• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2016/10/26

New Arrival & Comment 新着論文解説 要訳と解説(1)破骨細胞形成におけるミオスタチンの機能 Dankbar B, Fennen M, Brunert D, et al. Myostatin is a direct regulator of osteoclast differentiation and its inhibition reduces inflammatory joint destruction in mice. Nat Med. 2015 ; 21 : 1085-90.

矢野雄暉/浅原弘嗣

O.li.v.e.―骨代謝と生活習慣病の連関― Vol.6 No.3, 24-28, 2016

「概要」増殖分化因子(growth differentiation factor;GDF)-8として知られるミオスタチンは,トランスフォーミング増殖因子(transforming growth fact...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/26

座談会(Round Table Discussion) 『O.li.v.e.』創刊5周年記念座談会

太田博明/稲葉雅章/倉林正彦/杉本利嗣/田中栄/山岸昌一

O.li.v.e.―骨代謝と生活習慣病の連関― Vol.6 No.3, 6-14, 2016

「骨リモデリングの制御に重要な働きをしている骨細胞」太田:骨代謝と生活習慣病の連関を,多面的な視点から捉えることをコンセプトとした『O.li.v.e.(Osteo Lipid Vascular & En...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/06/17

座談会(Round Table Discussion) 関節リウマチの痛みのコントロール

西田圭一郎/門野夕峰/小嶋俊久/三木健司

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.1, 5-13, 2016

関節リウマチ(RA)は一般に40~50歳代に発症することが多いが,わが国が超高齢社会となるに伴って高齢者RAも増えている。しかも,60歳未満で発症したYORAと60歳以降になって発症するEORA...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

特集 腎病理をどう臨床に活かすか IgA腎症の病理をどう臨床に活かすか How should pathology of IgA kidney disease be utilized in clinical practice?

市川大介

Nephrology Frontier Vol.15 No.1, 36-41, 2016

「SUMMARY」IgA腎症と診断され尿蛋白1g/日以上,GFR が60mL/min/1.73m2以上であれば,積極的にステロイド治療を行うことも多いが,尿蛋白が1g/日以下であったり,GFRが6...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

痛風Q&A Q わが国に痛風専門医の資格をもつ医師はいるのでしょうか。

藤森新

高尿酸血症と痛風 Vol.24 No.1, 90-91, 2016

「Answer」厚生労働省「専門医の在り方に関する検討会」報告書の公表を受けて,一般社団法人日本専門医機構が2014年5月に設立され,当機構の指導のもとに,2017年度からの新たな専門医養成開始...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2016/04/01

症例検討 症例を読む HPRT部分欠損症の1例

藏城雅文

高尿酸血症と痛風 Vol.24 No.1, 86-89, 2016

「はじめに」Hypoxanthine-guanine phosphoribosyl transferase(HPRT)は,ホスホリボシルピロリン酸(phosphoribosyl pyrophospha...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

血清尿酸値に影響を与える薬剤 第5回 免疫抑制薬(2)

山内高弘/森田美穂子/上田孝典

高尿酸血症と痛風 Vol.24 No.1, 82-85, 2016

「ミゾリビンとシロリムス,エベロリムス」高尿酸血症のほとんどは原発性であるが,薬物投与に合併して二次性に高尿酸血症が生じることがある。薬物性高尿酸血症においても原発性と同様に尿酸産生過剰型,尿酸...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

高尿酸血症と心血管障害 第5回 高尿酸血症と虚血性心疾患

小島淳

高尿酸血症と痛風 Vol.24 No.1, 76-80, 2016

「はじめに」高尿酸血症は尿酸沈着症の病因であり,性・年齢を問わず,血清尿酸値が7.0mg/dLを超えるものと定義される1)。痛風などの尿酸塩沈着症は血清尿酸値を低下させることにより再発を防ぐこと...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

患者教育実践講座 第46回 高尿酸血症の患者にもすすめられる食品

森脇優司

高尿酸血症と痛風 Vol.24 No.1, 72-75, 2016

「はじめに」高尿酸血症の患者の食事療法としては,これまでプリン体,飲酒,果糖など控えるべき食品に主眼が置かれてきたが,最近では食生活に積極的に取り入れるとよいと考えられる食品についての研究もみら...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

特集 高尿酸血症ガイドラインの今後の動向 4.無症候性高尿酸血症の治療 5)心疾患の合併について Complication of heart disease

杉原志伸/山本一博/久留一郎

高尿酸血症と痛風 Vol.24 No.1, 65-71, 2016

「Summary」尿酸と心血管疾患の関連では,これまでの疫学研究で血清尿酸値の高値が心血管疾患の発症と関連することが報告されている。尿酸による心血管障害の機序として近年,尿酸トランスポーターの関...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

特集 高尿酸血症ガイドラインの今後の動向 4.無症候性高尿酸血症の治療 4)脂質異常症の合併について Dyslipidemia and asymptomatic hyperuricemia

藏城雅文

高尿酸血症と痛風 Vol.24 No.1, 61-64, 2016

「Summary」高尿酸血症患者における脂質異常症の合併率は約50%と非常に多い。そのなかでも超低比重リポ蛋白 (VLDL)の増加によるⅣ型脂質異常症が最も多い。一方,高中性脂肪血症患者における高...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

特集 高尿酸血症ガイドラインの今後の動向 4.無症候性高尿酸血症の治療 3)糖尿病の合併について Complication of diabetes mellitus

程継東/山本徹也

高尿酸血症と痛風 Vol.24 No.1, 56-60, 2016

「Summary」高尿酸血症と糖尿病の関連は多くの報告により,よく知られるようになってきたがその詳細はいまだ明らかではない。糖尿病の初期では高インスリン血症により,近位尿細管での尿酸の再吸収が亢...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

特集 高尿酸血症ガイドラインの今後の動向 4.無症候性高尿酸血症の治療 2)高血圧の合併について Treatment for an asymptomatic hyperuricemia with hypertension

大野岩男

高尿酸血症と痛風 Vol.24 No.1, 50-55, 2016

「Summary」ヒトの研究において,高尿酸血症は高血圧の発症と密接に関連することが明らかとなってきている。これをふまえて,以下に高血圧を合併した高尿酸血症患者の治療方針を示す。①高血圧合併高尿...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

特集 高尿酸血症ガイドラインの今後の動向 4.無症候性高尿酸血症の治療 1)CKDの合併について Hyperuricemia and CKD

細谷龍男/西尾信一郎

高尿酸血症と痛風 Vol.24 No.1, 44-49, 2016

「Summary」高尿酸血症と慢性腎臓病(CKD)の関連は多くの疫学的研究で示されている。そして,高尿酸血症による腎障害の発症機序はJohnsonらによる高尿酸血症モデルラットを用いた研究でかな...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

特集 高尿酸血症ガイドラインの今後の動向 3.高尿酸血症の治療―特に薬物療法について― Treatment for Hyperuricemia─especially on pharmacological treatment─

山本徹也

高尿酸血症と痛風 Vol.24 No.1, 40-43, 2016

「Summary」痛風における高尿酸血症は血清尿酸値を6mg/dL以下に下げ,これを長期間持続することにより,痛風発作の発症を防ぐことができる。生活習慣の改善により血清尿酸値を低下させることはか...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

特集 高尿酸血症ガイドラインの今後の動向 2.痛風発作の治療 2)今後の展望―FORTUNE-1の臨床研究をふまえて― Future prospects for gout flame treatment ─based on FORTUNE-1 Clinical study

山本徹也

高尿酸血症と痛風 Vol.24 No.1, 35-39, 2016

「Summary」痛風発作の治療にはコルヒチン,NSAIDs,およびステロイドが用いられる。日本の『高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン』では痛風発作の前兆期では少量のコルヒチン,発作時は常用量の...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

特集 高尿酸血症ガイドラインの今後の動向 2.痛風発作の治療 1)わが国のガイドラインと他国のガイドラインとの違い Difference of guidelines for treatment of acute gouty arthritis between Japan and other countries

藤森新

高尿酸血症と痛風 Vol.24 No.1, 30-34, 2016

「Summary」痛風関節炎(痛風発作)は数ある関節炎のなかでもその痛みは激烈で,発症すると患者の日常生活は著しく制限されるため,できるだけ早期に非ステロイド抗炎症薬(NSAID)を常用量の2~...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

特集 高尿酸血症ガイドラインの今後の動向 1.尿酸の基礎 3)病型分類の新展開 Next development in the classification of hyperuricemia

津谷寛/大槻希美

高尿酸血症と痛風 Vol.24 No.1, 24-29, 2016

「Summary」高尿酸血症の病型分類はその病因・病態の理解,診断,治療の選択,生活指導を実施するうえで重要である。近年,尿酸代謝に関する基礎研究,あるいは臨床検査における基準範囲設定法の導入な...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

特集 高尿酸血症ガイドラインの今後の動向 1.尿酸の基礎 2)近年の生活習慣の変化と血清尿酸 Recent change in life style and serum uric acid

谷口敦夫

高尿酸血症と痛風 Vol.24 No.1, 17-23, 2016

「Summary」ある集団の血清尿酸値は生活習慣や時代の変遷とともに変化する可能性がある。日本では高尿酸血症の割合は最近の調査では下降する傾向がある。年齢別の高尿酸血症の割合においては,従来から...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

特集 高尿酸血症ガイドラインの今後の動向 1.尿酸の基礎 1)非解離尿酸(uric acid)と解離尿酸(urate)による高尿酸の病態 Pathologic condition due to uric acid and urate in gout

清水徹

高尿酸血症と痛風 Vol.24 No.1, 10-16, 2016

「Summary」尿酸はpKa(解離指数)が5.75の弱酸である。非解離尿酸(uric acid)はpHの上昇に伴って解離尿酸(urate)に転換してゆき,pH 5.75で両者は平衡状態になる。pH...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す