• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2018/03/23

一目でわかるクリニカルレシピ 多発性硬化症の食事

砂田芳秀/堀尾佳子/三宅沙紀/遠藤陽子/市川和子

Pharma Medica Vol.36 No.3, 84-87, 2018

多発性硬化症とは「中枢神経の白質のいたるところに炎症性の脱髄性病変が発生し(空間的多発性)、多彩な神経症状が再発と寛解を繰り返す(時間的多発性)。中枢神経系脱髄疾患の中で最も有病率が高く主として...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/23

特集 多発性硬化症診療最前線 特集にあたって

松井真

Pharma Medica Vol.36 No.3, 7, 2018

本誌で「多発性硬化症(MS)と視神経脊髄炎(NMO)の最新情報」という特集が組まれたのは2013年のことである。その冒頭の総説の標題は,「MSとNMOはどこが違うか」であり,5年前の多発性硬化症...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/23

特集 多発性硬化症診療最前線 妊娠・出産と就労

清水優子

Pharma Medica Vol.36 No.3, 59-63, 2018

多発性硬化症(multiple sclerosis;MS)は関節リウマチや全身性エリテマトーデスなどの膠原病と同様に,妊娠可能な年齢の女性に好発することから,妊娠・出産は日常的に遭遇する問題である...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/23

特集 多発性硬化症診療最前線 機能回復・再生治療の最先端

久冨木原健二/中原仁/鈴木則宏

Pharma Medica Vol.36 No.3, 53-58, 2018

多発性硬化症(multiple sclerosis;MS)は,時間的・空間的に病変が多発する中枢神経系(central nervous system;CNS)の慢性炎症性脱髄疾患であり,複数の遺伝因子...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/23

特集 多発性硬化症診療最前線 Induction therapyとEscalation therapy

越智博文

Pharma Medica Vol.36 No.3, 45-51, 2018

多発性硬化症(multiple sclerosis;MS)の発症を予防,あるいは疾患を根治することのできる治療法はない。そのため,MSの再発を予防し進行を抑制することが治療の目標となる。この目的で...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/23

特集 多発性硬化症診療最前線 再発予防・進行抑制療法 モノクローナル抗体治療

河内泉

Pharma Medica Vol.36 No.3, 37-44, 2018

多発性硬化症(multiple sclerosis;MS)は空間的・時間的多発を特徴とする中枢神経系(central nervous system;CNS)自己免疫性脱髄疾患である。フランスのJean...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/23

特集 多発性硬化症診療最前線 再発予防・進行抑制療法 経口内服治療

新野正明/宮﨑雄生

Pharma Medica Vol.36 No.3, 31-35, 2018

多発性硬化症(multiple sclerosis;MS)における疾患修飾薬(disease modifying drug;DMD)の進歩には目覚ましいものがある。以前は注射薬しかなかったが,その後,...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/23

特集 多発性硬化症診療最前線 再発予防・進行抑制療法 ベースライン注射薬治療

岡本智子

Pharma Medica Vol.36 No.3, 27-30, 2018

多発性硬化症(multiple sclerosis;MS)の再発予防のベースライン治療薬として,インターフェロンβ(interferon β;IFN-β)とグラチラマー酢酸塩(glatiramer a...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/23

特集 多発性硬化症診療最前線 急性増悪期治療の進歩

宮本勝一

Pharma Medica Vol.36 No.3, 23-26, 2018

多発性硬化症(multiple sclerosis;MS)の急性増悪期治療は,従来と著変なく,高用量メチルプレドニゾロンを点滴静注するステロイドパルス療法(intravenous methylpre...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/23

特集 多発性硬化症診療最前線 MSバイオマーカーとしての血液・髄液検査

中辻裕司/奥野龍禎

Pharma Medica Vol.36 No.3, 19-22, 2018

バイオマーカーとは「正常な生物学的プロセスや病原性プロセス,あるいは治療に対する薬理学的反応の指標として客観的に測定・評価される項目」とされている1)。その機能としては疾患の診断,予後予測,疾患...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/23

特集 多発性硬化症診療最前線 MSバイオマーカーとしてのMRI検査

横手裕明

Pharma Medica Vol.36 No.3, 13-18, 2018

1980年代に医療現場に登場したMRIは飛躍的な発展を遂げ,多発性硬化症(multiple sclerosis;MS)診療においても,MRIはもはやなくてはならない存在になった。一方,臨床研究から...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/23

特集 多発性硬化症診療最前線 鑑別診断におけるトピックス

中島一郎

Pharma Medica Vol.36 No.3, 9-12, 2018

多発性硬化症(multiple sclerosis;MS)は原因不明の中枢神経の炎症性脱髄疾患であり,慢性に進行する病態と,急性炎症に伴う脱髄斑による神経症状の再発を繰り返す病態が混在しており,さ...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/13

特集 骨髄異形成症候群(MDS)診療の進歩と課題 MDSのリスク分類

鈴木隆浩

Pharma Medica Vol.36 No.2, 25-30, 2018

骨髄異形成症候群(myelodysplastic syndromes;MDS)は難治性血球減少を特徴とする疾患群であり,その本質は未分化造血幹細胞のクローン性異常と考えられている。MDSの病因は単...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/13

特集 骨髄異形成症候群(MDS)診療の進歩と課題 小児MDS

西村聡/真部淳

Pharma Medica Vol.36 No.2, 57-61, 2018

小児の骨髄異形成症候群(myelodysplastic syndrome;MDS)は成人とは異なる特徴を有する。たとえば,成人で認められる鉄芽球性貧血と5q-症候群は小児ではきわめてまれである。一...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/13

特集 骨髄異形成症候群(MDS)診療の進歩と課題 MDSと鉄代謝

川端浩/藤本信乃/坂井知之/藤田義正/福島俊洋/正木康史

Pharma Medica Vol.36 No.2, 51-55, 2018

鉄はあらゆる生命体にとって必須の微量金属であり,人体では主としてヘム合成のために赤血球造血系で使われている。一方,鉄はフェントン反応を触媒して活性酸素種を生成するため,過剰に存在すると毒性を発揮...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/13

特集 骨髄異形成症候群(MDS)診療の進歩と課題 MDSにおける同種移植の適応と治療成績

遠矢嵩/大橋一輝

Pharma Medica Vol.36 No.2, 43-49, 2018

骨髄異形成症候群(myelodysplastic syndromes;MDS)は造血幹細胞レベルで生じた遺伝子異常が病態形成に関与し,同種造血幹細胞移植が唯一の根治療法である。しかし,同種移植は合...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/13

特集 骨髄異形成症候群(MDS)診療の進歩と課題 HighリスクMDSの治療

波多智子

Pharma Medica Vol.36 No.2, 39-42, 2018

骨髄異形成症候群(myelodysplastic syndromes;MDS)は造血幹細胞に生じた遺伝子変異によって起こるクローン性の疾患である。MDSは血球減少をきたし骨髄不全を主体とする病態を...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/13

特集 骨髄異形成症候群(MDS)診療の進歩と課題 LowリスクMDSの治療

市川幹

Pharma Medica Vol.36 No.2, 35-38, 2018

骨髄異形成症候群(myelodysplastic syndromes;MDS)は造血幹細胞の遺伝子変異によって発症する腫瘍性疾患であり,通常の化学療法に反応が得られにくく,自然経過では造血不全や白...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/13

特集 骨髄異形成症候群(MDS)診療の進歩と課題 5q-症候群

通山薫

Pharma Medica Vol.36 No.2, 31-34, 2018

多彩な病型からなる骨髄異形成症候群(myelodysplastic syndromes;MDS)のなかで,単独の染色体異常として片アリルの5番染色体長腕の中間欠失(del(5q)/5q-)を伴う症...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/13

特集 骨髄異形成症候群(MDS)診療の進歩と課題 MDSにみられる遺伝子異常と病態

牧島秀樹

Pharma Medica Vol.36 No.2, 15-23, 2018

骨髄異形成症候群(myelodysplastic syndromes;MDS)は血液細胞の形態異常と数の異常(多くは減少),二次性白血病への進展を特徴とする骨髄系悪性腫瘍である。典型的な加齢に伴う...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す