• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2017/09/15

肺がん専門医インタビュー 第3回  継続して質の高い地域がん医療を提供するために

田中洋史

Pharma Medica Vol.35 No.7, 91-94, 2017

新潟県の人口はおよそ230万人(2017年4月1日現在,2,270,264 人)で,地域がん登録事業は1991年から行っており,年間の新規肺がん患者は最近では2,000例強で推移しています。新規肺...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/14

特集 胃癌:低侵襲治療と集学的治療の個別化へ向けて 胃癌腹膜播種に対する集学的治療

石神浩徳

Pharma Medica Vol.35 No.5, 47-50, 2017

近年の化学療法の進歩により遠隔転移を伴う胃癌の治療成績は向上した。現在分子標的薬の開発が進んでおり,分子生物学的特性に基づいた個別化治療に注目が集まっているが,転移部位などの臨床的特性を考慮した...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/14

特集 胃癌:低侵襲治療と集学的治療の個別化へ向けて 胃GISTの診断と治療

菊池寛利/竹内裕也/今野弘之

Pharma Medica Vol.35 No.5, 51-57, 2017

消化管間質腫瘍(gastrointestinal stromal tumor;GIST)は食道から直腸までの消化管に発生する間葉系腫瘍の1つであり,その多くは胃に発生する。GISTの発生は消化管のペ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/14

特集 胃癌:低侵襲治療と集学的治療の個別化へ向けて 胃癌の化学療法と分子標的治療

山田康秀

Pharma Medica Vol.35 No.5, 39-45, 2017

ジェネティックあるいはエピジェネティックな異常は胃癌の異なった臨床病理像に反映されることもあるが,組織型と直接的に関わる因子は同定されていない。胃癌でも免疫組織化学染色(IHC)により,ヒト上皮...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/12

尿酸代謝に関連する疾患 第1回 高尿酸血症と腫瘍崩壊症候群(TLS)

山内高弘/森田美穂子/大岩加奈/上田孝典

高尿酸血症と痛風 Vol.25 No.1, 72-76, 2017

現代日本の成人男性では高尿酸血症はきわめてありふれた検査異常の1つである。血清尿酸値が血中溶解度を超えると尿酸が析出し塩を形成して痛風や腎結石へ進展する。この病態は尿酸沈着症として一般臨床でよく...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

最新の医学論文を読みこなそう! 第26回 炎症毒性のない抗癌免疫アジュバントの開発へ向けて(1)

瀬谷司/松本美佐子/武田洋平

THE LUNG perspectives Vol.25 No.2, 78-83, 2017

Burnetは1950年代,免疫が感染だけでなく発癌も監視しているという免疫監視機構の理論を唱えた1)。癌抗原が自己分子のアミノ酸の変異として同定されたのは1991年2),癌特異抗原や免疫編集(...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

特集 呼吸器疾患とマイクロバイオーム 発癌とマイクロバイオーム

大谷直子

THE LUNG perspectives Vol.25 No.2, 32-36, 2017

宿主であるヒトとその腸内細菌叢とは共生関係にあり,お互いのホメオスタシスを保っていると考えられている。腸内細菌は宿主が代謝できない物質を代謝して腸内細菌自身の生命維持のためのエネルギーを産生し,...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/07

エイジングサイエンス 第49回 腫瘍により誘導されるIL-6は宿主の抗腫瘍免疫が抑制されるように再構成する

小倉慶雄/門野至/古家大祐

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.2, 100-103, 2017

膵管腺癌(Pancreatic Ductal Adenocarcinoma:PDA)は致死的な癌であるが,その理由として化学療法や分子標的療法への感受性に乏しいこと,さらには患者(癌の宿主)自身が致...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/21

新任教授紹介 各務博教授(埼玉医科大学国際医療センター呼吸器内科)

各務博/西條長宏

がん分子標的治療 Vol.15 No.1, 111-114, 2017

西條:本日は,埼玉医科大学国際医療センター呼吸器内科教授に就任された各務博先生に,これまでの研究や今後の抱負などを聞かせていただきます。まず先生のご経歴についてお伺いしたいと思いますが,出身地は...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/21

Theme Precision Medicine 肺がんのゲノムワイド関連解析(GWAS)

吉田和史/河野隆志/白石航也

がん分子標的治療 Vol.15 No.1, 19-22, 2017

肺がん発症に関わるリスク因子には,喫煙を代表とする環境因子や生まれながらにもつ遺伝要因があると考えられている。近年,欧米やアジアの研究グループが中心となり設立された国際・国内コンソーシアムにより...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/21

Theme Precision Medicine 多遺伝子アッセイによる予後予測

髙田正泰

がん分子標的治療 Vol.15 No.1, 11-18, 2017

多遺伝子アッセイの登場により,主にエストロゲン受容体(ER)陽性乳がんにおける予後予測の精度は飛躍的に向上した。Oncotype DX,MammaPrint,PAM50,EndoPredict(E...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/21

Pharmacogenomics and biomarker ホルモン療法の感受性マーカー

徳田恵美/林慎一

がん分子標的治療 Vol.15 No.1, 66-71, 2017

原発性乳がんの70%を占めるエストロゲン受容体(ER)陽性乳がんにおいて,ホルモン療法はきわめて重要な治療法であり,術後補助ホルモン療法は再発率を約50%抑制することができる。しかしながら,ホル...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/21

Pharmacogenomics and biomarker HRD アッセイ

上野貴之

がん分子標的治療 Vol.15 No.1, 62-65, 2017

相同組み換え修復はDNA 二本鎖切断(DSB)の修復において重要な役割を果たしているが,その異常(相同組み換え修復不全(HRD))は,プラチナ製剤やPARP阻害薬などの分子標的薬の感受性と関連する...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/21

Cancer biology and new seeds CRISPR/Cas システム

中川一路

がん分子標的治療 Vol.15 No.1, 56-61, 2017

CRISPR/Casシステムは,細菌および古細菌に広く保存され,外来性遺伝子の一部を自身の染色体に取り込み記憶することで,同一の外来性遺伝子が再度侵入した場合にこれらを分解・排除する獲得免疫機構...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/21

Theme Precision Medicine TOP-GEAR の現状―院内品質保証検査室におけるクリニカルシーケンス―

角南久仁子

がん分子標的治療 Vol.15 No.1, 42-46, 2017

大規模なゲノム解析によって複数のがん腫で治療に関連する遺伝子異常が同定され,遺伝子異常に基づいて最適な治療法を選択するprecision medicineが進んでいる。それに伴い,複数の遺伝子を同...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/21

Theme Precision Medicine SCRUM-Japan の現状

岡本渉/後藤功一/吉野孝之

がん分子標的治療 Vol.15 No.1, 38-41, 2017

近年,バイオマーカーに基づく治療薬選択が多くのがん種で臨床導入されているが,複数のバイオマーカーによる患者集団の細分化により,治療開発の面でさまざまな問題が生じてきている。われわれは,希少がん・...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/21

Theme Precision Medicine 実地医療としてのがんクリニカルシーケンス

西尾和人/坂井和子

がん分子標的治療 Vol.15 No.1, 35-37, 2017

がんのゲノム医療の推進はprecision medicineの実現にとり重要である。日本においてもさまざまなアプローチで推進プロジェクトが始動している。次世代シーケンサー(NGS)を用いたクリニカ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/21

Theme Precision Medicine 次世代シーケンサー(NGS)を用いたがん関連遺伝子のマルチプレックス解析

村上聡

がん分子標的治療 Vol.15 No.1, 28-34, 2017

遺伝子解析技術の高性能化および低価格化により,各種のがんにおける希少体細胞遺伝子変異を標的とした薬剤の開発が進み,医療の個別化におけるコンパニオン診断薬の重要性が高まってきた。次世代シーケンサー...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/21

Theme Precision Medicine 食道がんのゲノムワイド関連解析(GWAS)

松田浩一

がん分子標的治療 Vol.15 No.1, 23-27, 2017

近年,ゲノムワイド関連解析(GWAS)が幅広く行われるようになり,多くの疾患感受性遺伝子が同定されている。食道がん領域においても,これまでに7論文によって19の疾患感受性領域が明らかになっている...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/21

Theme Precision Medicine Imprecision medicine から precision medicine へ

南博信

がん分子標的治療 Vol.15 No.1, 6-10, 2017

腫瘍ゲノムの解析が進み,遺伝子の変化に応じた分子標的薬が一部の腫瘍で著効を示し,遺伝子情報に基づいた個別化治療が行われている。今までは1つの遺伝子変化に対し1つの薬剤が開発されてきたが,技術が進...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す