• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2017/07/19

ウイメンズヘルス 女性ホルモンとホルモン療法,関節リウマチとのかかわり

布留守敏

CANCER BOARD of the BREAST Vol.3 No.1, 52-54, 2017

関節リウマチ(rheumatoid arthritis:RA)は,30歳から50歳代の女性に多く発症する多関節炎を特徴とする全身性炎症性疾患である。関節滑膜病変を主座とするため,関節に疼痛を引き起...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/18

Review(再生医療) 人工膝関節の現状と展望

飯澤典茂/高井信朗

再生医療 Vol.15 No.4, 9-19, 2016

本邦における高齢者人口の増加は急速で,それに伴って変形性膝関節症(osteoarthritis;OA)患者も増加し続けている。特に膝関節は荷重関節であり,その破壊は歩行障害を引き起こし,日常生活...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/13

特集 画像からみたアンチエイジング 五十肩と病的血管

奥野祐次

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.1, 72-78, 2017

通称「五十肩」,専門的には「凍結肩」はいまだに原因が解明されていない。このため,なぜ痛いのかについて十分な説明を受けられないまま,湿布や痛み止めを処方されてただ時間が経過するのを待つという診療を...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/13

特集 画像からみたアンチエイジング 脊椎の画像診断:加齢とともに生じる変化

橘川薫

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.1, 65-71, 2017

身体運動に関わる骨,筋肉,関節,神経を総称して運動器という。運動器の障害は加齢により徐々に進行し,移動機能が低下して日常生活に困難をきたす。高齢化により機能低下をきたす運動器疾患として,脊椎の変...

⇒全文を見る

category06.gif category13.gif

2017/06/29

Person 診療・研究の現場より 公益財団法人 星総合病院 慢性疼痛センター

髙橋直人

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.2, 40-43, 2016

国際疼痛学会(IASP)では, 慢性の運動器痛への対処法として,有効性や費用対効果および医原性合併症の少なさから『学際的・集学的アプローチ』を推奨している。実際,米国では,外来診療という同一空間で...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/29

Clinical Question Q&A形式で疑問を解決 Question 2 小児の成長痛をどうみるか教えてください。

横井広道

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.2, 38-39, 2016

いわゆる成長痛とは,幼稚園から小学校低学年の小児において夕方から夜間に起こる下肢(膝周囲が多い)の疼痛であり,短時間で痛みは消失し,翌朝は無症状で保育所や幼稚園,学校などの社会生活に支障はみられ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/29

Clinical Question Q&A形式で疑問を解決 Question 1 梨状筋症候群とはどんな病気ですか?

齋藤貴徳

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.2, 34-36, 2016

われわれ整形外科医の間においても,梨状筋症候群は疾患名としては古くからよく知られておりますが,現在でも診断を確定するのが難しい疾患のひとつとして認識されており,積極的に治療している病院はごくわず...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/29

Lecture レクチャー オピオイド感受性遺伝子の個体差について

西澤大輔/福田謙一/林田眞和/池田和隆

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.2, 14-18, 2016

オピオイド物質に対する感受性には個人差があることが知られており,環境要因と遺伝要因が複雑に影響すると考えられるが,近年のゲノム科学の急速な進展にともない,そのような個人差についても,遺伝要因が次...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/29

Orthopaedic Forum 整形外科領域における様々な話題 高齢者におけるサルコペニアと筋力トレーニング

酒井義人

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.2, 48-50, 2016

サルコペニアとは加齢により起こる骨格筋量の減少であり,測定法や定義が確立されてきたことを契機に,近年,サルコペニアの基礎的および臨床的研究が世界的に盛んに行われ,病態解明が進みつつあると同時に治...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/29

Special Article 総説 脊髄損傷における神経障害性疼痛

名越慈人/中村雅也

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.2, 24-28, 2016

脊髄損傷後の神経障害性疼痛は,治療に難渋するケースも多く,患者のQOLを低下させる原因となっている。近年開発された国際脊髄損傷疼痛分類やNeuropathic Pain Symptom Invento...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/29

Special Article 総説 神経の瘢痕癒着に対する最新の知見

岩月克之/平田仁

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.2, 20-23, 2016

末梢神経の損傷や手術後における瘢痕は,末梢神経機能の回復に大きな影響を及ぼす。末梢神経の瘢痕を予防する研究は数多く行われているが,現在日本において末梢神経の瘢痕を予防するために利用可能な薬剤はな...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/29

座談会(Round Table Discussion) 本邦におけるオピオイド治療の展望

山口重樹/境徹也/二階堂琢也/西原真理

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.2, 5-13, 2016

がん性疼痛におけるオピオイド治療と非がん性慢性疼痛におけるオピオイド治療はまったく異なっており,前者は多くの国で成熟してきたものの,後者についてはまだまだ見直さなければならない点が多く指摘されて...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/26

特集 ビタミンDとカルシウム・リン代謝 update 12. 副甲状腺機能低下症とビタミンD治療

皆川真規

THE BONE Vol.30 No.4, 85-88, 2017

副甲状腺機能低下症の治療にはさまざまな理由から副甲状腺ホルモン(PTH)による補充療法は行われておらず,代わりに活性型ビタミンD製剤が用いられている.この治療ではPTH不足の病態で尿細管における...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/26

特集 ビタミンDとカルシウム・リン代謝 update 11. 抗FGF23抗体療法

福本誠二

THE BONE Vol.30 No.4, 81-84, 2017

線維芽細胞増殖因子23(fibroblast growth factor 23:FGF23)は,主に骨細胞により産生され,血中リン濃度を低下させるホルモンである.過剰なFGF23作用により,いくつかの...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/26

特集 ビタミンDとカルシウム・リン代謝 update 10. CKD-MBDにおけるビタミンDとFGF23

松井功/猪阪善隆

THE BONE Vol.30 No.4, 75-79, 2017

FGF23(Fibroblast growth factor 23)とVD(vitamin D)は,CKD-MBD(Chronic Kidney Disease-Mineral and Bone Disorder...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/26

特集 ビタミンDとカルシウム・リン代謝 update 9. FGF23とリン代謝調節

木下祐加

THE BONE Vol.30 No.4, 67-73, 2017

線維芽細胞増殖因子23(fibroblast growth factor 23:FGF23)は,1,25水酸化ビタミンDや副甲状腺ホルモンとならんで,血清リン濃度を調節する重要なホルモンである.骨細胞...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/26

特集 ビタミンDとカルシウム・リン代謝 update 8. 低リン血症性くる病とFGF23

道上敏美

THE BONE Vol.30 No.4, 61-66, 2017

慢性的な低リン血症は骨の石灰化障害をもたらし,骨端線閉鎖以前の小児ではくる病を,成人においては骨軟化症を引き起こす.低リン血症を主因とする骨石灰化障害を低リン血症性くる病・骨軟化症と呼び,リン摂...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/26

特集 ビタミンDとカルシウム・リン代謝 update 7. ビタミンD依存症

北中幸子

THE BONE Vol.30 No.4, 55-59, 2017

ビタミンD依存症は,先天性の異常による疾患であり,ビタミンDの生体内活性化の異常によるビタミンD依存症1型と,ビタミンD受容体機構の異常によるビタミンD依存症2型がある.両者とも通常は常染色体劣...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/26

特集 ビタミンDとカルシウム・リン代謝 update 6. ビタミンD欠乏性くる病・骨軟化症の病態と治療

窪田拓生

THE BONE Vol.30 No.4, 49-53, 2017

ビタミンD欠乏性くる病は,体内のビタミンDの欠乏によって引き起こされる軟骨・骨の石灰化障害を特徴とする小児疾患である.骨軟化症は成人期の骨石灰化障害である.ビタミンD欠乏は日光照射不足やビタミン...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/26

特集 ビタミンDとカルシウム・リン代謝 update 5. ビタミンD不足・欠乏症の診断

岡崎亮

THE BONE Vol.30 No.4, 43-48, 2017

骨石灰化障害,骨折リスク上昇などをきたすビタミンD作用低下の最も頻度の高い原因は,体内のビタミンD貯蔵量が減少したビタミンD不足・欠乏症である.ビタミンD貯蔵量は血清25(OH)D濃度に反映され...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す