• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2018/07/10

一目でわかるクリニカルレシピ 免疫力をアップして感染を防ぐ食事

尾内一信/市川和子/倉垣ひろみ/横山紗織/遠藤陽子

Pharma Medica Vol.36 No.5, 86-89, 2018

ワクチン、予防接種は病気にかからないこと、他人にうつさないこと、羅患した際に最小限で抑えるために行われます。それとともに体内の免疫を良くすることは私たちの体を守ってくれる重要な仕組みです。私たち...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/07/10

特集 ワクチン・予防接種:わが国における現状と課題 アカデミアから社会への発信

岩田敏

Pharma Medica Vol.36 No.5, 57-62, 2018

ワクチン先進国を目指すには,よりよい予防接種制度を整備し,より多くの方が適切にワクチン接種を受けられるようにして,ワクチンで予防できる疾病(vaccine preventable disease;V...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/07/10

特集 ワクチン・予防接種:わが国における現状と課題 あらためて浮かび上がったムンプス予防の必要性

守本倫子

Pharma Medica Vol.36 No.5, 43-46, 2018

ムンプス感染は,流行性耳下腺炎,おたふくかぜ,とも呼ばれている。ムンプスウイルスはパラミクソウイルス科に属するRNAウイルスであり,飛沫感染を起こし,感染力も強いが不顕性感染も30~40%あると...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/07/10

特集 ワクチン・予防接種:わが国における現状と課題 同時接種をどう考える 混合ワクチンの将来

藤岡雅司

Pharma Medica Vol.36 No.5, 29-32, 2018

2008年のHib(インフルエンザ菌b型)ワクチン以降,日本においても小児用ワクチンが次々と承認され,国内で使用できるワクチンの種類は大幅に増加した。また,2010年のワクチン接種緊急促進事業(...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/07/10

特集 ワクチン・予防接種:わが国における現状と課題 感染症根絶・排除の現状と課題 ~天然痘・ポリオ根絶から麻しん・風しん排除へ~

駒田謙一/蜂矢正彦

Pharma Medica Vol.36 No.5, 19-23, 2018

特定の感染症を世界から根絶・排除することにより,疾病負担を削減し臨床・公衆衛生コストを下げることができる。過去には天然痘が根絶(eradication)に成功したが,ポリオは根絶まであと一歩の状...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/07/10

特集 ワクチン・予防接種:わが国における現状と課題 忘れないで受けてほしい定期の予防接種

宮崎千明

Pharma Medica Vol.36 No.5, 15-18, 2018

わが国の予防接種は,予防接種法による定期接種と,法に基づかない任意接種に分かれる。予防接種法は,ワクチンで予防可能な疾病の蔓延を予防し,公衆衛生の向上に寄与するとともに,予防接種による健康被害の...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/07/02

Pro/Con紙上討論 第17回 食物アレルギー発症予防のための離乳食の早期導入 Conの立場から

近藤康人

喘息・アレルギー Vol.30 No.2, 75-78, 2017

2000年,米国小児科学会は食物アレルギー予防の目的でアレルギー発症リスクの高い乳児に対し,乳製品の導入は1歳まで,卵は2歳まで,ピーナッツは3歳まで遅らせることを推奨した1)。しかしその後の出...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/07/02

Pro/Con紙上討論 第17回 食物アレルギー発症予防のための離乳食の早期導入 エディターズコメント

海老澤元宏

喘息・アレルギー Vol.30 No.2, 79, 2017

食物アレルギーが先進国を中心にして世界的に増加傾向にあり,重症化している可能性が示唆されている。乳児期に発症する鶏卵・牛乳・小麦アレルギーなどではそう痒を伴う乳幼児アトピー性皮膚炎に合併して発症...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/07/02

Pro/Con紙上討論 第17回 食物アレルギー発症予防のための離乳食の早期導入 Proの立場から

高増哲也

喘息・アレルギー Vol.30 No.2, 70-74, 2017

生まれた直後から食事を食べる人はいない。母乳やその代わりとなる育児用ミルクを哺乳することで栄養を摂取する。生後数ヵ月すると,離乳食を食べはじめるようになるが,それは嚥下機能や消化機能の発達に合わ...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/07/02

特集 食物アレルギー診療ガイドライン2016 消化管アレルギーとその関連疾患

山田佳之

喘息・アレルギー Vol.30 No.2, 64-68, 2017

改訂された『食物アレルギー診療ガイドライン2016』では2012年版から記載のある新生児・乳児消化管アレルギーに加え,消化管アレルギー関連疾患であり指定難病ともなった好酸球性消化管疾患(EGID...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/07/02

特集 食物アレルギー診療ガイドライン2016 経口免疫療法の位置づけ

佐藤さくら

喘息・アレルギー Vol.30 No.2, 58-63, 2017

『食物アレルギー診療ガイドライン2016』では,経口免疫療法(OIT)の食物アレルギー診療における位置づけを明確に示している。OITは「自然経過では早期に耐性獲得が期待できない症例」に対し選択さ...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/07/02

特集 食物アレルギー診療ガイドライン2016 症状の重症度判定と対症療法

伊藤靖典

喘息・アレルギー Vol.30 No.2, 53-57, 2017

食物アレルギーによる誘発症状は,臓器ごとに重症度を判定し重症度に基づいた治療を行う。各臓器(皮膚・粘膜,呼吸器,消化器,神経,循環器)症状をグレード1~3に分類し,グレード3およびグレード2の一...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/07/02

特集 食物アレルギー診療ガイドライン2016 食物アレルゲンの知識と臨床応用

岡藤郁夫

喘息・アレルギー Vol.30 No.2, 48-52, 2017

食物アレルゲンの知識を深めることは,食物アレルギー患者に対するアレルギーを起こさせないための具体的な食事指導にダイレクトにつながる。本稿では「食物アレルゲンに親しむこと」を目的とし,頻度の高い食...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/07/02

特集 食物アレルギー診療ガイドライン2016 改訂のポイント

海老澤元宏

喘息・アレルギー Vol.30 No.2, 44-47, 2017

『食物アレルギー診療ガイドライン2012』を発刊してから5年が経過し,食物アレルギーの領域では国内外から大量の研究成果が発表されている。それを受けて『食物アレルギー診療ガイドライン2016』は大...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/07/02

特集 喘息の加齢による変化─高齢者喘息を中心に─ 小児科領域からみた加齢の影響

小田嶋博

喘息・アレルギー Vol.30 No.2, 29-35, 2017

小児期には喘息が発症し,ある者は寛解し,ある者は成人に移行していく。小学生でみれば発症は3歳までが多く,その後,小学生の時期に約半分は寛解する。思春期は寛解の時期であると同時に,増悪,難治化する...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/09

海外情報 The Children's Hospital of Philadelphia

遠藤誠之

再生医療 Vol.17 No.1, 60-62, 2018

フィラデルフィア国際空港から,車をセンターシティへ向かってハイウェイを走らせる。プロバスケットボールのチーム名にもなっている76号線を北上する。センターシティの摩天楼がちょうど正面に見えるように...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/09

私のモチベーション 与えられた場で最善を尽くしてみえてくるもの

小川俊一

Fetal & Neonatal Medicine Vol.9 No.3, 42-45, 2017

1979年に日本医科大学を卒業し,そのまま母校の小児科学教室に入局しました。単純に子どもが好きという理由で,学生時代から小児科医になろうと決めていたからです。入局当時は植田穣教授のご専門であった...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/09

私たちの取り組みPick Up 投与計画管理表でRSウイルス感染の流行前からパリビズマブの投与を管理

新井順一

Fetal & Neonatal Medicine Vol.9 No.3, 46-50, 2017

RSウイルスは乳幼児に肺炎や細気管支炎などを引き起こす主要な原因ウイルスです。RSウイルス感染症は,母体移行抗体が存在する乳児期前半にもみられます。さらに乳児期前半は呼吸機能が未熟で免疫能も低い...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/09

国内学会・研究会報告 第27回 日本産婦人科・新生児血液学会学術集会を開催して

大戸斉

Fetal & Neonatal Medicine Vol.9 No.3, 40-41, 2017

2017年6月2~3日に福島県福島市のコラッセふくしまにて第27回日本産婦人科・新生児血液学会学術集会を開催しました。70題近くの一般演題と約300名の方にご参加をいただき,盛会のうちに終了しま...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/09

国際学会Report International Neonatal Consortium(INC)3rd Annual Meeting

北東功

Fetal & Neonatal Medicine Vol.9 No.3, 38-39, 2017

International Neonatal Consortium(INC)とは,米国の非営利団体であるCritical Path Instituteが2015年に立ち上げたコンソーシアムである。設立の...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す