• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2017/06/13

小特集 乳児血管腫 乳児血管腫に対するプロプラノロール療法中のリスクマネジメント

小関道夫/深尾敏幸

Pharma Medica Vol.34 No.12, 86-90, 2016

乳児血管腫(Infantile Hemangioma:IH)に対するプロプラノロール療法は,有効かつ安全な治療法として確立され,本邦でも承認販売されることとなった。本薬の成分であるプロプラノロール...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/13

小特集 乳児血管腫 乳児血管腫におけるβ遮断薬(プロプラノロール)の有用性

神人正寿

Pharma Medica Vol.34 No.12, 81-85, 2016

2008年の『New England Journal of Medicine』誌への報告を端緒として,近年乳児血管腫に対するβ遮断薬プロプラノロールの有効性が注目されるようになった。そのLea...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/13

小特集 乳児血管腫 乳児血管腫をめぐる世界と日本の潮流

佐々木了

Pharma Medica Vol.34 No.12, 77-80, 2016

乳児血管腫は血管内皮細胞の腫瘍性増殖を本態とし自然退縮を来す乳児特有の良性血管性腫瘍である。これまでwait and see policy が一般的であったが,消失は不完全で,経過中の合併症や後遺症が少...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/13

小特集 乳児血管腫 序―「乳児血管腫」小特集に向けて

五十嵐隆

Pharma Medica Vol.34 No.12, 76, 2016

小児の体表・軟部に血管腫や限局的血管拡張を示す病変の出現頻度は高く,新生児回診や乳幼児健診でしばしば問題となる。これまで,血管腫や血管性母班の用語は慣用的に用いられて混乱がみられたが,最近ではI...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/05

特集 がん免疫療法:最近の進歩と展望 免疫チェックポイント阻害薬の臨床:悪性黒色腫

山﨑直也

Pharma Medica Vol.34 No.10, 29-33, 2016

悪性黒色腫は抗原性の強い腫瘍として,以前から免疫療法の最も有望な対象として注目されていた。免疫を調整する抗体治療薬は,作用機序から①抑制性の共刺激分子を阻害するもの,と②...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/14

Scientific Meeting 注目演題 Pick up! 第34回日本美容皮膚科学会総会・学術大会

須賀康/林伸和/岡崎静/船坂陽子/佐伯秀久/江連智暢/天野聡/西山敏夫/松崎恭一/市原麻子/神人正寿/牧野貴充/福島聡/尹浩信

Bella Pelle Vol.1 No.2, 38-41, 2016

日本はこれまでも,痤瘡の治療に健康保険が使える世界的にもめずらしい国であったが,その内容は寂しいもので,抗菌薬の外用・内服,硫黄カンフル外用液などが治療の中心であった.しかしながら...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/13

Challenge! Skincare-meister スキンケア検定を解いてみる Lesson 2

川島眞

Bella Pelle Vol.1 No.2, 71-73, 2016

「Question 1」化粧品と医薬部外品について正しい記述を選びなさいA 化粧品は人体への作用が緩和であるが,医薬部外品は緩和ではないB 医薬部外品には予防と治療を目的とした製品があるC 薬用...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/13

Pitfall & Tips どう診る?どうする? 第2回 美白剤や光治療に反応しないソバカス

須賀康

Bella Pelle Vol.1 No.2, 67-69, 2016

「症例」20歳代後半の女性.5年ほど前から,両頬部にソバカス様の色素斑が多発するようになった(図1a,c).近医では雀卵斑と診断され,美白剤(4%ハイドロキノン)の外用と1カ月に一度の光治療(フ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/13

特集 保湿ケア Feature Articles 特集論文 1.敏感肌とは何か?

石田耕一

Bella Pelle Vol.1 No.2, 14-17, 2016

「1 はじめに」「敏感肌」という言葉は広く用いられるようになったが,その起源は20世紀半ばの敏感肌の洗浄についての議論まで遡る1).その後,1970年代にp-アミノ安息香酸誘導体を含有するサンス...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/13

特集 保湿ケア Round table discussion 座談会 知っておきたい保湿ケアの実際

川島眞/菊地克子/竹内かおり/野本真由美

Bella Pelle Vol.1 No.2, 6-13, 2016

潤いのある美しい肌を実現するために,保湿は最も大切な要素である.健康な肌であれば正常に働いている保湿機能であるが,疾患や炎症が起こっている場合は,当然その機能に支障が生じているため,肌状態を見極...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/13

美容皮膚科講義 第1回 コンビネーション治療

山田秀和

Bella Pelle Vol.1 No.2, 49, 2016

最近の美容皮膚科・美容外科では,容貌の修正にはコンビネーション療法が主流になりつつある.少なくとも,韓国や欧米の美容医学系の雑誌ではいろいろな機械や充填材(フィラー),ボツリヌス毒素注射剤(BT...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/13

BASIC COURSE 最新基礎講座 顔面の解剖学 第2回 骨と血管

古山登隆

Bella Pelle Vol.1 No.2, 34-37, 2016

加齢現象は筋肉,骨,皮下脂肪などの各組織の委縮が原因で起こる.本コーナーでは,顔面の解剖学として,「筋肉と神経」,「骨と血管」,「脂肪と靭帯」の3回に分けて,美容医療に携わる先生方に理解してほし...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/13

BP-Square インタビュー 頭皮の乾燥を科学する ─頭皮用保湿ローションの改善効果

川島眞

Bella Pelle Vol.1 No.2, 43-47, 2016

脂漏性皮膚炎やアトピー性皮膚炎,乾癬の患者では,頭皮にもそう痒や落屑,紅斑などがみられる.また,しばしば炎症症状は乏しいものの,かゆみと落屑がみられる.いわゆる「フケ症」を経験する.頭皮は皮脂腺...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/13

New Arrival Headline 新着文献ヘッドライン Paper No.2 ボツリヌス毒素注射,フィラー,エネルギーデバイスの組み合わせによる顔面の美容介入に関するコンセンサスリコメンデーション

根本美穂/山田秀和

Bella Pelle Vol.1 No.2, 51, 2016

「Abstract」背景:加齢プロセスは,顔面の複数の層にわたって,内在性・外来性因子が複雑に相互作用して進行する.そのため,複数の加齢症状を対象とした組み合わせによる美容介入は,単一療法よりも...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/13

New Arrival Headline 新着文献ヘッドライン Paper No.1 顔面注入剤の使用における人種・性差の考察アジア人の場合

村本睦子/山田秀和

Bella Pelle Vol.1 No.2, 50, 2016

「Abstract」背景:アジア人は,白人とは骨格や形態的特徴が違うため,顔面の特性も違う.加えて日焼け防止指数が高く,皮膚・軟部組織の質が違うため,加齢プロセスも大いに異なる.注入剤の使用で最...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/13

Troubleshooting 教えて! 診療トラブル解決法 第2回 混合診療に関するトラブル

野間自子

Bella Pelle Vol.1 No.2, 64-65, 2016

「保険診療と自由診療を同じ日にやっちゃいけないって本当なの?」友人医師にそう聞かれたものの……先日,皮膚科から美容皮膚科への参入を検討している友人医師に,混合診療について聞かれました.「保険診療...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/13

特集 保湿ケア Tell me, maestro マエストロに聞く 皮膚のバリア機能 ─バリア機能を理解して〈美肌〉をつくる

秋山真志

Bella Pelle Vol.1 No.2, 30-33, 2016

皮膚バリア機能の大部分は,皮膚表面にある角層が担っている.皮膚バリア機能の低下・障害は,皮膚の水分量を低下させ,肌のコンディションに悪影響を及ぼすだけでなく,アトピー性皮膚炎などの慢性皮膚疾患の...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/13

特集 保湿ケア Feature Articles 特集論文 Column 2.保湿剤はいつ塗るの?

大谷道輝

Bella Pelle Vol.1 No.2, 28-29, 2016

「1 皮膚外用剤の用法・用量」皮膚外用剤の添付文書における用法の記載は「1日1 ~数回」が約50%を占め,「1日数回」と合わせると70%に達する.用量に関してもタクロリムス水和物軟膏のように1日の...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/13

特集 保湿ケア Feature Articles 特集論文 Column 1.肌の正しい洗浄方法

慶田朋子

Bella Pelle Vol.1 No.2, 26-27, 2016

「1 洗浄の抱えるジレンマ」健康な皮膚を保つために欠かせないスキンケアの3本柱は,洗浄,保湿,光対策である.このうち,ファーストステップとなる洗浄の目的は,ウイルス,細菌,真菌,微生物,動植物,...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/13

特集 保湿ケア Feature Articles 特集論文 3.保湿のための化粧品成分

平尾哲二

Bella Pelle Vol.1 No.2, 22-25, 2016

「1 はじめに」 保湿はスキンケア化粧品の基本的な効能のひとつであるとともに,ドライスキンを伴う皮膚疾患の治療においても効果的である.角層は皮膚最外層に位置し,バリア機能,保湿機能という重要な役割...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す