• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2017/07/27

特集 呼吸リハビリテーション:サイエンスからみた将来展望 骨格筋機能におけるmicroRNA の重要性

青井渉

THE LUNG perspectives Vol.24 No.4, 79-83, 2016

microRNA(miRNA)はmessengerRNA(mRNA)を分解,あるいは翻訳を阻害することにより,タンパク質の発現量を調節するnon-coding RNAの一種である。miRNAはタン...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/27

特集 呼吸リハビリテーション:サイエンスからみた将来展望 高齢者の運動能力を改善する栄養としての乳脂肪球皮膜の役割

下豊留玲/太田宣康

THE LUNG perspectives Vol.24 No.4, 74-78, 2016

生乳は哺乳類新生児の最初で唯一の栄養源であり,その発育,特に運動器である筋骨格系の発達に大きく影響する。筋骨格系に対する生乳の効果は,その水溶性画分に含まれるホエイタンパク質(whey prote...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/27

特集 呼吸リハビリテーション:サイエンスからみた将来展望 COPD の運動耐容能と心機能

服部久弥子

THE LUNG perspectives Vol.24 No.4, 69-73, 2016

慢性閉塞性肺疾患(COPD)における労作時呼吸困難は,日常生活における身体活動性低下(physical inactivity)と密接に関係し,健康関連quality of life(QOL)の低下を招...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/27

特集 呼吸リハビリテーション:サイエンスからみた将来展望 運動中の心血管系事故を防ぐ

後藤葉一

THE LUNG perspectives Vol.24 No.4, 62-68, 2016

呼吸リハビリテーションに参加する患者は喫煙歴のある高齢者が多く,心疾患,特に虚血性心疾患合併率が一般人口より高いので,運動中の心血管系事故を防止する方策が必要である。運動中の心血管系有害事象とし...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/27

特集 呼吸リハビリテーション:サイエンスからみた将来展望 サルコペニアを防ぐ:病態と治療

荒木厚

THE LUNG perspectives Vol.24 No.4, 57-61, 2016

サルコペニアは筋肉量低下かつ筋力低下または身体能力低下と定義される。慢性閉塞性肺疾患(COPD)は慢性全身性炎症性疾患であり,呼吸筋や四肢筋肉の機能異常によってサルコペニアやフレイルが起こりやす...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/27

特集 呼吸リハビリテーション:サイエンスからみた将来展望 運動が誘発する息切れの緩和対策

長島広相/山内広平

THE LUNG perspectives Vol.24 No.4, 53-56, 2016

運動時に息切れが伴うと身体活動量が低下し,さらに息切れが増悪する。息切れは階段の歩行,上肢を挙上する動作,息をこらえる動作などで多い。慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者は呼気が不十分な状態で吸気が...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/27

特集 呼吸リハビリテーション:サイエンスからみた将来展望 動的肺過膨張による病態と治療

矢幅美鈴/川田奈緒子/巽浩一郎

THE LUNG perspectives Vol.24 No.4, 48-52, 2016

慢性閉塞性肺疾患(COPD)では換気需要の増加の際に呼吸回数が増加し,その結果エアートラッピングが生じ肺内の残気量が増加していく。これを動的肺過膨張という。動的肺過膨張は労作時呼吸困難や運動耐用...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/27

特集 呼吸リハビリテーション:サイエンスからみた将来展望 COPD における栄養治療介入の最前線

藤田幸男/吉川雅則/木村弘

THE LUNG perspectives Vol.24 No.4, 42-47, 2016

慢性閉塞性肺疾患(COPD)において栄養障害は重要な併存症であり,呼吸機能障害とは独立した予後不良因子である。体重減少に加え,除脂肪量や分岐鎖アミノ酸の低下を認め,骨粗鬆症の合併も多いことから,...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/27

特集 呼吸リハビリテーション:サイエンスからみた将来展望 COPD を中心とした薬物治療の効果と検証:利点と限界

西村直樹

THE LUNG perspectives Vol.24 No.4, 38-41, 2016

運動療法としての呼吸リハビリテーションをサポートする薬物治療には,気管支拡張薬とタンパク同化剤がある。適切な気管支拡張薬使用による肺機能改善とそれに伴う運動耐容能増加は運動療法の補助になる。また...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/27

特集 呼吸リハビリテーション:サイエンスからみた将来展望 行動変容を目指した患者教育

角田健/千住秀明

THE LUNG perspectives Vol.24 No.4, 34-37, 2016

呼吸リハビリテーションでは,自己管理能力の獲得など行動変容を目指した患者教育が求められている。われわれは「人の行動を変える」専門職として,患者教育に応用される理論やモデルを活用し患者教育を行って...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/27

特集 呼吸リハビリテーション:サイエンスからみた将来展望 Self-managementと看護師の役割

若林律子

THE LUNG perspectives Vol.24 No.4, 28-33, 2016

米国胸部疾患学会,欧州呼吸器学会より発表されている「呼吸リハビリテーションのステートメント」では,セルフマネジメント介入のプロセスとして患者への知識,マネジメント方法の教育を行い,患者自身が意思...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/27

特集 呼吸リハビリテーション:サイエンスからみた将来展望 身体活動性へ影響する要因と対策―最近の話題―

桂秀樹

THE LUNG perspectives Vol.24 No.4, 20-27, 2016

慢性閉塞性肺疾患(COPD)をはじめとした慢性呼吸器疾患は日常生活での身体活動性を低下させることが知られている。身体活動性はCOPD の早期から低下しており,その低下は死亡率のみならず,増悪,QO...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/27

特集 呼吸リハビリテーション:サイエンスからみた将来展望 呼吸リハビリテーションの歴史的展開と将来の問題点

黒澤一

THE LUNG perspectives Vol.24 No.4, 17-19, 2016

呼吸リハビリテーションの端緒は,わが国では肺結核であったが,その後,欧米の動きと同じく慢性閉塞性肺疾患(COPD)の治療の進歩とともに発展してきた。肺容量減少手術(LVRS)などにおける経験など...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/27

特集 呼吸リハビリテーション:サイエンスからみた将来展望 序文

木田厚瑞

THE LUNG perspectives Vol.24 No.4, 16, 2016

近代の医学,医療はコッホ(1843~1910)の結核菌の発見,レントゲン(1845~1923)の第1回ノーベル物理学賞受賞に象徴されるように,19世紀後半に淵源を持つが,リハビリテーションはそれ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/29

Orthopaedic Forum 整形外科領域における様々な話題 高齢者におけるサルコペニアと筋力トレーニング

酒井義人

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.2, 48-50, 2016

サルコペニアとは加齢により起こる骨格筋量の減少であり,測定法や定義が確立されてきたことを契機に,近年,サルコペニアの基礎的および臨床的研究が世界的に盛んに行われ,病態解明が進みつつあると同時に治...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/28

座談会 血友病とエイジング

西田恭治/澤田暁宏/長尾梓/岡本学/関義信

Frontiers in Haemophilia Vol.4 No.1, 6-17, 2017

西田:1970年代までは血友病患者さんは成人することも困難でしたが,1980年代以降の血液凝固因子製剤の普及・進歩により,血友病領域でもエイジングが話題になる時代を迎えました.もちろんこれは先進...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2017/06/27

症例解説(Frontiers in Haemophilia) 症例② 退職後の身体機能低下に対して,エイジングケア目的の入院でリハビリテーションを行った症例

柳田亜維/德川多津子

Frontiers in Haemophilia Vol.3 No.2, 46-47, 2016

67歳 男性:インヒビター保有血友病A.17歳時に中等症血友病A(第Ⅷ因子活性〔FⅧ:C〕2.2%)と診断され,その後は血液凝固第Ⅷ因子(FⅧ)製剤によるオンデマンド療法を受けていた.55歳時に...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2017/06/27

症例解説(Frontiers in Haemophilia) 症例① 長期にCVポートを使用後,入れ替えたインヒビター症例

鈴木隆史

Frontiers in Haemophilia Vol.3 No.2, 44-45, 2016

40歳代 男性:出生直後からの出血傾向で2歳時に重症血友病Aと診断.血漿由来第Ⅷ因子製剤(pdFⅧ)によるオンデマンドにて止血管理されていたが,3歳時にインヒビター陽性が判明した.以降はプロトロ...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2017/06/27

症例解説(Frontiers in Haemophilia) 症例③ 重症急性膵炎を発症し,内視鏡的結石除去術を施行したインヒビター保有血友病A患者症例

野上恵嗣

Frontiers in Haemophilia Vol.3 No.2, 48-49, 2016

50歳代 男性(60kg):乳幼児期に関節および筋肉などの深部出血をくり返し重症血友病Aと診断された.出血のたびに血液凝固第Ⅷ因子製剤による治療を受けていたが,インヒビター出現後は出血時にバイパ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/27

未来の達人 若手Drに聞く! 地域における血友病診療の裾野を広げるために

小川孔幸

Frontiers in Haemophilia Vol.3 No.2, 38-43, 2016

私が所属する群馬大学の生体統御内科学(旧第三内科)講座は1973年に創設され,初代教授として血液凝固学の大家として名高い前川 正先生が着任されました.このため,当科の血液凝固グループでは血友病を含...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す