• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2017/02/06

特集 統合失調症診療の新たな展開 認知機能障害とその改善

福島和郎/住吉太幹

Pharma Medica Vol.34 No.9, 33-35, 2016

「Ⅰ. 統合失調症の認知機能障害」統合失調症の中核症状として,妄想・幻覚などの陽性症状や,感情の平板化・引きこもりなどの陰性症状の他に,(神経)認知機能障害(cognitive impairment i...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 統合失調症診療の新たな展開 統合失調症の地域生活支援:愛媛県愛南町の実践より

長野敏宏

Pharma Medica Vol.34 No.9, 37-40, 2016

「はじめに」統合失調症患者が使える生活支援の状況は,この十数年,目まぐるしく変化している。障害者自立支援法(現 障害者総合支援法),介護保険法が整備される前は,保健所保健師,自治体保健師,生活保護...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 統合失調症診療の新たな展開 統合失調症の診断の動向:DSM-5を踏まえて

橋本直樹/久住一郎

Pharma Medica Vol.34 No.9, 9-12, 2016

「はじめに」統合失調症の生涯有病率は0.3~0.7%と高く,2014年の患者調査では,国内に77万1千人の患者がいると推測されている。われわれ精神科医にとって,統合失調症はごくありふれた,遭遇頻...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 統合失調症診療の新たな展開 特集にあたって

大森哲郎

Pharma Medica Vol.34 No.9, 7, 2016

統合失調症の急性期治療として,高力価のハロペリドールと低力価のクロルプロマジンを併用し,しかも高確率で出現するパーキンソン症状に対して予防的に抗コリン薬も処方するのが標準的であった時代はずいぶん...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 統合失調症診療の新たな展開 アドヒアランスに着目した薬剤師の関わり方

坂東寛/桐野靖

Pharma Medica Vol.34 No.9, 49-52, 2016

「はじめに」統合失調症の治療は,薬物療法と精神療法やリハビリテーションなどの心理社会的な治療を組み合わせて行う。薬物療法は急性期から回復期とすべての時期において重要であり,適切な薬剤を長期間服薬...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 統合失調症診療の新たな展開 当事者同士による支援

向谷地生良

Pharma Medica Vol.34 No.9, 45-48, 2016

「はじめに」精神障害者退院促進支援事業(2003年)が始まって以来,地域差はあるものの精神科治療の現場にピアサポーターが来訪し,「当事者同士による支援」を展開する光景が普通にみられるようになった...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 統合失調症診療の新たな展開 就労支援:チーム医療・支援が患者の人生を変える

西浦竹彦

Pharma Medica Vol.34 No.9, 41-44, 2016

「はじめに」「やっぱり働きたいなぁ……」そう話す患者は自信がなさそうにいったん俯くが,やがて視線を上げ,こちらの表情をうかがう。その様子は,自分の言葉が医師にどう響いているか探るようである。長い...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 統合失調症診療の新たな展開 生命予後とその改善

田尻美寿々/鈴木雄太郎

Pharma Medica Vol.34 No.9, 25-31, 2016

「はじめに」統合失調症患者は,一般人口に比して15~20年寿命が短いとされる1)。米国の大規模な縦断的コホートにおいて,成人の統合失調症患者は,観察期間中の標準化死亡比が一般人口に比して3.7倍...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 統合失調症診療の新たな展開 治療抵抗性統合失調症への試み

沼田周助

Pharma Medica Vol.34 No.9, 21-24, 2016

「はじめに」統合失調症の20~30%は治療抵抗性であると報告されている1)。治療抵抗性統合失調症患者に対するクロザピンの有効性は複数の研究で示されており2)-6),現在,クロザピンは治療抵抗性統...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 統合失調症診療の新たな展開 日本の薬物治療ガイドライン

伊賀淳一

Pharma Medica Vol.34 No.9, 17-19, 2016

「はじめに」日本では統合失調症の薬物治療において多剤併用の頻度が高いことが長年問題となっており,エビデンスに基づく医療の普及・均てん化の必要性が認識されていた。しかし,これまでエビデンスに基づい...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 統合失調症診療の新たな展開 統合失調症の発症予防:臨床的ハイリスク群への早期介入研究から

桂雅宏/松本和紀

Pharma Medica Vol.34 No.9, 13-16, 2016

「はじめに」統合失調症の発症予防に関する議論は,精神病を将来発症するリスクを臨床的に規定した臨床的ハイリスク群であるAt-Risk Mental State(ARMS)についての研究により,近年大き...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/25

特集 高血圧を再考する:注目点とこれからの診療 高血圧を再考する―特集にあたって

長谷部直幸

Pharma Medica Vol.34 No.8, 7, 2016

わが国において,患者数約4,300万人の圧倒的多数を占める高血圧の診療は,まさに新たな局面を迎えている。行政の対応は,医療費抑制の観点から,否応なしに高血圧診療の変革を迫っている。新たな降圧薬の...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/25

文学にみる病いと老い 第94回 「患者と家族に寄り添う在宅医療日記」大井通正

長井 苑子/泉 孝英

Pharma Medica Vol.34 No.8, 86-91, 2016

やさしさは見えない薬第1部 心に残るひとびと第2部 私たちの在宅医療(本書帯より引用)医師になる動機は,時代とともに変化してきている。最近では,偏差値*2の高い学生が腕試しに難関医学部を受験して...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/25

特集 高血圧を再考する:注目点とこれからの診療 ポリピルの未来:長寿薬としての可能性

光山勝慶

Pharma Medica Vol.34 No.8, 53-58, 2016

「はじめに」高血圧症患者は1種類の降圧薬だけでは血圧を十分にコントロールできない場合が過半数であり,異なるクラスの降圧薬の併用を必要とする。そのような背景から,欧米と同様にわが国でも異なるクラス...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/25

特集 高血圧を再考する:注目点とこれからの診療 高血圧のカテーテル・デバイス治療の現状と未来

廣岡良隆

Pharma Medica Vol.34 No.8, 47-52, 2016

「はじめに」優れた降圧薬の開発によって克服されたかにみえた高血圧治療であるが,その実態はいまだ不十分であり,心血管病による死亡の約50%に高血圧が関わっている。適切な薬物治療を受けていない人も含...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/25

特集 高血圧を再考する:注目点とこれからの診療 認知症高齢者の高血圧診療の実際

小原克彦

Pharma Medica Vol.34 No.8, 43-46, 2016

「はじめに」高血圧と軽度認知機能障害(mild cognitive impairment;MCI),認知症の関係に関しては,中年期の高血圧が高齢期の認知機能低下のリスクとなることが示されており,中年...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/25

特集 高血圧を再考する:注目点とこれからの診療 新たな血圧変動指標による降圧目標の確立

今泉悠希/星出聡/苅尾七臣

Pharma Medica Vol.34 No.8, 31-36, 2016

「はじめに」心血管疾患の最大のリスクファクターは高血圧である。これまで高血圧の診断には安静時に複数回測定した血圧の平均値を用いてきた。各国の高血圧診療ガイドラインでも,高血圧の診断と治療は血圧レ...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/25

特集 高血圧を再考する:注目点とこれからの診療 減塩対策と高血圧診療の未来

土橋卓也

Pharma Medica Vol.34 No.8, 19-23, 2016

「はじめに」高血圧者は全国に約4,300万人いると推定されている,最も多い生活習慣病である。食塩の過剰摂取が高血圧の発症や増悪,降圧薬治療に対する抵抗性などの要因となることは明らかであり,依然と...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/25

特集 高血圧を再考する:注目点とこれからの診療 内分泌性高血圧の現在と未来

市原淳弘

Pharma Medica Vol.34 No.8, 37-41, 2016

「はじめに」地球上に生物が誕生し複数の臓器をもった哺乳動物に進化する過程で,生物には循環器系が備わった。生物を構成する1つひとつの細胞がその生命を維持するには,全身に満遍なく酸素と栄養を届けると...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/25

特集 高血圧を再考する:注目点とこれからの診療 厳格降圧(120mmHg未満)のこれから

赤坂憲/楽木宏実

Pharma Medica Vol.34 No.8, 25-29, 2016

「Ⅰ.SPRINT試験の衝撃」昨年発表されたSPRINT(Systolic Blood Pressure Intervention Trial)研究1)は,世界に衝撃を与えた。すなわち,糖尿病,脳卒中既...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す