• Webマガジン 検索結果

検索結果

category05.gif category13.gif

2017/08/10

甲状腺癌Topics 第48回日本甲状腺外科学会学術集会 (外科)癌性胸水を呈した甲状腺乳頭癌の予後について

友田智哲/杉野公則/伊藤公一

Thyroid Cancer Explore Vol.2 No.2, 67-70, 2016

甲状腺乳頭癌に対する初回治療後の経過中に,成人の約6.6~9%,小児の約20%に遠隔転移をきたすといわれている。仮に遠隔転移をきたしたとしても,乳頭癌の予後は良好で,遠隔転移後の5年および10年...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2017/08/10

甲状腺癌Topics 第58回日本甲状腺学会学術集会 (内科)集学的治療で病勢をコントロールしている骨転移で発見された微少浸潤型甲状腺濾胞癌の1例

中島範昭/佐藤真実/峯岸道人/藤森啓成/大内憲明

Thyroid Cancer Explore Vol.2 No.2, 63-66, 2016

放射性ヨード(RAI)治療,外照射および骨転移に対する腫瘍切除術の集学的治療で病勢コントロールを行った骨転移で発見された微少浸潤型甲状腺濾胞癌の症例を経験したので報告する。

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/10

State of the Art(Thyroid Cancer Explore) 【臨床】 甲状腺濾胞癌の臨床

杉野公則

Thyroid Cancer Explore Vol.2 No.2, 32-38, 2016

甲状腺癌の診断は最終的に病理診断に基づくが,濾胞癌においては病理医により診断が異なる可能性があるという。術前診断から病理診断まで不確実性に満ちた本疾患に対して,臨床医としての確実な対処はなかなか...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/10

誌上ディベート T1bのlow risk乳頭癌の経過観察は成り立つか? 両論文に対するコメント

伊藤康弘

Thyroid Cancer Explore Vol.2 No.2, 48, 2016

10mm以下でN0M0のいわゆるlow-riskな微小癌に対して経過観察という治療選択肢が提案されてから,すでに20余年たつ。これは2010年に出た日本内分泌外科学会/日本甲状腺外科学会の甲状腺...

⇒全文を見る

category13.gif category05.gif

2017/08/10

CASE REPORT(Thyroid Cancer Explore) 家族性甲状腺乳頭癌家系におけるスクリーニング乳頭癌発見例での異時性単発性小脳転移の一例

大野毅/内野眞也/出口誠/松本佳子/菊地勝一/渡邉紳/鈴木倫保/野口志郎

Thyroid Cancer Explore Vol.2 No.2, 71-76, 2016

症例は50歳,女性,実母が71歳時甲状腺乳頭癌で手術歴あり,甲状腺スクリーニングを希望され当院を受診した。頸部超音波検査にて甲状腺右葉上極,左葉上極,左葉下極にそれぞれ最大径5,9,30mmの形...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/10

誌上ディベート T1bのlow risk乳頭癌の経過観察は成り立つか? 成り立たないという立場から

矢野由希子/筒井英光

Thyroid Cancer Explore Vol.2 No.2, 45-47, 2016

甲状腺分化型癌である乳頭癌は進行の速度が遅く,比較的予後の良い癌とされている。とりわけ,甲状腺微小乳頭癌は腫瘍径が10mm以下の腫瘤を指し,その存在は発見される甲状腺癌の約40%に及ぶとされる。...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/10

誌上ディベート T1bのlow risk乳頭癌の経過観察は成り立つか? 成り立つという立場から─疫学的見地からみた考察─

武部晃司

Thyroid Cancer Explore Vol.2 No.2, 40-44, 2016

『その癌種を早期に診断することで,その癌種死亡を減らすことができる場合,その癌種の早期診断・治療は有用である』,これが癌の早期発見・早期治療の是非を考えるうえでの大原則である。私は乳腺・甲状腺を...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/10

座談会(Round Table Discussion) 甲状腺癌に対する分子標的薬─誰に,いつ,何を─

田原信(司会)/清田尚臣/高橋俊二/小野田尚佳

Thyroid Cancer Explore Vol.2 No.2, 15-24, 2016

甲状腺癌の治療概略については,分化型甲状腺癌,髄様癌,未分化癌のいずれも基本は外科的切除であり,また分化型甲状腺癌では手術後に補助療法,あるいは再発時には放射性ヨウ素(RAI)治療が確立している...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/04

胃癌診療の歴史 第22回 Konjetznyによる胃癌の臨床 ~外科的治療の適応と治療成績~

岡島邦雄

胃がんperspective Vol.9 No.1, 72-77, 2017

引き続きKonjetzny著『Der Magenkrebs』1) を題材に当時の胃癌治療状況を繙いていく。今回は前回紹介した胃癌の診断に基づく外科的治療の適応からその治療成績までを概観していきたいと...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/04

レジデントからのQ&A 胃切除術では,どのステープルラインを埋没しますか?

大平寛典/梶原脩平/須田康一/宇山一朗

胃がんperspective Vol.9 No.1, 48-52, 2017

私個人の好みで,幽門側胃切除後の再建は残胃がやや大きい場合にはB-Ⅱ,小さい場合にはR-Y,を選択しています。ともにいわゆる逆蠕動風に60mmの縫合器を使用しています。施設毎に多少違...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/04

文献紹介 局所進行胃癌におけるD2郭清を伴う腹腔鏡下幽門側胃切除(LADG)の忍容性を検証する多施設共同前向きランダム化第Ⅱ相試験

谷口桂三

胃がんperspective Vol.9 No.1, 58-59, 2017

近年,腹腔鏡下幽門側胃切除(以下LADG)は毎年多くの患者さんに施行されている。StageⅠ胃癌を対象とした試験は日本と韓国で行われており,その安全性が報告されている。一方,進行胃癌...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/04

専門医のためのアトラス 癌の浸潤様式と悪性度

渡辺玄/味岡洋一/加藤卓/Annenkov Alexey/大橋瑠子/渡辺佳緒里/谷優佑/杉野英明/福田睦/近藤修平

胃がんperspective Vol.9 No.1, 30-34, 2017

癌の浸潤増殖様式は3段階(INFa:境界明瞭,膨脹性/INFc:境界不明瞭,浸潤性/INFb:前2者の中間)に分類され,INFc癌患者はINFa/b癌患者に比し予後不良と報告されている。

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/04

座談会(Round Table Discussion) 胃切除後患者のQOL向上を目指して

中田浩二/磯﨑博司/片井均/瀬戸泰之/高橋正純

胃がんperspective Vol.9 No.1, 5-15, 2017

QOL評価は患者ニーズに応える医療の提供に不可欠である。特に,胃癌領域では根治が見込める早期胃癌患者の増加に伴い,胃切除後のQOLへの関心が高まっている。QOL向上を期待して縮小手術が行われてい...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/13

特集 大腸癌診療 update 2016 進行再発大腸癌updatedガイドライン

室圭

Pharma Medica Vol.34 No.12, 33-38, 2016

治癒切除可能な大腸癌の標準治療は内視鏡もしくは外科的手術である。一方,切除不能な進行・再発大腸癌においては延命目的の化学療法が標準治療である。大腸癌化学療法における近年の進歩は著しいものがある。...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/13

特集 大腸癌診療 update 2016 術後補助化学療法のupdate

石黒めぐみ/石川敏昭/植竹宏之

Pharma Medica Vol.34 No.12, 27-32, 2016

この数年で,日本で行われた大腸癌術後補助化学療法に関する臨床試験の結果が次々と公表されている。これらを含む国内外の新たな知見をふまえ,前版である2014年版から化学療法領域のみが改訂された「大腸...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/13

特集 大腸癌診療 update 2016 大腸癌転移巣切除の意義と課題

沖英次/中西良太/杉山雅彦/藏重淳二/中島雄一郎/安藤幸滋/佐伯浩司/前原喜彦

Pharma Medica Vol.34 No.12, 23-26, 2016

大腸癌は,再発巣や転移巣の切除により生存期間を延長することが可能な癌である。たとえ初回治療で切除が不可能であっても,薬物治療後に切除可能であれば,切除することで予後の延長のみならず根治も期待でき...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/13

特集 大腸癌診療 update 2016 大腸癌手術の現状と将来展望

板橋道朗/小川真平/山本雅一

Pharma Medica Vol.34 No.12, 15-21, 2016

大腸癌に対する手術法は他の癌手術と同様,先人の築いた知識と技能の伝承からのコンセンサスにより形成されてきた。そしてその成果により,大腸癌研究会の大腸癌全国登録のデータによれば,20年間で大腸癌の...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/07

特集 がんのバイオマーカー:さらなる早期発見と的確な治療薬選択を目指して 細胞外小胞・エクソソームによるがん診断

門田宰/藤田雄/落谷孝広

Pharma Medica Vol.34 No.11, 9-13, 2016

2015年の人口動態統計によれば,がんが死因の第1位を占めており,その数は37万人にも及ぶ。一般的にがんの早期発見は,そのがんでの死亡を減少させるため,各種がんで早期発見の方法が研究されている。...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/11/18

Review(再生医療) 肝再生機構

宮島篤

再生医療 Vol.15 No.3,7-18, 2016

「はじめに」肝臓は体内における最大重量の実質臓器であり,各種の代謝,解毒,胆汁の産生,血清タンパク質の産生など多種多様な機能により生体の恒常性を保っている。肝臓が生命の源泉であることは古代より知...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2016/11/17

症例検討会 悪性葉状腫瘍

五味直哉/伊藤良則/笹野公伸/森園英智

CANCER BOARD of the BREAST Vol.2 No.2, 5-16, 2016

「症例:39歳」現病歴:平成〇〇年6月に左乳房外側のしこりに気付き近医受診,腫瘤摘出術を施行。同年10月に腫瘍が再発,がん研有明病院を紹介受診。家族歴:特記すべきことなし既往歴:特記すべきことな...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す