• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2018/02/19

レジデントからのQ&A 進行再発胃癌に対する2次治療以降の推奨されるレジメンについて教えてください

三梨桂子/廣中秀一

胃がんperspective Vol.9 No.3, 44-46, 2017

進行再発胃癌に対する2次化学療法について,胃癌治療ガイドライン第4版1)では,「無治療(BSC)群や薬剤間の比較試験において,延命効果や良好な成績が得られたことから,全身状態が良好な症例では二次...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/02/19

臨床試験紹介 JCOG0110上部進行胃癌に対する胃全摘術における脾合併切除の意義に関するランダム化比較試験

佐野武

胃がんperspective Vol.9 No.3, 54-56, 2017

試験の注目点:上部の進行胃癌に対して胃全摘術を行う際,脾門部リンパ節(No.10)および脾動脈リンパ節(No.11)を郭清する目的で,古くから脾摘あるいは膵脾合併切除が行われてきた。この意義に関...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2018/02/19

エキスパートの治療法―症例から考える― 胃癌に対する膵頭十二指腸切除術について

和田剛幸/片井均

胃がんperspective Vol.9 No.3, 34-37, 2017

年齢・性別:68歳,女性主訴:心窩部不快感現病歴:高血圧にて近医受診中。以前より時々上記主訴を自覚し,他院を受診し上部消化管内視鏡検査を施行。胃角部小彎に3型腫瘍を認め,生検でGroup5,po...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/02/19

State of the art(胃がんperspective) 術後の体重減少と抗がん剤のコンプライアンス

今村博司/川瀬朋乃/広田将司/長瀬博次/岩澤卓

胃がんperspective Vol.9 No.3, 22-27, 2017

胃癌根治術後の体重減少は骨格筋の喪失を伴いQOL を低下させる。しかし最近になって,実はそれだけではなく,体重減少は術後補助化学療法における抗がん剤のコンプライアンスに強く影響することが明らかにな...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/02/19

State of the art(胃がんperspective) スキルス胃癌に対する分子標的治療の展開

八代正和

胃がんperspective Vol.9 No.3, 16-21, 2017

代表的な難治癌であるスキルス胃癌は,明らかな腫瘤を形成せず癌細胞が豊富な線維組織増生を伴いながら広範囲びまん性に増殖・浸潤する硬い癌である。スキルス胃癌は胃癌全体の7%,進行胃癌の15% 程度であ...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/02/19

私と胃癌 第4回 胃癌の腫瘍外科学の温故創新を求めて―敬天究理―

愛甲孝

胃がんperspective Vol.9 No.3, 58-63, 2017

「温故創新」,「敬天究理」,いずれも私の造語である。温故知新でなく創新と強調したのは,癌治療における腫瘍外科学に関する先人の成し遂げた偉業を学び,さらに新たな知見を創造し発展させたいとの私どもの...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/02/19

文献紹介 Magnifying narrow-band imaging (M-NBI,NBI併用拡大内視鏡)のスクリーニング内視鏡におけるM-NBI診断の有用性と限界:前向き多施設研究 Yao K, et al. Gastric Cancer. 2014; 17: 669-79.

八尾建史

胃がんperspective Vol.9 No.3, 50-53, 2017

われわれは以前,M-NBIの通常観察に対する優越性を報告した1)。その研究の限界は,ハイリスク群を対象としていることであり,一般のスクリーニング内視鏡ではないことであった。また,大きさが1cm以...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/02/19

文献紹介 StageⅠ胃癌に対する腹腔鏡下・開腹幽門側胃切除術の安全性を比較した第Ⅲ相試験―KLASS-01試験の短期成績― Kim W, et al. Ann Surg. 2016; 263: 28-35.

幕内梨恵/寺島雅典

胃がんperspective Vol.9 No.3, 48-49, 2017

胃癌に対する腹腔鏡下幽門側胃切除術(LADG)は1994年に本邦から初めて報告された術式であり,いまや日本や韓国で広く行われている。安全性や根治性を評価した大規模なランダム化比較試験(RCT)は...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/02/19

内視鏡手技の解説―臨床のコツとテクニック― OTSC使用のコツとテクニック

小野裕之

胃がんperspective Vol.9 No.3, 38-43, 2017

わが国で開発された,早期胃癌に対するESD(粘膜下層剥離術:Endoscopic Submucosal Dissection)は,初めて報告されてからすでに20年近く経過し,標準的な治療となった1)...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/02/19

専門医のためのアトラス 腹腔洗浄細胞診

坂谷貴司/内藤善哉

胃がんperspective Vol.9 No.3, 28-32, 2017

腹腔洗浄細胞診では,悪性細胞として低分化な腺癌細胞が出現する頻度が高い。したがって,ごく少数含まれる腫瘍細胞を見落とさないことや,鑑別を要するマクロファージや中皮細胞などの細胞像を認識しておくこ...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/02/19

座談会(Round Table Discussion) ゲノム解析によって胃癌診療はどのように変わるか

安井弥/石川俊平/牛島俊和/落合淳志

胃がんperspective Vol.9 No.3, 5-14, 2017

次世代シーケンサー(Next generation sequencing;NGS)の登場によって,全ゲノム領域の変異,コピー数異常などが比較的容易に解析できるようになり,癌治療は臓器別の治療から,バ...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/24

Catch Up 分子生物学 抗EGFR抗体薬の耐性メカニズムと今後の展望について

上田正射/水島恒和/土岐祐一郎/森正樹

大腸がんperspective Vol.3 No.3, 52-57, 2017

癌の特定の遺伝子に対する分子標的治療薬の研究が進んでいるなか,大腸癌において抗EGFR抗体薬はKRAS野生型症例の予後を改善することが示されている。しかし,一時的に腫瘍抑制効果を認めるものの,ほ...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2018/01/24

画像診断との対比で学ぶ大腸疾患アトラス 胃と腸の腺腫 ―同質性と異質性―

西村聡/市川一仁/河野孝一朗/西上隆之/八隅秀二郎

大腸がんperspective Vol.3 No.3, 4-8, 2017

腸腺腫と類似病変は管状腺腫,管状絨毛腺腫,絨毛腺腫(類語ではあるが臨床像が異なる絨毛腫瘍という呼称もある。用語としての同質性と異質性を理解する必要がある)に病理組織像として分類される。まず特殊型...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/24

Catch Up 分子生物学 Dclk1:新規がん幹細胞マーカーとしての可能性

牧野俊一郎/高橋秀和/原口直紹/西村潤一/畑泰司/水島恒和/山本浩文/土岐祐一郎/森正樹

大腸がんperspective Vol.3 No.3, 46-51, 2017

腫瘍には正常な組織の幹細胞と同様にがん幹細胞が存在し,がん幹細胞から腫瘍が発生・進行するというがん幹細胞仮説が提唱されている。これまで大腸がんのがん幹細胞のマーカーとして多数の候補が報告されてき...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/24

State of the art 大腸T1(SM)癌に対する内視鏡診療の現状と将来展望 大腸T1(SM)癌に対する内視鏡治療の将来展望

田中信治/朝山直樹/田丸弓弦/住元旭/平野大樹/二宮悠樹/鴫田賢次郎/林奈那/岡志郎/茶山一彰

大腸がんperspective Vol.3 No.3, 39-44, 2017

『大腸癌治療ガイドライン医師用2014年版』には,「内視鏡的摘除標本がpT1(SM)癌であった場合,組織学的検索で,(1)SM浸潤度1,000μm以上,(2)脈管侵襲陽性,(3)低分化腺癌,印環...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/24

State of the art 大腸T1(SM)癌に対する内視鏡診療の現状と将来展望 大腸T1(SM)癌に対する内視鏡治療の将来展望(外科医の立場から)

上野秀樹/神藤英二/梶原由規/長谷和生

大腸がんperspective Vol.3 No.3, 34-38, 2017

近年の内視鏡領域の診断・治療技術の発展は著しく,特に大腸ESDの普及は内視鏡治療の適応拡大の議論の源となっている。一方,大腸pT1癌の治療の原則はリンパ節郭清を伴う腸切除であり,過度の適応拡大は...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/24

State of the art 大腸T1(SM)癌に対する内視鏡診療の現状と将来展望 局在によるT1(SM)癌の悪性度の差異

池松弘朗/依田雄介/大野康寛/金子和弘

大腸がんperspective Vol.3 No.3, 29-33, 2017

大腸pT1癌における同時性リンパ節転移の頻度は約10%と低く,不必要なリンパ節郭清を伴う外科的手術を少なくするためにも,同時性リンパ節転移の危険因子の検討が多く報告され,①乳頭腺癌・管状腺癌,②...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/24

State of the art 大腸T1(SM)癌に対する内視鏡診療の現状と将来展望 大腸T1(SM)癌外科手術の治療成績

小林宏寿/杉原健一

大腸がんperspective Vol.3 No.3, 23-28, 2017

大腸T1(SM)癌は早期癌に分類されるものの,リンパ節転移や血行性転移を有する症例もあるため,適切な治療が求められる。一部の大腸T1癌については内視鏡治療(粘膜切除術や粘膜下層剥離術)の適応とな...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/24

State of the art 大腸T1(SM)癌に対する内視鏡診療の現状と将来展望 大腸pT1b癌リンパ節転移リスク層別化と病理診断精度管理の問題点

味岡洋一

大腸がんperspective Vol.3 No.3, 18-22, 2017

pT1b癌のリンパ節転移率は,追加リスク因子(低分化腺癌・印環細胞癌・粘液癌,脈管侵襲陽性,簇出Grade 2/3)の有無で2群に層別化される可能性が示された。追加リスク因子がないもののリンパ節転...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/24

大腸癌化学療法のトピックス 国際学会における大腸癌化学療法のトピックス

町田望

大腸がんperspective Vol.3 No.3, 66-69, 2017

昨年1月21日~ 1月23日まで米国臨床腫瘍学会Gastrointestinal Cancers Symposium (ASCO GI2016)がサンフランシスコで開催されました。消化器癌全体でみますと,...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す