• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2017/06/13

特集 膵癌への挑戦 切除不能膵癌に対する最新の化学療法 ~FOLFIRINOXやGem+nab-PTX~

池田公史

Pharma Medica Vol.35 No.1, 59-64, 2017

転移性膵癌に対して,FOLFIRINOX1)やゲムシタビン+ナブパクリタキセル(Gem+nab-PTX)2)などのレジメンでゲムシタビン単剤(Gem)と比較して有意に良好な生存の延長が示され,こ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/13

特集 膵癌への挑戦 膵癌に対する周術期補助療法の意義

阪本良弘/有田淳一/中井陽介/長谷川潔/伊佐山浩通/國土典宏

Pharma Medica Vol.35 No.1, 53-58, 2017

浸潤性膵管癌は消化器癌のなかで最も難治であり,わが国の2013年のがん患者の死亡数で肝臓癌を抜いて第4位となった1)。膵癌の治療成績の向上には集学的治療が必要で,術後補助療法に関するエビデンスは...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/13

特集 膵癌への挑戦 膵癌のEUS-FNA診断の意義と限界

齋藤圭/伊佐山浩通

Pharma Medica Vol.35 No.1, 31-34, 2017

超音波内視鏡検査(endoscopic ultrasound;EUS)は,1980年に報告されて以来,膵癌画像診断になくてはならないものとなり,EUSを応用した超音波内視鏡ガイド下穿刺吸引細胞診(...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/13

特集 膵癌への挑戦 膵IPMN・通常型膵癌の合併

丹野誠志

Pharma Medica Vol.35 No.1, 25-29, 2017

1982年に大橋らによって報告された粘液産生膵癌は,粘液産生性の腫瘍性膵管上皮が膵管内に乳頭状に増殖する膵腫瘍であるとの疾患概念が確立され,その後いくつかの名称変更を経て,現在の膵管内乳頭粘液性...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/13

特集 膵癌への挑戦 膵IPMNの経過観察

伊東文子/肱岡範/水野伸匡/原和生

Pharma Medica Vol.35 No.1, 13-18, 2017

膵管内乳頭粘液性腫瘍(intraductal papillary mucinous neoplasm;IPMN)に関して,2006年に国際診療ガイドライン(GL 2006)1)が,2012年に改訂版(GL...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/13

特集 膵癌への挑戦 膵IPMNの歴史と将来の展望

木村理/幕内雅敏

Pharma Medica Vol.35 No.1, 9-12, 2017

膵管内乳頭粘液性腫瘍(intraductal papillary mucinous neoplasm;IPMN)は,大橋ら1)が1982年に提唱した「粘液産生膵癌」をより広く臨床病理学的見地から捉えた...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/13

特集 膵癌への挑戦 特集にあたって

幕内雅敏/高本健史

Pharma Medica Vol.35 No.1, 7-8, 2017

本特集では,通常型膵癌および膵管内乳頭粘液性腫瘍(intraductal papillary mucinous neoplasm;IPMN)を取り上げた。わが国における膵臓癌の年間罹患者数は3.5万人...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/13

特集 大腸癌診療 update 2016 大腸癌の免疫逃避機構を標的とした治療戦略

山口敏史/朴成和

Pharma Medica Vol.34 No.12, 61-64, 2016

PD-1遺伝子は1992年に京都大学の本庶研究室においてクローニングされた1)。その後,T細胞に発現し抑制シグナルを受ける受容体としての機能が明らかにされ,2000年以降にPD-L1(B7-H1...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/13

特集 大腸癌診療 update 2016 サルベージライン治療薬のエビデンス update

梶原猛史/仁科智裕

Pharma Medica Vol.34 No.12, 57-60, 2016

わが国では,標準治療に不応不耐となった切除不能進行再発大腸癌に対するサルベージラインの治療薬として,2013年3月にマルチキナーゼ阻害薬であるレゴラフェニブが,2014年3月にDNA機能障害薬で...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/13

特集 大腸癌診療 update 2016 抗EGFR抗体のエビデンス update

山本祥之/山田武史/森脇俊和/兵頭一之介

Pharma Medica Vol.34 No.12, 51-56, 2016

上皮成長因子受容体(epidermal growth factor receptor;EGFR)に対するモノクローナル抗体であるセツキシマブやパニツムマブは,EGFRからのシグナル伝達の下流に存在する...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/13

特集 大腸癌診療 update 2016 抗血管新生薬のエビデンス update

川平正博/山﨑健太郎

Pharma Medica Vol.34 No.12, 45-49, 2016

ベバシズマブ(Bmab)は血管内皮増殖因子-A(vascular endothelial growth factor;VEGF)に対する遺伝子組み換え型のキメラ型ヒト化IgG1モノクローナル抗体で,V...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/13

特集 大腸癌診療 update 2016 大腸癌のバイオマーカーと個別化医療

中村能章/吉野孝之

Pharma Medica Vol.34 No.12, 39-44, 2016

大腸癌は世界で3番目に罹患数が多く,4番目に死亡数が多いがんである1)。わが国においても大腸癌は男女ともに罹患率が増加しており,年間約125,000人が罹患し,約48,000人が死亡している。し...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/13

特集 大腸癌診療 update 2016 進行再発大腸癌updatedガイドライン

室圭

Pharma Medica Vol.34 No.12, 33-38, 2016

治癒切除可能な大腸癌の標準治療は内視鏡もしくは外科的手術である。一方,切除不能な進行・再発大腸癌においては延命目的の化学療法が標準治療である。大腸癌化学療法における近年の進歩は著しいものがある。...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/13

特集 大腸癌診療 update 2016 術後補助化学療法のupdate

石黒めぐみ/石川敏昭/植竹宏之

Pharma Medica Vol.34 No.12, 27-32, 2016

この数年で,日本で行われた大腸癌術後補助化学療法に関する臨床試験の結果が次々と公表されている。これらを含む国内外の新たな知見をふまえ,前版である2014年版から化学療法領域のみが改訂された「大腸...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/13

特集 大腸癌診療 update 2016 大腸癌の疫学と早期診断・治療の進歩

卜部祐司/田中信治

Pharma Medica Vol.34 No.12, 9-13, 2016

食生活を中心とした生活環境の変化や高齢化などで,日本では大腸癌患者が増加の一途を辿っている。国立がん研究センターがん対策情報センターの発表1)によると,大腸癌は癌死亡数が多い臓器順において全体で...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/13

特集 大腸癌診療 update 2016 特集にあたって

兵頭一之介

Pharma Medica Vol.34 No.12, 7, 2016

国立がん研究センターから,最新のデータをもとに2016年の大腸癌の罹患数と死亡数の予測が公表されている。それによると依然として罹患数では第1位14.7万人,死亡数では肺癌に次いで第2位5.2万人...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/07

特集 がんのバイオマーカー:さらなる早期発見と的確な治療薬選択を目指して 細胞外小胞・エクソソームによるがん診断

門田宰/藤田雄/落谷孝広

Pharma Medica Vol.34 No.11, 9-13, 2016

2015年の人口動態統計によれば,がんが死因の第1位を占めており,その数は37万人にも及ぶ。一般的にがんの早期発見は,そのがんでの死亡を減少させるため,各種がんで早期発見の方法が研究されている。...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/05/24

Meeting Report 第52回日本肝癌研究会

泉並木

The Liver Cancer Journal Vol.8 No.2, 121-123, 2016

第52回日本肝癌研究会の会長を拝命し,7月1,2日に虎ノ門ヒルズフォーラムで開催しました。会員医師など1,000名を超える人にご参加いただき,大変盛り上がった会になりました。日本肝癌研究会は内科...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/05/24

Special Articles 肝癌の免疫療法 ②免疫療法と他の治療法の組み合わせ治療の可能性

池田公史/梅本久美子

The Liver Cancer Journal Vol.8 No.2, 95-100, 2016

肝細胞癌に対する全身化学療法として,分子標的治療薬であるソラフェニブとレゴラフェニブが重要な役割を担っている。近年,免疫チェックポイント阻害剤が全癌種において注目されており,肝細胞癌においても,...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/05/24

Special Articles 肝癌の免疫療法 ①肝細胞癌における免疫チェックポイント阻害剤の可能性

工藤正俊

The Liver Cancer Journal Vol.8 No.2, 86-93, 2016

これまで,抗PD-1抗体ニボルマブを用いた第Ⅰ/Ⅱ相試験が2016年6月米国臨床腫瘍学会(ASCO)で発表された。その結果,214例中35例(16%)に奏効が認められた。...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す