュインは,カロリー制限の寿命延長・抗老化効果に関する研究の結果同定された分子の1つである。そもそも栄養は,生命体が生きていく上で必須のものであり,摂取された栄養素(グルコース・...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/07/11

糖尿病足病変 皮膚科的診断と治療

十一英子

Diabetes Frontier Vol.27 No.3, 265-269, 2016

「はじめに」糖尿病足病変は「神経障害や末梢血流障害を有する糖尿病患者の下肢に生じる感染,潰瘍,深部組織の破壊性病変」と定義されている。一口に糖尿病足病変といっても,いろいろな病変から進展して発症...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/05/17

特集 ICTを用いた血糖測定のシステム化と精度管理―糖尿病診療におけるSMBGとPOCTの果たす役割― POCTによる血糖測定のシステム化 2)POCTを用いた病棟血糖管理システムの実際②

森保道

Diabetes Frontier Vol.27 No.2, 191-194, 2016

「まとめ」病棟での血糖測定に当院では2014年にPOCT機器を導入した。POCT機器と電子カルテが連動する機能を活用した測定時刻と測定者の登録,バーコードによる患者認証が開始となり,測定環境の改...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/05/17

基礎講座 1型糖尿病の基礎研究 1型糖尿病におけるグルカゴン分泌異常

三柴裕子/今川彰久

Diabetes Frontier Vol.27 No.2, 229-233, 2016

「はじめに」1型糖尿病は膵β細胞が破壊されることにより,インスリン分泌が枯渇する疾患である。DCCT(Diabetes Control and Complications Trial)以降,1型糖尿病の...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/05/17

対談 研究とその背景を語る(46)

菊池方利/春日雅人

Diabetes Frontier Vol.27 No.2, 219-225, 2016

「幼少時から東京大学入学まで」春日:本日の『Diabetes Frontier』対談では,私の医局の先輩でいらっしゃいます菊池方利先生をお迎えして,お話をお伺いしたいと思います。私は先生と一緒に勉...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/05/17

特集 ICTを用いた血糖測定のシステム化と精度管理―糖尿病診療におけるSMBGとPOCTの果たす役割― CGMと精度管理

矢部大介

Diabetes Frontier Vol.27 No.2, 212-217, 2016

「はじめに」良好な血糖コントロールを実現するには血糖値のモニタリングが重要であることはいうまでもない。血糖自己測定(self-monitoring of blood glucose:SMBG)の登場に...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す