• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2018/04/05

State of the art JSCCR/ESMO/NCCNガイドラインを比較する 大腸癌治療ガイドライン 医師用2016年版(大腸癌研究会)の概略

山田武史/兵頭一之介

大腸がんperspective Vol.3 No.4, 18-26, 2017

大腸癌治療ガイドラインは術式や薬剤選択における種々のエビデンスを考慮して,大腸癌研究会のガイドライン作成委員会のコンセンサスに基づき作成されている。2005年に初版が発刊されて以降,3回の改訂が...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/19

特集 超高齢社会における循環器疾患 臨床 超高齢循環器疾患患者の在宅医療

弓野大

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.3, 69-73, 2017

高齢者心不全は,不可逆的に進行し,経過が長く,医療や介護を要する期間が長いのが特徴ともいえる。また脳血管障害や認知症,フレイルなどの併存,そして生活環境の問題もあり,基幹病院による専門医ではなく...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/19

特集 超高齢社会における循環器疾患 トピック デスティネーション治療(DT)としての補助人工心臓

安斉俊久

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.2, 57-60, 2017

移植待機患者に対する植込み型左心補助人工心臓(left ventricular assist device:LVAD)は,拍動式の体外設置型から連続流式の植込み型へと時代は進歩し,合併症の軽減とともに...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/19

特集 超高齢社会における循環器疾患 トピック 循環器患者とACP(Advance Care Planning)

大石醒悟

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.2, 51-55, 2017

人口の高齢化とともに,循環器疾患患者は増加の一途を辿っている。その内訳として,急性心筋梗塞は治療の発展とともに減少してきたが,心不全患者は増加の一途を辿っている。これは症候群である心不全が心筋梗...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/19

特集 超高齢社会における循環器疾患 臨床 超高齢社会における緩和医療と終末期ケア

野々木宏

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.2, 47-50, 2017

日本における高齢化は60歳以上が人口の30%,75歳以上が15%以上となり,世界に先駆けて超高齢社会へ突入している。低侵襲手術,移植医療や人工心臓をはじめとする補助循環の導入で,これまで致命的で...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/19

特集 超高齢社会における循環器疾患 座談会 超高齢者パンデミック時代における循環器診療

木原康樹/和泉徹/野々木宏/横山広行

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.2, 61-65, 2017

木原 今回の座談会では超高齢者パンデミック時代における循環器診療の課題を先生方にご指摘いただいて,直面している困難を浮き彫りにしていきたいと思います。まずは和泉先生より超高齢時代を迎えたわが国に...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/07

Focus 最新の話題 ブプレノルフィンを語る ~現在・過去・未来~

山口重樹

Locomotive Pain Frontier Vol.6 No.1, 52-57, 2017

ブプレノルフィンは医療用麻薬の指定を受けていないオピオイド鎮痛薬であり,わが国ではがん性疼痛ならびに周術期の管理に注射剤と坐剤が,変形性関節症および腰痛症に伴う慢性疼痛に貼付剤が用いられている。...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/07

Column オピオイドを理解する オピオイド誘発性の腸機能障害

山口重樹/高薄敏史/佐藤雄也/安島崇晃/Donald R Taylor

Locomotive Pain Frontier Vol.6 No.1, 44-46, 2017

オピオイド誘発性腸機能障害(OIBD)とは,消化管のオピオイド受容体がオピオイド鎮痛薬によって長期に継続刺激されることによる消化管運動の慢性的な障害で,オピオイド誘発性便秘(OIC)を端にさまざ...

⇒全文を見る

category06.gif category13.gif

2017/09/07

Person 診療・研究の現場より 旭川医科大学病院緩和ケア診療部

阿部泰之

Locomotive Pain Frontier Vol.6 No.1, 40-43, 2017

整形外科医なら誰しもが対峙することになる症状「痛み」。特に,痛みが慢性化し,いわゆる慢性疼痛の状態になった時,治療に苦慮することも多い。多くの医師と同様に痛みを治療することに悩みを抱えていた旭川...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す