• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2016/11/18

Review(再生医療) 肝再生機構

宮島篤

再生医療 Vol.15 No.3,7-18, 2016

「はじめに」肝臓は体内における最大重量の実質臓器であり,各種の代謝,解毒,胆汁の産生,血清タンパク質の産生など多種多様な機能により生体の恒常性を保っている。肝臓が生命の源泉であることは古代より知...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2016/11/17

症例検討会 悪性葉状腫瘍

五味直哉/伊藤良則/笹野公伸/森園英智

CANCER BOARD of the BREAST Vol.2 No.2, 5-16, 2016

「症例:39歳」現病歴:平成〇〇年6月に左乳房外側のしこりに気付き近医受診,腫瘤摘出術を施行。同年10月に腫瘍が再発,がん研有明病院を紹介受診。家族歴:特記すべきことなし既往歴:特記すべきことな...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/26

特集 超高齢化時代の呼吸器診療 高齢者肺癌の治療エビデンスと今後の挑戦―外科の立場から― Treatment for elderly patients with lung cancer from the viewpoint of surgery

奥村明之進

THE LUNG perspectives Vol.24 No.3, 60-63, 2016

「Summary」日本胸部外科学会によれば2013年の1年間の肺癌手術症例は37,008例で,70歳以上の症例は52.2%と過半数を占め,80歳以上の症例も12%であった。肺癌登録合同委員会によ...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/23

私と胃癌 第1回 臨床医として“Art,Science,Humanity”の重要性―胃癌研究からの出発―

北島政樹

胃がんperspective Vol.8 No.4, 68-73, 2016

「胃癌研究の発端」昭和45年,青年医師連合による大学,教室改革という紛争の嵐の中,教育出張から帰局した私は何の教室ルールもない中で,同級生2人と胃グループに参加した。しばらく教授不在があり,研究...

⇒全文を見る

category13.gif category05.gif

2016/09/23

エキスパートの治療法―症例から考える― 食道浸潤を有する残胃癌の術式について

有上貴明/夏越祥次/利野靖

胃がんperspective Vol.8 No.4, 42-46, 2016

【症例提示 山口和也(岐阜大学医学部腫瘍外科学准教授)】「症例」年齢 性別:63歳,女性既往歴:1.38歳時,子宮筋腫にて子宮全摘術2.58歳時,胃癌にて開腹幽門側胃切除術,BillrothⅠ法再...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/23

専門医のためのアトラス 癌の壁深達度

伴慎一

胃がんperspective Vol.8 No.4, 32-40, 2016

胃癌の壁深達度は,胃癌の進行度(Stage)を決めるための局所浸潤度因子(T因子)そのものである。胃癌壁深達度診断に関連して注意すべき観点としては,リンパ節転移頻度が高率となり,胃癌内視鏡切除の...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/23

State of the art(胃がんperspective) 腹腔鏡下脾門部リンパ節郭清手技

森山大樹/永井英司/大内田研宙/中村雅史

胃がんperspective Vol.8 No.4, 24-31, 2016

胃上部の進行癌に対しては,これまで胃全摘術と脾摘術が標準的な術式として行われてきた。しかし,最近の大規模臨床試験で,脾摘群は脾温存群と比べて予後を改善しなかったため,大彎浸潤例を除く胃上部の進行...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/23

座談会(Round Table Discussion) 開腹胃癌手術の価値を見直す

佐野武/寺島雅典/西田靖仙/福永哲

胃がんperspective Vol.8 No.4, 5-12, 2016

胃癌に対する腹腔鏡手術が開始されて四半世紀が経過し,その技術・器械は目覚しい進化を遂げた。『胃癌治療ガイドライン(第4版)』でも,腹腔鏡下胃切除術は前版の「臨床研究としての治療」から「Stage ...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/20

特集 生殖医療UP-TO-DATE 子宮移植

木須伊織/阪埜浩司/青木大輔

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.23 No.3, 69-75, 2016

「Summary」近年,先天的もしくは後天的に子宮を失った子宮性不妊女性が自らのおなかで児を得るための1つの選択肢として子宮移植が考えられ,2014年10月には世界ではじめての生体間子宮移植後の...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/16

特集 新規抗血栓治療薬の実臨床における問題点 2.アテローム性脳梗塞症と抗血小板療法 Atherothrombotic stroke and antiplatelet therapy

内山真一郎

Angiology Frontier Vol.15 No.2, 20-27, 2016

「Summary」脳動脈疾患(CVD),冠動脈疾患(CAD),末梢動脈疾患(PAD)は不安定粥腫の破綻を契機に形成される血小板血栓による動脈の閉塞というメカニズムを共有し,アテローム血栓症(AT...

⇒全文を見る

category13.gif category05.gif

2016/09/16

目でみる血管障害 重症下肢虚血のWIfI分類

東信良

Angiology Frontier Vol.15 No.2, 1-5, 2016

「1 WIfI分類が生まれた背景」これまで,虚血肢の重症度を評価する尺度としてFontaine分類やRutherford分類が用いられてきた。しかし,糖尿病が爆発的に増え,それによって虚血による...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/06/03

Lecture in Illustration 外科領域のDIC

尾原秀明/北川雄光

Coagulation & Inflammation Vol.2 No.1, 18-19, 2016

「はじめに」播種性血管内凝固症候群(disseminated intravascular coagulation:DIC)は、種々の基礎疾患の存在下に、全身性かつ持続性に血管内で血液凝固機序が著しく...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

特集 内視鏡外科手術の現状と問題点 医療経済からみた内視鏡外科手術 Health economics and endoscopic surgery.

丸山嘉一/堀内雅代/幕内雅敏

Pharma Medica Vol.34 No.3, 49-53, 2016

「はじめに」近年,増加している内視鏡外科手術については,医療コストが高くなる反面,入院期間が短縮されるメリットがあるなど,その医療経済に及ぼす影響には無視できないものがある。本稿は,このような医...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

今が旬!マイクロRNA・エクソソーム最前線 マイクロRNAと血管疾患

樋田京子

血管医学 Vol.17 No.1, 71-76, 2016

全身の至る所に張り巡らされた血管はさまざまな疾患の発症,進展に大きく関与している.部位や組織によらず同一の性質を持つと思われてきた血管は疾患によって,また病期や個人によってその性状が異なることが...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

血清尿酸値に影響を与える薬剤 第5回 免疫抑制薬(2)

山内高弘/森田美穂子/上田孝典

高尿酸血症と痛風 Vol.24 No.1, 82-85, 2016

「ミゾリビンとシロリムス,エベロリムス」高尿酸血症のほとんどは原発性であるが,薬物投与に合併して二次性に高尿酸血症が生じることがある。薬物性高尿酸血症においても原発性と同様に尿酸産生過剰型,尿酸...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

特集 内視鏡外科手術の現状と問題点 肝胆膵内視鏡外科手術 Current status and problem for laparoscopic hepato-biliary-pancreatic surgery.

清水哲也/中村慶春/水口義昭/谷合信彦/野村務/内田英二

Pharma Medica Vol.34 No.3, 23-26, 2016

「はじめに」内視鏡手術の手技の向上と機器の発展により,腹腔鏡下肝胆膵手術は近年広く普及してきている。肝胆膵領域の腹腔鏡手術としては,1987年にMouretが腹腔鏡下胆囊摘出術を世界ではじめて報...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

特集 内視鏡外科手術の現状と問題点 内視鏡外科手術用機器の技術の進歩と医工連携 Technology advancement for endoscopic surgery device and medical-industrial partnership.

櫻井友尚

Pharma Medica Vol.34 No.3, 45-48, 2016

「はじめに」1990年初頭から本格的に普及が始まった内視鏡外科手術は,現在ではさまざまな診療科の手術に応用されている。内視鏡外科手術用の関連機器も,機能・性能面で大きな進歩を遂げた。本術式は,体...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

特集 内視鏡外科手術の現状と問題点 内視鏡外科手術教育 Educational system for laparoscopic surgery.

渡邉武志/川口翔平/森俊幸

Pharma Medica Vol.34 No.3, 39-42, 2016

「Ⅰ.内視鏡手術の浸透と発展」1987年フランスではじめてビデオ腹腔鏡下胆囊摘出術が施行され,瞬く間に世界中に広がっていった。日本においても1990年になり第1例が施行され1),1992年には腹...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

特集 内視鏡外科手術の現状と問題点 下部消化管内視鏡外科手術 Laparoscopic surgery for colorectal cancer.

須並英二/天野隆皓/赤井隆司/豊島明

Pharma Medica Vol.34 No.3, 17-22, 2016

「はじめに」歴史的には,腹腔鏡下大腸切除術はJacobらにより1991年に世界ではじめて報告され,わが国では1993年に渡邊らにより報告がなされた。以来,低侵襲手術実践のための手技として注目され...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

特集 内視鏡外科手術の現状と問題点 特集にあたって Introduction.

幕内雅敏

Pharma Medica Vol.34 No.3, 7-8, 2016

本特集では内視鏡外科手術を取り上げた。1983年Semmが腹腔鏡下虫垂切除をはじめて行い,その後良性疾患を中心にさまざまな領域で臨床応用がなされてきた。わが国では1990年山川らの腹腔鏡下胆囊摘...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す