• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2017/07/27

特集 呼吸リハビリテーション:サイエンスからみた将来展望 高齢者の運動能力を改善する栄養としての乳脂肪球皮膜の役割

下豊留玲/太田宣康

THE LUNG perspectives Vol.24 No.4, 74-78, 2016

生乳は哺乳類新生児の最初で唯一の栄養源であり,その発育,特に運動器である筋骨格系の発達に大きく影響する。筋骨格系に対する生乳の効果は,その水溶性画分に含まれるホエイタンパク質(whey prote...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/27

特集 呼吸リハビリテーション:サイエンスからみた将来展望 サルコペニアを防ぐ:病態と治療

荒木厚

THE LUNG perspectives Vol.24 No.4, 57-61, 2016

サルコペニアは筋肉量低下かつ筋力低下または身体能力低下と定義される。慢性閉塞性肺疾患(COPD)は慢性全身性炎症性疾患であり,呼吸筋や四肢筋肉の機能異常によってサルコペニアやフレイルが起こりやす...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/13

アメリカエイジング研究の現場から 研究最前線レポート 第27回 Obesity Paradox:太っていたほうが病気のときは回復力が強い!?

金木正夫

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.1, 119, 2017

最近,サルの研究でもカロリー制限が寿命を延ばすことが再確認されました。肥満は,糖尿病,高血圧,動脈硬化,がん,認知症の発症を増やすことが知られています。ですから,肥満のほうが正常体重(normal...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/13

特集 画像からみたアンチエイジング 胃・食道老化と画像

齋田幸久

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.1, 44-50, 2017

老化あるいは加齢現象は,自然界の生物にとって避けられない現象である。ヒトの老化あるいは加齢現象はその外観だけでなく,身体内部にも大きな変化を生じ,日頃,直接目にすることのない消化管もその例外では...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/03

QUESTION & ANSWER(インフルエンザ) キットを使わずに,インフルエンザウイルス感染と普通のかぜを臨床的に見分ける方法はありますか.

岩城紀男

インフルエンザ Vol.18 No.1, 27-28, 2017

いわゆるかぜは,パラインフルエンザウイルス,アデノウイルス,ヒトメタニューモウイルス,RSウイルスなどにより引き起こされ,5~7日の潜伏期間ののち鼻水,咽頭痛,咳の症状がみられますが比較的症状は...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/07/03

Influenza座談会 インフルエンザの院内・施設内感染の予防対策

鍋島篤子/渡辺彰/柏木征三郎

インフルエンザ Vol.18 No.1, 9-14, 2017

柏木(司会):病院や施設では,高齢者をはじめとするインフルエンザの高リスク群が集団で生活していることから,流行時の予防対策がきわめて重要です.本日は院内感染対策を研究されている鍋島先生と渡辺先生...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/29

Focus 最新の話題 高齢者の多剤併用における処方整理の考え方 ―運動器慢性疼痛に対する鎮痛薬の処方整理を踏まえて―

金子英司

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.2, 52-57, 2016

多くの高齢者は複数の疾患を抱えており,各診療科を受診することでポリファーマシー(以下,多剤併用)に至るため,薬の飲み忘れ・飲み間違い,重複処方,薬物相互作用などによる有害事象のリスク増大という問...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/29

Orthopaedic Forum 整形外科領域における様々な話題 高齢者におけるサルコペニアと筋力トレーニング

酒井義人

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.2, 48-50, 2016

サルコペニアとは加齢により起こる骨格筋量の減少であり,測定法や定義が確立されてきたことを契機に,近年,サルコペニアの基礎的および臨床的研究が世界的に盛んに行われ,病態解明が進みつつあると同時に治...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/28

座談会 血友病とエイジング

西田恭治/澤田暁宏/長尾梓/岡本学/関義信

Frontiers in Haemophilia Vol.4 No.1, 6-17, 2017

西田:1970年代までは血友病患者さんは成人することも困難でしたが,1980年代以降の血液凝固因子製剤の普及・進歩により,血友病領域でもエイジングが話題になる時代を迎えました.もちろんこれは先進...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/15

特集 2型糖尿病の最新治療のために必要な知識 高齢者糖尿病診療に必要なADL評価法と認知機能評価法

荒木厚

Pharma Medica Vol.35 No.4, 25-30, 2017

超高齢社会となり,高齢糖尿病患者,特に75歳以上の高齢糖尿病患者が増加している。こうした糖尿病患者は,加齢による臓器機能の低下に加えて,日常生活労作(activities of daily livin...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 統合失調症診療の新たな展開 認知機能障害とその改善

福島和郎/住吉太幹

Pharma Medica Vol.34 No.9, 33-35, 2016

「Ⅰ. 統合失調症の認知機能障害」統合失調症の中核症状として,妄想・幻覚などの陽性症状や,感情の平板化・引きこもりなどの陰性症状の他に,(神経)認知機能障害(cognitive impairment i...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 統合失調症診療の新たな展開 統合失調症の地域生活支援:愛媛県愛南町の実践より

長野敏宏

Pharma Medica Vol.34 No.9, 37-40, 2016

「はじめに」統合失調症患者が使える生活支援の状況は,この十数年,目まぐるしく変化している。障害者自立支援法(現 障害者総合支援法),介護保険法が整備される前は,保健所保健師,自治体保健師,生活保護...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 統合失調症診療の新たな展開 統合失調症の診断の動向:DSM-5を踏まえて

橋本直樹/久住一郎

Pharma Medica Vol.34 No.9, 9-12, 2016

「はじめに」統合失調症の生涯有病率は0.3~0.7%と高く,2014年の患者調査では,国内に77万1千人の患者がいると推測されている。われわれ精神科医にとって,統合失調症はごくありふれた,遭遇頻...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 統合失調症診療の新たな展開 特集にあたって

大森哲郎

Pharma Medica Vol.34 No.9, 7, 2016

統合失調症の急性期治療として,高力価のハロペリドールと低力価のクロルプロマジンを併用し,しかも高確率で出現するパーキンソン症状に対して予防的に抗コリン薬も処方するのが標準的であった時代はずいぶん...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 統合失調症診療の新たな展開 アドヒアランスに着目した薬剤師の関わり方

坂東寛/桐野靖

Pharma Medica Vol.34 No.9, 49-52, 2016

「はじめに」統合失調症の治療は,薬物療法と精神療法やリハビリテーションなどの心理社会的な治療を組み合わせて行う。薬物療法は急性期から回復期とすべての時期において重要であり,適切な薬剤を長期間服薬...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 統合失調症診療の新たな展開 当事者同士による支援

向谷地生良

Pharma Medica Vol.34 No.9, 45-48, 2016

「はじめに」精神障害者退院促進支援事業(2003年)が始まって以来,地域差はあるものの精神科治療の現場にピアサポーターが来訪し,「当事者同士による支援」を展開する光景が普通にみられるようになった...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 統合失調症診療の新たな展開 就労支援:チーム医療・支援が患者の人生を変える

西浦竹彦

Pharma Medica Vol.34 No.9, 41-44, 2016

「はじめに」「やっぱり働きたいなぁ……」そう話す患者は自信がなさそうにいったん俯くが,やがて視線を上げ,こちらの表情をうかがう。その様子は,自分の言葉が医師にどう響いているか探るようである。長い...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 統合失調症診療の新たな展開 生命予後とその改善

田尻美寿々/鈴木雄太郎

Pharma Medica Vol.34 No.9, 25-31, 2016

「はじめに」統合失調症患者は,一般人口に比して15~20年寿命が短いとされる1)。米国の大規模な縦断的コホートにおいて,成人の統合失調症患者は,観察期間中の標準化死亡比が一般人口に比して3.7倍...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 統合失調症診療の新たな展開 治療抵抗性統合失調症への試み

沼田周助

Pharma Medica Vol.34 No.9, 21-24, 2016

「はじめに」統合失調症の20~30%は治療抵抗性であると報告されている1)。治療抵抗性統合失調症患者に対するクロザピンの有効性は複数の研究で示されており2)-6),現在,クロザピンは治療抵抗性統...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 統合失調症診療の新たな展開 日本の薬物治療ガイドライン

伊賀淳一

Pharma Medica Vol.34 No.9, 17-19, 2016

「はじめに」日本では統合失調症の薬物治療において多剤併用の頻度が高いことが長年問題となっており,エビデンスに基づく医療の普及・均てん化の必要性が認識されていた。しかし,これまでエビデンスに基づい...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す