• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2016/08/25

欧州泌尿器科学会(EAU) 第31回欧州泌尿器学会議(EAU 2016)

橘田岳也

排尿障害プラクティス Vol.24 No.1, 74-78, 2016

「はじめに」今年の第31回欧州泌尿器学会議(31th Annual Congress of European Association of Urology;EAU 2016)は,3月11~15日の日程で,ドイツ...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/08/25

各種排尿・性機能スコアの妥当性 第13回 小児排泄問診票

兼松明弘/今村正明/上仁数義/碓井智子/吉村耕治

排尿障害プラクティス Vol.24 No.1, 66-72, 2016

「はじめに」夜尿症と昼間尿失禁に代表される小児の下部尿路症状(lower urinary tract symptoms;LUTS)の裾野は広い。夜尿症は6歳で10~15%に認められ,以後12歳までに漸...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/08/25

日本排尿機能学会 (第21回日本排尿機能学会賞)臨床部門 術前MRIにおける骨盤底所見は,前立腺全摘出術後尿禁制の予測因子となる

佐竹洋平

排尿障害プラクティス Vol.24 No.1, 80-82, 2016

「はじめに」前立腺全摘出術は,限局性前立腺癌における治療として広く行われていますが,尿失禁は重要な術後合併症の1つで,患者のQOLを低下させる原因となります1)。近年,ロボット腹腔鏡下前立腺全摘...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/08/25

特集 生活習慣病と下部尿路症状 生活習慣の改善は下部尿路症状の軽減につながるか

山西友典/加賀勘家/布施美樹

排尿障害プラクティス Vol.24 No.1, 60-64, 2016

生活習慣と下部尿路症状(lower urinary tract symptoms;LUTS)との関係においては種々の報告がある。LUTSに関係する生活習慣としては,体重増加,運動(不足),過剰な飲水,...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/08/25

特集 生活習慣病と下部尿路症状 運動習慣・食生活と下部尿路症状―コンチネンス・ウエルネスを目指して―

佐藤和佳子

排尿障害プラクティス Vol.24 No.1, 52-59, 2016

近年,下部尿路症状(lower urinary tract symptoms;LUTS)とメタボリック症候群とに関連があることが明らかとなっている。その予防のためには,内臓脂肪型肥満とならないよう,個...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/08/25

特集 生活習慣病と下部尿路症状 糖尿病と下部尿路症状

山本新九郎/清水翔吾/井上啓史/齊藤源顕

排尿障害プラクティス Vol.24 No.1, 45-51, 2016

糖尿病に付随する膀胱機能障害は19世紀中頃より知られており, 古典的には尿意の鈍麻・消失, 膀胱容量の増加, 排尿筋収縮力低下や残尿量の増加が知られている。近年の疫学調査で,糖尿病に付随する下部尿路機...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/08/25

特集 生活習慣病と下部尿路症状 高血圧と下部尿路症状

伊藤秀明

排尿障害プラクティス Vol.24 No.1, 39-44, 2016

近年,高血圧と下部尿路症状(lower urinary tract symptoms;LUTS)は深く関連することがわかってきた。交感神経機能亢進をきたし,蓄尿症状・排尿症状をともに引き起こす。利尿薬...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/08/25

特集 生活習慣病と下部尿路症状 脂質異常症と下部尿路症状

桝永浩一

排尿障害プラクティス Vol.24 No.1, 32-38, 2016

脂質異常症はメタボリック症候群の一病態であり,動脈硬化症に基づく脳血管疾患や虚血性心疾患の原因となるため,その危険因子数にて4段階にリスク分類され,それぞれの脂質管理目標に向けて生活習慣の改善,...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/08/25

特集 生活習慣病と下部尿路症状 メタボリック症候群と下部尿路症状

大垣憲司

排尿障害プラクティス Vol.24 No.1, 23-31, 2016

メタボリック症候群(metabolic syndrome;MetS)は「インスリン抵抗性,動脈硬化惹起性脂質代謝異常,血圧高値を個人に合併する心血管病易発症状態」と定義され,これらの危険因子の上流...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/08/25

特集 生活習慣病と下部尿路症状 疫学からみた生活習慣病と下部尿路症状

鳥本一匡/平山暁秀/藤本清秀

排尿障害プラクティス Vol.24 No.1, 14-22, 2016

奈良県で行われた大規模前向きコホート研究の結果を紹介する。夜間頻尿出現には,男性,肥満,排尿症状および過活動膀胱が,過活動膀胱出現には,男性,排尿症状およびうつ病が関連した。夜間排尿回数の増加は...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/08/25

特集 生活習慣病と下部尿路症状 特集に寄せて

横山修

排尿障害プラクティス Vol.24 No.1, 13, 2016

1997年,当時の厚生省が新しい疾患名称「生活習慣病」を導入した。高血圧や糖尿病は食生活や運動,喫煙,飲酒などがその発症と進行に関与するため,一次予防,すなわち健康増進と発病予防に重点を置いた対...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/08/25

Office Urologistsへのアンケート 生活習慣病とLUTS

吉田正貴

排尿障害プラクティス Vol.24 No.1, 6-11, 2016

下部尿路症状(lower urinary tract symptoms;LUTS)は蓄尿症状,排尿症状,排尿後症状など多彩であり,高齢化社会にともない有症率が高くなってきています。最近ではLUTSの発...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/08/10

SGLT・レッスン SGLT2阻害薬処方時の効果的な患者教育とは?

田島一樹/寺内康夫

DIABETES UPDATE Vol.5 No.3, 36-40, 2016

「はじめに」SGLT2阻害薬は,近位尿細管に存在する糖輸送体であるSGLT2を阻害することにより,近位尿細管からのグルコース再吸収を抑制し,尿中へのグルコース排出を促進する,これまでの糖尿病治療...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/07/21

Theme 分子標的薬を用いた周術期治療 (座談会)周術期治療における分子標的薬・免疫チェックポイント阻害薬の役割

山本信之/朴成和/高橋俊二/増田慎三

がん分子標的治療 Vol.14 No.2, 46-52, 2016

各種がん領域において,分子標的薬によって進行がんの治療成績は向上し,さらに免疫チェックポイント阻害薬の登場で,一部のがんでは生存延長も期待できるようになっている。進行がんでの有効性をもとに,これ...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/07/21

Theme 分子標的薬を用いた周術期治療 切除可能腎がんを対象とした分子標的治療 Molecular targeted drugs for resectable renal cell carcinoma

杉元幹史/筧善行

がん分子標的治療 Vol.14 No.2, 35-40, 2016

「SUMMARY」転移のない局所進行性腎がん(RCC)に対して,強い腫瘍縮小効果をもつ分子標的薬を術前に投与することの意義と妥当性を検討する。術前に腫瘍を縮小させることによって,手術侵襲の低減や...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

特集 内視鏡外科手術の現状と問題点 医療経済からみた内視鏡外科手術 Health economics and endoscopic surgery.

丸山嘉一/堀内雅代/幕内雅敏

Pharma Medica Vol.34 No.3, 49-53, 2016

「はじめに」近年,増加している内視鏡外科手術については,医療コストが高くなる反面,入院期間が短縮されるメリットがあるなど,その医療経済に及ぼす影響には無視できないものがある。本稿は,このような医...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

血管医学検査:基礎から臨床へ NO,ADMA(asymmetric dimethylarginine)

丸橋達也/木原康樹/東幸仁

血管医学 Vol.17 No.1, 87-93, 2016

「Summary」NOは,NOSの触媒によりL-アルギニンを基質として合成される.NOは抗動脈硬化的に作用し,血管の恒常性維持において重要な役割を果たしている.一方,ADMAはNOSの基質結合部...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

特集 再生医学と血管 再生組織に対する血管網付与

乾明敏/清水達也

血管医学 Vol.17 No.1, 33-40, 2016

「Summary」再生医療は,薬物療法や手術では治療できない,時には臓器移植や人工臓器を必要とする難治性疾患に対する治療法として,近年大きな進歩を遂げている領域である.今後,より高度な再生組織・...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

腎研究最前線―Up Date Nephrology 特異的な遺伝子改変動物の作製法(2)

石原仁毅/山本正道/柳田素子

Nephrology Frontier Vol.15 No.1, 62-66, 2016

「CRISPR/Cas」2012年8月,Charpentierらは,標的とするDNAと相補的な配列を含んだ短いRNA(single guide RNA:sgRNA)と,細菌由来の二本鎖DNA切断酵素...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

検尿ノススメ 第56回 ファブリー病におけるmulberry bodyおよびmulberry cellのモニタリングの有用性

横山貴/伊藤康/永田智

Nephrology Frontier Vol.15 No.1, 56-61, 2016

「はじめに」ファブリー病は,1898年にドイツの皮膚科医であるファブリー1)と英国の皮膚科医アンダーソン2)によって初めて報告されたライソゾーム病の1つである.ライソゾーム酵素の1つであるα-g...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す