• Webマガジン 検索結果

検索結果

category01.gif

2015/07/10

NEXT DOOR 注意欠如・多動性障害(ADHD)理解のために No.2 子どものADHD診療における薬物療法の役割について

岡田俊

Pharma Medica Vol.33 No.7, 87-89, 2015

 注意欠如・多動症(ADHD)は,学童期の子どもの3~7%に認められる頻度の高い発達障害であるが1),プライマリケアにおける対応よりも専門医による診断と心理教育,学校・家庭などにおける行動療法的...

⇒全文を見る

category01.gif

2015/05/19

わが国におけるインクレチンとグルカゴン研究―その源流を訪ねて― インクレチン╱グルカゴン研究の流れと今後への期待―自らの33年を振り返って―

難波光義

International Review of Diabetes Vol.3 No.2, 72-81, 2011

For over 40 years, the research on incretin and glucagon has been extended and still advanced globally. Particular...

⇒全文を見る

category01.gif

2015/05/19

わが国におけるインクレチンとグルカゴン研究―その源流を訪ねて― 糖尿病における肝糖代謝の偏移とグルカゴンの役割 The role of glucagon in the hepatic glucose metabolism

石田俊彦

International Review of Diabetes Vol.3 No.2, 68-71, 2011

The hepatic extraction of insulin (50%) and glucagon (5-28%) are quite different and independently regulated. He...

⇒全文を見る

category01.gif

2015/05/19

わが国におけるインクレチンとグルカゴン研究―その源流を訪ねて― (特別インタビュー)GIP研究の成果と展望

清野裕

International Review of Diabetes Vol.3 No.1, 74-79, 2011

インクレチン研究へ―背景と経緯― 消化管にあるシグナルが血糖降下作用を持つという概念は非常に古くからあり,インスリン発見以前の20世紀初頭に,ブタ十二指腸粘膜抽出物の投与による糖尿病の改善が報告...

⇒全文を見る

category01.gif

2015/05/19

わが国におけるインクレチンとグルカゴン研究―その源流を訪ねて― 膵外/腸管グルカゴンとGLP-1の分泌調節とその生理作用 Secretion and the physiological implications of gastrointestinal glucagons and GLP-1

松山辰男

International Review of Diabetes Vol.3 No.1, 62-73, 2011

Gastrointestinal -cell glucagon is released when insulin concentration is low, and works as hyperglycemic facto...

⇒全文を見る

category01.gif

2015/05/19

わが国におけるインクレチンとグルカゴン研究―その源流を訪ねて― 揺籃期の膵グルカゴン,消化管グルカゴン研究 The inchoate stage of reseach on pancreatic and extrapancreatic glucagons

島健二

International Review of Diabetes Vol.2 No.4, 61-65, 2010

Three topics are selected among our works related to glucagon and glucagon-like immunoreactive (GLI) materials a...

⇒全文を見る

category01.gif

2015/05/19

わが国におけるインクレチンとグルカゴン研究―その源流を訪ねて― わが国におけるグルカゴン研究の黎明期―グルカゴンの基礎研究に参加して― Participation in basic reseach on glucagon and the related peptides during 1970s-1980s

矢内原千鶴子

International Review of Diabetes Vol.2 No.4, 56-60, 2010

In early 1970s, the research group under Noboru Yanaihara had already had their own methodology for production of r...

⇒全文を見る

category01.gif

2015/03/18

糖尿病専門医に役立つ臨床トピックス 糖尿病専門医から神経内科医に聞きたいこと―糖尿病と認知症―

羽生春夫

Diabetes Horizons ―Practice and Progress― Vol.3 No.2, 32-36, 2014

超高齢社会となったわが国では,認知症は今後より一層大きな問題となることは間違いない。糖尿病は血管性認知症(vascular dementia:VaD)の危険因子とみなされてきたが,最近ではアルツハ...

⇒全文を見る

category01.gif category06.gif

2015/03/18

実践!チーム医療と診療連携のススメ 秋田赤十字病院代謝内科における糖尿病透析予防サポートチームの活動と診療連携

後藤尚

Diabetes Horizons ―Practice and Progress― Vol.3 No.2, 26-30, 2014

秋田赤十字病院は県央部の中核病院として充実した救急医療をはじめ高度な医療の提供に努めている。同院代謝内科は通常外来のほか,近隣の8つの診療所と連携する「きずな外来」を設け,増加を続ける糖尿病患者...

⇒全文を見る

category01.gif category06.gif

2015/03/18

糖尿病診療最前線 福井県済生会病院内科

番度行弘

Diabetes Horizons ―Practice and Progress― Vol.3 No.2, 18-23, 2014

糖尿病専門医が少ないとされる福井県において,福井県済生会病院は糖尿病専門医5名,CDEJ 26名という充実した診療体制を築いている。同院初めての糖尿病専門医として赴任した番度行弘先生は,約20年に...

⇒全文を見る

category01.gif category03.gif

2015/03/18

糖尿病専門医に役立つ臨床トピックス 糖尿病専門医から血管外科医に聞きたいこと―糖尿病患者におけるPADの管理―

宮田哲郎/門脇孝

Diabetes Horizons ―Practice and Progress― Vol.3 No.1, 44-50, 2014

近年の糖尿病患者数の増加に伴い,糖尿病専門医が足病変を診る機会も増えてきている。また糖尿病はPAD発症・増悪の危険因子として上位に位置づけられるため,PAD予防や早期発見は糖尿病専門医に課せられ...

⇒全文を見る

category01.gif category06.gif

2015/03/18

病診・院内他科連携の実際 富山県立中央病院における地域ぐるみのチーム医療で目指す循環型医療連携

臼田里香

Diabetes Horizons ―Practice and Progress― Vol.3 No.1, 36-42, 2014

富山県内唯一の県立総合病院である富山県立中央病院は,20診療科を擁する基幹・中核病院であり,日本糖尿病学会認定の教育施設である。同院では,多職種による院内のチーム医療をかかりつけ医との連携により...

⇒全文を見る

category01.gif category06.gif

2015/03/18

チーム医療の実際 金沢大学Team DiETにおけるチーム医療

篁俊成

Diabetes Horizons ―Practice and Progress― Vol.3 No.1, 30-35, 2014

金沢大学附属病院では,1998年より「Team DiET」との名称で糖尿病治療のチーム医療を実践している。Team DiETの結成当時から中心メンバーである篁 俊成先生は,15年にわたってスタッフ同士...

⇒全文を見る

category01.gif category06.gif

2015/03/18

糖尿病診療最前線 盛岡市立病院糖尿病・代謝内科

引地勲

Diabetes Horizons ―Practice and Progress― Vol.3 No.1, 22-26, 2014

わが国の糖尿病患者数は,生活習慣と社会の変化に伴い増加の一途を辿り,その合併症である心血管障害や腎症,網膜症,足壊疽なども大きな社会問題になっている。盛岡市立病院では引地 勲先生が赴任してきた25...

⇒全文を見る

category01.gif category06.gif

2015/03/18

病診・院内他科連携の実際 京都医療センターにおける糖尿病足病変患者に対する診療連携の取り組み

河野茂夫

Diabetes Horizons ―Practice and Progress― Vol.2 No.4, 40-44, 2013

京都医療センターの糖尿病センターは,創設から40年以上を迎える糖尿病チーム医療の草分け的な存在である。同センターでは,欧米式のフットケアをいち早く導入し,約10年前に院内他科連携に基づくフットセ...

⇒全文を見る

category01.gif

2015/03/18

糖尿病専門医に役立つ臨床トピックス 2型糖尿病患者に対する早期インスリン導入は有益か?

小田原雅人

Diabetes Horizons ―Practice and Progress― Vol.2 No.4, 36-39, 2013

インスリン治療の重要性と現状―インスリン治療の重要性,インスリン導入の現状についてお聞かせください。 2型糖尿病ではインスリンの作用不足が高血糖の原因として重要であり,高血糖による慢性の合併症の...

⇒全文を見る

category01.gif

2015/03/18

糖尿病専門医に役立つ臨床トピックス インクレチン製剤とインスリンの併用療法―メリットと注意点―

矢部大介

Diabetes Horizons ―Practice and Progress― Vol.2 No.3, 40-45, 2013

インスリン治療による効果不十分例に対するDPP-4阻害薬の併用療法について―DPP-4阻害薬とインスリンの併用によりどのようなメリットが得られるのでしょうか。 インスリン効果不十分例におけるDP...

⇒全文を見る

category01.gif category06.gif

2015/03/18

病診・院内他科連携の実際 釧路赤十字病院におけるCDEJを中心とした独自の診療連携

古川真

Diabetes Horizons ―Practice and Progress― Vol.2 No.3, 34-38, 2013

北海道の道東地域に分けられる釧路市に位置する釧路赤十字病院は,釧路市の基幹病院として地域の方々をサポートしている。ご存知の通り,北海道は広大であり医療アクセスは乏しくならざるを得ないが,そのよう...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す