• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2018/08/17

一目でわかるクリニカルレシピ 高齢者医療におけるポリファーマシー対策

二宮洋子/末瀧恵子/槇枝亮子/遠藤陽子/市川和子

Pharma Medica Vol.36 No.7, 56-59, 2018

近年特に高齢者におけるポリファーマシーの問題が取りざたされています。ポリファーマシーとは薬を多種類併用することで、薬による有害事象が起こっている状態をいいます。2015年の中央社会保険医療協議会...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/08/17

特集 高齢者医療におけるポリファーマシー対策 ブラウンバッグ運動からみえてきたかかりつけ薬剤師業務

金澤幸江

Pharma Medica Vol.36 No.7, 41-44, 2018

2016年に厚生労働省から発表された『患者のための薬局ビジョン~「門前」から「かかりつけ」,そして「地域へ」~』1)には,これからの薬剤師・薬局のあり方として,「健康サポート機能」,「服薬情報の...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/08/17

特集 高齢者医療におけるポリファーマシー対策 院内医薬連携システムとその効果

小久江伸介/大野能之

Pharma Medica Vol.36 No.7, 35-39, 2018

ポリファーマシーは薬物有害事象のリスクを増加させるため1),薬物治療の評価や見直しが重要であり,薬剤師の積極的な関与が求められている2)。薬剤師は患者の薬に対する理解度や残薬の確認,薬物相互作用...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/08/17

特集 高齢者医療におけるポリファーマシー対策 病院内における処方適正化チームの役割(高齢者薬物療法適正化チーム)

溝神文博

Pharma Medica Vol.36 No.7, 31-34, 2018

昨今,ポリファーマシー問題は注目を集め,高齢者医療にとって重要な課題であるといえる。ポリファーマシーが関わる問題点としては,薬物有害事象の発現頻度が6剤以上で上昇するという報告1),処方の複雑化...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/08/17

特集 高齢者医療におけるポリファーマシー対策 多職種協働によるポリファーマシー対策

鈴木裕介

Pharma Medica Vol.36 No.7, 27-30, 2018

高齢者診療における薬物療法の比重は大きく,特に外来診療においては投薬が主な診療行為である。医師にとっては「処方箋を書く(あるいは最近では電子カルテに打ち込む)」という行為は医師のみに裁量が委ねら...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/08/17

特集 高齢者医療におけるポリファーマシー対策 精神神経領域のポリファーマシー対策

水上勝義

Pharma Medica Vol.36 No.7, 23-26, 2018

高齢者では,うつ病,不眠症,妄想症,認知症をはじめ,さまざまな精神神経症状がみられる。これらは,脳の老化や血管障害などの器質的要因と,喪失体験や周囲の環境などの心理環境要因が作用して現れることが...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/08/17

特集 高齢者医療におけるポリファーマシー対策 生活習慣病領域のポリファーマシー対策

竹屋泰

Pharma Medica Vol.36 No.7, 17-21, 2018

生活習慣病は罹患者数も多く,罹患率は加齢とともに増加するため,生活習慣病領域の薬剤を服用している高齢者は多い。医療者や患者にとって最も身近な疾患であり,この領域でのポリファーマシーを日頃から意識...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/08/17

特集 高齢者医療におけるポリファーマシー対策 ポリファーマシー関連の医療費と診療報酬改定による取り組み

浜田将太

Pharma Medica Vol.36 No.7, 13-16, 2018

ポリファーマシーとは,薬物有害事象のリスクの上昇,服薬過誤,服薬アドヒアランスの低下といった薬物療法上の諸問題につながる状態のことをいう。これらの臨床上の問題だけではなく,ポリファーマシーは,薬...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/08/17

特集 高齢者医療におけるポリファーマシー対策 ポリファーマシーの問題と原因

小島太郎

Pharma Medica Vol.36 No.7, 9-12, 2018

近年高齢患者におけるポリファーマシーが注目されるようになり,2016年4月の診療報酬改定では,薬物総合評価調整管理料が新設された。薬剤の見直しにより処方薬剤数が2剤以上減少した場合には250点加...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/08/17

特集 高齢者医療におけるポリファーマシー対策 特集にあたって

秋下雅弘

Pharma Medica Vol.36 No.7, 7, 2018

超高齢社会を迎え,患者層の中心が75歳以上になる中,生活習慣病などの慢性疾患管理も発想の転換を求められている。その重要なキーワードの1つがポリファーマシー(Polypharmacy)である。ポリ...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/06

特集 フレイルとロコモティブシンドローム Ⅱ.ロコモティブシンドローム 6.ロコモ対策としての運動療法と栄養指導

石橋英明

THE BONE Vol.31 No.3, 89-94, 2017

高齢期における運動器の健康を図り,健康寿命の延伸を目的とするロコモティブシンドローム対策は,①習慣的な運動,②適切な栄養摂取,③活動的な生活,④運動器疾患の予防と治療が具体策となる.このうち,運...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/06

特集 フレイルとロコモティブシンドローム Ⅱ.ロコモティブシンドローム 5.ロコモ予防としての子どもの運動器検診―なぜ子どもの頃からロコモ予防が必要か―

帖佐悦男

THE BONE Vol.31 No.3, 83-88, 2017

運動しすぎる子どもとしない子どもの二極化が社会問題となっており,将来的なロコモティブシンドローム(ロコモ)が懸念される.学校における運動器検診結果から運動器の推定被患率は約10%であった.したが...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/06

特集 フレイルとロコモティブシンドローム Ⅱ.ロコモティブシンドローム 4.ロコモと骨粗鬆症―骨卒中防止の重要性―

萩野浩

THE BONE Vol.31 No.3, 77-81, 2017

骨折は小児やアスリートでも高頻度に発生し,比較的短期間に治癒し,後遺症を残さず日常生活やスポーツに復帰することが多い.したがって,高齢者に生じた脆弱性骨折は,若年者の「骨折」と区別して,脳卒中と...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/06

特集 フレイルとロコモティブシンドローム Ⅱ.ロコモティブシンドローム 3.ロコモと変形性関節症

内尾祐司

THE BONE Vol.31 No.3, 69-75, 2017

ロコモティブシンドロームの代表的疾患である変形性関節症はメカニカルストレスによる関節軟骨の変性・破壊と二次性滑膜炎および骨改変が主な病態である.保存療法では日常生活指導,運動,減量をコアとし,薬...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/06

特集 フレイルとロコモティブシンドローム Ⅱ.ロコモティブシンドローム 2.ロコモの判定法

大江隆史

THE BONE Vol.31 No.3, 63-68, 2017

ロコモの判定は,「ロコモ度テスト」で行う.これは立ち上がりテストと2ステップテストという2種の運動機能テストと自記式の質問票ロコモ25の3つのテストからなる.これらに各々2段階の臨床判断値を設定...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/06

特集 フレイルとロコモティブシンドローム Ⅱ.ロコモティブシンドローム 1.ロコモの疫学

吉村典子

THE BONE Vol.31 No.3, 57-61, 2017

要介護の原因疾患として重要なロコモティブシンドロームについて,地域住民に設定したコホートから,ロコモ度1,ロコモ度2の有病率を明らかにした.さらに身体的フレイルの主体を成すといわれる筋量減少症(...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/06

特集 フレイルとロコモティブシンドローム Ⅰ.フレイル 6.フレイルへの介入法

葛谷雅文

THE BONE Vol.31 No.3, 51-55, 2017

フレイルに対する介入法は主に運動ならびに栄養介入が報告されている.運動に関してはレジスタンス運動を中心とした複合運動介入が主である.栄養に関してはタンパク質強化目的ならびにビタミンDなどの栄養素...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/06

特集 フレイルとロコモティブシンドローム Ⅰ.フレイル 5.薬物療法によるフレイル

小島太郎

THE BONE Vol.31 No.3, 45-49, 2017

高齢者に対しベンゾジアゼピン系薬剤や抗コリン作用を有する薬剤の長期使用は,転倒や認知機能障害などフレイルに繋がりかねない薬物有害作用が起きやすいことが報告されており,可能な限りこれらの使用を控え...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/06

特集 フレイルとロコモティブシンドローム Ⅰ.フレイル 4.認知的フレイル

神﨑恒一

THE BONE Vol.31 No.3, 41-44, 2017

認知的フレイルは2013年のIANAとIAGGの国際コンセンサスグループにおいて,身体的フレイルと認知機能障害(CDR=0.5)が共存すること,認知症でないことが要件とされた.両者の関係について...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/06

特集 フレイルとロコモティブシンドローム Ⅰ.フレイル 3.社会的フレイル

牧迫飛雄馬

THE BONE Vol.31 No.3, 35-39, 2017

フレイルを把握する上で,社会的な要因は重要な側面の一つであるが,その評価方法や介入手段の確立には至っていない.簡易的な質問を用いて社会フレイルを操作的に定義すると,社会的フレイルは身体および認知...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す