• Webマガジン 検索結果

検索結果

category05.gif category13.gif

2017/07/27

CPC日常臨床から学ぶ 好酸球性肺炎の像を呈し全身播種に至った肺接合菌症の1例

山田充啓/平野泰三/佐藤慶/高橋秀徳/村上康司/玉井ときわ/玉田勉/杉浦久敏/佐藤直実/齋藤涼子/一ノ瀬正和

THE LUNG perspectives Vol.24 No.4, 2-9, 2016

肺接合菌症は接合菌門のMucor目に属する真菌による肺感染症である1)。本感染症は,血液悪性腫瘍の化学療法などで発生する好中球減少症の患者や造血幹細胞移植後患者,さらに免疫抑制剤を投与されている...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2017/07/27

Medical Pictures 胸部CTでの虫道の発見が診断に有用であった肺吸虫症の1例

鳥山碧/武山廉/坂井修二/玉置淳

THE LUNG perspectives Vol.24 No.4, 1, 2016

症例は38歳女性。既往歴に胆石症,右乳腺症。右側胸部痛を自覚し,血液検査で末梢血好酸球増多とIgEの上昇がみられ,胸部X線で右胸水貯留を認めた。胸部CTで右上葉に虫道を示唆する線状影を認め,1ヵ...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2017/07/19

症例検討会 HER2 equivocalであったが,抗HER2療法が奏効した1例

五味直哉/伊藤良則/笹野公伸/小林心

CANCER BOARD of the BREAST Vol.3 No.1, 5-14, 2017

「症例:67歳 女性」1994年 右乳癌(DCIS)温存手術2002年 右乳癌(異時同側多発乳癌,充実腺管癌)で右乳房切除2009年 触診で右鎖骨上リンパ節を触知家族歴:乳癌・卵巣癌なし五味(司会):...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2017/07/14

CLINICAL CONFERENCE 症例から学ぶ上部消化器疾患 第23回 機能性胸やけの1例

眞部紀明/春間賢/福嶋眞弥/末廣満彦/河本博文/塩谷昭子/畠二郎

THE GI FOREFRONT Vol.12 No.1, 15-17, 2016

日常診療で胸やけ患者に遭遇する機会は多い。その多くは上部消化管内視鏡検査を施行しても食道粘膜傷害が認められず,非びらん性胃食道逆流症(non-erosive reflux disease:NERD)...

⇒全文を見る

category13.gif category05.gif

2017/07/14

CLINICAL CONFERENCE 症例から学ぶ上部消化器疾患 第24回 自己免疫性胃炎に合併し,亜有茎性を示した胃NET症例

末廣満彦/春間賢/中村純/岡好仁/谷川朋弘/浦田矩代/河本博文/眞部紀明/鎌田智有/徳毛健治/物部泰昌

THE GI FOREFRONT Vol.12 No.2, 13-17, 2017

胃カルチノイドは,WHO分類ではneuroendocrine tumor(NET)に含まれ,核分裂指数とKI-67指数による悪性度評価から,G1とG2に分類される。さらに,胃NETは発生環境の違い...

⇒全文を見る

category13.gif category05.gif

2017/06/29

Case Study 症例検討 多発性骨髄腫の疼痛治療

大谷太郎/山口重樹/濱口眞輔

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.2, 30-33, 2016

多発性骨髄腫は形質細胞ががん化して異常増殖し,骨や腎臓などの臓器,免疫系や血液系細胞の機能を障害することによってさまざまな症状を引き起こす疾患である。従来から病期分類として用いられてきたDuri...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2017/06/27

症例解説(Frontiers in Haemophilia) 症例② 退職後の身体機能低下に対して,エイジングケア目的の入院でリハビリテーションを行った症例

柳田亜維/德川多津子

Frontiers in Haemophilia Vol.3 No.2, 46-47, 2016

67歳 男性:インヒビター保有血友病A.17歳時に中等症血友病A(第Ⅷ因子活性〔FⅧ:C〕2.2%)と診断され,その後は血液凝固第Ⅷ因子(FⅧ)製剤によるオンデマンド療法を受けていた.55歳時に...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2017/06/27

症例解説(Frontiers in Haemophilia) 症例① 長期にCVポートを使用後,入れ替えたインヒビター症例

鈴木隆史

Frontiers in Haemophilia Vol.3 No.2, 44-45, 2016

40歳代 男性:出生直後からの出血傾向で2歳時に重症血友病Aと診断.血漿由来第Ⅷ因子製剤(pdFⅧ)によるオンデマンドにて止血管理されていたが,3歳時にインヒビター陽性が判明した.以降はプロトロ...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2017/06/27

症例解説(Frontiers in Haemophilia) 症例③ 重症急性膵炎を発症し,内視鏡的結石除去術を施行したインヒビター保有血友病A患者症例

野上恵嗣

Frontiers in Haemophilia Vol.3 No.2, 48-49, 2016

50歳代 男性(60kg):乳幼児期に関節および筋肉などの深部出血をくり返し重症血友病Aと診断された.出血のたびに血液凝固第Ⅷ因子製剤による治療を受けていたが,インヒビター出現後は出血時にバイパ...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2017/05/25

治療とケア―症例から考える― てんかんで発症し退行した症例

重松秀夫

Epilepsy Vol.10 No.2, 34-37, 2016

15歳頃からけいれん発作とてんかん性脳波異常を指摘され,バルプロ酸(VPA)投与が開始された.VPAで発作頻度は一時減少したが,月単位の頻度でけいれん発作は持続していた.発作になりそうな感じがし...

⇒全文を見る

category13.gif category05.gif

2017/05/24

目で見る肝癌 腎細胞癌術後に出現した肝腫瘍

浅岡良成/山口教宗/渡谷岳行/建石良介/長谷川潔/國土典宏/小池和彦

The Liver Cancer Journal Vol.8 No.2, 71-76, 2016

腎細胞癌術後に出現した肝腫瘍の症例を経験した。画像診断では,肝転移と肝細胞癌との鑑別が困難であり,示唆に富む症例であったため報告する。

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2017/02/21

症例検討 脂質代謝異常症への多角的アプローチ IgG4関連疾患と冠動脈硬化,弁硬化

坂本愛子

The Lipid Vol.27 No.4, 78-83, 2016

「はじめに」IgG4関連疾患は,炎症性線維化を特徴とする全身性疾患で,自己免疫性膵炎との関連を契機としてわが国から提唱された,比較的,新しい疾患概念である.IgG4関連疾患では,線維化および腫瘤...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2017/02/15

画像診断との対比で学ぶ大腸疾患アトラス SSA/Pの内視鏡診断

佐野亙/佐野寧/市川一仁

大腸がんperspective Vol.3 No.2, 4-9, 2016

今回の大腸疾患アトラスは「SSA/Pの内視鏡診断」である。SSA/P(sessile serrated adenoma/polyp)の組織については,過去に何度か取り上げている。八尾,菅井らがまとめ...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2017/02/15

PHOTO QUIZ 抗HIV薬で良好にコントロールされているHIV患者が意識消失を主訴に受診し,精査目的の頭部CT・MRIで頭蓋内病変を指摘された。診断は何か?

坪井基行

HIV感染症とAIDSの治療 Vol.7 No.2, 42-45, 2016

【症例】HIV加療中の21歳,男性同性愛者の症例。主訴:意識消失現病歴:受診1週間前より後頭部から頸部にかけての不快感と眼の疲労感が出現し,その後持続していた。受診当日,入浴後の約2時間の意識消...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2017/02/15

Case Report 両下肢麻痺をきたし,急激な致死的転機を取ったムーコル症合併AIDSの1例

中田浩智/満屋裕明

HIV感染症とAIDSの治療 Vol.7 No.2, 36-39, 2016

「緒言」ムーコルは,腐敗した植物や土壌などの環境中に普遍的に存在する糸状菌である。健常人のムーコル症の発症はきわめて稀で,糖尿病や腎不全,白血病などの免疫不全をきたす基礎疾患をもつ患者に発症する...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2017/02/15

Q&A形式 Case Study 1.抗HIV薬を海外出張中に服薬する症例 2.内服アドヒアランスが不良な症例 3.抗HIV薬とサプリメントを併用した症例

菊池嘉/佐藤麻希/増田純一/矢倉裕輝

HIV感染症とAIDSの治療 Vol.7 No.2, 26-35, 2016

ここ十年あまりの間に,抗HIV治療は目覚ましい進歩を遂げた。かつて掌に余るほどの錠剤を1日に何回かに分けて内服していたが,それが数錠で済むようになり,そして今や1日1錠の時代になってきている。し...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2016/12/22

Case Report 今日の一例 一側の脳虚血で発症し,無症候性に進行した対側内頸動脈狭窄に対して頸動脈ステント留置術を施行した特発性両側頸部内頸動脈解離の一例

松木孝之/有廣昇司/早川幹人/船津奈保子/宮崎雄一/佐藤徹/山上宏/高橋淳/豊田一則

脳と循環 Vol.21 No.3, 61-66, 2016

「症例」53歳男性.「主訴」言葉を発しない,右手足を動かさない.「既往歴」両側精巣癌(35歳時に左側,50歳時に右側).ともに高位精巣摘除術と抗癌剤治療で再発なく,近医でフォロー中.「家族歴」結...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2016/12/15

Pitfall & Tips どう診る?どうする? 第1回 フォトフェイシャル®治療に抵抗するシミについて

須賀康

Bella Pelle Vol.1 No.1, 67-68, 2016

「症例」30歳代半ばの女性.両頬部に多発するシミ(図1a)を改善したいという希望で来院した.初診時には日光黒子がシミ病変の主体と考えられたため,フォトフェイシャル®治療(NatuLigh...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2016/11/17

症例検討会 悪性葉状腫瘍

五味直哉/伊藤良則/笹野公伸/森園英智

CANCER BOARD of the BREAST Vol.2 No.2, 5-16, 2016

「症例:39歳」現病歴:平成〇〇年6月に左乳房外側のしこりに気付き近医受診,腫瘤摘出術を施行。同年10月に腫瘍が再発,がん研有明病院を紹介受診。家族歴:特記すべきことなし既往歴:特記すべきことな...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2016/10/26

症例から学ぶ ビタミンDと小児のくる病

窪田拓生

O.li.v.e.―骨代謝と生活習慣病の連関― Vol.6 No.3, 42-44, 2016

「症例」症例:2歳1カ月,女児.主訴:下肢変形,跛行.現病歴:周産期に明らかな異常を認めなかった.1歳4カ月時に独歩を始めたが,歩き方がぎこちなかった.下肢変形に気づき,2歳1カ月時に整形外科を...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す