• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2017/06/23

海外文献紹介 海外文献紹介×Hot paper

森石武史/西川恵三/寺島明日香/小野岳人/林幹人

THE BONE Vol.30 No.3, 91-95, 2016

日本骨代謝学会との提携コーナー。本号では10論文を推薦いただきました。

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/23

特集 骨関節疾患の疼痛管理―健康寿命延伸を目指して 12.成人脊柱変形に対する外科的治療―その考え方と手術ストラテジー

松山幸弘

THE BONE Vol.30 No.3, 81-86, 2016

腰痛を呈する変形性脊椎症が,脊柱管狭窄症なのか腰椎変性側弯症なのか,あるいは変形を伴った脊柱管狭窄症なのか,また両方の治療が必要なのかを明確にして手術計画を立てる必要がある.成人脊柱変形で症状を...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/23

特集 骨関節疾患の疼痛管理―健康寿命延伸を目指して 11.変形性脊椎症と脊柱管狭窄症の疼痛:保存療法

竹林庸雄/山下敏彦

THE BONE Vol.30 No.3, 77-80, 2016

変形性脊椎症や脊柱管狭窄症に対する保存療法では薬物療法が中心的役割を担っているが,疼痛の発生源や機序を把握し,経過に応じた治療戦略を組み立てることが重要である.薬物療法には,NSAIDsやアセト...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/23

特集 骨関節疾患の疼痛管理―健康寿命延伸を目指して 10.腰部脊柱管狭窄症に対する運動療法

吉本隆彦/松平浩

THE BONE Vol.30 No.3, 71-75, 2016

腰部脊柱管狭窄症に対する運動療法は,薬物治療やブロック療法などの他の保存療法と並行して進められることが多い.わが国や北米の診療ガイドラインでは,運動療法の有効性を示す十分なエビデンスは得られてい...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/23

特集 骨関節疾患の疼痛管理―健康寿命延伸を目指して 9.脊椎変性疾患の疼痛:病態

竹下克志

THE BONE Vol.30 No.3, 67-70, 2016

脊椎変性疾患では,侵害受容性疼痛に加えて神経障害性疼痛の要素を含むことが多いことが特徴である.画像所見は偽陽性が多いため有用性は疑問とされていたが,X線の脊椎症変化,MRIでの椎間板変性やMod...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/23

特集 骨関節疾患の疼痛管理―健康寿命延伸を目指して 8.変形性膝関節症の疼痛:保存療法

泉仁/阿漕孝治/池内昌彦

THE BONE Vol.30 No.3, 61-66, 2016

変形性膝関節症(膝OA)の痛みは基本的には侵害受容性疼痛である.侵害刺激の発生要因は生体力学的因子に伴う機械的刺激の変化と炎症に大別できる.膝OAに対する既存の保存療法には非薬物療法と薬物療法が...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/23

特集 骨関節疾患の疼痛管理―健康寿命延伸を目指して 7.変形性膝関節症の疼痛:病態

金子晴香/石島旨章/金子和夫

THE BONE Vol.30 No.3, 51-59, 2016

変形性膝関節症(膝OA)を単純X線のみで評価した時代には,疼痛を主とした臨床症状と病態は関連が低いとされてきた.近年のMRIやバイオマーカーなどを用いた研究により,臨床症状は滑膜炎と関連し,さら...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/23

特集 骨関節疾患の疼痛管理―健康寿命延伸を目指して 6.骨粗鬆症の疼痛:運動療法

宮腰尚久

THE BONE Vol.30 No.3, 45-49, 2016

骨粗鬆症患者は,慢性腰背部痛を訴えることが多い.骨粗鬆症に関連する慢性腰背部痛に対して,身体運動機能が保たれている患者の場合には,ストレッチングや筋力訓練などのさまざまな運動を組み合わせた複合運...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/23

特集 骨関節疾患の疼痛管理―健康寿命延伸を目指して 5.骨粗鬆症(骨折あり,なし)の疼痛:病態

大鳥精司/折田純久/山内かづ代/鈴木都/稲毛一秀

THE BONE Vol.30 No.3, 37-43, 2016

椎体は洞脊椎神経から分岐する感覚神経線維が内外に分布し,疼痛発生に関与する.椎体由来疼痛の発生機序には外傷や感染など外的要因に由来するものと,骨粗鬆症などによる内的要因によるものが挙げられる.動...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/23

特集 骨関節疾患の疼痛管理―健康寿命延伸を目指して 4.骨関節疾患の疼痛に対する薬物治療の最近の進歩

関口剛美/石田高志/川真田樹人

THE BONE Vol.30 No.3, 31-35, 2016

変形性関節症の疼痛に対してNSAIDsやオピオイドの投与が行われてきた.しかし,これらの薬では疼痛コントロールが困難な場合や副作用により継続できない場合があり,新しい治療薬が望まれている.近年,...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/23

特集 骨関節疾患の疼痛管理―健康寿命延伸を目指して 3.骨関節疾患の疼痛と運動機能障害

櫻井博紀/牛田享宏

THE BONE Vol.30 No.3, 27-30, 2016

骨関節疾患の疼痛は,外傷や加齢に伴う器質的な問題を背景として慢性の経過を辿ることが多く,この長引く痛みはしばしば運動恐怖に伴う不活動・姿勢異常を引き起こす.これらの変化は筋・関節といった運動器で...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/23

特集 骨関節疾患の疼痛管理―健康寿命延伸を目指して 2.運動器疾患の疼痛の疫学:腰痛と膝痛

吉村典子

THE BONE Vol.30 No.3, 23-26, 2016

わが国の運動器障害の予防を目的として行われてきた代表的な地域コホート研究を統合したLOCOMOスタディの結果を解析し,一般住民における腰痛の有病率は37.7%(男性34.2%,女性39.4%),...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/23

特集 骨関節疾患の疼痛管理―健康寿命延伸を目指して 1.21世紀の骨関節疾患の疼痛研究の発展・課題・期待

小林洋/紺野愼一

THE BONE Vol.30 No.3, 19-22, 2016

「骨関節疾患の疼痛」は,超高齢社会における健康寿命のみならず,若年者のQOLにも深くかかわっている重要な問題である.我々医療従事者には,「骨関節疾患の疼痛」に関する医療の科学的根拠を提示するよう...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/23

ホネのかたち 骨を見る立ち位置(1)-まずは三次元から-

遠藤秀紀

THE BONE Vol.30 No.3, 87-90, 2016

骨の形が古来形態学者を魅了してきた理由はなんであろうか.理由などないと自問を切り上げてしまう論法は後段に委ねるとして,史的に考察するならば,いくつかの明瞭な答えを引き出すことができる.ひとつには...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/23

特集 骨関節疾患の疼痛管理―健康寿命延伸を目指して 特集にあたって

石島旨章

THE BONE Vol.30 No.3, 15-17, 2016

健康寿命の延伸は,世界的な関心事である.世界の平均寿命は1990年の54.3歳から,2013年には71.5歳へ延伸しているが,同時に健康寿命も56.9歳(1990年)から62.3歳(2013年)...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/23

MEDICAL EYE コラーゲン線維にまつわる疑義とコラーゲン性石灰化

桂暢彦

THE BONE Vol.30 No.3, 3-8, 2016

コラーゲン原線維の電子顕微鏡像は規則的な横紋を示すことから,これを解釈するために“quarter stagger model”が考案された.横紋の間隔64~65nmを4倍にするとコラーゲン分子(tr...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/22

目でみるページ Cardiovascular Pathology 致死的な転帰を示した広範性肺動脈血栓塞栓症

加藤誠也

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.1, 7-11, 2017

病理解剖の依頼にもしばしば来院時心肺停止(cardiopulmonary arrest on arrival:CPAOA)の症例が含まれている(病死が明らかで事件性のないことを前提に病理解剖が許される...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/22

リレーエッセイ:MENTORING―Message to Next Generation 解剖と西洋医学

堀正二

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.1, 80-81, 2017

最近,某大学の倫理審査委員会で,海外から入手した人体組織標本を購入し,研究に供することが,是か非かで議論になった。この標本は,ジョンスホプキンス大学で,提供された死体から遺族の承諾を得て標本化さ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/22

循環器疾患研究を支えた人々 「小澤高将」

杉山理

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.1, 78-79, 2017

ミトコンドリア学の泰斗,小澤高将教授が退官されて二昔になる。小澤教授が言われていたように,病態代謝でのミトコンドリアの意義は増々重要視されるようになってきている。ここで小澤教授の研究を振り返って...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/22

EBM Hot Flash 「LEADER」

高橋友乃/小田原雅人

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.1, 75-77, 2017

現在インクレチン関連薬には,dipeptidyl peptidase-4(DPP-4)阻害薬とGlucagon-like peptide-1 receptor agonist(GLP-1RA)がある。米...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す