• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2018/04/09

海外文献紹介 トランスジェニック幹細胞を使用したヒト全表皮の再生

髙橋政代

再生医療 Vol.17 No.1, 76-76, 2018

2017年10月,ローマのシンポジウムでこの論文のラストオーサーPellegrini教授とご一緒した際にこの内容を聞いた。Pellegrini教授は早くから皮膚の再生医療に取り組み,以前から接合...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/09

学会印象記 TERMIS-AP 2017

城潤一郎

再生医療 Vol.17 No.1, 72-73, 2018

Tissue Engineering and Regenerative Medicine International Society Asia Pacific Meeting 2017(TERMIS-AP 2017)...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/09

用語解説 QALY

八代嘉美

再生医療 Vol.17 No.1, 70-71, 2018

2016年4月に,わが国ではじめて,医療評価技術(Health Technology Assessment:HTA)として費用対効果評価の試行的導入が開始され,再生医療等製品もその対象としてジャパン...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/09

海外情報 The Children's Hospital of Philadelphia

遠藤誠之

再生医療 Vol.17 No.1, 60-62, 2018

フィラデルフィア国際空港から,車をセンターシティへ向かってハイウェイを走らせる。プロバスケットボールのチーム名にもなっている76号線を北上する。センターシティの摩天楼がちょうど正面に見えるように...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/09

患者まで届いている再生医療 毛球部毛根鞘細胞(DSCC)を用いた壮年性脱毛症に対する臨床研究

坪井良治/新山史朗/中沢陽介/岸本治郎/入澤亮吉/原田和俊

再生医療 Vol.17 No.1, 53-58, 2018

頭髪は年齢とともに薄くなっていくが,外見上の印象を大きく左右するので本人の生活の質に及ぼす影響は大きい。なんとか毛髪量を回復させたいと願うのは,程度の差はあれ,誰もが抱く願望である。毛髪量を回復...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/09

TOPICS(再生医療) RMAT指定制度:細胞加工製品の上市を加速するための米国の新しい取り組み

五十嵐友香/佐藤陽治

再生医療 Vol.16 No.4, 82-88, 2017

幹細胞学・再生医療関連技術の産業化に向け,各国の規制当局は最新の技術を安全かついち早く国民に還元することを目的とし,細胞加工製品の特殊な性質を踏まえた規制を整備しつつある。米国では2016年末に...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/09

2017年度日本再生医療学会功績賞 骨・軟骨再生医療の研究開発と臨床・事業展開における功績

髙戸毅

再生医療 Vol.16 No.4, 94-99, 2017

顎顔面領域において,口唇口蓋裂などの先天異常,炎症,腫瘍や外傷などにより生じる組織欠損に対する再建術は,機能的かつ審美的な治療結果が求められる。我々は近年,骨・軟骨再生医療を用いた顎顔面領域の再...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/09

2017年度日本再生医療学会Johnson&Johnson Innovation Award 再生医療用ヒト心筋組織開発

松浦勝久

再生医療 Vol.17 No.1, 90-97, 2018

全身に血液を送り出す上で最も重要であるヒトの左心室には,およそ100億個の細胞が存在すると考えられている。また心臓組織には,収縮・弛緩を繰り返すため心筋細胞のみならず,間質には線維芽細胞や血管内...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/09

2017年度日本再生医療学会奨励賞 【臨床】LRTM1を用いたヒトES/iPS細胞由来機能的ドパミン神経前駆細胞の純化

佐俣文平/髙橋淳

再生医療 Vol.17 No.1, 85-89, 2018

パーキンソン病は中脳黒質にあるドパミン神経細胞が進行性に脱落変性することによって生じる神経変性疾患である。初期治療では薬物治療がよく奏功するが,病態が進行するとともに,徐々に症状のコントロールが...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/09

2017年度日本再生医療学会奨励賞 【基礎】成熟肝細胞からの,高い再生能を有しかつ培養可能な肝前駆細胞へのリプログラミング

勝田毅/落合孝広

再生医療 Vol.17 No.1, 78-84, 2018

肝移植治療におけるドナー不足問題の解決策として肝細胞移植治療の研究が世界中で進められてきたが,臨床的に有効な治療法とみなされるには至っていない。1967年に,Eisemanらによって初めて移植不...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/09

学会印象記 第36回日本運動器移植・再生医学研究会

黒田良祐

再生医療 Vol.17 No.1, 74-75, 2018

第36回日本運動器移植・再生医学研究会が,京都府立医科大学大学院運動器機能再建外科学 久保俊一教授を会長として2017年9月29日・30日に開催された。「移植・再生医療とリハビリテーション医療」を...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/09

企業紹介 コージンバイオ株式会社 ―長年培ってきた製造技術と実績,ブランド力を武器に再生医療市場でさらなる飛躍を目指す,培地のパイオニア企業―

鴻池徹

再生医療 Vol.17 No.1, 66-68, 2018

医療や食品安全検査の現場において,微生物や細胞の培養に欠かせない“培地”をコージンバイオは30余年にわたり,さまざまな培地として製造し市場を牽引し化粧品や体外診断用医薬品の製品開発を手掛けながら...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/09

企業紹介 クラボウ “フットプリント” バイオ研究支援の良きパートナーとして

柳瀬浩

再生医療 Vol.17 No.1, 63-65, 2018

クラボウは創業1888年,2018年3月に130周年を迎える倉敷市発祥の企業で,社名の通り紡績業から始まった。現在は,衣料,自動車,住宅,半導体,バイオメディカルなど様々なフィールドで製品やサー...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/09

2017年度日本再生医療学会学会賞 【基礎部門】遺伝子導入による血管再生治療および生活習慣病へのワクチン治療の開発

中神啓徳/森下竜一

再生医療 Vol.16 No.4, 89-93, 2017

この度は2017年日本再生医療学会賞(基礎部門)に選出いただき誠にありがとうございます。約30年前に提唱された血管新生治療は虚血性疾患を標的とした新しい遺伝子治療として注目されてきました。我々が...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/09

学会印象記 TERMIS-EU 2017 ダボスにて

清水達也

再生医療 Vol.16 No.4, 78-79, 2017

TERMIS(Tissue Engineering & Regenerative Medicine,International Society)European Chapter Meeting が6月にスイスの...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/09

用語解説 オルガノイド

新保敬史

再生医療 Vol.16 No.4, 75-76, 2017

オルガノイド(organoid)とは,in vitroにおける三次元培養によって作成される,生体臓器に極めて類似した構造体である。2009年に単一の幹細胞を用いて陰窩,絨毛構造を持ったオルガノイド...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/09

企業紹介 ロート製薬の再生医療への取り組み

西田浩之

再生医療 Vol.16 No.4, 70-73, 2017

1.ロート製薬の紹介ロート製薬株式会社(以下,ロート製薬)は,1899年(明治32年)に,信天堂山田安民薬房として創業。胃腸薬「胃活」の発売に始まり,その10年後の1909年(明治42年)に点眼...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/09

患者まで届いている再生医療 体性幹細胞を用いた血管新生療法

近藤和久/林田竜/清水優樹/柴田玲/室原豊明

再生医療 Vol.16 No.4, 57-63, 2017

動脈硬化を基盤とする虚血性疾患(虚血性心疾患・脳血管障害・末梢動脈閉塞性疾患など)にとって加齢は重大なリスク要因であり,世界に先駆けて超高齢社会に突入したわが国においてもその罹患数は増加傾向にあ...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/09

巻頭言 運動器の再生医療が目指すものは?

中村雅也

再生医療 Vol.17 No.1, 1, 2018

山中伸弥教授がiPS細胞を発見して早10年が経ち,その間のノーベル賞受賞を機に再生医療に対する国民の関心が一気に高まり,私たちが行ってきた脊髄再生医療への応用の期待も一段と大きくなりました。そん...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/09

巻頭言 移植医としての再生医療への期待

江口晋

再生医療 Vol.16 No.4, 1, 2017

私の専門は臓器移植で,特に肝移植を担当している。海外でフェローをしていた際は脳死肝移植,心停止肝移植を主に行っていたが,現在は我が国での臓器提供数が少ないため,生体肝移植がメインとなっている。生...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す