• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2018/02/09

Event Report APSTH2016 台湾大会見聞録

尾崎由基男

Frontiers in Haemophilia Vol.4 No.2, 46-48, 2017

第9回アジア太平洋血栓止血学会(Asian-Pacific Society on Thrombosis and Hemostasis ; APSTH)は2016年10月6日より9日まで台湾の台北国際会議センタ...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/23

Current Words 女性の健康にまつわる新語辞典 ②加齢臭

合津陽子

WHITE Vol.5 No.1, 86-87, 2017

男女ともに40代以降に特徴的な体臭で,青臭さと脂臭さが混ざったにおい.皮脂中不飽和脂肪酸の酸化分解により発生する2-ノネナールが特徴成分である.

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/23

THINK ABOUT WOMEN 女性について考える 女性の対応力

本川裕

WHITE Vol.5 No.1, 88-94, 2017

女性の対応力を考えるに当たっては,まず,人類学的な視点における男女の能力差を踏まえておく必要がある.身体の大きさ,また,重いものを持ち上げたり,速く走ったりする身体能力においては,男性が女性を上...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/23

Current Words 女性の健康にまつわる新語辞典 ①オーソライズド・ジェネリック

大谷道輝

WHITE Vol.5 No.1, 84-85, 2017

オーソライズド・ジェネリックは先発医薬品のメーカーが特許を許諾し,同じ原薬,添加物,製法で製造されているジェネリック医薬品である.

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/19

循環器疾患研究を支えた人々 「笠貫 宏」

田中徹

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.3, 78-80, 2017

【はじめに】笠貫宏先生が日本の循環器学に貢献された功績はとても大きい。循環器学,特に不整脈領域における基礎から臨床,そして社会活動においては日本の指導的役割を果たされ,現在の発展を支えたといって...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/19

リレーエッセイ:MENTORING―Message to Next Generation 改革が求められる医学教育

矢﨑義雄

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.3, 84-85, 2017

そもそも医学教育は,医学・医療の進歩に伴って改革しなければ,社会と時代のニーズに応えることができない。欧米,特に米国では5年ごとに医学教育のカリキュラムをはじめ大きな改革が実施されている。ところ...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/19

循環器疾患研究を支えた人々 「渥美和彦」

井街宏

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.3, 81-83, 2017

渥美和彦先生(以下,渥美)は1929年大阪府に生まれ,旧制北野中学校,第三高等学校を経て東京大学医学部に入学した。1955年からは木本外科に入局し,ここで人工心臓の研究に取り組むことになる。渥美...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/19

リレーエッセイ:MENTORING―Message to Next Generation 米国でのインターン生活―Dr.Kuからいただいた恩義

神原啓文

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.2, 70-71, 2017

2016年秋,中国の浙江省医療介護国際学術フォーラムに招聘され,旧交を温める機会を得ましたが,かつて米国で大変お世話になったKu先生の恩義を思い出します。私は神奈川県にあった米国陸軍病院でインタ...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/10

特集 骨免疫学の進歩が変える骨関節疾患アプローチ Ⅳ.骨免疫学と新たな治療への展望 4.iPS細胞を用いた骨格系難病研究

吉富啓之/戸口田淳也

THE BONE Vol.31 No.2, 101-105, 2017

疾患特異的iPS細胞とは,特定の疾患に罹患した患者の体細胞より樹立された多能性幹細胞である.iPS細胞からそれぞれの疾患の原因となっている細胞・組織を分化誘導し,in vitro で病態を再現するこ...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/10

特集 骨免疫学の進歩が変える骨関節疾患アプローチ Ⅳ.骨免疫学と新たな治療への展望 3.骨髄由来間葉系幹細胞を用いた骨関節疾患治療

田中良哉

THE BONE Vol.31 No.2, 95-100, 2017

間葉系幹細胞は,骨芽細胞・骨細胞,軟骨細胞,筋細胞,脂肪細胞などの関節を構成する中胚葉系細胞に分化する多能性幹細胞であり,顕著な自己増殖能,複製能を有する.また,容易に採取可能で,強力な免疫抑制...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/10

特集 骨免疫学の進歩が変える骨関節疾患アプローチ Ⅳ.骨免疫学と新たな治療への展望 2.骨関節疾患の遺伝子ハンティング

坂上沙央里/岡田随象

THE BONE Vol.31 No.2, 89-94, 2017

ゲノム配列の解読技術と統計解析技術は近年飛躍的な進歩を遂げており,多くの疾患の原因遺伝子が次々に発見されている.本稿では代表的な骨関節疾患を取り上げ,ゲノム解析が解き明かしてきた病態と今後の展望...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/10

ホネのかたち 骨を見る立ち位置(4)-土を掘る道具-

遠藤秀紀

THE BONE Vol.31 No.2, 107-110, 2017

肩の全容を語りつつある.外側面から肩甲骨のスペックの見立て方に話を進めているところだ.肩甲棘が肩甲骨外側面を棘上窩,棘下窩に分ける.その両窩が前肢遠位部を動かす筋肉を付着させる.それゆえ,肩甲棘...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/10

MEDICAL EYE キンギョ鱗の骨組織研究への応用

池亀美華/服部淳彦/鈴木信雄

THE BONE Vol.31 No.2, 3-8, 2017

魚類の鱗の起源は古生代初期の甲皮類の外骨格であるといわれ,鱗組織には哺乳類の骨組織との共通点が多く認められることから,我々はこれまで鱗の骨組織研究への応用を試みてきた.本稿ではキンギョの鱗につい...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/10

ホネのかたち 骨を見る立ち位置(3)-肩と重量-

遠藤秀紀

THE BONE Vol.31 No.1, 105-109, 2017

先回から肩甲骨のかたちを考え始めている1).特に外側観をもとに,肩甲棘,そしてそれによって分けられる棘上窩,棘下窩の意味を論点とした.前半身に体重の過半を集める哺乳類なら,肩甲骨を二,三の観点か...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/14

一目でわかるクリニカルレシピ 胃がん術後の食事

窪田寿子/柾岡沙梨/遠藤陽子/市川和子

Pharma Medica Vol.35 No.5, 88-91, 2017

日本では、毎年約10万人が胃がんを発症しています。罹患者数では第2位となっており、特に50歳以上の男性に多い傾向です。胃がんの治療方法は、胃カメラによる内視鏡的粘膜切除、腹腔鏡手術の導入など低侵...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/14

一目でわかるクリニカルレシピ 変形性関節症の食事

長谷川徹/堀尾佳子/本多唯/遠藤陽子/市川和子

Pharma Medica Vol.35 No.6, 68-71, 2017

変形性関節症(OsteoArthritis;OA)は、膝や足の付け根・肘・肩などの関節に痛み・腫れなどの症状がみられ、様々な原因により関節の変形をきたす病気の総称です。男女比・発症年齢については...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/14

文学にみる病いと老い 第99回 「ゴリオ爺さん」バルザック

長井苑子/泉孝英

Pharma Medica Vol.35 No.6, 88-93, 2017

京都に生まれて,そのまま暮らしていても,外来診療を中心に日々を重ねていると,千年の都,京都の人間模様,社会の構造(しくみ)というものは本当のところわからない。私が勤務している中京区三条高倉の中央...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/13

Culture in Psychiatry 国を追われるのは年老いた者か,それとも道を踏み外した者か ―ノーカントリー―

小澤寛樹

精神科臨床 Legato Vol.3 No.3, 46-47, 2017

国会での答弁を聞いていて,質疑に応じる話者の落ち着き払った態度にある種の感銘を受けることがあります。とある国の指導者の演説での話しぶりに思わず引き込まれて聞いてしまうこともあります。ところが後で...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/13

Culture in Psychiatry 変えられないものを受け入れる平静さの果てに ―リービング・ラスベガス―

小澤寛樹

精神科臨床 Legato Vol.3 No.2, 52-53, 2017

私の仲間にも,職場のデスクの引き出しにいつも“それ”を忍ばせている方がいます。なくなると落ち着かないようで,絶えず切らさないように買い足しては,誰かに見咎められないようにこっそりちびちび口に運ん...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

FORUM ①第50回日本てんかん学会学術集会:メディカルスタッフセッション(JEPICAコラボセッション) てんかん診療における多職種の人材育成

Epilepsy Vol.11 No.1, 35-41, 2017

1. 院内認定てんかん専門医療者制度と育成/杵渕絵美2. てんかん看護における中堅看護師育成の現状と課題~現場で学び育てること/山口規公美3. 脳波技師の育成/神一敬/中里信和4. 言語聴覚士の育成/漆...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す