• Webマガジン 検索結果

検索結果

category05.gif category13.gif

2017/09/11

治療とケア―症例から考える― 音楽誘発発作を呈した成人男性

池田仁

Epilepsy Vol.11 No.1, 26-30, 2017

年齢,性別31歳,男性.既往歴27歳時に脳炎に罹患.後遺症として,てんかんと高次脳機能障害.家族歴特記事項なし.現病歴27歳時脳炎に罹患後,症候性部分てんかんがある.脳炎の亜急性期に,頭皮上脳波...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

FORUM ①第50回日本てんかん学会学術集会:メディカルスタッフセッション(JEPICAコラボセッション) てんかん診療における多職種の人材育成

Epilepsy Vol.11 No.1, 35-41, 2017

1. 院内認定てんかん専門医療者制度と育成/杵渕絵美2. てんかん看護における中堅看護師育成の現状と課題~現場で学び育てること/山口規公美3. 脳波技師の育成/神一敬/中里信和4. 言語聴覚士の育成/漆...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

てんかんからみる人物の横顔~異論異説のてんかん史~ 第21回 シェークスピアが描いたてんかん

松浦雅人

Epilepsy Vol.11 No.1, 49-53, 2017

シェークスピアの戯曲は,人並み外れた観察眼と鋭い洞察力により人物が生き生きと描かれ,現在なお多くの人々に感動を与えている.いくつかの戯曲の中で描かれているてんかんのある人やてんかん発作については...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

てんかん余話 ②島薗安雄

小島卓也

Epilepsy Vol.11 No.1, 56-58, 2017

島薗安雄先生は,76年間の生涯で実にたくさんの仕事をなさった.先生は,国立精神・神経センターの開設,精神保健法の制定,研究所の創設,学会の創設と育成,国際学会の開催,精神保健活動などさまざまな重...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

FORUM ②第50回日本てんかん学会学術集会 シンポジウム関連講演「てんかんと雇用」(Rupprecht Thorbecke先生)聴講記

中岡健太郎

Epilepsy Vol.11 No.1, 43-48, 2017

2016年10月9日,第50回日本てんかん学会学術総会(静岡)で行われたRupprecht Thorbecke先生によるてんかんと雇用についての講演を拝聴する機会に恵まれた.Thorbecke先生...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

てんかん臨床の窓から てんかんのある人が利用しやすいグループホーム

田所裕二

Epilepsy Vol.11 No.1, 32-34, 2017

てんかんがあっても安心して地域で暮らすための社会資源として,グループホームがあります.障害のある人や高齢の人を対象として,世話人などによる居宅支援や共同生活援助を目的に,地域のアパート,マンショ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

診断と治療(Epilepsy) 小児の非けいれん性てんかん重積状態

大塚頌子

Epilepsy Vol.11 No.1, 19-25, 2017

非けいれん性てんかん重積状態(nonconvulsive status epilepticus;NCSE)は診断が難しいことが多く見過ごされやすい.また成人と小児では相違点がある1-4).本稿では小...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

Special Articles(Epilepsy) ②てんかんとリカバリー

浪久悠/坂田増弘/大島真弓/渡辺雅子/平林直次

Epilepsy Vol.11 No.1, 13-18, 2017

2015年5月20日,世界保健機関(WHO)総会において,今後10 年間にわたり,てんかんの啓発,臨床,研究,創薬など,世界的な課題としててんかん対策に取り組んでいくという歴史的な決議がなされた....

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

Basic & Clinical Topics [臨床②]日本人高齢者における糖尿病と海馬萎縮の関連~久山町研究~

五十川陽洋

DIABETES UPDATE Vol.6 No.2, 24-25, 2017

認知症,中でもアルツハイマー病は,世界的にも日本国内でも増加してきている。しかしその発症メカニズムや治療法は十分には解明されておらず,発症予防のために危険因子を同定する必要がある。糖尿病がアルツ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/07

Special Article 総説 メカノトランスダクションと触覚性疼痛

池田亮

Locomotive Pain Frontier Vol.6 No.1, 20-24, 2017

やさしい触刺激が耐え難い激痛になる触覚性疼痛は,神経障害で生じる難治性疼痛の一つであり,いまだ効果的な治療法は確立されていない。新たな治療法を模索する上で,疼痛を惹起させる触覚検出機構に注目する...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/28

特集 迫る超高齢社会の糖尿病医療を考える 高齢者の糖尿病における神経障害の評価と治療

姫野龍仁/中村二郎

Diabetes Frontier Vol.28 No.1, 52-57, 2017

糖尿病多発神経障害(diabetic polyneuropathy:DPN)は,糖尿病罹病期間がリスク因子の1つであることより,高年齢層において,その有病率が増加する。英国における統計では,20歳...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/28

特集 迫る超高齢社会の糖尿病医療を考える 高齢糖尿病におけるフレイル・要介護と認知症

櫻井孝

Diabetes Frontier Vol.28 No.1, 32-39, 2017

高齢者糖尿病が増加している。50歳を超えると増え始め,70歳以上では男性の4人に1人,女性の6人に1人が糖尿病と推計される。わが国における寝たきりの要因として,脳卒中,認知症,加齢による衰弱(フ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/18

Journal Review 無症候性頸動脈狭窄症に対する頸動脈ステント留置術と頸動脈内膜剥離術のランダム化比較試験

津本智幸

脳と循環 Vol.22 No.1, 89-92, 2017

脳梗塞は,米国で死亡原因の第5位,後遺障害を来たす原因の第1位となっており,年間80万人が発症,17万人が死亡,医療費は年間41億ドルに及ぶといわれている.脳梗塞の中で,頭蓋外の頸動脈狭窄症が原...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/18

Journal Review 脳主幹動脈閉塞に対する血栓回収療法―5RCTにおける各患者データに基づくメタ解析―

近藤竜史

脳と循環 Vol.22 No.1, 81-87, 2017

血管内治療による血栓回収療法(endovascular thrombectomy:以下「血栓回収療法」と記載)は,長足の進歩を遂げてきた.しかし,その有効性が証明されたのはつい最近のことであり,2...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/18

知って得するワンポイントアドバイス 一次脳卒中センターと総合脳卒中センターの違い

黒木愛/飯原弘二

脳と循環 Vol.22 No.1, 70-73, 2017

わが国の脳卒中患者の年間死亡数はおよそ13万人で,その6割は脳梗塞が原因とされている.脳血管疾患による死亡は全死因の第4位であり,要介護の原因疾患として最も大きい割合を占めている1).超高齢社会...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/18

脳卒中の治療技術 Flow diverterを用いた脳動脈瘤治療

山田清文/白川学/吉村紳一

脳と循環 Vol.22 No.1, 65-68, 2017

大型・巨大動脈瘤は全動脈瘤の5~10%を占めており,10mm以上の大型動脈瘤の破裂率は年間4.37%,25mmを超える巨大動脈瘤では年間33.4%と非常に高率である1).治療として外科手術と血管...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2017/08/18

Case Report 今日の一例 末期癌に合併した急性期脳梗塞に対し血栓回収療法を施行した1例

塩澤真之/早川幹人/宮崎雄一/山上宏/植田初江/豊田一則

脳と循環 Vol.22 No.1, 57-63, 2017

担癌患者は凝固亢進状態や非細菌性血栓性心内膜炎により脳梗塞を合併することがある.1865年のTrousseauによる悪性腫瘍に遊走性血栓性静脈炎が合併しやすいとの報告を契機として,現在では「悪性...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/18

特集 血栓回収療法の実際 6. 血栓回収療法のための医療連携システム:ドリップ,シップ,リトリーブ

桧山永得/吉村紳一

脳と循環 Vol.22 No.1, 51-55, 2017

急性期脳梗塞に対する血栓回収療法の有効性が確立した現在,その普及は急務である.しかし,本治療法が24時間施行可能な施設は限られているため,治療を受けられる患者も限定される.それを解決する方法とし...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/18

特集 血栓回収療法の実際 5. 血栓回収療法のテクニック(ステント型デバイス)

今村博敏/坂井信幸

脳と循環 Vol.22 No.1, 45-50, 2017

ステント型血栓回収デバイスは,血栓回収療法の有効性を証明した2015年のランダム化比較試験において最も多く使用されたデバイスである.最大の特徴はその使用方法が容易であることであり,短時間で血栓を...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/18

特集 血栓回収療法の実際 4. 血栓回収療法のテクニック(吸引デバイス)

竹内昌孝

脳と循環 Vol.22 No.1, 41-44, 2017

急性脳主幹動脈閉塞症に対する血栓回収療法は,確立した治療法の1つとなった.血栓回収デバイスには,血栓を捕捉回収するステント型デバイスと吸引回収する吸引デバイスが存在する.閉塞した血栓は,部位,硬...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す