• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2017/02/06

特集 統合失調症診療の新たな展開 認知機能障害とその改善

福島和郎/住吉太幹

Pharma Medica Vol.34 No.9, 33-35, 2016

「Ⅰ. 統合失調症の認知機能障害」統合失調症の中核症状として,妄想・幻覚などの陽性症状や,感情の平板化・引きこもりなどの陰性症状の他に,(神経)認知機能障害(cognitive impairment i...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 統合失調症診療の新たな展開 統合失調症の地域生活支援:愛媛県愛南町の実践より

長野敏宏

Pharma Medica Vol.34 No.9, 37-40, 2016

「はじめに」統合失調症患者が使える生活支援の状況は,この十数年,目まぐるしく変化している。障害者自立支援法(現 障害者総合支援法),介護保険法が整備される前は,保健所保健師,自治体保健師,生活保護...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 統合失調症診療の新たな展開 統合失調症の診断の動向:DSM-5を踏まえて

橋本直樹/久住一郎

Pharma Medica Vol.34 No.9, 9-12, 2016

「はじめに」統合失調症の生涯有病率は0.3~0.7%と高く,2014年の患者調査では,国内に77万1千人の患者がいると推測されている。われわれ精神科医にとって,統合失調症はごくありふれた,遭遇頻...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 統合失調症診療の新たな展開 特集にあたって

大森哲郎

Pharma Medica Vol.34 No.9, 7, 2016

統合失調症の急性期治療として,高力価のハロペリドールと低力価のクロルプロマジンを併用し,しかも高確率で出現するパーキンソン症状に対して予防的に抗コリン薬も処方するのが標準的であった時代はずいぶん...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 統合失調症診療の新たな展開 アドヒアランスに着目した薬剤師の関わり方

坂東寛/桐野靖

Pharma Medica Vol.34 No.9, 49-52, 2016

「はじめに」統合失調症の治療は,薬物療法と精神療法やリハビリテーションなどの心理社会的な治療を組み合わせて行う。薬物療法は急性期から回復期とすべての時期において重要であり,適切な薬剤を長期間服薬...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 統合失調症診療の新たな展開 当事者同士による支援

向谷地生良

Pharma Medica Vol.34 No.9, 45-48, 2016

「はじめに」精神障害者退院促進支援事業(2003年)が始まって以来,地域差はあるものの精神科治療の現場にピアサポーターが来訪し,「当事者同士による支援」を展開する光景が普通にみられるようになった...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 統合失調症診療の新たな展開 就労支援:チーム医療・支援が患者の人生を変える

西浦竹彦

Pharma Medica Vol.34 No.9, 41-44, 2016

「はじめに」「やっぱり働きたいなぁ……」そう話す患者は自信がなさそうにいったん俯くが,やがて視線を上げ,こちらの表情をうかがう。その様子は,自分の言葉が医師にどう響いているか探るようである。長い...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 統合失調症診療の新たな展開 生命予後とその改善

田尻美寿々/鈴木雄太郎

Pharma Medica Vol.34 No.9, 25-31, 2016

「はじめに」統合失調症患者は,一般人口に比して15~20年寿命が短いとされる1)。米国の大規模な縦断的コホートにおいて,成人の統合失調症患者は,観察期間中の標準化死亡比が一般人口に比して3.7倍...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 統合失調症診療の新たな展開 治療抵抗性統合失調症への試み

沼田周助

Pharma Medica Vol.34 No.9, 21-24, 2016

「はじめに」統合失調症の20~30%は治療抵抗性であると報告されている1)。治療抵抗性統合失調症患者に対するクロザピンの有効性は複数の研究で示されており2)-6),現在,クロザピンは治療抵抗性統...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 統合失調症診療の新たな展開 日本の薬物治療ガイドライン

伊賀淳一

Pharma Medica Vol.34 No.9, 17-19, 2016

「はじめに」日本では統合失調症の薬物治療において多剤併用の頻度が高いことが長年問題となっており,エビデンスに基づく医療の普及・均てん化の必要性が認識されていた。しかし,これまでエビデンスに基づい...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 統合失調症診療の新たな展開 統合失調症の発症予防:臨床的ハイリスク群への早期介入研究から

桂雅宏/松本和紀

Pharma Medica Vol.34 No.9, 13-16, 2016

「はじめに」統合失調症の発症予防に関する議論は,精神病を将来発症するリスクを臨床的に規定した臨床的ハイリスク群であるAt-Risk Mental State(ARMS)についての研究により,近年大き...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/26

特別寄稿 超高齢社会とジェロントロジー─高齢者の健康寿命を障害するフレイルとサルコペニアをめぐって

大内尉義

O.li.v.e.―骨代謝と生活習慣病の連関― Vol.6 No.3, 4-5, 2016

わが国の高齢化はこれからもさらに進み,2025年問題に象徴されるように,今後75歳以上の後期高齢者が著しく増加し,いわゆる超高齢社会の到来が間近に迫っている.超高齢社会の問題は,医療・介護の分野...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/25

特集 高血圧を再考する:注目点とこれからの診療 認知症高齢者の高血圧診療の実際

小原克彦

Pharma Medica Vol.34 No.8, 43-46, 2016

「はじめに」高血圧と軽度認知機能障害(mild cognitive impairment;MCI),認知症の関係に関しては,中年期の高血圧が高齢期の認知機能低下のリスクとなることが示されており,中年...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/25

特集 高血圧を再考する:注目点とこれからの診療 新たな血圧変動指標による降圧目標の確立

今泉悠希/星出聡/苅尾七臣

Pharma Medica Vol.34 No.8, 31-36, 2016

「はじめに」心血管疾患の最大のリスクファクターは高血圧である。これまで高血圧の診断には安静時に複数回測定した血圧の平均値を用いてきた。各国の高血圧診療ガイドラインでも,高血圧の診断と治療は血圧レ...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/19

うつ病診療のUpdate アンケート・座談会 (座談会)うつ病と認知症

馬場元/天野直二/水上勝義

DEPRESSION JOURNAL Vol.4 No.2, 11-15, 2016

馬場(司会):うつ病と認知症はどちらも高齢者に多くみられる疾患で,相互に合併する頻度が高く,また長期経過においてうつ病から認知症に移行する例も少なくありません.近年,画像診断技術は格段に進歩して...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/19

うつ病診療のUpdate アンケート・座談会 (アンケート)うつ病と認知症

馬場元

DEPRESSION JOURNAL Vol.4 No.2, 4-10, 2016

「アンケート概要」実施日:2016年3月1日~3月24日対象:主に,過去5年間に日本うつ病学会・日本精神神経学会・日本神経精神薬理学会・日本臨床精神神経薬理学会などでうつ病に関する発表を行った研...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/27

総説 睡眠とアンチエイジング 睡眠とアンチエイジング

井下綾子/葛西隆敏

アンチ・エイジング医学 Vol.12 No.4, 74-81, 2016

「質のよい睡眠とは」睡眠には心身の疲労を回復する働きがあるため,睡眠が量的に不足したり,質的に悪化したりすると,健康上の問題や生活への支障が発生する。そして,心疾患,脳血管疾患など日本国民の死亡...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/27

特集 認知機能のアンチエイジング 神経細胞新生能の活性化と認知機能アンチエイジング A prophylactic anti-ageing strategy through promoted neurogenesis for cognitive decline improvement

米田幸雄/倉本展行

アンチ・エイジング医学 Vol.12 No.4, 63-70, 2016

「はじめに」生活の質を改善するとの観点からは,医薬品が喫緊の発作や症状を軽減するのは素晴らしいことですが,医薬品を使用する場合には副作用の出現を避けるのが難しく,そのことが医薬品が両刃の剣といわ...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/27

特集 認知機能のアンチエイジング 睡眠と認知機能アンチエイジング Sleep and its antiaging effect in cognitive function decline

清水徹男

アンチ・エイジング医学 Vol.12 No.4, 58-62, 2016

「はじめに」よい睡眠をとることで,認知症の発症や加齢に伴う知的能力の低下に対抗できるか,という問題は非常に重要である。24時間社会を迎え,国民の睡眠時間は短縮する傾向にあることに加え,認知症発症...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/27

特集 認知機能のアンチエイジング ストレスと認知機能アンチエイジング Adaptive stress response and anti-aging strategies against cognitive decline

布村明彦

アンチ・エイジング医学 Vol.12 No.4, 51-57, 2016

「はじめに」ストレス学の父,ハンス・セリエ(Selye H,1907~1982年)は,刺激が加わったときに生体が示す反応をストレスと呼び,ストレス反応を引き起こす物理的,化学的,生物的,ならびに精...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す