• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2017/08/18

Cancer biology and new seeds 卵巣がんにおけるPD-1経路阻害薬

濵西潤三/万代昌紀/小西郁生

がん分子標的治療 Vol.14 No.4, 70-76, 2016

進行卵巣がんに対しては,プラチナ製剤やタキサン系製剤の登場により腫瘍減量を目的とする化学療法や根治手術を組み合わせた集学的治療を行うことが多いが,長期予後は改善しておらず,新しい治療戦略が求めら...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/09

特集 妊孕性温存 がん患者における妊孕性温存の論理と倫理

石原理

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.23 No.4, 71-75, 2016

がん患者の妊孕性温存のために,未受精卵子や卵巣組織の医学的適応による凍結保存を提供する際には,丁寧で十分な説明と配慮により患者の自己決定を適切に支援することが重要である。しかし,妊孕性温存につい...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/09

特集 妊孕性温存 小児期のがん治療と生殖機能

三善陽子

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.23 No.4, 65-69, 2016

小児がん患者には治療後さまざまな晩期合併症が生じる可能性があり,生殖機能が障害され妊孕性の低下をきたすリスクがある。小児期に治療を受けた患者自身には治療内容や妊孕性低下について説明されておらず,...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/09

特集 妊孕性温存 各種がんと生殖機能温存 (5)血液腫瘍

神田善伸

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.23 No.4, 59-64, 2016

血液腫瘍は再生産年齢の若年者にもしばしば発症する悪性腫瘍であり,化学療法や放射線治療による性腺障害が問題となる。造血器腫瘍に対する通常の化学療法後は性腺機能回復がみられることも多いが,造血幹細胞...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/09

特集 妊孕性温存 各種がんと生殖機能温存 (4)泌尿生殖器がん

岡田弘/鈴木啓介/慎武/宮田あかね

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.23 No.4, 53-58, 2016

集学的治療により,泌尿生殖器がん患者の治癒率は飛躍的に向上した。これに伴い,生活の質向上のために妊孕性温存の重要性が増している。泌尿生殖器がん患者に対する妊孕性温存に関して,性機能障害と精子温存...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/09

特集 妊孕性温存 各種がんと生殖機能温存 (3)卵巣がん

拝野貴之/岡本愛光

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.23 No.4, 45-51, 2016

卵巣がんは,卵子の局在する臓器の腫瘍であるため両側卵巣を摘出することによりそのまま妊孕性の喪失となる。現状は進行期および組織型により卵巣を残せるかどうかが問題となる。残存卵巣への卵巣刺激後の卵子...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/09

特集 妊孕性温存 各種がんと生殖機能温存 (2)子宮体がん

牛嶋公生

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.23 No.4, 41-44, 2016

子宮体がんの生殖機能(妊孕性)温存治療は高用量プロゲステロンによる。多くの後方視的検討や,わが国で行われた前向き試験によりエビデンスが蓄積され,適格基準を遵守すれば安全に行える方法として認知され...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/09

特集 妊孕性温存 各種がんと生殖機能温存 (1)子宮頸がん

田中京子/仲村勝/森定徹/岩田卓/青木大輔

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.23 No.4, 37-39, 2016

わが国において子宮頸がんの罹患患者数は近年漸増傾向で,特に20~30歳代の若年者の罹患数が年々増加傾向にあり,妊孕性温存希望の子宮頸がん症例が増加している。子宮頸部上皮内がんから臨床進行期...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/09

特集 妊孕性温存 妊孕性温存療法 (2)卵巣組織の凍結

髙井泰

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.23 No.4, 31-36, 2016

卵巣組織の凍結保存は,悪性腫瘍に罹患した女性に対するがん・生殖医療にとって重要な技術の1つであり,わが国でもガイドラインが発表され,施行可能な施設が増えてきている。緩慢凍結法やガラス化凍結保存法...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/09

特集 妊孕性温存 妊孕性温存療法 (1)卵子・胚の凍結

久慈直昭/吉田梨恵/伊東宏絵/井坂惠一

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.23 No.4, 25-30, 2016

悪性腫瘍に罹患した女性の妊孕性温存法として卵子凍結や胚凍結を行う場合,限られた時間を使って患者に与える原病再発リスクを最小限にするため,レトロゾールの併用とランダムスタート法が卵巣刺激の際に試み...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/09

特集 妊孕性温存 地域におけるがんと生殖医療ネットワーク

古井辰郎/森重健一郎

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.23 No.4, 17-23, 2016

がん治療と生殖医療の進歩は,がん・生殖医療の重要性をますます増加させ,がん治療前の情報提供,適切な妊孕性温存の提供の必要性が認識されるようになってきている。がん・生殖医療に関しては,がんと生殖と...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/09

特集 妊孕性温存 がんと生殖医療のわが国の現状

西島千絵/鈴木直

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.23 No.4, 11-15, 2016

「がん」と「生殖医療」の相反する領域を併せもつ「がん・生殖医療」は,近年新たな領域として認識されつつある。本領域は,がん治療前の妊孕性温存だけでなく,がん治療後の性腺機能障害への対応,原疾患や卵...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/09

特集 妊孕性温存 特集にあたって

吉村𣳾典

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.23 No.4, 10, 2016

年間60万人以上ともいわれる悪性腫瘍患者のなかの約10%は,生殖年齢またはそれ以下の患者であり,手術療法,放射線療法,がん化学療法,骨髄移植法などの進歩により,その完全寛解率は著しく向上してきた...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/09

脳におけるエストロゲンの見えざる作用 第12回 産後うつ病とホルモン

武谷雄二

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.23 No.4, 82-88, 2016

最近の報道によると,東京都において2005~2014年の10年間に計63名の妊産婦が自ら命を絶ったということである。この数字は分娩周辺期の母体死亡の約2倍に相当する。周産期医療に関わる医療従事者...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/09

ホルモンQ&A Q2. 更年期障害におけるホルモン補充療法と漢方療法の使い分けを教えてください。

小宮ひろみ/水沼英樹

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.23 No.4, 79-80, 2016

A2. 更年期障害とは,エストロゲン低下とともに現れる更年期症状のなかで日常生活に支障をきたす病態をいう。症状は,血管運動神経症状,精神神経症状,運動器系症状,消化器症状,泌尿生殖器萎縮症状など多...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/09

ホルモンQ&A Q1. 子宮内膜症と心血管系疾患の関係について教えてください。

髙橋俊文/水沼英樹

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.23 No.4, 77-78, 2016

A1. 子宮内膜症は性成熟期女性の約10%に認められ1),思春期から性成熟期にかけては骨盤痛,月経困難,不妊症の原因となり,閉経期以後も卵巣がん(特に明細胞がん)の発生母地となることから,女性の生...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/09

目で見る出生前胎児診断 羊水染色体検査

澤井英明

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.23 No.4, 4-7, 2016

羊水染色体検査とは経腹的に子宮を穿刺して羊水を採取(羊水穿刺)し,羊水に含まれる胎児細胞を用いて染色体異常を調べることである。羊水穿刺はほかにも胎児感染の診断や羊水過多の治療などさまざまな目的で...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/02

特集 女性の痛み 4. 月経痛

江川美保/小西郁生

WHITE Vol.4 No.2, 33-39, 2016

月経困難症(dysmenorrhea)とは,月経期間中に月経に随伴して起こる病的状態を言い,下腹痛,腰痛,腹部膨満感,嘔気,頭痛,疲労・脱力感,食欲不振,イライラ,下痢および憂うつの順に多くみら...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/19

Land-Mark papers in Oncology~エポックメイカーとなった論文~ 「診断」超音波エラストグラフィ

國分優美/五味直哉

CANCER BOARD of the BREAST Vol.3 No.1, 58, 2017

超音波エラストグラフィは世界に先駆け本邦で開発され,乳腺領域での応用は2003年に開始された。それまでのBモードによる形態診断に加え,組織の硬さをひずみの低下から画像化し,病変の評価に役立てよう...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/19

Land-Mark papers in Oncology~エポックメイカーとなった論文~ 「基礎」Ki67

笹野公伸

CANCER BOARD of the BREAST Vol.3 No.1, 57, 2017

ヒト悪性腫瘍,特に乳癌の場合早期癌の生物学的悪性度,臨床予後を規範するもっとも大きな因子として腫瘍細胞の細胞増殖動態が挙げられる。すなわちどのくらいの割合で腫瘍細胞が増殖しているのか?ということ...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す