• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2017/09/27

Adverse Reaction Management 重症筋無力症,筋炎・心筋炎

鈴木重明

がん免疫療法 Cancer Immunotherapy Vol.1 No.1, 26-29, 2017

免疫チェックポイント阻害剤(immune checkpoint blockade:ICB)の重篤な自己免疫有害事象として,重症筋無力症(myasthenia gravis:MG)と筋炎・心筋炎がある....

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/18

海外文献紹介 小型化3次元心筋組織を用いた新たな創薬スクリーニングモデルの作製

宮川繁/武田真季

再生医療 Vol.16 No.1, 54, 2017

ヒトiPS細胞,なかでも患者から樹立されたiPS細胞(疾患特異的iPS細胞)を用いた疾患の病態解析・創薬・治療法開発への期待が高まっている。心臓においても,ヒトiPS細胞由来心筋細胞を用いること...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/18

企業紹介 テルモ株式会社―ハートシート®の開発―

鮫島正

再生医療 Vol.15 No.4, 32-35, 2016

テルモは,第一次世界大戦の影響で輸入が途絶えた体温計を国産化するために,北里柴三郎博士をはじめとする医師らが発起人となり,1921年に設立された。当社の社名「テルモ」は,体温計をドイツ語で「テル...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

血管医学検査:基礎から臨床へ Positron emission tomographyによる血管炎症の診断法

田原宣広

血管医学 Vol.17 No.3, 105-113, 2016

「Summary」画像診断は,血管障害の病態評価や治療法の選択を行ううえで欠くことのできない存在である.超音波エコーや血管造影法などに加えて,多検出器コンピュータ断層撮影(MDCT)や核磁気共鳴...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 肺高血圧症の最新知見と新展開 肺高血圧症に対するカテーテル治療の進歩と未来

川上崇史

血管医学 Vol.17 No.3, 71-78, 2016

「Summary」慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)は器質化血栓が広範囲の肺動脈を狭窄・閉塞し,肺高血圧症を呈した状態で,国の指定難病疾患である.治療方法は,肺動脈内膜摘除術(PEA),薬物...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/16

私の研究―My Research― 第12回 血管新生を促す微小環境を備えたゲル状バイオマテリアルの開発

小山博之

Angiology Frontier Vol.15 No.2, 68-72, 2016

「はじめに」三次元構造をもち,かつ十分な大きさを備えた再生組織の構築は,再生医療が目指す重要な到達点の1つといえよう。再生組織を構築するためには,細胞ソースの確保と組織構築技術の確立が必要である...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/16

特集 新規抗血栓治療薬の実臨床における問題点 5.心原性脳塞栓症とNOAC NOAC use for cardioembolic stroke

井手俊宏/豊田一則

Angiology Frontier Vol.15 No.2, 42-49, 2016

「Summary」2016年6月現在,4つの非ビタミンK阻害経口抗凝固薬(NOAC)が心原性脳塞栓症の予防に使用可能であり,各NOACの第Ⅲ相試験,およびそれらをまとめたメタ解析において,ワルフ...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/16

特集 新規抗血栓治療薬の実臨床における問題点 4.抗凝固療法Up-To-Date Anticoagulation therapy Up-To-Date

有田卓人/山下武志

Angiology Frontier Vol.15 No.2, 34-41, 2016

「Summary」超高齢社会を迎えるわが国において,今後心房細動患者の増加,またその高齢化が予想され,リスク管理はますます重要になると考えられる。その一方で,エビデンスが構築されにくい患者層が増...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/16

特集 新規抗血栓治療薬の実臨床における問題点 3.チエノピリジン系薬剤による虚血性心疾患の治療の現状と問題点 Current status and issues on thienopyridine antiplatelet agents

後藤信哉

Angiology Frontier Vol.15 No.2, 28-33, 2016

「Summary」抗血小板クロピドグレルは,薬効標的未知のままランダム化比較試験と経験に基づいて,世界で広く使用された。クロピドグレルはチエノピリジン系であった。のちに,薬効標的P2Y12ADP...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/16

特集 新規抗血栓治療薬の実臨床における問題点 2.アテローム性脳梗塞症と抗血小板療法 Atherothrombotic stroke and antiplatelet therapy

内山真一郎

Angiology Frontier Vol.15 No.2, 20-27, 2016

「Summary」脳動脈疾患(CVD),冠動脈疾患(CAD),末梢動脈疾患(PAD)は不安定粥腫の破綻を契機に形成される血小板血栓による動脈の閉塞というメカニズムを共有し,アテローム血栓症(AT...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/16

特集 新規抗血栓治療薬の実臨床における問題点 1.抗血小板療法Up-To-Date Antiplatelet therapy Up-To-Date

海北幸一/小川久雄

Angiology Frontier Vol.15 No.2, 13-19, 2016

「Summary」経皮的冠動脈インターベンション(PCI)後の抗血小板療法は,冠動脈内血栓予防における標準的治療である。本邦では,アスピリン,クロピドグレルを用いた抗血小板薬2剤併用療法(DAP...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/07/11

OPINION 再生医療研究が果たしうる医療・社会変革

松山晃文

再生医療 Vol.15 No.2, 5, 2016

再生医療ロードマップが昨年末改定されました。iPS細胞等の臨床応用へのたゆみない歩みが示され,まずは加齢黄斑変性症,パーキンソン病,ついで脊髄損傷や心移植でしか救命できない心不全の治療も可能とし...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/07/11

Review(再生医療) 多色細胞系譜追跡法と幹細胞研究 Multicolor lineage tracing method and stem cell research

上野博夫

再生医療 Vol.15 No.2, 15-31, 2016

「はじめに」近年の生命科学研究において幹細胞研究が非常に注目されている。幹細胞研究には大きく2つの意義があると考えられる。一つは幹細胞の性質を理解するための基礎生物学的意義,もう一つは臨床応用を...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

長い時空を旅する血液 第14回 我が血液の遥かなる血管内旅路:最善の夢―死してもなお

丸山征郎

血管医学 Vol.17 No.1, 95-100, 2016

本棚の整理をしていたら,『数学は最善世界の夢を見るか?―最小作用の原理から最適化理論へ』[イーヴァル・エクランド 著,南條郁子 訳,みすず書房,2009年]というタイトルの本が見つかった.この本は,...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

血管医学検査:基礎から臨床へ NO,ADMA(asymmetric dimethylarginine)

丸橋達也/木原康樹/東幸仁

血管医学 Vol.17 No.1, 87-93, 2016

「Summary」NOは,NOSの触媒によりL-アルギニンを基質として合成される.NOは抗動脈硬化的に作用し,血管の恒常性維持において重要な役割を果たしている.一方,ADMAはNOSの基質結合部...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

生命機能を支えるメカノセンシング 接着構造/細胞骨格のメカノセンシング

平田宏聡/曽我部正博

血管医学 Vol.17 No.1, 77-85, 2016

「Summary」われわれの体を構成するあらゆる細胞は,力学刺激を感知して応答する.なかでも血管内腔を覆う内皮細胞は,血流による流れ刺激や,心拍動に伴う血圧変動による周期的伸展などの力学刺激に常...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

今が旬!マイクロRNA・エクソソーム最前線 マイクロRNAと血管疾患

樋田京子

血管医学 Vol.17 No.1, 71-76, 2016

全身の至る所に張り巡らされた血管はさまざまな疾患の発症,進展に大きく関与している.部位や組織によらず同一の性質を持つと思われてきた血管は疾患によって,また病期や個人によってその性状が異なることが...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

特集 再生医学と血管 バイオ3Dプリンティング技術を利用したscaffold free小口径細胞人工血管の開発

伊藤学/中山功一/五條理志/野出孝一/森田茂樹

血管医学 Vol.17 No.1, 63-68, 2016

「Summary」iPS細胞をはじめとする幹細胞技術が目覚ましく発展する中,組織工学(ティッシュエンジニアリング)による臓器再生をテーマとした研究・開発が加速している.外来異物を用いて作製した現...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

特集 再生医学と血管 虚血性心疾患における血管再生治療

宮川繁

血管医学 Vol.17 No.1, 55-61, 2016

「Summary」重症心不全治療として最も重要な治療法である心臓移植は,きわめて深刻なドナー不足であり,欧米レベルの汎用性の高い治療法としての普及は困難が予想される.このような状況のなか,心不全...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

特集 再生医学と血管 下肢血管再生治療の実際

林田竜/近藤和久/柴田玲/室原豊明

血管医学 Vol.17 No.1, 47-54, 2016

「Summary」わが国においても高齢化の進行とともに,末梢動脈閉塞性疾患などの動脈硬化性疾患の罹患率は増加している.従来治療でも改善が得られない難治性重症虚血肢は患肢切断まで至る場合があるが,...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す