• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2016/04/01

特集 内視鏡外科手術の現状と問題点 医療経済からみた内視鏡外科手術 Health economics and endoscopic surgery.

丸山嘉一/堀内雅代/幕内雅敏

Pharma Medica Vol.34 No.3, 49-53, 2016

「はじめに」近年,増加している内視鏡外科手術については,医療コストが高くなる反面,入院期間が短縮されるメリットがあるなど,その医療経済に及ぼす影響には無視できないものがある。本稿は,このような医...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

アジア精神医学世界大会(WCAP) 日本の救急施設における自殺未遂者と既遂者の自殺企図手段の比較 WCAP 2015 サルトリウスアワード(2015年)

衞藤暢明

DEPRESSION JOURNAL Vol.4 No.1, 34-35, 2016

「救命救急センターに搬送された自殺企図者に可能な限り介入」福岡大学病院の救命救急センターは三次救急を担っており,年間50~70人の自殺企図者が搬送されてきます.そのうち約70%が未遂者ですが,救...

⇒全文を見る

category06.gif category13.gif

2016/04/01

臨床最前線(DEPRESSION JOURNAL) 医療法人静心会桶狭間病院 藤田こころケアセンター

藤田潔

DEPRESSION JOURNAL Vol.4 No.1, 18-21, 2016

「藤田先生のこれまでの歩みを教えてください.」私はもともと遺伝子の基礎研究をしており,当院を開設した父・藤田啓介の勧めで精神科の道に入りました.当時の精神科といえば,病棟の窓には鉄格子がはめられ...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

Summing Up(Frontiers in Glaucoma) 緑内障の手術

芝大介

Frontiers in Glaucoma No.51, 36-43, 2016

「はじめに」緑内障では,眼圧依存性に不可逆性の視神経障害により視機能が低下する.それを直接阻止する手段は現状ではなく,眼圧下降が緑内障治療に関する唯一の確立した治療法である.十分に眼圧がコントロ...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

Glaucoma Expert Discussion 緑内障から視野を守るための生活指導

谷原秀信/相原一/稲谷大/結城賢弥

Frontiers in Glaucoma No.51, 19-26, 2016

「積極的に緑内障治療に向き合ってもらうための指導ポイント」谷原(司会):高齢社会となったわが国では健康寿命への関心が一段と高まっており,QOL(生活の質)を保つためにもQOV(視覚の質:qual...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

特集 内視鏡外科手術の現状と問題点 泌尿器腹腔鏡手術 Urologic laparoscopic surgery.

石川晃

Pharma Medica Vol.34 No.3, 27-31, 2016

「はじめに」内視鏡外科の歴史は,1983年に産婦人科医のSemmが腹腔鏡下に虫垂を切除したことに始まる1)。外科医が胆囊摘除に腹腔鏡を用い始めたのが1980年代の後半2)3),泌尿器科医がさまざ...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

特集 内視鏡外科手術の現状と問題点 肝胆膵内視鏡外科手術 Current status and problem for laparoscopic hepato-biliary-pancreatic surgery.

清水哲也/中村慶春/水口義昭/谷合信彦/野村務/内田英二

Pharma Medica Vol.34 No.3, 23-26, 2016

「はじめに」内視鏡手術の手技の向上と機器の発展により,腹腔鏡下肝胆膵手術は近年広く普及してきている。肝胆膵領域の腹腔鏡手術としては,1987年にMouretが腹腔鏡下胆囊摘出術を世界ではじめて報...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

特集 内視鏡外科手術の現状と問題点 上部消化管内視鏡外科手術 Current status of the endoscopic surgery for upper gastrointestinal malignant diseases.

柴崎晋/須田康一/宇山一朗

Pharma Medica Vol.34 No.3, 13-16, 2016

「はじめに」国内における上部消化管外科領域の内視鏡外科手術施行件数は,機器の充実化や手技の保険収載,認知度の向上などにより,近年飛躍的に増加している1)。内視鏡外科手術の利点は低侵襲性にあり,創...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

特集 内視鏡外科手術の現状と問題点 内視鏡外科手術用機器の技術の進歩と医工連携 Technology advancement for endoscopic surgery device and medical-industrial partnership.

櫻井友尚

Pharma Medica Vol.34 No.3, 45-48, 2016

「はじめに」1990年初頭から本格的に普及が始まった内視鏡外科手術は,現在ではさまざまな診療科の手術に応用されている。内視鏡外科手術用の関連機器も,機能・性能面で大きな進歩を遂げた。本術式は,体...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

特集 内視鏡外科手術の現状と問題点 内視鏡外科手術教育 Educational system for laparoscopic surgery.

渡邉武志/川口翔平/森俊幸

Pharma Medica Vol.34 No.3, 39-42, 2016

「Ⅰ.内視鏡手術の浸透と発展」1987年フランスではじめてビデオ腹腔鏡下胆囊摘出術が施行され,瞬く間に世界中に広がっていった。日本においても1990年になり第1例が施行され1),1992年には腹...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

特集 内視鏡外科手術の現状と問題点 産婦人科内視鏡外科手術 Laparoscopic surgery in obstetrics and gynecology.

菊地盤

Pharma Medica Vol.34 No.3, 33-37, 2016

「はじめに」産婦人科診療は,以下の4つの分野に分けられる。腫瘍(主に癌治療など),生殖・内分泌(月経異常や不妊治療),周産期(妊娠・分娩),そして,女性のヘルスケア(更年期障害や子宮脱,生涯にわ...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

特集 内視鏡外科手術の現状と問題点 下部消化管内視鏡外科手術 Laparoscopic surgery for colorectal cancer.

須並英二/天野隆皓/赤井隆司/豊島明

Pharma Medica Vol.34 No.3, 17-22, 2016

「はじめに」歴史的には,腹腔鏡下大腸切除術はJacobらにより1991年に世界ではじめて報告され,わが国では1993年に渡邊らにより報告がなされた。以来,低侵襲手術実践のための手技として注目され...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

特集 内視鏡外科手術の現状と問題点 内視鏡外科手術の最新動向 The trend of endoscopic surgery.

岩下幸雄/猪股雅史/北野正剛

Pharma Medica Vol.34 No.3, 9-12, 2016

「はじめに」内視鏡外科手術は,わが国においては1990年に導入され,その後目覚ましい発展を遂げた。一般的に,内視鏡外科手術は,そのカウンターパートである開腹術や開胸術などと比較して,術後疼痛,術...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

特集 内視鏡外科手術の現状と問題点 特集にあたって Introduction.

幕内雅敏

Pharma Medica Vol.34 No.3, 7-8, 2016

本特集では内視鏡外科手術を取り上げた。1983年Semmが腹腔鏡下虫垂切除をはじめて行い,その後良性疾患を中心にさまざまな領域で臨床応用がなされてきた。わが国では1990年山川らの腹腔鏡下胆囊摘...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2016/03/04

Case Report 今日の一例 脳梗塞とくも膜下出血を繰り返した中枢神経アスペルギルス症の一剖検例

日野天佑/吉村壮平/池田善彦/植田初江/豊田一則

脳と循環 Vol.21 No.1, 57-62, 2016

「症例のポイント」アテローム血栓性脳梗塞と考え内科治療を行ったにもかかわらず,脳梗塞とくも膜下出血を繰り返し,突然の心肺停止により死亡した.入院時は明らかな感染徴候がなかったが,病歴上,発症の半...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/03/04

特集 脳卒中に対する新たな脳血管内治療デバイスの位置づけ 脳動脈瘤に対する血管内治療における抗血栓療法 Antithrombotic therapy in endovascular treatment for cerebral aneurysm

山上宏

脳と循環 Vol.21 No.1, 51-56, 2016

「SUMMARY」未破裂脳動脈瘤のコイル塞栓術において,術前からの抗血小板療法が一般的に行われており,瘤の形状や治療手技に応じて単剤もしくは2剤併用療法(DAPT)が選択される.ステント併用コイ...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/03/04

特集 脳卒中に対する新たな脳血管内治療デバイスの位置づけ 内頸動脈巨大脳動脈瘤に対するコイル塞栓術とflow diverter Coil embolization and flow diverter treatment for giant aneurysms in the internal carotid artery

石井暁

脳と循環 Vol.21 No.1, 43-49, 2016

「SUMMARY」内頸動脈巨大脳動脈瘤に対するflow diverter治療は,順行性血流を温存できる根治性に優れた治療である.一方,動脈瘤の完全閉塞には通常数ヵ月程度を要し,その間の破裂予防効果...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/03/04

特集 脳卒中に対する新たな脳血管内治療デバイスの位置づけ 内頸動脈巨大脳動脈瘤に対するバイパス術を併用した外科治療 Bypass and parent artery occlusion for giant internal carotid artery aneurysms

柳澤俊晴/清水宏明

脳と循環 Vol.21 No.1, 39-42, 2016

「SUMMARY」内頸動脈巨大脳動脈瘤はクリッピング術や血管内塞栓術は困難であることが多く,何らかのバイパス術を併用した親動脈閉塞術が行われることが多い.その場合,親動脈閉塞の部位と閉塞時の脳循...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/03/04

特集 脳卒中に対する新たな脳血管内治療デバイスの位置づけ 開頭脳塞栓摘出術から学ぶもの Surgical embolectomy : its role in endovascular era

井上智弘

脳と循環 Vol.21 No.1, 33-38, 2016

「SUMMARY」急性脳主幹動脈閉塞に対する治療はstent retrieverによる血管内治療が主流になる.しかし,塞栓が非常に大きい場合や近位の狭窄や蛇行によりデバイスが展開できない場合,血管...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/03/04

特集 脳卒中に対する新たな脳血管内治療デバイスの位置づけ 血栓回収療法のエビデンスと限界 Evidence and limitation of acute endovascular therapy for ischemic stroke

天野達雄

脳と循環 Vol.21 No.1, 27-31, 2016

「SUMMARY」2015年上半期に血栓回収療法の有効性が発表され,内科治療に血管内治療を追加することで通常の内科治療よりも90日後の転帰が良好であることが示された.この結果を踏まえ,欧米ではガ...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す