• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2017/09/15

一目でわかるクリニカルレシピ 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の食事

白井亮/西尾萌/槇枝亮子/遠藤陽子/市川和子

Pharma Medica Vol.35 No.7, 76-79, 2017

慢性閉塞性肺疾患(COPD)は、喫煙などによる有害物質の吸入や大気汚染物質などで生じた炎症性疾患です。咳嗽や喀痰などの症状や、気管支閉塞や肺胞壁の破壊による気腫性変化により呼吸機能が低下し、息切...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/15

特集 ACO:喘息とCOPDのオーバーラップ 管理目標と予後

海老原明典/桑平一郎

Pharma Medica Vol.35 No.7, 53-56, 2017

まず,日本呼吸器学会のCOPD診断と治療のためのガイドライン1)から,管理目標を引用する。COPD患者では喘息患者と異なり常に気流閉塞があり,かつその病態は進行性である。このような病態の特徴から...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/15

特集 ACO:喘息とCOPDのオーバーラップ 治療(薬物療法,非薬物療法) 急性増悪の対策

佐伯翔/佐野博幸/東田有智

Pharma Medica Vol.35 No.7, 47-51, 2017

好酸球性気道炎症と可逆的気道狭窄をきたす喘息と,好中球性気道炎症と固定性気道閉塞をきたす慢性閉塞性肺疾患(chronic obstructive pulmonary disease;COPD)は,閉塞...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/15

特集 ACO:喘息とCOPDのオーバーラップ 病態と臨床的特徴 喘息からみたACO

長瀬洋之

Pharma Medica Vol.35 No.7, 23-26, 2017

喘息からみたasthma-COPD overlap(ACO)とは,もともと喘息として診断されているが,喫煙を継続するうちに固定性気流閉塞に至った症例を指すものと想定される。該当すると思われる症例を...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/15

特集 ACO:喘息とCOPDのオーバーラップ 治療(薬物療法,非薬物療法) ACOの治療について

折茂真実/近藤光子/玉置淳

Pharma Medica Vol.35 No.7, 41-45, 2017

ACO(Asthma-COPD Overlap,ACOS;Asthma-COPD Overlap Syndrome)はGINA(Global Initiative for Asthma)/GOLD(Glob...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/15

特集 ACO:喘息とCOPDのオーバーラップ 診断の現状と問題点

一ノ瀬正和

Pharma Medica Vol.35 No.7, 37-40, 2017

喘息と慢性閉塞性肺疾患(chronic obstructive pulmonary disease;COPD)は,両疾患とも呼吸器の慢性疾患のなかで罹患率が圧倒的に高く,それぞれの疾患がお互いの発症の...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/15

特集 ACO:喘息とCOPDのオーバーラップ 検査所見・バイオマーカー

岩本博志/濱田泰伸/服部登

Pharma Medica Vol.35 No.7, 31-35, 2017

気管支喘息と慢性閉塞性肺疾患(chronic obstructive pulmonary disease;COPD)は好発年齢,危険因子,症状経過など多くの相違点があり,典型例では両者の鑑別は容易だが...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/15

特集 ACO:喘息とCOPDのオーバーラップ 病態と臨床的特徴 COPDからみたACO

室繁郎

Pharma Medica Vol.35 No.7, 27-30, 2017

喘息・慢性閉塞性肺疾患(chronic obstructive pulmonary disease;COPD)はともに閉塞性換気障害をきたす疾患である。COPDでは完全には正常化しない気流閉塞を,喘息...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/15

特集 ACO:喘息とCOPDのオーバーラップ 発症と疫学

平田一人/浅井一久

Pharma Medica Vol.35 No.7, 17-22, 2017

わが国でも人口の急激な高齢化などにより,高齢者喘息や慢性閉塞性肺疾患(chronic obstructive pulmonary disease;COPD)が増加しつつあり,喘息,COPDともに約50...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/15

特集 ACO:喘息とCOPDのオーバーラップ 疾患概念・歴史

橋本修/引地麻梨/権寧博

Pharma Medica Vol.35 No.7, 9-15, 2017

気管支喘息(喘息)と慢性閉塞性肺疾患(chronic obstructive pulmonary disease;COPD)の両者は原因,炎症の発生機序,病理組織像,気流閉塞部位,症状,などが異なりそ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/15

特集 ACO:喘息とCOPDのオーバーラップ 特集にあたって

玉置淳

Pharma Medica Vol.35 No.7, 7-8, 2017

喘息とCOPDのオーバーラップ(Asthma-COPD Overlap;ACO)は,いうまでもなく喘息とCOPDが同時に存在する病態であり,近年多くの注目を浴びている。喘息もCOPDも気流閉塞をき...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/14

特集 変形性関節症診療の新たな展開 変形性関節症の疫学

吉村典子

Pharma Medica Vol.35 No.6, 13-17, 2017

変形性関節症(osteoarthritis;OA)は関節に非炎症性,進行性に骨形成性の変化をきたし,疼痛によって日常生活に不都合をきたす疾患である。2013年の厚生労働省国民生活基礎調査の結果を...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/14

特集 変形性関節症診療の新たな展開 特集にあたって

津村弘

Pharma Medica Vol.35 No.6, 7, 2017

超高齢社会になった日本において,加齢とともに増加する運動器の疾患は,生活の質を直接的に悪化させる要因となっている。このようななか,日本整形外科学会は,ロコモティブシンドローム(運動器の障害によっ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/13

Psychiatric Lecture 疫学 フレイルとうつ

井原一成

精神科臨床 Legato Vol.3 No.2, 14-18, 2017

―近年,介護予防の観点で頻繁にフレイルの概念が提唱されています。その経緯について教えてください。フレイルの原語である「frailty」は,1980年代以降,欧米を中心に老年医学の分野で注目されて...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

MEDICAL TOPICS 第62回 老化におけるメイラード反応の役割

市丸健太/大野礼一/須川日加里/木下奨/白河潤一/永井美芽/永井竜児

THE LUNG perspectives Vol.25 No.2, 73-77, 2017

カルボニル基を有する還元糖はタンパクやアミノ酸のアミノ基側鎖と非酵素的に反応し,縮合反応が進行する。この反応は1912年にフランスの科学者であるL. C. Maillardが見出したことからメイラー...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

特集 呼吸器疾患とマイクロバイオーム 高齢者肺炎とマイクロバイオーム

賀来敬仁/栁原克紀

THE LUNG perspectives Vol.25 No.2, 59-62, 2017

我が国では高齢化の進行に伴って肺炎の死亡者数が増加している。高齢者での肺炎では,口腔・咽頭分泌物を微量に誤嚥する不顕性誤嚥が関与する誤嚥性肺炎が多い。そのため,高齢者における誤嚥性肺炎ではその発...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/28

特集 迫る超高齢社会の糖尿病医療を考える 高齢者糖尿病の地域医療に関わる課題と連携ネットワーク

柴輝男/坂本健太郎/岡畑純江

Diabetes Frontier Vol.28 No.1, 83-87, 2017

糖尿病の有病率は高齢者で高く,特に介護支援サービス(ケア)の受給者でも他の年齢層に比べて高い。わが国では検診制度の普及に伴い,高齢者健診を受診すれば糖尿病のスクリーニングが受けられる。このような...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/28

特集 迫る超高齢社会の糖尿病医療を考える 高齢糖尿病におけるサルコペニア予防を目的とした運動と栄養

藤田聡

Diabetes Frontier Vol.28 No.1, 76-82, 2017

 骨格筋は身体において最も大きな組織であり,全たんぱく質量の50%を占める。健康な一般成人において,筋量は異化作用(空腹時,疾患,ストレスなど)と同化作用(栄養摂取,筋収縮など)の微細なバランス...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/28

特集 迫る超高齢社会の糖尿病医療を考える 高齢糖尿病における心血管病リスクと治療

林登志雄

Diabetes Frontier Vol.28 No.1, 70-75, 2017

高齢糖尿病患者の合併症は従来の三大合併症に加え動脈硬化性疾患(虚血性心疾患,脳血管障害など),認知症,骨粗鬆症,一部の悪性腫瘍と多彩であることが近年理解され,世界有数の長寿国のわが国では特に重要...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/28

特集 迫る超高齢社会の糖尿病医療を考える 高齢糖尿病における低血糖予防と薬剤選択

石橋亮一/越坂理也/前澤善朗/横手幸太郎

Diabetes Frontier Vol.28 No.1, 65-69, 2017

わが国は超高齢社会を迎えており,現在65歳以上の高齢者は全人口の約4分の1を占め,それに伴い高齢者糖尿病の割合も増加している1)。平成26年の「国民健康・栄養調査」では「糖尿病が強く疑われる者」...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す