• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2017/02/06

特集 肺高血圧症の最新知見と新展開 炎症性シグナルによる肺高血圧症の病態制御と治療

中岡良和

血管医学 Vol.17 No.3, 29-35, 2016

「Summary」肺動脈性肺高血圧症(PAH)は難治性の疾患群で,その発症機序はまだ明らかではない.これまでPAH の病態に骨形成蛋白質受容体Ⅱ型(BMPR2)シグナル異常による肺血管...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

血管医学検査:基礎から臨床へ Positron emission tomographyによる血管炎症の診断法

田原宣広

血管医学 Vol.17 No.3, 105-113, 2016

「Summary」画像診断は,血管障害の病態評価や治療法の選択を行ううえで欠くことのできない存在である.超音波エコーや血管造影法などに加えて,多検出器コンピュータ断層撮影(MDCT)や核磁気共鳴...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

今が旬!マイクロRNA・エクソソーム最前線 循環器領域におけるmiRNAの重要性

尾野亘

血管医学 Vol.17 No.3, 115-121, 2016

「Summary」マイクロRNA(miRNA)研究の進展から,循環器疾患における詳細な働きが明らかにされつつある.遺伝子改変マウスを用いた検討により,生体内での複雑な機能が報告されてきた.また,...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 肺高血圧症の最新知見と新展開 オーバービュー

福田恵一

血管医学 Vol.17 No.3, 7-8, 2016

肺高血圧症は肺動脈圧が上昇するという表面上の共通の特徴はあるものの,その病因は複雑多彩であり,疾患ごとのその成立機序はこれまで明らかになっていなかった.また,本症はそれまでは存在は知られていても...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 肺高血圧症の最新知見と新展開 肺高血圧症における遺伝子変異の疫学と臨床病態の最新知見

片岡雅晴

血管医学 Vol.17 No.3, 9-15, 2016

「Summary」日本人肺動脈性肺高血圧症患者(PAH)におけるpoint mutation とエキソン欠失まで含めたBMPR2遺伝子変異の大規模解析結果について,自験例を詳述する.また,われわれは...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 肺高血圧症の最新知見と新展開 病態解明に向けた肺高血圧・肺血管リモデリング・右室機能の評価の最前線

坂尾誠一郎

血管医学 Vol.17 No.3, 17-27, 2016

「Summary」肺高血圧症の肺動脈リモデリング成立機序には,細胞増殖・機能障害,血管攣縮,炎症細胞浸潤,遺伝的素因などさまざまな因子が関与する.特に肺動脈性肺高血圧症(PAH)では,多様な因子...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 肺高血圧症の最新知見と新展開 肺高血圧症発症メカニズムにおける性ホルモンの役割

小垣滋豊

血管医学 Vol.17 No.3, 37-44, 2016

「Summary」肺高血圧症の原因はさまざまであるが,多くの肺高血圧症で女性が男性より多い傾向にあることは古くから知られている.一方で,ほとんどの実験的肺高血圧症において,メスや女性ホルモンは肺...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 肺高血圧症の最新知見と新展開 病理学的に診る肺高血圧症 ─肺動脈・肺静脈と全身臓器を視野に

千葉知宏

血管医学 Vol.17 No.3, 45-53, 2016

「Summary」肺動脈性肺高血圧症(PAH)の病理学的解析は,20世紀後半に確立されたHeath-Edwards分類を中心に展開されてきた.基礎研究・臨床医学の発展,有効な治療薬の登場により,...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 肺高血圧症の最新知見と新展開 臨床薬理学的に迫る肺高血圧症に対する血管拡張薬併用療法の現状と新たな展開

小田切圭一

血管医学 Vol.17 No.3, 55-60, 2016

「Summary」肺動脈性肺高血圧症(pulmonary arterial hypertension:PAH)において,特異的PAH 治療薬の単剤治療は生命予後を改善することが示され,欧米あるいは本邦...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 肺高血圧症の最新知見と新展開 肺高血圧症における非侵襲的検査としての超音波診断の有用性

西條良仁/山田博胤

血管医学 Vol.17 No.3, 61-70, 2016

「Summary」心エコー図検査を用いると,肺高血圧や右心機能を非侵襲的かつ定量的に評価することができる.肺高血圧症の診断には心臓カテーテル検査がゴールドスタンダードであり,右室の複雑な形態評価...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 肺高血圧症の最新知見と新展開 肺高血圧症に対するカテーテル治療の進歩と未来

川上崇史

血管医学 Vol.17 No.3, 71-78, 2016

「Summary」慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)は器質化血栓が広範囲の肺動脈を狭窄・閉塞し,肺高血圧症を呈した状態で,国の指定難病疾患である.治療方法は,肺動脈内膜摘除術(PEA),薬物...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 肺高血圧症の最新知見と新展開 血栓性の肺高血圧症に対する治療の進歩

山田典一/中村真潮

血管医学 Vol.17 No.3, 79-84, 2016

「Summary」慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)の治療の中心は肺動脈内の器質化血栓を外科的に取り除く肺動脈血栓内膜摘除術(PEA)であり,術後の安静時肺動脈圧,右室機能,患者のQOL の正...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

生命機能を支えるメカノセンシング 循環系のメカノセンシング

安藤譲二/山本希美子

血管医学 Vol.17 No.3, 95-104, 2016

「Summary」心臓や血管の細胞は,血圧や血流に起因する伸展張力や剪断応力など力学的刺激をセンシングし,応答することで循環系の働きの恒常性を維持しており,それが正常に働かなくなると心血管病の発...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

長い時空を旅する血液 水陸両用の身体:ロシアのシンクロナイズドスイミングの選手の恐るべき循環の秘密

丸山征郎

血管医学 Vol.17 No.3, 123-126, 2016

環境や設備問題,直前のジカ熱問題で開催が危ぶまれていたリオでのオリンピックもさしたる問題もなく,無事終了した.私が一番関心を持っていたマラソンは男女ともに惨敗で,大いに落胆したが,想いもよらない...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/28

特集 機能性脂質・脂肪酸の多彩な生理活性と病態形成 脂肪酸バランスと疾患リスク(久山町研究)

二宮利治

血管医学 Vol.17 No.2, 59-65, 2016

「Summary」海外の疫学調査や臨床研究において,ω3脂肪酸の摂取増加により心血管病の発症リスクが低下することが報告されている.一方,わが国の地域住民を対象に血清EPA/AA比とこ...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/28

特集 機能性脂質・脂肪酸の多彩な生理活性と病態形成 トランス脂肪酸と血管医学

篠原正和/石田達郎/平田健一

血管医学 Vol.17 No.2, 75-82, 2016

「Summary」トランス脂肪酸は,常温で液体である植物油を半固形に変換する部分水素添加工程において,副生成物として産生される工業由来のものが大部分を占める.欧米では心血管疾患との関連性が示唆さ...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/28

血管医学検査:基礎から臨床へ ICG蛍光リンパ管造影法 ─世界へ発信されたリンパ管還流機能評価法

光嶋勲/山下修二/播摩光宣/吉田周平/成島三長

血管医学 Vol.17 No.2, 101-107, 2016

「Summary」四肢のリンパ節が切除されると,短期間のうちに末梢リンパ管の拡張,平滑筋細胞の変性消失が起こる.平滑筋細胞は再生するが,リンパ流の回復が起こらない限り小型平滑筋細胞に留まり,リン...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/28

生命機能を支えるメカノセンシング 機械受容器のメカノセンシング機構 ─Piezoチャネルを中心に

仲谷正史

血管医学 Vol.17 No.2, 93-99, 2016

「Summary」本稿ではPiezoチャネルファミリーの生体における役割について論じるとともに,代表的な機械受容器で,やさしく触れた時に応答するMerkel細胞について概説する.メカノセンシング...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/28

今が旬!マイクロRNA・エクソソーム最前線 エクソソームが形成するがん微小環境

吉岡祐亮/落谷孝広

血管医学 Vol.17 No.2, 85-91, 2016

近年,細胞外小胞が多彩な生命現象に関与していることが明らかとなってきたが,疾患とも深く関わっていることも明らかとなっている.特に,がんとの関連は多くの研究から報告されている.エクソソームは細胞間...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/28

特集 機能性脂質・脂肪酸の多彩な生理活性と病態形成 脂肪酸鎖長と病態制御

松坂賢/島野仁

血管医学 Vol.17 No.2, 67-73, 2016

「Summary」生体内の脂肪酸は炭素鎖長および二重結合の数と位置により多種類存在する.このような多様性は脂肪酸伸長酵素(elongase)と不飽和化酵素(desaturase)によって生み出さ...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す