• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2017/09/14

一目でわかるクリニカルレシピ 胃がん術後の食事

窪田寿子/柾岡沙梨/遠藤陽子/市川和子

Pharma Medica Vol.35 No.5, 88-91, 2017

日本では、毎年約10万人が胃がんを発症しています。罹患者数では第2位となっており、特に50歳以上の男性に多い傾向です。胃がんの治療方法は、胃カメラによる内視鏡的粘膜切除、腹腔鏡手術の導入など低侵...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/14

一目でわかるクリニカルレシピ 変形性関節症の食事

長谷川徹/堀尾佳子/本多唯/遠藤陽子/市川和子

Pharma Medica Vol.35 No.6, 68-71, 2017

変形性関節症(OsteoArthritis;OA)は、膝や足の付け根・肘・肩などの関節に痛み・腫れなどの症状がみられ、様々な原因により関節の変形をきたす病気の総称です。男女比・発症年齢については...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/14

文学にみる病いと老い 第99回 「ゴリオ爺さん」バルザック

長井苑子/泉孝英

Pharma Medica Vol.35 No.6, 88-93, 2017

京都に生まれて,そのまま暮らしていても,外来診療を中心に日々を重ねていると,千年の都,京都の人間模様,社会の構造(しくみ)というものは本当のところわからない。私が勤務している中京区三条高倉の中央...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/13

Culture in Psychiatry 国を追われるのは年老いた者か,それとも道を踏み外した者か ―ノーカントリー―

小澤寛樹

精神科臨床 Legato Vol.3 No.3, 46-47, 2017

国会での答弁を聞いていて,質疑に応じる話者の落ち着き払った態度にある種の感銘を受けることがあります。とある国の指導者の演説での話しぶりに思わず引き込まれて聞いてしまうこともあります。ところが後で...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/13

Culture in Psychiatry 変えられないものを受け入れる平静さの果てに ―リービング・ラスベガス―

小澤寛樹

精神科臨床 Legato Vol.3 No.2, 52-53, 2017

私の仲間にも,職場のデスクの引き出しにいつも“それ”を忍ばせている方がいます。なくなると落ち着かないようで,絶えず切らさないように買い足しては,誰かに見咎められないようにこっそりちびちび口に運ん...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

FORUM ①第50回日本てんかん学会学術集会:メディカルスタッフセッション(JEPICAコラボセッション) てんかん診療における多職種の人材育成

Epilepsy Vol.11 No.1, 35-41, 2017

1. 院内認定てんかん専門医療者制度と育成/杵渕絵美2. てんかん看護における中堅看護師育成の現状と課題~現場で学び育てること/山口規公美3. 脳波技師の育成/神一敬/中里信和4. 言語聴覚士の育成/漆...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

てんかんからみる人物の横顔~異論異説のてんかん史~ 第21回 シェークスピアが描いたてんかん

松浦雅人

Epilepsy Vol.11 No.1, 49-53, 2017

シェークスピアの戯曲は,人並み外れた観察眼と鋭い洞察力により人物が生き生きと描かれ,現在なお多くの人々に感動を与えている.いくつかの戯曲の中で描かれているてんかんのある人やてんかん発作については...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

てんかん余話 ②島薗安雄

小島卓也

Epilepsy Vol.11 No.1, 56-58, 2017

島薗安雄先生は,76年間の生涯で実にたくさんの仕事をなさった.先生は,国立精神・神経センターの開設,精神保健法の制定,研究所の創設,学会の創設と育成,国際学会の開催,精神保健活動などさまざまな重...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

てんかん余話 ①佐野圭司

間中信也

Epilepsy Vol.11 No.1, 54-55, 2017

佐野圭司(1920年6月30日~2011年1月6日)は,静岡県富士宮市の出身で,1945年に東京大学を卒業後,第一外科に入局した1).1962年(昭和37年)に脳神経外科学講座初代教授に任ぜられ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

FORUM ②第50回日本てんかん学会学術集会 シンポジウム関連講演「てんかんと雇用」(Rupprecht Thorbecke先生)聴講記

中岡健太郎

Epilepsy Vol.11 No.1, 43-48, 2017

2016年10月9日,第50回日本てんかん学会学術総会(静岡)で行われたRupprecht Thorbecke先生によるてんかんと雇用についての講演を拝聴する機会に恵まれた.Thorbecke先生...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

てんかん臨床の窓から てんかんのある人が利用しやすいグループホーム

田所裕二

Epilepsy Vol.11 No.1, 32-34, 2017

てんかんがあっても安心して地域で暮らすための社会資源として,グループホームがあります.障害のある人や高齢の人を対象として,世話人などによる居宅支援や共同生活援助を目的に,地域のアパート,マンショ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

Special Articles(Epilepsy) ②てんかんとリカバリー

浪久悠/坂田増弘/大島真弓/渡辺雅子/平林直次

Epilepsy Vol.11 No.1, 13-18, 2017

2015年5月20日,世界保健機関(WHO)総会において,今後10 年間にわたり,てんかんの啓発,臨床,研究,創薬など,世界的な課題としててんかん対策に取り組んでいくという歴史的な決議がなされた....

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

特集 呼吸器疾患とマイクロバイオーム 基礎医学とのダイアローグ(2) 腸内細菌と動脈硬化

江本拓央/山下智也/平田健一

THE LUNG perspectives Vol.25 No.2, 68-72, 2017

動脈硬化と腸内細菌の関係については,trimethylamine-N-oxide(TMAO)という腸内細菌由来の代謝産物が動脈硬化を悪化させるということが報告され注目を集めている。また,我々は腸...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

特集 呼吸器疾患とマイクロバイオーム 基礎医学とのダイアローグ(1) 腸内細菌叢のバランスの乱れによるアレルギー性気道炎症の増悪

藤山聡/金倫基/渋谷彰

THE LUNG perspectives Vol.25 No.2, 63-67, 2017

近年,腸内細菌叢の乱れは炎症性腸疾患以外にも様々な疾患との関連性が指摘されている。しかし,どのような機序により腸内細菌叢の乱れが生体内に影響を及ぼしているのか,明らかにされていない点は多い。我々...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

特集 呼吸器疾患とマイクロバイオーム 高齢者肺炎とマイクロバイオーム

賀来敬仁/栁原克紀

THE LUNG perspectives Vol.25 No.2, 59-62, 2017

我が国では高齢化の進行に伴って肺炎の死亡者数が増加している。高齢者での肺炎では,口腔・咽頭分泌物を微量に誤嚥する不顕性誤嚥が関与する誤嚥性肺炎が多い。そのため,高齢者における誤嚥性肺炎ではその発...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

特集 呼吸器疾患とマイクロバイオーム 肺癌とマイクロバイオーム

冨田秀太

THE LUNG perspectives Vol.25 No.2, 55-58, 2017

現在までのところ,肺癌における細菌叢の解析はほとんど報告がないものの,近年,肺癌患者と良性疾患患者の気管支肺胞洗浄液(BALF)を解析対象に,門(phyla)レベルおよび属(genus)レベルで...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

特集 呼吸器疾患とマイクロバイオーム 間質性肺炎とマイクロバイオーム

小林哲/ガバザ エステバン

THE LUNG perspectives Vol.25 No.2, 51-54, 2017

特発性間質性肺炎のうち,特に特発性肺線維症(IPF)は予後不良であり,その病態も不明な点が多く,根本的な治療法がない疾患である。最近の研究では,以前から研究がなされてきた腸疾患-細菌叢の関連以外...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

特集 呼吸器疾患とマイクロバイオーム COPDとマイクロバイオーム

青木信将/菊地利明

THE LUNG perspectives Vol.25 No.2, 47-50, 2017

16S リボソームRNA(rRNA)遺伝子の解析や次世代シークエンサーを用いたメタゲノム解析により,慢性閉塞性肺疾患(COPD)においてもマイクロバイオーム研究で多くの成果が得られてきている。CO...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

特集 呼吸器疾患とマイクロバイオーム 喘息とマイクロバイオーム

加畑宏樹

THE LUNG perspectives Vol.25 No.2, 43-46, 2017

以前から,環境微生物への曝露が喘息などのアレルギー性疾患を抑制することが示唆されており,衛生仮説と呼ばれている。最近の研究により,微生物に含まれるエンドトキシンが気道上皮細胞におけるA20の発現...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

特集 呼吸器疾患とマイクロバイオーム 肺のマイクロバイオーム

三橋善哉

THE LUNG perspectives Vol.25 No.2, 37-42, 2017

培養を用いない最新の細菌検出技術によりこれまで無菌だと思われていた下気道が,生物多様性に富むことが明らかになってきた。肺にも細菌叢(マイクロバイオーム)が存在するのである。さらなる知見により健常...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す