• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2017/06/15

特集 睡眠障害:超高齢社会における実態とその対策 睡眠薬の薬物動態の加齢による変化

高岡洋平/稲田健

Pharma Medica Vol.35 No.3, 45-48, 2017

向精神薬の薬物動態は,加齢や身体疾患の有無によって変化する。加齢による身体や各臓器の機能低下は個人差が大きく,身体疾患の併存も個人により異なる。このため,高齢者の薬物療法においては,薬物動態に対...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/15

特集 睡眠障害:超高齢社会における実態とその対策 高齢不眠症患者への薬物療法

和田大和/澤田将幸/黒田健治/神林崇

Pharma Medica Vol.35 No.3, 39-43, 2017

高齢不眠症患者への薬物療法を考えるにあたり,まずは加齢に伴う不眠症の発現メカニズムを考慮する必要がある。睡眠は恒常性維持機構と体内時計機構の2つのメカニズムの相互関係により生じ,さらに恒常性維持...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/15

特集 睡眠障害:超高齢社会における実態とその対策 高齢不眠症患者への非薬物療法

角幸頼/栗山健一

Pharma Medica Vol.35 No.3, 35-38, 2017

地誌的条件・文化・人種による影響は多少みられるが,50%近くの高齢者が何らかの不眠症状を有するとされており1),加齢に伴い有病率が増加する2)。高齢者不眠の背景に加齢による睡眠生理および心理・社...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/15

特集 睡眠障害:超高齢社会における実態とその対策 高齢者の夜間行動異常

小鳥居望/石田重信

Pharma Medica Vol.35 No.3, 29-33, 2017

高齢者では睡眠障害の頻度が高まることが知られているが,なかでも認知症では大脳の器質障害がより広範囲に及ぶために,夜間にさまざまな行動障害が生じる頻度が高くなる。このような夜間の行動障害は本人の事...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/15

特集 睡眠障害:超高齢社会における実態とその対策 高齢者の睡眠関連運動障害群 ~レストレスレッグズ症候群を中心に~

宮本雅之

Pharma Medica Vol.35 No.3, 23-28, 2017

睡眠関連運動障害群(sleep related movement disorders;SRMDs)は,睡眠を妨げるかあるいは睡眠開始時に出現する比較的単純で常同的な運動(simple stereotype...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/15

特集 睡眠障害:超高齢社会における実態とその対策 高齢者の睡眠呼吸障害

篠邉龍二郎

Pharma Medica Vol.35 No.3, 19-22, 2017

現在,高齢者を想定した,睡眠時無呼吸症候群(sleep apnea syndrome;SAS)の診断・治療に関する規定やガイドラインの確固としたものはないため,一般成人に対してのガイドラインを流用し...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/15

特集 睡眠障害:超高齢社会における実態とその対策 高齢者の日中の眠気

岡村毅

Pharma Medica Vol.35 No.3, 15-17, 2017

高齢者の臨床の現場では,日中の眠気を訴える高齢者に遭遇することは多い。しかし,後述するように医学的な説明が適切なケース(たとえば睡眠時無呼吸症候群)もあれば,心理社会的な説明が適切なケース(たと...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/15

特集 睡眠障害:超高齢社会における実態とその対策 高齢者の不眠症

都留あゆみ/亀井雄一

Pharma Medica Vol.35 No.3, 9-14, 2017

不眠症とは,状況や環境が整っているにもかかわらず「眠れない」ことが繰り返される不眠症状と,それに伴う日中の機能障害を認める疾患である。従来から,精神疾患や身体疾患などに伴わない不眠症のことを原発...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/15

一目でわかるクリニカルレシピ 超高齢者の不眠症の食事

井上剛/菊地菜央佳/遠藤陽子/市川和子

Pharma Medica Vol.35 No.3, 100-103, 2017

不眠症は加齢とともに増加し、70歳代では男性20.5%、女性26.3%に不眠症がみられるのに対し、80歳以上の超高齢者では特に増加し、男性30.5%、女性40.3%に不眠症があります。高齢者では...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/15

特集 睡眠障害:超高齢社会における実態とその対策 特集にあたって ―加齢と睡眠変化

内山真

Pharma Medica Vol.35 No.3, 7-8, 2017

睡眠は加齢により変化する。睡眠時間は,新生児期には一生で一番長く,1日16時間だが,成長するにしたがって減少していく。夜間の睡眠時間は10代で約8.0時間,20代で7.0時間程度になり,40代で...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/14

特集 プリオン病:その実態に迫る ヒトのプリオン病 遺伝性プリオン病

伊藤陽子/三條伸夫

Pharma Medica Vol.35 No.2, 21-25, 2017

遺伝性プリオン病とは,プリオン蛋白遺伝子(PRNP)の変異に起因して発症するプリオン病である。変異の種類とコドン129の多型の組み合わせにより,さまざまな表現型を呈する(表1)。臨床的特徴と病理...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/14

一目でわかるクリニカルレシピ 認知症予防の食事

久徳弓子/蜂谷祐子/倉恒ひろみ/遠藤陽子/市川和子

Pharma Medica Vol.35 No.2, 84-87, 2017

プリオン病とは脳に異常なプリオン蛋白が沈着し、脳神経細胞の機能が障害される病気です。原因はプリオンと呼ばれる感染因子で、その本体は異常なプリオン蛋白であると考えられています。しかし、どのような機...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/14

特集 プリオン病:その実態に迫る プリオンとプリオン病 ~残された謎と今後の展望~

水澤英洋

Pharma Medica Vol.35 No.2, 67-69, 2017

本特集にてもご覧いただいたように,プリオン病は,きわめてまれであり,治療法は現在全く存在せず,発症すれば平均約1.5年で急速にかつ100%死に至る悲惨な疾患である1)2)。プリオンと呼ばれる伝達...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/14

特集 プリオン病:その実態に迫る アルツハイマー病やパーキンソン病もプリオン病か

浜口毅/山田正仁

Pharma Medica Vol.35 No.2, 59-66, 2017

Creutzfeldt-Jakob病(Creutzfeldt-Jakob disease;CJD)に代表されるプリオン病は,脳における海綿状変化と異常プリオン蛋白蓄積を特徴とする神経変性疾患である...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/14

特集 プリオン病:その実態に迫る プリオン病の治療

坪井義夫/藤岡伸助

Pharma Medica Vol.35 No.2, 55-58, 2017

プリオン病は,蛋白質性の感染因子によって発症する神経変性疾患である。その他の神経変性疾患と同様,脳内への変性した異常蛋白の蓄積が,疾患の発症と進行に関与していると考えられている。プリオン蛋白は,...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/14

特集 プリオン病:その実態に迫る プリオン病の診断

佐藤克也

Pharma Medica Vol.35 No.2, 47-53, 2017

プリオン病の診断において最も重要なのは,臨床症状・臨床徴候である。その診断における補助的な検査として,MRI(拡散強調画像),髄液検査,脳波がある。現在,臨床症状よりも,検査においてMRI画像と...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/14

特集 プリオン病:その実態に迫る 動物のプリオン病 ~スクレイピー,牛海綿状脳症,慢性消耗病~

横山隆

Pharma Medica Vol.35 No.2, 41-45, 2017

プリオン病は伝達性海綿状脳症(transmissible spongiform encephalopathy;TSE)とも呼ばれ,ヒツジ・ヤギのスクレイピー,シカの慢性消耗病(chronic wast...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/14

特集 プリオン病:その実態に迫る ヒトのプリオン病 動物モデル

毛利資郎

Pharma Medica Vol.35 No.2, 33-39, 2017

モデル動物は,動物を用いてヒトと同じ機構で病気を再現することが基本であり,病態の解析・解明,検査法,治療法の開発研究に不可欠のツールである。クールー(kuru)をチンパンジーに伝達させることによ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/14

特集 プリオン病:その実態に迫る ヒトのプリオン病 獲得性プリオン病

浜口毅/山田正仁

Pharma Medica Vol.35 No.2, 27-32, 2017

Creutzfeldt-Jakob病(Creutzfeldt-Jakob disease;CJD)に代表されるプリオン病は,脳病理における海綿状変化と異常プリオン蛋白(prion protein;P...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/14

特集 プリオン病:その実態に迫る ヒトのプリオン病 孤発性クロイツフェルト・ヤコブ病

塚本忠/水澤英洋

Pharma Medica Vol.35 No.2, 15-19, 2017

プリオン病は異常構造をもつプリオン蛋白によって引き起こされる一群の疾患群であり,ヒトプリオン病は孤発性,遺伝性,獲得性の3タイプに分類される。プリオン病の約15%は遺伝性であり,プリオン蛋白遺伝...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す