• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2017/09/14

一目でわかるクリニカルレシピ 変形性関節症の食事

長谷川徹/堀尾佳子/本多唯/遠藤陽子/市川和子

Pharma Medica Vol.35 No.6, 68-71, 2017

変形性関節症(OsteoArthritis;OA)は、膝や足の付け根・肘・肩などの関節に痛み・腫れなどの症状がみられ、様々な原因により関節の変形をきたす病気の総称です。男女比・発症年齢については...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/14

特集 変形性関節症診療の新たな展開 変形性関節症(股関節)の手術療法 ~骨切り術から人工股関節置換術まで~

髙窪祐弥/佐々木幹/髙木理彰

Pharma Medica Vol.35 No.6, 49-57, 2017

寛骨臼形成不全症に起因した二次性変形性股関節症の多いわが国では1),従来,人工股関節置換術とともに関節温存を目指した股関節骨切り術が進歩してきた。一方,老齢人口の増加とともに人工関節の改良や手術...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/14

特集 変形性関節症診療の新たな展開 変形性関節症(膝関節)の手術療法

熊谷研/齋藤知行

Pharma Medica Vol.35 No.6, 45-48, 2017

変形性膝関節症(膝OA)では保存療法の積極的な介入により,多くの症例で症状の改善や進行の予防が可能である。しかしながら,保存療法に抵抗する症例では手術治療が選択される。手術治療の成績は術前の膝関...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/14

特集 変形性関節症診療の新たな展開 変形性関節症の運動療法・装具療法

大森豪

Pharma Medica Vol.35 No.6, 41-44, 2017

変形性関節症(osteoarthritis;OA)は経年的に生ずる関節の変性疾患であり,50歳以降発症が増加する。OAは不可逆な変化であるが,本症の大部分を占める一次性OAではその進行は一般的に...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/14

特集 変形性関節症診療の新たな展開 変形性関節症の薬物療法

内尾祐司

Pharma Medica Vol.35 No.6, 35-39, 2017

変形性関節症(OA)の治療目標は,本症に生じる疼痛や腫脹などの症状を緩和・除去し,病変の進行を阻止することによって,日常生活動作(activity of daily living;ADL)を拡大し,生...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/14

特集 変形性関節症診療の新たな展開 変形性関節症(股関節)のガイドライン

加来信広/津村弘

Pharma Medica Vol.35 No.6, 29-33, 2017

2008年にわが国での変形性股関節症診療ガイドラインの初版1)が出版された。初版では変形性股関節症(以下,股関節症)を疫学,病態,診断,保存療法,関節温存術と人工股関節全置換術(total hip ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/14

特集 変形性関節症診療の新たな展開 変形性関節症(膝関節)のガイドライン

石黒直樹

Pharma Medica Vol.35 No.6, 23-28, 2017

日本整形外科学会変形性膝関節症診療ガイドライン策定委員会(以下,日整会膝OA診療ガイドライン策定委員会)によりOsteoarthritis Research Society International...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/14

特集 変形性関節症診療の新たな展開 変形性関節症の新規画像診断法

渡辺淳也

Pharma Medica Vol.35 No.6, 19-22, 2017

変形性関節症(osteoarthritis;OA)は,関節への繰り返す微小外力や加齢に伴い生じた退行変性を基盤として発生する。一般にOAの初期に起こる変化は関節軟骨の変性であり,プロテオグリカン...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/14

特集 変形性関節症診療の新たな展開 変形性関節症の疫学

吉村典子

Pharma Medica Vol.35 No.6, 13-17, 2017

変形性関節症(osteoarthritis;OA)は関節に非炎症性,進行性に骨形成性の変化をきたし,疼痛によって日常生活に不都合をきたす疾患である。2013年の厚生労働省国民生活基礎調査の結果を...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/14

特集 変形性関節症診療の新たな展開 変形性関節症の遺伝子研究

中佐智幸/安達伸生

Pharma Medica Vol.35 No.6, 9-12, 2017

変形性関節症(OA)は,主に関節軟骨の変性と軟骨下骨の変化により,関節変形をきたし,著しい疼痛と機能障害を生じる疾患である。OAの原因は完全に解明されてはいないが,機械的因子,生物学的因子など,...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/14

特集 変形性関節症診療の新たな展開 特集にあたって

津村弘

Pharma Medica Vol.35 No.6, 7, 2017

超高齢社会になった日本において,加齢とともに増加する運動器の疾患は,生活の質を直接的に悪化させる要因となっている。このようななか,日本整形外科学会は,ロコモティブシンドローム(運動器の障害によっ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/12

最新文献紹介 痛風関節の急性痛風性関節炎発症時のガドリニウム造影関節MRI所見

益田郁子

高尿酸血症と痛風 Vol.24 No.2, 101, 2016

Emad Y, Ragab Y, El-Naggar A, et al. Gadolinium-enhanced MRI features of acute gouty arthritis on top of chronic gou...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/07

Orthopaedic Forum 整形外科領域における様々な話題 術後の遺残疼痛について ―足(下肢,外反母趾)―

須田康文

Locomotive Pain Frontier Vol.6 No.1, 48-50, 2017

外反母趾に対する第1中足骨骨切り術による侵害受容性の疼痛は,術後1~2週間で軽減する。しかし骨切り部を約1ヵ月間免荷するため,術後2ヵ月頃から骨萎縮に伴った前~中足部痛が出現することがある。また...

⇒全文を見る

category06.gif category13.gif

2017/09/07

Person 診療・研究の現場より 旭川医科大学病院緩和ケア診療部

阿部泰之

Locomotive Pain Frontier Vol.6 No.1, 40-43, 2017

整形外科医なら誰しもが対峙することになる症状「痛み」。特に,痛みが慢性化し,いわゆる慢性疼痛の状態になった時,治療に苦慮することも多い。多くの医師と同様に痛みを治療することに悩みを抱えていた旭川...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2017/09/07

Case Study 症例検討 外側型変形性膝関節症に対する遠位大腿骨内反骨切り術

吉田勝浩/矢吹省司

Locomotive Pain Frontier Vol.6 No.1, 32-37, 2017

内側型変形性膝関節症に対する高位脛骨骨切り術(high tibial osteotomy;HTO)は,手術器具の改良や手技の向上に伴い確立した治療法となった。しかし,外側型変形性膝関節症(外側型膝O...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/07

Special Article 総説 慢性疼痛の認知行動療法 ―第三世代(マインドフルネス)を中心に―

牧田潔

Locomotive Pain Frontier Vol.6 No.1, 26-31, 2017

認知行動療法は慢性疼痛への治療法の一つとして注目されている。なかでも第三世代認知行動療法は新世代の治療法として期待されている。本稿は第三世代認知行動療法の鍵であるマインドフルネスに焦点を当てその...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/07

Special Article 総説 メカノトランスダクションと触覚性疼痛

池田亮

Locomotive Pain Frontier Vol.6 No.1, 20-24, 2017

やさしい触刺激が耐え難い激痛になる触覚性疼痛は,神経障害で生じる難治性疼痛の一つであり,いまだ効果的な治療法は確立されていない。新たな治療法を模索する上で,疼痛を惹起させる触覚検出機構に注目する...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/07

Lecture レクチャー 集学的リハビリテーションの重要性

髙橋直人/矢吹省司

Locomotive Pain Frontier Vol.6 No.1, 14-18, 2017

集学的リハビリテーションは,多職種の専門家がチームとして治療に携わり,慢性の運動器痛を有する患者を生物学的因子と心理社会的因子の両方を兼ね備えた生物心理社会モデルと捉え,認知行動療法と運動療法を...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/07

座談会(Round Table Discussion) 運動器慢性痛に対するチームアプローチ ―立ち上げと実践,その効果―

矢吹省司/池本竜則/髙橋直人/鉄永倫子

Locomotive Pain Frontier Vol.6 No.1, 5-13, 2017

運動器慢性痛の原因および症状は多様であり,また治療の長期化に伴って患者の生活の質(QOL)および日常生活活動(ADL)にも悪影響を与えることから,患者満足度も低くドロップアウトする症例も少なくな...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/02

座談会(Round Table Discussion) 足の痛み

牛田享宏/熊井司/髙倉義幸

WHITE Vol.4 No.2, 60-65, 2016

牛田:本日は,整形外科のなかでも足部の障害や変形に関し多くの症例を手がけておられる奈良県立医科大学の熊井司先生と高倉整形外科クリニックをご開業されている髙倉義幸先生をお招きし,「足の痛み」をテー...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す