• Webマガジン 検索結果

検索結果

category01.gif category09.gif

2014/05/26

RA Clinical Question 機能的寛解の判定基準を教えてください

長澤逸人

Arthritis―運動器疾患と炎症― Vol.11 No.2, 46-47, 2013

 現在の関節リウマチ(RA)の治療目標は,臨床的寛解(罹病期間長期の場合は低疾患活動性),関節破壊進行の阻止(構造的寛解),ならびに身体機能の改善・保持(機能的寛解)である.

⇒全文を見る

category01.gif category09.gif

2014/05/26

RA Clinical Question 臨床的寛解の判定基準を教えてください

平田信太郎/田中良哉

Arthritis―運動器疾患と炎症― Vol.11 No.2, 44-45, 2013

 関節リウマチ(RA)の治療成績は,メトトレキサート(MTX)と生物学的製剤の導入による治療戦略の進歩に伴って飛躍的に向上した.TiCoRA study 1)およびCAMERA study 2)では,複...

⇒全文を見る

category01.gif category09.gif

2014/05/16

Clinical Question Q&A形式で疑問を解決 Q2 腰椎椎間孔狭窄症の診断のポイントとは?

山田宏/吉田宗人

Locomotive Pain Frontier Vol.2 No.2, 42-43, 2013

腰部脊柱管狭窄症ではあまりみられない後根神経節由来の症状を見逃さないことです。

⇒全文を見る

category01.gif category09.gif

2014/05/16

Clinical Question Q&A形式で疑問を解決 Q1 心身症とはどのようなものですか?

芦原睦

Locomotive Pain Frontier Vol.2 No.2, 38-40, 2013

心身症とは身体疾患の中で,その発症や経過に心理社会的因子が密接に関与し,器質的ないし機能的障害が認められる病態です。

⇒全文を見る

category01.gif category09.gif

2014/04/28

Clinical Question Q&A形式で疑問を解決 Q2 PETやMRIでどのように痛みの評価を行うのでしょうか?

池本桂子

Locomotive Pain Frontier Vol.1 No.2, 40-41, 2012

疼痛に反応して活性化する神経機構を形態計測,もしくはPETやfMRIなどの機能画像で定量比較します。

⇒全文を見る

category01.gif category09.gif

2014/04/28

Clinical Question Q&A形式で疑問を解決 Q1 詐病とはどのようなものですか?

境徹也

Locomotive Pain Frontier Vol.1 No.2, 38-39, 2012

金銭的利得,補償の獲得,困難な状況からの回避などのために,症状を意図的に産出または誇張することです。

⇒全文を見る

category01.gif category05.gif category09.gif

2014/04/24

Clinical Question Q&A形式で疑問を解決 Q2 運動器慢性疼痛の心理的要因を評価する方法はありますか?

笠原諭

Locomotive Pain Frontier Vol.1 No.1, 36-37, 2012

ミネソタ多面人格目録(MMPI)を用いることで,慢性疼痛の心理的要因を評価できます。

⇒全文を見る

category01.gif category09.gif

2014/04/24

Clinical Question Q&A形式で疑問を解決 Q1 医療用麻薬とはどのようなものですか?

佐藤英俊

Locomotive Pain Frontier Vol.1 No.1, 34-35, 2012

モルヒネなど医療現場で使われている医療用麻薬は,適正に使用すれば安全で非常に有用な薬剤です。

⇒全文を見る

category01.gif category09.gif

2014/04/22

RA Clinical Question MTXの増量はどのタイミングですべきですか?

川畑仁人

Arthritis―運動器疾患と炎症― Vol.11 No.1, 53, 2013

Answer 関節リウマチ(RA)の薬物治療において,メトトレキサート(MTX)は中心的な役割を担っている.第一選択薬として単独での治療に用いられる以外に,併用療法においても重要な併用薬剤となっ...

⇒全文を見る

category01.gif category09.gif

2014/04/22

RA Clinical Question RA診療における関節エコーのメリットを教えてください

中原龍一/西田圭一郎

Arthritis―運動器疾患と炎症― Vol.11 No.1, 52, 2013

Answer 関節エコーのメリットとは,早期診断・薬効果判定・寛解基準などの評価だけでなく,関節穿刺などの手技にも有用であり,MRIと異なり外来で簡便に多関節評価を行うことができることである.

⇒全文を見る

category01.gif category09.gif

2014/04/22

Clinical Question Q&A形式で疑問を解決 Q2 痛みに対するアセトアミノフェン高用量処方のポイントとは?

佐伯茂

Locomotive Pain Frontier Vol.2 No.1, 40-42, 2013

1日総量1,500mgを超えて投与する場合,アルコール多量常飲者では定期的に肝機能を評価する必要があります。

⇒全文を見る

category01.gif category09.gif

2014/04/22

Clinical Question Q&A形式で疑問を解決 Q1 オペラント条件づけと疾病利得とはどのようなものですか?

本谷亮

Locomotive Pain Frontier Vol.2 No.1, 38-39, 2013

疾病利得は,疾患に伴う心理・社会・経済的利益のことであり,オペラント条件づけの原理で増加する“痛み行動”によって獲得されます。

⇒全文を見る

category01.gif category09.gif

2013/09/06

腫瘍をめぐるQ&A Question 血中微量癌細胞の検出と意義について教えてください

畠清彦

Surgery Frontier Vol.17 No.3, 98-101, 2010

「Answer」白血病では血中に悪性細胞が存在するのは当たり前である. 一方, 固形癌ではかつてはまれなこととされており, 筆者の恩師も神経芽細胞腫細胞が血中に出現したことを, 1954年当時, 写真では...

⇒全文を見る

category01.gif category09.gif

2013/08/28

腫瘍をめぐるQ&A Question 循環血液中にあるすべての癌細胞は転移を形成しますか?

宮田博志/森正樹/土岐祐一郎

Surgery Frontier Vol.17 No.4, 91-94, 2010

「Answer」「はじめに」癌の遠隔転移は, (1)原発巣からの離脱, (2)組織への浸潤, (3)血管内侵入(intravasation), (4)血流での運搬, (5)転移臓器での血管外脱出(extr...

⇒全文を見る

category01.gif category09.gif

2013/08/28

腫瘍をめぐるQ&A Question stem cellの維持機構を教えてください。分化はどのようにして始まりますか?

岡野美穂/石井秀始/関本貢嗣/土岐祐一郎/森正樹

Surgery Frontier Vol.17 No.4, 87-90, 2010

「Answer」「はじめに」stem cell(幹細胞)は自己複製能と多分化能を併せ持つ細胞である. 1978年, Schofieldが組織幹細胞の維持に必要な微小環境をニッチ(niche)と名付けて...

⇒全文を見る

category01.gif category09.gif

2013/08/28

腫瘍をめぐるQ&A Question 肥満と癌の関連について教えてください

古野純典

Surgery Frontier Vol.17 No.3, 108-110, 2010

「Answer」「はじめに」動物実験では, カロリー制限が乳腺および大腸の発癌を抑制することが以前から知られていたが, 肥満がさまざまな癌のリスクを高めることが明確になったのは, この20年である. 肥...

⇒全文を見る

category01.gif category09.gif

2013/08/28

腫瘍をめぐるQ&A Question 癌組織の代謝はどうなっていますか?

江角浩安

Surgery Frontier Vol.17 No.3, 102-107, 2010

「Answer」すでに多くの総説で述べられているように, 癌組織微小環境の特徴は低酸素状態である. 言うまでもなく, 酸素を組織に運ぶのは赤血球である. 1920年代にWarburgが提唱した「たとえ酸...

⇒全文を見る

category01.gif category09.gif

2013/08/28

腫瘍をめぐるQ&A Question オートファジーは,癌細胞の味方か敵か?

濱﨑万穂/吉森保

Surgery Frontier Vol.17 No.2, 88-90, 2010

「Answer」「はじめに」オートファジー(自食作用)は文字通り, 飢餓などの緊急時に細胞が自身を食べる機構として見つかった. 自身を食べるが細胞死には至らない. 細胞内で, オートファゴソームと呼ばれ...

⇒全文を見る

category01.gif category09.gif

2013/08/28

腫瘍をめぐるQ&A Question レクチンマイクロアレイと創薬について教えてください

種村匡弘/永野浩昭/和田浩志/小林省吾/丸橋繁/江口英利/武田裕/土岐祐一郎/森正樹

Surgery Frontier Vol.17 No.2, 83-87, 2010

「Answer」「糖鎖とは(生命現象を解き明かす鍵)」1980年代後半に興ったゲノムプロジェクトは予想をはるかに上回る速度で進み, 2003年に生命の設計図ともいえるヒトゲノムが解読された. このゲ...

⇒全文を見る

category01.gif category09.gif

2013/08/28

腫瘍をめぐるQ&A Question 活性酸素と癌との関連性について教えてください

石井秀始/山本浩文/関本貢嗣/土岐祐一郎/森正樹

Surgery Frontier Vol.17 No.2, 80-82, 2010

「Answer」活性酸素の化学種としての定義は「酸素が化学的に活性になった分子」である. 酸素を活性化すると一般に非常に不安定で強い酸化力を発揮するためにその過程で相応のエネルギーの授受がある. 地...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す