• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2017/09/27

Adverse Reaction Management 間質性肺炎への対応

佐多将史/加藤晃史

がん免疫療法 Cancer Immunotherapy Vol.1 No.1, 30-33, 2017

現在がん薬物療法のうち,最も活発に開発が進められているのが,がん免疫のメカニズムに基づいた免疫チェックポイント阻害剤(immune checkpoint blockade:ICB)である.悪性黒色腫...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/15

一目でわかるクリニカルレシピ 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の食事

白井亮/西尾萌/槇枝亮子/遠藤陽子/市川和子

Pharma Medica Vol.35 No.7, 76-79, 2017

慢性閉塞性肺疾患(COPD)は、喫煙などによる有害物質の吸入や大気汚染物質などで生じた炎症性疾患です。咳嗽や喀痰などの症状や、気管支閉塞や肺胞壁の破壊による気腫性変化により呼吸機能が低下し、息切...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/15

特集 ACO:喘息とCOPDのオーバーラップ 管理目標と予後

海老原明典/桑平一郎

Pharma Medica Vol.35 No.7, 53-56, 2017

まず,日本呼吸器学会のCOPD診断と治療のためのガイドライン1)から,管理目標を引用する。COPD患者では喘息患者と異なり常に気流閉塞があり,かつその病態は進行性である。このような病態の特徴から...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/15

特集 ACO:喘息とCOPDのオーバーラップ 治療(薬物療法,非薬物療法) 急性増悪の対策

佐伯翔/佐野博幸/東田有智

Pharma Medica Vol.35 No.7, 47-51, 2017

好酸球性気道炎症と可逆的気道狭窄をきたす喘息と,好中球性気道炎症と固定性気道閉塞をきたす慢性閉塞性肺疾患(chronic obstructive pulmonary disease;COPD)は,閉塞...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/15

特集 ACO:喘息とCOPDのオーバーラップ 病態と臨床的特徴 喘息からみたACO

長瀬洋之

Pharma Medica Vol.35 No.7, 23-26, 2017

喘息からみたasthma-COPD overlap(ACO)とは,もともと喘息として診断されているが,喫煙を継続するうちに固定性気流閉塞に至った症例を指すものと想定される。該当すると思われる症例を...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/15

特集 ACO:喘息とCOPDのオーバーラップ 治療(薬物療法,非薬物療法) ACOの治療について

折茂真実/近藤光子/玉置淳

Pharma Medica Vol.35 No.7, 41-45, 2017

ACO(Asthma-COPD Overlap,ACOS;Asthma-COPD Overlap Syndrome)はGINA(Global Initiative for Asthma)/GOLD(Glob...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/15

特集 ACO:喘息とCOPDのオーバーラップ 診断の現状と問題点

一ノ瀬正和

Pharma Medica Vol.35 No.7, 37-40, 2017

喘息と慢性閉塞性肺疾患(chronic obstructive pulmonary disease;COPD)は,両疾患とも呼吸器の慢性疾患のなかで罹患率が圧倒的に高く,それぞれの疾患がお互いの発症の...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/15

特集 ACO:喘息とCOPDのオーバーラップ 検査所見・バイオマーカー

岩本博志/濱田泰伸/服部登

Pharma Medica Vol.35 No.7, 31-35, 2017

気管支喘息と慢性閉塞性肺疾患(chronic obstructive pulmonary disease;COPD)は好発年齢,危険因子,症状経過など多くの相違点があり,典型例では両者の鑑別は容易だが...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/15

特集 ACO:喘息とCOPDのオーバーラップ 病態と臨床的特徴 COPDからみたACO

室繁郎

Pharma Medica Vol.35 No.7, 27-30, 2017

喘息・慢性閉塞性肺疾患(chronic obstructive pulmonary disease;COPD)はともに閉塞性換気障害をきたす疾患である。COPDでは完全には正常化しない気流閉塞を,喘息...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/15

特集 ACO:喘息とCOPDのオーバーラップ 発症と疫学

平田一人/浅井一久

Pharma Medica Vol.35 No.7, 17-22, 2017

わが国でも人口の急激な高齢化などにより,高齢者喘息や慢性閉塞性肺疾患(chronic obstructive pulmonary disease;COPD)が増加しつつあり,喘息,COPDともに約50...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/15

特集 ACO:喘息とCOPDのオーバーラップ 疾患概念・歴史

橋本修/引地麻梨/権寧博

Pharma Medica Vol.35 No.7, 9-15, 2017

気管支喘息(喘息)と慢性閉塞性肺疾患(chronic obstructive pulmonary disease;COPD)の両者は原因,炎症の発生機序,病理組織像,気流閉塞部位,症状,などが異なりそ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/15

肺がん専門医インタビュー 第3回  継続して質の高い地域がん医療を提供するために

田中洋史

Pharma Medica Vol.35 No.7, 91-94, 2017

新潟県の人口はおよそ230万人(2017年4月1日現在,2,270,264 人)で,地域がん登録事業は1991年から行っており,年間の新規肺がん患者は最近では2,000例強で推移しています。新規肺...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/15

特集 ACO:喘息とCOPDのオーバーラップ 特集にあたって

玉置淳

Pharma Medica Vol.35 No.7, 7-8, 2017

喘息とCOPDのオーバーラップ(Asthma-COPD Overlap;ACO)は,いうまでもなく喘息とCOPDが同時に存在する病態であり,近年多くの注目を浴びている。喘息もCOPDも気流閉塞をき...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

最新の医学論文を読みこなそう! 第26回 炎症毒性のない抗癌免疫アジュバントの開発へ向けて(1)

瀬谷司/松本美佐子/武田洋平

THE LUNG perspectives Vol.25 No.2, 78-83, 2017

Burnetは1950年代,免疫が感染だけでなく発癌も監視しているという免疫監視機構の理論を唱えた1)。癌抗原が自己分子のアミノ酸の変異として同定されたのは1991年2),癌特異抗原や免疫編集(...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

特集 呼吸器疾患とマイクロバイオーム 基礎医学とのダイアローグ(1) 腸内細菌叢のバランスの乱れによるアレルギー性気道炎症の増悪

藤山聡/金倫基/渋谷彰

THE LUNG perspectives Vol.25 No.2, 63-67, 2017

近年,腸内細菌叢の乱れは炎症性腸疾患以外にも様々な疾患との関連性が指摘されている。しかし,どのような機序により腸内細菌叢の乱れが生体内に影響を及ぼしているのか,明らかにされていない点は多い。我々...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

特集 呼吸器疾患とマイクロバイオーム 高齢者肺炎とマイクロバイオーム

賀来敬仁/栁原克紀

THE LUNG perspectives Vol.25 No.2, 59-62, 2017

我が国では高齢化の進行に伴って肺炎の死亡者数が増加している。高齢者での肺炎では,口腔・咽頭分泌物を微量に誤嚥する不顕性誤嚥が関与する誤嚥性肺炎が多い。そのため,高齢者における誤嚥性肺炎ではその発...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

特集 呼吸器疾患とマイクロバイオーム 肺癌とマイクロバイオーム

冨田秀太

THE LUNG perspectives Vol.25 No.2, 55-58, 2017

現在までのところ,肺癌における細菌叢の解析はほとんど報告がないものの,近年,肺癌患者と良性疾患患者の気管支肺胞洗浄液(BALF)を解析対象に,門(phyla)レベルおよび属(genus)レベルで...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

特集 呼吸器疾患とマイクロバイオーム 間質性肺炎とマイクロバイオーム

小林哲/ガバザ エステバン

THE LUNG perspectives Vol.25 No.2, 51-54, 2017

特発性間質性肺炎のうち,特に特発性肺線維症(IPF)は予後不良であり,その病態も不明な点が多く,根本的な治療法がない疾患である。最近の研究では,以前から研究がなされてきた腸疾患-細菌叢の関連以外...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

特集 呼吸器疾患とマイクロバイオーム COPDとマイクロバイオーム

青木信将/菊地利明

THE LUNG perspectives Vol.25 No.2, 47-50, 2017

16S リボソームRNA(rRNA)遺伝子の解析や次世代シークエンサーを用いたメタゲノム解析により,慢性閉塞性肺疾患(COPD)においてもマイクロバイオーム研究で多くの成果が得られてきている。CO...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

特集 呼吸器疾患とマイクロバイオーム 喘息とマイクロバイオーム

加畑宏樹

THE LUNG perspectives Vol.25 No.2, 43-46, 2017

以前から,環境微生物への曝露が喘息などのアレルギー性疾患を抑制することが示唆されており,衛生仮説と呼ばれている。最近の研究により,微生物に含まれるエンドトキシンが気道上皮細胞におけるA20の発現...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す