• Webマガジン 検索結果

検索結果

category02.gif

2014/12/02

Trend & Topics 世界の疼痛治療事情―海外疼痛センター視察報告― 対人地雷による慢性疼痛へのペインマネジメント・プロジェクト―ボスニア・ヘルツェゴビナでの成功例―

前田倫

Practice of Pain Management Vol.4 No.4, 24-27, 2013

はじめに 1992年から1995年にかけてボスニア・ヘルツェゴビナでは,平和に一緒に暮らしていたムスリム,セルビア人,クロアチア人の3民族が旧ユーゴスラビアからの独立をめぐり,国を分ける争いに発...

⇒全文を見る

category02.gif

2014/12/02

Trend & Topics 世界の疼痛治療事情―海外疼痛センター視察報告― デンマークにおける痛み治療

北原雅樹

Practice of Pain Management Vol.4 No.4, 20-23, 2013

はじめに:デンマークの概要 2013年3月3日より1週間かけて,デンマーク各地を巡って現地の痛み治療について情報を探ってきた.筆者が北欧を訪れるのは,2年前のスウェーデンに次いで2度目である1).

⇒全文を見る

category02.gif

2014/12/02

Trend & Topics 世界の疼痛治療事情―海外疼痛センター視察報告― Royal National Hospital for Rheumatic Diseases(Bath,UK)

住谷昌彦/竹下克志/Candy S. McCabe

Practice of Pain Management Vol.4 No.4, 16-19, 2013

はじめに Royal National Hospital for Rheumatic Diseases(Bath hospital)は,イギリスのロンドンから西に約150kmほど離れた人口約80,000人の...

⇒全文を見る

category02.gif

2014/10/08

Trend & Topics 痛みを癒す アンドロイドセラピーを目指して―アンドロイド参加型自律訓練法の試み―

中江文/安達友紀/力右武信/吉川雄一郎/松田陽一/柴田政彦/石黒浩/眞下節

Practice of Pain Management Vol.4 No.3, 32-36, 2013

Summary 少子高齢化社会を迎えているわが国において,医療現場でのロボットの活用は重要な課題である.また,痛みは若年者においてはQOLの低下,高齢者においてはさらなる身体機能の低下に直結する...

⇒全文を見る

category02.gif

2014/10/08

Trend & Topics 痛みを癒す 痛みに対する音楽療法

高橋多喜子

Practice of Pain Management Vol.4 No.3, 28-30, 2013

はじめに 音楽療法は痛みの軽減に関しては得意分野である.昔から「痛みのゲートコントロール理論1)」を用いて,音楽による痛みの軽減理由を説明してきた.その理論では痛みの原因となる刺激は神経末端で発...

⇒全文を見る

category02.gif category05.gif

2014/10/08

Trend & Topics 痛みを癒す 痛みのカウンセリング:受容を目指した治療的対話の創造

田代雅文/細井昌子

Practice of Pain Management Vol.4 No.3, 20-27, 2013

はじめに 慢性疼痛の治療においては,治療者が「科学的,分析的,客観的な態度であろう」とすればするほど泥沼の様相を呈することがある.さらなる検査,さらなる鑑別診断,だんだんと侵襲的になっていく治療...

⇒全文を見る

category02.gif category05.gif

2014/09/16

Trend & Topics ペイン・リハビリテーション 認知行動療法

松原貴子

Practice of Pain Management Vol.4 No.2, 24-29, 2013

慢性痛の認知行動療法とは 認知行動療法(cognitive behavioral therapy;CBT)とは,抑うつ,不安,恐怖などの精神医学的問題に対する心理学的治療法として発展してきた1,2)...

⇒全文を見る

category02.gif

2014/09/16

Trend & Topics ペイン・リハビリテーション 運動と脳機能

森岡周/大住倫弘/信迫悟志/平川善之/今井亮太/大松聡子

Practice of Pain Management Vol.4 No.2, 30-34, 2013

不動による脳の可塑的変化 一般的に慢性痛患者では,身体の知覚経験の変化にともない一次感覚野や一次運動野の体部位再現が変化することが,多くの研究によって明らかにされている.こうした皮質の体部位再現...

⇒全文を見る

category02.gif

2014/09/16

Trend & Topics ペイン・リハビリテーション 不活動と痛み

沖田実/中野治郎/関野有紀/濱上陽平

Practice of Pain Management Vol.4 No.2, 18-22, 2013

はじめに 厚生労働省が行っている国民生活基礎調査での有訴者率をみると,男女とも腰痛や肩こりといった運動器疼痛が上位を占め,本邦の疫学調査の結果では運動器疼痛の有訴者率は人口比で15.4%に及ぶと...

⇒全文を見る

category02.gif

2014/09/16

Trend & Topics 診療ガイドラインからみた痛みの治療 肩痛の治療 診療ガイドラインで推奨される治療とは

高橋博之/佐野博高/井樋栄二

Practice of Pain Management Vol.4 No.1, 30-38, 2013

はじめに 痛みに対する治療において最も重要なのは,病態に即した治療を行うことである.したがって,原因疾患に対して根治的治療を行える場合には,その治療が最優先されるべきである.一般に,急性の肩痛に...

⇒全文を見る

category02.gif

2014/09/09

Trend & Topics Functional pain disorder 機能性身体症候群(中枢機能障害性疼痛)と線維筋痛症

三木健司/橋本亮太/行岡正雄

Practice of Pain Management Vol.3 No.4, 22-29, 2012

はじめに 痛みは自覚症状であり,その評価を客観的に行うことは非常に困難である.そのため,線維筋痛症(fibromyalgia;FM)もその診断や評価に苦慮している現状がある.FMはいずれも一般医...

⇒全文を見る

category02.gif

2014/09/09

Trend & Topics Functional pain disorder 口腔顔面痛

野間昇/今村佳樹

Practice of Pain Management Vol.3 No.4, 18-21, 2012

はじめに 口腔顔面領域における慢性痛の代表的なものとして,顎関節症,神経障害性疼痛,特発性口腔痛などが挙げられる.顎関節症は,関節の痛みや筋の痛みを含む複合的な病態を指す症候群であり,その病態の...

⇒全文を見る

category02.gif

2014/09/09

Trend & Topics 痛みを科学する―遺伝子― 遺伝子と先天性無痛症

犬童康弘

Practice of Pain Management Vol.3 No.3, 32-36, 2012

はじめに 先天性無痛症(congenital insensitivity to pain;CIP)は,遺伝的原因により痛覚が欠如する疾患群である.発汗障害をともなうタイプは,先天性無痛無汗症(cong...

⇒全文を見る

category02.gif

2014/09/09

Trend & Topics 痛みを科学する―遺伝子― 遺伝子多型が疼痛治療におけるオピオイド必要量に及ぼす影響―μ-オピオイド受容体遺伝子のA118G多型を中心として

林田眞和/福田謙一/西澤大輔/池田和隆

Practice of Pain Management Vol.3 No.3, 28-31, 2012

オピオイド必要量の個人差 オピオイドによる疼痛治療においては,オピオイドの必要量の個人差が甚だしい.オピオイド必要量の差には,個々人の感じている痛みの種類や強さの差もさることながら,個々人のオピ...

⇒全文を見る

category02.gif

2014/09/09

Trend & Topics 痛みを科学する―遺伝子― 慢性疼痛のエピジェネティクス―痛みによる細胞記憶

成田年/伊達明利/池上大悟

Practice of Pain Management Vol.3 No.3, 18-26, 2012

Summary 痛みという感覚は,組織損傷を避けるための生体警告反応として,なくてはならないものである.しかしながら,急性疼痛が外傷や疾患によりもたらされるのに対し,慢性疼痛は実質的な組織損傷が...

⇒全文を見る

category02.gif

2014/07/28

女性のウェルエイジングとアンチエイジング 4 女性における脳梗塞の特徴

石束光司/松尾龍/吾郷哲朗

WHITE Vol.1 No.1, 23-27, 2013

はじめに 超高齢化社会の到来とともに脳卒中患者,特に脳梗塞患者が増加の一途をたどっている.脳梗塞は寝たきり・介護の最大要因であり,その発症予防が喫緊の課題である.近年,性差医療の研究が広く行われ...

⇒全文を見る

category02.gif

2014/07/28

女性のウェルエイジングとアンチエイジング 3 卵子の老化

五十嵐秀樹/松尾幸城/倉智博久

WHITE Vol.1 No.1, 17-21, 2013

はじめに 老化は細胞レベルから始まり,組織レベル,臓器レベルへと波及し,最終的に臓器の機能低下を招く.よって,卵巣の老化は,機能低下による更年期症状や閉経として自覚される.しかし,卵巣と違い卵子...

⇒全文を見る

category02.gif

2014/07/28

女性のウェルエイジングとアンチエイジング 2 皮膚の加齢

森田明理

WHITE Vol.1 No.1, 11-15, 2013

はじめに 皮膚老化には,内在性老化と外因性老化がある.内在性とは年齢によるものであり,外因性とは環境因子からくるもので,太陽紫外線,さらに最近では,喫煙や大気汚染が因子として考えられている.皮膚...

⇒全文を見る

category02.gif

2014/07/28

女性のウェルエイジングとアンチエイジング Overview

太田博明

WHITE Vol.1 No.1, 5-6, 2013

はじめに 「日本更年期医学会」では四半世紀に亘って更年期医療を実践してきたが,2011年4月から更年期ばかりでなく,幅広いライフステージを対象とする女性医療を目指し,「日本女性医学学会」と名称変...

⇒全文を見る

category02.gif category03.gif

2014/05/09

心房細動を俯瞰する (座談会)心房細動診療―歴史を知り,将来をみる

山下武志/飯沼宏之/三田村秀雄/高橋良英

CARDIAC PRACTICE Vol.22 No.4, 65-70, 2011

山下 心房細動(AF)治療はここ数十年で大きく変化してきました。心室性不整脈の不整脈治療にはじまり,やがてそれが1989年に発表された大規模臨床試験のCAST試験(Cardiac Arrhythm...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す