• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2017/05/24

Special Articles 肝癌の免疫療法 ②免疫療法と他の治療法の組み合わせ治療の可能性

池田公史/梅本久美子

The Liver Cancer Journal Vol.8 No.2, 95-100, 2016

肝細胞癌に対する全身化学療法として,分子標的治療薬であるソラフェニブとレゴラフェニブが重要な役割を担っている。近年,免疫チェックポイント阻害剤が全癌種において注目されており,肝細胞癌においても,...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/05/24

Special Articles 肝癌の免疫療法 ①肝細胞癌における免疫チェックポイント阻害剤の可能性

工藤正俊

The Liver Cancer Journal Vol.8 No.2, 86-93, 2016

これまで,抗PD-1抗体ニボルマブを用いた第Ⅰ/Ⅱ相試験が2016年6月米国臨床腫瘍学会(ASCO)で発表された。その結果,214例中35例(16%)に奏効が認められた。...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/05/24

Meeting Report 第52回日本肝臓学会総会

横須賀收/鈴木英一郎

The Liver Cancer Journal Vol.8 No.2, 115-117, 2016

第52回日本肝臓学会が2016年5月19日,20日に千葉市のホテルニューオータニ幕張・東京ベイ幕張ホールにて開催されました。5月に入り天候の変わりやすい日々が続いておりましたが,幸いにも2日間と...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/05/24

Meeting Report 第52回日本肝癌研究会

泉並木

The Liver Cancer Journal Vol.8 No.2, 121-123, 2016

第52回日本肝癌研究会の会長を拝命し,7月1,2日に虎ノ門ヒルズフォーラムで開催しました。会員医師など1,000名を超える人にご参加いただき,大変盛り上がった会になりました。日本肝癌研究会は内科...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/05/24

Meeting Report 第52回米国癌治療学会議(ASCO)

國土貴嗣

The Liver Cancer Journal Vol.8 No.2, 118-120, 2016

第52回米国癌治療学会議(ASCO)は2016年6月3日から7日までの間,シカゴにある米国最大のコンベンションセンターMcCormick Place で開催された。学会場はシカゴ中心部から南へ4km...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/05/24

Meeting Report 第10回ILCA(International Liver Cancer Association)

小川力

The Liver Cancer Journal Vol.8 No.2, 124-126, 2016

記念すべき第10回を迎えたILCAは9月9日から11日まで,カナダのバンクーバーで開催された。バンクーバーはカナダの西の玄関口として親しまれ,トロント,モントリオールに続くカナダで第3の規模をも...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/05/24

沖田賞 受賞者決定

丹尾幸樹/山下太郎/金子周一

The Liver Cancer Journal Vol.8 No.2, 166-169, 2016

進行肝細胞癌(HCC)に対する抗癌剤・分子標的治療は,いまだ十分な有効性が得られていない。その一因として,抗癌剤抵抗性を有する癌幹細胞の存在が考えられている1)。われわれはこれまで,幹細胞/肝細...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/05/24

日本肝がん分子標的治療研究会 優秀演題論文集

The Liver Cancer Journal Vol.8 No.2, 110-119, 2016

「The Liver Cancer Journal」では,「日本肝がん分子標的治療研究会」の準機関誌といたしまして,年2回開催されます同研究会の優秀演題論文集を掲載して参ります。掲載演題につきましては...

⇒全文を見る

category13.gif category06.gif

2017/05/24

HCC Best Practice 兵庫医科大学超音波センターにおける肝細胞癌治療の取り組み

飯島尋子

The Liver Cancer Journal Vol.8 No.2, 110-113, 2016

兵庫医科大学の超音波センターは,現センター長の飯島尋子先生を中心に設立の構想が練られ,2005年頃から本格的に稼働した。現在は,飯島先生を筆頭に超音波指導医・専門医,超音波検査士が中心となって各...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/05/24

Topics of HCC 肝線維化の定量と発癌リスク ②発癌リスク因子としての臨床的意義の検討

安井豊/黒崎雅之/泉並木

The Liver Cancer Journal Vol.8 No.2, 106-109, 2016

肝細胞癌の発生は,慢性肝炎患者において最も予後を左右する因子であり,肝線維化の進展に伴い発癌リスクが上昇することが知られている。ウイルス性肝炎では,B型肝炎に対する核酸アナログ製剤やC型肝炎に対...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/05/24

Topics of HCC 肝線維化の定量と発癌リスク ①肝線維化定量技術

阿部時也/波多野まみ/橋口明典/坂元亨宇

The Liver Cancer Journal Vol.8 No.2, 102-105, 2016

肝生検組織における線維化の評価は,慢性肝疾患患者の病態を評価する上で重要である1)2)。肝線維化を評価する方法として,病理医による組織学的評価が長年にわたり広く実施されてきた一方で,1980年頃...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/05/24

座談会(Round Table Discussion) 肝癌に対する肝動注化学療法のエビデンスと今後

工藤正俊/山下竜也/池田公史/上嶋一臣

The Liver Cancer Journal Vol.8 No.2, 77-83, 2016

高率に再発を繰り返す肝癌は治癒を望むことが難しい癌腫の1つである。医療の進歩した昨今,その治療法はRFAから肝移植までさまざまあるが,わが国では以前より肝動注化学療法が選択肢の1つとされ,国内の...

⇒全文を見る

category13.gif category05.gif

2017/05/24

目で見る肝癌 腎細胞癌術後に出現した肝腫瘍

浅岡良成/山口教宗/渡谷岳行/建石良介/長谷川潔/國土典宏/小池和彦

The Liver Cancer Journal Vol.8 No.2, 71-76, 2016

腎細胞癌術後に出現した肝腫瘍の症例を経験した。画像診断では,肝転移と肝細胞癌との鑑別が困難であり,示唆に富む症例であったため報告する。

⇒全文を見る

category13.gif

2017/05/19

欧州癌治療学会議(ESMO) 40th ESMO Congress 2015

石井浩

膵・胆道癌FRONTIER Vol.6 No.1, 44-46, 2016

第40回欧州癌治療学会議(ESMO:The European Society for MedicalOncology)が2015年9月25日~29日にオーストリアのウィーンで開催された。今回はPoste...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/05/19

米国臨床腫瘍学会(ASCO) 2016 Gastrointestinal Cancers Symposium

近藤俊輔

膵・胆道癌FRONTIER Vol.6 No.1, 47-49, 2016

2016 Gastrointestinal Cancers Symposium(ASCO GI)が2016年1月21~23日の期間サンフランシスコにおいて開催された。近年のASCO GIでは少数の口頭演題...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/05/19

期待される最新研究 「アミノインデックス技術」を用いた膵臓がん診断

福武伸康/片山和宏/菊池信矢

膵・胆道癌FRONTIER Vol.6 No.1, 38-42, 2016

膵がんの早期診断および予後改善を図るため,簡便で精度の高いスクリーニング方法が必要とされている。近年では複数のがんにおいて血漿中遊離アミノ酸濃度が特徴的な変動を示すことが報告されており,今回我々...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/05/19

膵癌・胆道癌 診断・治療Q&A Q1. 膵癌取扱い規約の改訂ポイントについて教えてください

村田泰洋/岸和田昌之/伊佐地秀司

膵・胆道癌FRONTIER Vol.6 No.1, 30-37, 2016

日本膵臓学会では1980年に膵癌取扱い規約第1版を出版し,その後,改訂が重ねられてきた。2009年に第6版が出版され,7年が経過し,今回,2016年に第7版が出版された。第7版では,これまでにな...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/05/19

座談会(Round Table Discussion) 膵癌における家族性腫瘍の臨床上の意義と治療方針

高折恭一/森実千種/菅野康吉/金子景香

膵・胆道癌FRONTIER Vol.6 No.1, 4-11, 2016

家族性膵癌は膵癌症例全体の5~10%に該当し,家族性膵癌家系の個人における膵癌発症リスクは,そうでない家系の個人に比べ有意に高いことが判明している。死亡率が高く,罹患率が低い膵癌のスクリーニング...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/15

State of the art 直腸癌治療における側方郭清の意義と位置づけを再考察する 進行直腸癌の画像診断の精度向上に向けて

石原聡一郎/渡邉聡明

大腸がんperspective Vol.3 No.2, 36-41, 2017

「Summary」CTやMRIなどの画像診断において直腸癌の側方リンパ節転移を診断するために広く用いられている基準は,大きさや形状など形態に関するものである。転移リンパ節は非転移リンパ節より大き...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/15

座談会(Round Table Discussion) 大腸癌に対するこれからの低侵襲手術

渡邉聡明/奥田準二/伊藤雅昭/金光幸秀

大腸がんperspective Vol.3 No.2, 10-17, 2016

低侵襲手術の一つである腹腔鏡手術は1990年代初めに導入され,そして現在,NCD(National ClinicalDatabase)によれば,日本における大腸癌症例のおよそ6割で腹腔鏡手術が行わ...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す