• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2017/02/06

特集 肺高血圧症の最新知見と新展開 炎症性シグナルによる肺高血圧症の病態制御と治療

中岡良和

血管医学 Vol.17 No.3, 29-35, 2016

「Summary」肺動脈性肺高血圧症(PAH)は難治性の疾患群で,その発症機序はまだ明らかではない.これまでPAH の病態に骨形成蛋白質受容体Ⅱ型(BMPR2)シグナル異常による肺血管...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/06

特集 肺高血圧症の最新知見と新展開 病態解明に向けた肺高血圧・肺血管リモデリング・右室機能の評価の最前線

坂尾誠一郎

血管医学 Vol.17 No.3, 17-27, 2016

「Summary」肺高血圧症の肺動脈リモデリング成立機序には,細胞増殖・機能障害,血管攣縮,炎症細胞浸潤,遺伝的素因などさまざまな因子が関与する.特に肺動脈性肺高血圧症(PAH)では,多様な因子...

⇒全文を見る

category13.gif category06.gif

2016/11/01

実地医療に役立つインフルエンザトピックス 妊婦のインフルエンザ対策

齋藤滋

インフルエンザ Vol.17 No.3, 13-17, 2016

富山大学産科婦人科学教室は専門ごとに分野を分け,それぞれが独自の研究を行い,特に周産期医療と不育症の分野では最先端の成果を挙げている.同教室の教授である齋藤滋先生は,附属病院の病院長として,患者...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/11/01

座談会(Round Table Discussion) 小児のインフルエンザ対策─ワクチンと治療─

佐藤晶論/山口禎夫/菅谷憲夫

インフルエンザ Vol.17 No.3, 7-12, 2016

「A型のH1N1pdmとA香港型(H3N2),B型のYamagataとVictoriaの区別の必要性」菅谷(司会):本日は,インフルエンザの診療に造詣の深い佐藤先生,山口先生と,小児のインフルエ...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/19

日本総合病院精神医学会 肺がん患者に合併する抑うつの危険因子―大規模データーベースを用いた身体・心理・社会的要因の包括的検討― 日本総合病院精神医学会・第18回金子賞(2015年)

清水研

DEPRESSION JOURNAL Vol.4 No.2, 30-31, 2016

「肺がん患者の抑うつ合併に影響する関連要因として「心理要因」が最も大きいことが明らかに」肺がん患者では高頻度に抑うつを呈することが知られ,抑うつが合併することで肺がん治療のアドヒアランス低下,入...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/26

特集 超高齢化時代の呼吸器診療 剖検からみた複数疾患合併の実態:呼吸器疾患を中心として Complications in patients with respiratory diseases : viewpoints from autopsy findings

新井冨生

THE LUNG perspectives Vol.24 No.3, 64-69, 2016

「Summary」高齢者剖検例を検討した結果,呼吸器疾患は肺炎51%,肺気腫20%,肺結核(陳旧性を含む)16%,肺癌11%,間質性肺炎7.5%,肺血栓塞栓症6.2%の頻度でみられた。喫煙歴(男...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/26

特集 超高齢化時代の呼吸器診療 日本の高齢化と医療保険 Aging population and medical insurance system in Japan

蝶名林直彦/西村直樹

THE LUNG perspectives Vol.24 No.3, 24-31, 2016

「Summary」日本の人口構造において,どの先進国よりも早く超高齢化社会に直面することは,国民皆保険下の医療保険制度に甚大な影響を与える。すなわち一般に高齢者は1人でいくつかの疾病をもち,増悪...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/26

特集 超高齢化時代の呼吸器診療 序文

萩原弘一

THE LUNG perspectives Vol.24 No.3, 14, 2016

老化を治療手段のない慢性消耗性疾患と捉える考え方がある。老化に伴って増加する悪性腫瘍,脳血管障害,肺炎などはその合併症だ。中国の皇帝が不老不死の薬を求めて世界に探索隊を送った話,竹取物語に登場す...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/26

いま振り返る研究の日々 第9回 気胸の胸腔ガス分析から治療法を考える

川上義和

THE LUNG perspectives Vol.24 No.3, 88-91, 2016

自然気胸や続発性気胸は,呼吸器診療ではcommon disease に入るだろう。しかし,病態生理学的アプローチが意外に少ないのは,なぜであろうか。自然気胸の患者は,痩せて背が高いと,よく言われる。...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/26

Medical Pictures SMAD4遺伝子変異に起因する若年性ポリポーシス/遺伝性出血性末梢血管拡張症

吉村邦彦/伊藤貴文

THE LUNG perspectives Vol.24 No.3, 1, 2016

症例は23歳女性。幼少時から鼻出血あり,22歳時に大量下血で前医入院し,胃内ポリープおよび多発性大腸ポリープを指摘された。複数の肺動静脈奇形(pulmonary arteriovenous malf...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/26

第一線で働く医師たちからのオピニオン 長寿日本一の長野県で,感染症から地域を守る

山﨑善隆

THE LUNG perspectives Vol.24 No.3, 96-99, 2016

「2次元から3次元を読み解く胸部画像読影の奥深さに魅かれて」私が医師を目指したのは母が心疾患を抱えて,お世話になっていた診療所の先生の姿があったからだと思います。親身になって患者さんを診療してく...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/26

MEDICAL TOPICS 第59回 COPD治療薬(グルココルチコイド,PDE4阻害剤)の作用メカニズム The mechanism of action of Glucocorticoids and PDE4 inhibitor

宮田将徳

THE LUNG perspectives Vol.24 No.3, 79-83, 2016

「歴史的背景」世界保健機関(WHO)によると,2030年までに慢性閉塞性肺疾患(COPD)は死因の第3位になることが予想されている。原因は喫煙,毒性物質吸入,病原体感染および加齢が考えられている...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/26

特集 超高齢化時代の呼吸器診療 基礎医学とのダイアローグ 喫煙によって誘導される線維芽細胞の老化とそれに対する抵抗性 Cigarette smoke-induced cellular senescence and resistance in lung fibroblasts

金地伸拓

THE LUNG perspectives Vol.24 No.3, 70-74, 2016

「Summary」慢性閉塞性肺疾患(COPD)と特発性肺線維症(IPF)はともに喫煙が危険因子であり,肺の老化と関連している。COPD 患者の肺線維芽細胞は細胞老化を認め,組織修復に関わる増殖能,...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/26

特集 超高齢化時代の呼吸器診療 高齢者肺癌の治療エビデンスと今後の挑戦―外科の立場から― Treatment for elderly patients with lung cancer from the viewpoint of surgery

奥村明之進

THE LUNG perspectives Vol.24 No.3, 60-63, 2016

「Summary」日本胸部外科学会によれば2013年の1年間の肺癌手術症例は37,008例で,70歳以上の症例は52.2%と過半数を占め,80歳以上の症例も12%であった。肺癌登録合同委員会によ...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/26

特集 超高齢化時代の呼吸器診療 高齢者肺癌の治療エビデンスと今後の挑戦―内科の面から― Treatment for elderly patients with lung cancer

金丸良太/高橋和久

THE LUNG perspectives Vol.24 No.3, 55-59, 2016

「Summary」・EGFR 遺伝子変異,ALK遺伝子転座がともに陰性,もしくは不明な進行非小細胞肺癌において,日本での高齢者に対する標準治療はDTXをはじめとした第3世代抗癌剤の単剤療法である。...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/26

特集 超高齢化時代の呼吸器診療 加齢と肺線維化 Aging and pulmonary fibrosis

岡﨑弘泰/西岡安彦

THE LUNG perspectives Vol.24 No.3, 50-54, 2016

「Summary」加齢に伴う内的・外的要因の蓄積が肺線維化においても誘因になることが,種々の報告により明らかになってきている。外的要因では,喫煙をはじめとする粉塵吸入から,繰り返すウイルス感染な...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/26

特集 超高齢化時代の呼吸器診療 高齢者の慢性呼吸不全 Chronic respiratory failure in the elderly patient

茂木孝

THE LUNG perspectives Vol.24 No.3, 46-49, 2016

「Summary」加齢に伴う生理的な呼吸システムの劣化は呼吸不全の発生を加速する可能性がある。わが国では慢性呼吸不全の原因疾患として慢性閉塞性肺疾患(COPD)が最多と考えられるが,近年,肺がん...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/26

特集 超高齢化時代の呼吸器診療 高齢者肺炎―エビデンスと治療戦略― Senile pneumonia - Evidence of pathogenesis and treatment strategies

山谷睦雄

THE LUNG perspectives Vol.24 No.3, 41-45, 2016

「Summary」高齢者肺炎は基礎疾患を背景とした誤嚥による繰り返しの発症および重症化を特徴とする。病態や原因菌に基づいた抗菌薬治療や,介護・看護による口腔ケアなどの再発予防が必要となる。入院に...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/26

特集 超高齢化時代の呼吸器診療 認知症患者の呼吸器病診療 Clinical skills for the patients with respiratory disease complicated by dementia

冲永壯治/石木愛子/冨田尚希/荒井啓行

THE LUNG perspectives Vol.24 No.3, 37-40, 2016

「Summary」わが国では2025年に認知症患者が700万人を超え,65歳以上の5人に1人が認知症ということになると予想されている。現在でも10人の後期高齢者を診ればそのうちの複数人は認知症で...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/26

特集 超高齢化時代の呼吸器診療 加齢の分子生物学 Molecular biology of aging

鹿毛秀宣

THE LUNG perspectives Vol.24 No.3, 32-36, 2016

「Summary」加齢とは個体の時間依存的な構造変化および機能低下を指す。このように構造面と機能面から定義される加齢を分子生物学的に記述する際には加齢マーカーが用いられる。しかし,今まで加齢マー...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す