• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2017/09/14

特集 変形性関節症診療の新たな展開 変形性関節症の運動療法・装具療法

大森豪

Pharma Medica Vol.35 No.6, 41-44, 2017

変形性関節症(osteoarthritis;OA)は経年的に生ずる関節の変性疾患であり,50歳以降発症が増加する。OAは不可逆な変化であるが,本症の大部分を占める一次性OAではその進行は一般的に...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/12

特集 高尿酸血症・痛風の生活指導─栄養学的視点と運動療法 9.レジスタンストレーニングの尿酸への影響

大山博司

高尿酸血症と痛風 Vol.25 No.1, 63-67, 2017

高尿酸血症・痛風患者に運動指導を行う場合,低強度の有酸素運動を推奨し,レジスタンストレーニングについては避けるべきとされてきた。しかし高尿酸血症・痛風患者に対するレジスタンストレーニングの影響に...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/12

特集 高尿酸血症・痛風の生活指導─栄養学的視点と運動療法 8.高尿酸血症・痛風患者に対する有酸素運動の運動処方

荻野和秀

高尿酸血症と痛風 Vol.25 No.1, 58-62, 2017

過激な運動により血清尿酸値が上昇し痛風発作を誘発することがある。その機序は尿酸の産生増加と排泄低下の両面から考えられている。血清尿酸値は嫌気性代謝閾値(AT)レベル以下の運動でも上昇し,長時間の...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/12

特集 高尿酸血症・痛風の疫学における最近の話題 5.血清尿酸値と各病態との関連 5)筋量

栗山哲/菅野直希/西尾信一郎

高尿酸血症と痛風 Vol.24 No.2, 58-64, 2016

健常成人において安静下に血清尿酸値と筋量・筋力の間に正相関が報告されている。このことは,骨格筋による尿酸産生は,血清尿酸値の一部を規定している可能性を示唆する。また,強い筋力と良好な生命予後に関...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

FORUM ②第50回日本てんかん学会学術集会 シンポジウム関連講演「てんかんと雇用」(Rupprecht Thorbecke先生)聴講記

中岡健太郎

Epilepsy Vol.11 No.1, 43-48, 2017

2016年10月9日,第50回日本てんかん学会学術総会(静岡)で行われたRupprecht Thorbecke先生によるてんかんと雇用についての講演を拝聴する機会に恵まれた.Thorbecke先生...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

Special Articles(Epilepsy) ②てんかんとリカバリー

浪久悠/坂田増弘/大島真弓/渡辺雅子/平林直次

Epilepsy Vol.11 No.1, 13-18, 2017

2015年5月20日,世界保健機関(WHO)総会において,今後10 年間にわたり,てんかんの啓発,臨床,研究,創薬など,世界的な課題としててんかん対策に取り組んでいくという歴史的な決議がなされた....

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/07

Special Article 総説 慢性疼痛の認知行動療法 ―第三世代(マインドフルネス)を中心に―

牧田潔

Locomotive Pain Frontier Vol.6 No.1, 26-31, 2017

認知行動療法は慢性疼痛への治療法の一つとして注目されている。なかでも第三世代認知行動療法は新世代の治療法として期待されている。本稿は第三世代認知行動療法の鍵であるマインドフルネスに焦点を当てその...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/07

Lecture レクチャー 集学的リハビリテーションの重要性

髙橋直人/矢吹省司

Locomotive Pain Frontier Vol.6 No.1, 14-18, 2017

集学的リハビリテーションは,多職種の専門家がチームとして治療に携わり,慢性の運動器痛を有する患者を生物学的因子と心理社会的因子の両方を兼ね備えた生物心理社会モデルと捉え,認知行動療法と運動療法を...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/07

座談会(Round Table Discussion) 運動器慢性痛に対するチームアプローチ ―立ち上げと実践,その効果―

矢吹省司/池本竜則/髙橋直人/鉄永倫子

Locomotive Pain Frontier Vol.6 No.1, 5-13, 2017

運動器慢性痛の原因および症状は多様であり,また治療の長期化に伴って患者の生活の質(QOL)および日常生活活動(ADL)にも悪影響を与えることから,患者満足度も低くドロップアウトする症例も少なくな...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/07

総説 ストレッチの分子生物学─メカノバイオロジーから眺めるアンチエイジング法としてのストレッチの可能性

澤田泰宏

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.2, 70-75, 2017

ストレッチは,怪我防止あるいはパフォーマンス向上のために運動前に行うこともあれば,疼痛軽減や疲労回復を企図して運動後に行うこともある。ストレッチそのものが,身体の柔軟性向上を介して健康増進に有効...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/28

特集 迫る超高齢社会の糖尿病医療を考える 高齢糖尿病におけるサルコペニア予防を目的とした運動と栄養

藤田聡

Diabetes Frontier Vol.28 No.1, 76-82, 2017

 骨格筋は身体において最も大きな組織であり,全たんぱく質量の50%を占める。健康な一般成人において,筋量は異化作用(空腹時,疾患,ストレスなど)と同化作用(栄養摂取,筋収縮など)の微細なバランス...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/21

特集 これからの高トリグリセライド(TG)血症治療 Ⅱ.高TG血症治療の現状と展望 2.高TG血症に対する運動療法

宮下政司/柏原杏子

The Lipid Vol.28 No.1, 52-58, 2017

運動による中性脂肪(TG)を低減する効果は,運動による総エネルギー消費量(強度×時間)に依存する.一方で脂質酸化を亢進させ,TGを減少させるためには低強度の運動も効果的であることが示唆されている...

⇒全文を見る

category06.gif category13.gif

2017/08/18

What's Up リハビリテーション 近森リハビリテーション病院

和田恵美子

脳と循環 Vol.22 No.1, 74-80, 2017

JR 高知駅より交通至便な地に1989年開設の近森リハビリテーション病院がある.180床の回復期リハビリテーション病院として県内の重症者を多く受け入れ,チーム医療と先進的なリハビリテーション(以下...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/10

特集 高齢者の体液管理 高齢者のスポーツ・リハビリテーションと体液管理

上月正博

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.4, 56-63, 2016

超高齢社会の現在,要介護状態をできるだけ予防するうえでもサルコぺニア・フレイルの予防や介入は喫緊の課題である。体液異常をきたしやすい心不全患者や慢性腎臓病(CKD)患者においてもサルコペニア・フ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/02

特集 呼吸器在宅医療のサイエンス 栄養の管理と誤嚥予防

井上登太

THE LUNG perspectives Vol.25 No.1, 52-55, 2017

包括的呼吸リハビリテーションでは,栄養管理と運動療法は車の両輪と考えられる。食餌時の環境調節も重要であり,食餌を苦痛に感じることは,抑うつ状態を誘発し運動量減少に伴う筋萎縮を誘発,デコンディショ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/02

特集 呼吸器在宅医療のサイエンス 新しい手技を用いたリハビリテーション

黒澤一

THE LUNG perspectives Vol.25 No.1, 35-39, 2017

リハビリテーションの分野における新しい手技を用いた手法について,特に在宅でも役立つと思われるものをまとめた。電気刺激療法はこれまでの横隔膜ペーシングなどに加え,呼気筋の強化や,慢性呼吸疾患の二次...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/27

特集 呼吸リハビリテーション:サイエンスからみた将来展望 骨格筋機能におけるmicroRNA の重要性

青井渉

THE LUNG perspectives Vol.24 No.4, 79-83, 2016

microRNA(miRNA)はmessengerRNA(mRNA)を分解,あるいは翻訳を阻害することにより,タンパク質の発現量を調節するnon-coding RNAの一種である。miRNAはタン...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/27

特集 呼吸リハビリテーション:サイエンスからみた将来展望 高齢者の運動能力を改善する栄養としての乳脂肪球皮膜の役割

下豊留玲/太田宣康

THE LUNG perspectives Vol.24 No.4, 74-78, 2016

生乳は哺乳類新生児の最初で唯一の栄養源であり,その発育,特に運動器である筋骨格系の発達に大きく影響する。筋骨格系に対する生乳の効果は,その水溶性画分に含まれるホエイタンパク質(whey prote...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/27

特集 呼吸リハビリテーション:サイエンスからみた将来展望 COPD の運動耐容能と心機能

服部久弥子

THE LUNG perspectives Vol.24 No.4, 69-73, 2016

慢性閉塞性肺疾患(COPD)における労作時呼吸困難は,日常生活における身体活動性低下(physical inactivity)と密接に関係し,健康関連quality of life(QOL)の低下を招...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/27

特集 呼吸リハビリテーション:サイエンスからみた将来展望 運動中の心血管系事故を防ぐ

後藤葉一

THE LUNG perspectives Vol.24 No.4, 62-68, 2016

呼吸リハビリテーションに参加する患者は喫煙歴のある高齢者が多く,心疾患,特に虚血性心疾患合併率が一般人口より高いので,運動中の心血管系事故を防止する方策が必要である。運動中の心血管系有害事象とし...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す