• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2018/01/19

特集 超高齢社会における循環器疾患 臨床 超高齢循環器疾患患者の在宅医療

弓野大

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.3, 69-73, 2017

高齢者心不全は,不可逆的に進行し,経過が長く,医療や介護を要する期間が長いのが特徴ともいえる。また脳血管障害や認知症,フレイルなどの併存,そして生活環境の問題もあり,基幹病院による専門医ではなく...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2018/01/19

目でみるページ Cardiovascular Pathology 病理でみる心臓の加齢変化

加藤誠也

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.2, 7-12, 2017

本来,加齢(aging)は誕生,成熟,やがて衰弱し死を迎える長い過程を指すため,必ずしもその後半部分に訪れる老化(senescence)とはイコールではないが,現実的にはほぼ同じ意味で用いられる...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/19

特集 超高齢社会における循環器疾患 トピック デスティネーション治療(DT)としての補助人工心臓

安斉俊久

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.2, 57-60, 2017

移植待機患者に対する植込み型左心補助人工心臓(left ventricular assist device:LVAD)は,拍動式の体外設置型から連続流式の植込み型へと時代は進歩し,合併症の軽減とともに...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/19

特集 超高齢社会における循環器疾患 トピック 循環器患者とACP(Advance Care Planning)

大石醒悟

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.2, 51-55, 2017

人口の高齢化とともに,循環器疾患患者は増加の一途を辿っている。その内訳として,急性心筋梗塞は治療の発展とともに減少してきたが,心不全患者は増加の一途を辿っている。これは症候群である心不全が心筋梗...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/19

特集 超高齢社会における循環器疾患 臨床 超高齢社会における緩和医療と終末期ケア

野々木宏

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.2, 47-50, 2017

日本における高齢化は60歳以上が人口の30%,75歳以上が15%以上となり,世界に先駆けて超高齢社会へ突入している。低侵襲手術,移植医療や人工心臓をはじめとする補助循環の導入で,これまで致命的で...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/19

特集 超高齢社会における循環器疾患 臨床 超高齢患者における循環器疾患の治療目標

和泉徹/阿部暁/上原彰史/渡部裕/和泉由貴/鈴木順夫/小幡裕明

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.2, 39-45, 2017

わが国は紛れもない超高齢社会に突入している。平成27(2015)年10月1日現在,総人口は1億2,711万人,その26.7%の3,392万人が65歳以上の高齢者である1)。世界保健機構(WHO)...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/19

特集 超高齢社会における循環器疾患 臨床 循環器疾患をもつ超高齢者をどう評価するか

横山広行

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.2, 33-37, 2017

循環器疾患をもつ超高齢者を診療するとき,併存疾患の評価はとても重要である。急性・慢性心不全の診断と治療に関する2016 ESC Guidelines1)において虚血性心疾患,悪液質とサルコペニア,糖...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/19

特集 超高齢社会における循環器疾患 臨床 疫学からみるわが国の超高齢者循環器疾患の特徴

柴田龍宏/福本義弘

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.2, 27-31, 2017

わが国は2007年に総人口における65歳以上の高齢者が占める割合(高齢化率)が21%を超え,「超高齢社会」となった。総人口が減少する一方で高齢化率は上昇し続け,2060年には高齢化率約40%とな...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/19

特集 超高齢社会における循環器疾患 基礎 血管内皮機能と老化

東幸仁

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.2, 23-26, 2017

平成27年度の国勢調査に基づいた厚生労働省の統計によると,全国の平均寿命は,男性が80.79歳,女性は87.5歳であった。男性はスイス,アイスランドの81歳に次いで世界第3位で,女性は世界第1位...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/19

特集 超高齢社会における循環器疾患 基礎 老化のシグナリング

若杉嵩幸/清水逸平/吉田陽子/南野徹

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.2, 17-21, 2017

老化とは,加齢とともに個体の生理機能が低下する生命現象である。われわれの体を構成する細胞は,無限に分化・増殖をすることはできず,主にp53を介したシグナルにより不可逆な分裂停止に陥る。また,酸化...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/19

特集 超高齢社会における循環器疾患 座談会 超高齢者パンデミック時代における循環器診療

木原康樹/和泉徹/野々木宏/横山広行

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.2, 61-65, 2017

木原 今回の座談会では超高齢者パンデミック時代における循環器診療の課題を先生方にご指摘いただいて,直面している困難を浮き彫りにしていきたいと思います。まずは和泉先生より超高齢時代を迎えたわが国に...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/19

特集 超高齢社会における循環器疾患 総論

木原康樹

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.2, 15, 2017

わが国の医療現場が高齢者シフトを起こしていることに異論は少ない。高齢者問題は統計学上の問題であったり,近未来の問題であったりした訳であるが,ここに至り現実のものとしてわれわれの医療を覆い始めてい...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/12

特集 細胞老化update ハエからみた細胞老化

井藤喬夫/井垣達吏

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.4, 43-48, 2017

細胞老化は,がんの進行に対して抑制的にも促進的にも働くと考えられている。我々は,ショウジョウバエを用いて腫瘍の悪性化メカニズムを解析する過程で,細胞老化現象がショウジョウバエ上皮においても保存さ...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/12

特集 細胞老化update 特集にあたって

南野徹

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.4, 17, 2017

細胞は一定の分裂後,テロメアの短縮に伴って細胞周期を停止し,細胞老化の状態となる。酸化ストレスやメタボリックストレスなどによりDNA損傷が生じると,テロメア非依存的に分裂を停止し,細胞老化の形質...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/12

特集 細胞老化update p53と細胞老化

田中知明

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.4, 57-61, 2017

現在,日本のみならず世界的に高齢化社会が進行しており,2050年には,世界の全人口の約18%が65歳以上になると予想されている。このような高齢化社会の進行に伴って,老化関連疾患,すなわち悪性腫瘍...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/12

総説 HIV感染症/AIDSとエイジング

鍬田伸好/満屋裕明

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.4, 62-70, 2017

後天性免疫不全症候群(acquired immune deficiency syndrome:AIDS)の病原体がヒトレトロウイルス〔後にヒト免疫不全ウイルス(human immunodeficiency...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/12

特集 細胞老化update 加齢関連肺疾患における細胞老化とオートファジー

桑野和善/荒屋潤/原弘道/皆川俊介

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.4, 49-56, 2017

オートファジーは,ユビキチン・プロテアソーム機構とともに,細胞内自己成分の分解処理機構である。リン脂質の二重膜様構造からなるオートファゴゾームと呼ばれる小胞によって,タンパク質や小器官を囲い込み...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/12

特集 細胞老化update ステムセルエイジングの特徴とメカニズム

小林央/田久保圭誉

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.4, 37-42, 2017

多細胞生物は,機能分化した組織・臓器が協調することで,生涯にわたる個体の恒常性を維持している。組織幹細胞は,自己複製能および分化能を有する細胞で,多くの組織・臓器の維持に重要な役割を果たしている...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/12

特集 細胞老化update 老化細胞除去モデルとsenolytic薬

三河隆太/杉本昌隆

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.4, 30-36, 2017

哺乳動物の正常細胞を試験管内で培養すると,やがて「細胞老化」と呼ばれる恒久的な増殖停止状態に陥る。細胞老化は,古くから生体において極めて重要な癌抑制機構として機能することが知られていた。しかし近...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/12

特集 細胞老化update 細胞老化とSASPの生体における役割

大谷直子

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.4, 23-29, 2017

細胞老化とは,細胞に強いDNA 損傷が生じた際に,異常をきたした細胞を増殖させないために,細胞周期を不可逆的に停止させる生体防御機構であり,重要ながん抑制機構であることが知られている。しかし,アポ...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す