• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2017/02/15

座談会(Round Table Discussion) HAND研究は今後どう進むのか ―J-HAND研究を終えて―

岡慎一/坂本麻衣子/木内英/土屋亮人

HIV感染症とAIDSの治療 Vol.7 No.2, 6-12, 2016

岡:HIV感染症治療の進歩によるHIV感染者およびAIDS患者の長期予後の改善に伴い,HIVによる神経毒性を原因とするHIV関連神経認知障害(HIV-associatedneurocognitiv...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/25

特集 高血圧を再考する:注目点とこれからの診療 高血圧を再考する―特集にあたって

長谷部直幸

Pharma Medica Vol.34 No.8, 7, 2016

わが国において,患者数約4,300万人の圧倒的多数を占める高血圧の診療は,まさに新たな局面を迎えている。行政の対応は,医療費抑制の観点から,否応なしに高血圧診療の変革を迫っている。新たな降圧薬の...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/25

特集 高血圧を再考する:注目点とこれからの診療 ポリピルの未来:長寿薬としての可能性

光山勝慶

Pharma Medica Vol.34 No.8, 53-58, 2016

「はじめに」高血圧症患者は1種類の降圧薬だけでは血圧を十分にコントロールできない場合が過半数であり,異なるクラスの降圧薬の併用を必要とする。そのような背景から,欧米と同様にわが国でも異なるクラス...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/25

特集 高血圧を再考する:注目点とこれからの診療 高血圧のカテーテル・デバイス治療の現状と未来

廣岡良隆

Pharma Medica Vol.34 No.8, 47-52, 2016

「はじめに」優れた降圧薬の開発によって克服されたかにみえた高血圧治療であるが,その実態はいまだ不十分であり,心血管病による死亡の約50%に高血圧が関わっている。適切な薬物治療を受けていない人も含...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/25

特集 高血圧を再考する:注目点とこれからの診療 認知症高齢者の高血圧診療の実際

小原克彦

Pharma Medica Vol.34 No.8, 43-46, 2016

「はじめに」高血圧と軽度認知機能障害(mild cognitive impairment;MCI),認知症の関係に関しては,中年期の高血圧が高齢期の認知機能低下のリスクとなることが示されており,中年...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/25

特集 高血圧を再考する:注目点とこれからの診療 新たな血圧変動指標による降圧目標の確立

今泉悠希/星出聡/苅尾七臣

Pharma Medica Vol.34 No.8, 31-36, 2016

「はじめに」心血管疾患の最大のリスクファクターは高血圧である。これまで高血圧の診断には安静時に複数回測定した血圧の平均値を用いてきた。各国の高血圧診療ガイドラインでも,高血圧の診断と治療は血圧レ...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/25

特集 高血圧を再考する:注目点とこれからの診療 減塩対策と高血圧診療の未来

土橋卓也

Pharma Medica Vol.34 No.8, 19-23, 2016

「はじめに」高血圧者は全国に約4,300万人いると推定されている,最も多い生活習慣病である。食塩の過剰摂取が高血圧の発症や増悪,降圧薬治療に対する抵抗性などの要因となることは明らかであり,依然と...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/25

特集 高血圧を再考する:注目点とこれからの診療 内分泌性高血圧の現在と未来

市原淳弘

Pharma Medica Vol.34 No.8, 37-41, 2016

「はじめに」地球上に生物が誕生し複数の臓器をもった哺乳動物に進化する過程で,生物には循環器系が備わった。生物を構成する1つひとつの細胞がその生命を維持するには,全身に満遍なく酸素と栄養を届けると...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/25

特集 高血圧を再考する:注目点とこれからの診療 厳格降圧(120mmHg未満)のこれから

赤坂憲/楽木宏実

Pharma Medica Vol.34 No.8, 25-29, 2016

「Ⅰ.SPRINT試験の衝撃」昨年発表されたSPRINT(Systolic Blood Pressure Intervention Trial)研究1)は,世界に衝撃を与えた。すなわち,糖尿病,脳卒中既...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/25

特集 高血圧を再考する:注目点とこれからの診療 水銀血圧計の廃止と高血圧診療

浅山敬/大久保孝義

Pharma Medica Vol.34 No.8, 13-17, 2016

「はじめに」水銀に関連する環境問題の高まりを受けて,「水銀に関する水俣条約」が2013年に批准された1)。本条約の発効により,2020年以降,水銀を使った機器の製造並びに輸出入が原則として禁止さ...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/25

特集 高血圧を再考する:注目点とこれからの診療 診療報酬の改定と高血圧診療

齊藤郁夫

Pharma Medica Vol.34 No.8, 9-12, 2016

「はじめに」2025年に団塊世代がすべて75歳以上の後期高齢者になる。75歳以上では入院受療率,要介護認定率,認知症有病率が高くなる。医療ニーズは増加するが,生産年齢人口は減少しており,より効率...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/16

特集 新規抗血栓治療薬の実臨床における問題点 特集にあたって

野村昌作

Angiology Frontier Vol.15 No.2, 12, 2016

『Angiology Frontier』のVol.15 No.2をお届けします。今回の特集のテーマとしては,「新規抗血栓治療薬の実臨床における問題点」を取り上げさせて頂きました。わが国における深部静...

⇒全文を見る

category13.gif category05.gif

2016/09/12

症例検討 脂質代謝異常症への多角的アプローチ コレステロール塞栓症の患者背景・予後―成因による違い―

小室あゆみ/門田一繁

The Lipid Vol.27 No.3, 86-89, 2016

「はじめに」コレステロール塞栓症(cholesterol crystal embolization: CCE),主に大動脈の粥状硬化巣の破綻により,コレステロール結晶が飛散して全身の末梢動脈を閉塞する...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/12

特集 新しいリピドーシス―中性脂肪と臓器障害― Ⅱ.脂肪毒性の臓器特性 5.心臓血管における脂肪毒性―中性脂肪蓄積心筋血管症(triglyceride deposit cardiomyovasculopathy;TGCV)の病態から―

平野賢一

The Lipid Vol.27 No.3, 79-85, 2016

「Summary」正常心臓のエネルギー源は,長鎖脂肪酸(long chain fatty acid; LCFA)がその約7割を占める.通常,心筋細胞内には,極わずかな中性脂肪が存在するのみで,LCFAの...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/12

特集 新しいリピドーシス―中性脂肪と臓器障害― Ⅱ.脂肪毒性の臓器特性 4.骨格筋における脂肪毒性

田村好史/竹野景海/筧佐織

The Lipid Vol.27 No.3, 73-78, 2016

「Summary」インスリン感受性臓器である骨格筋,肝臓における異所性脂肪蓄積はそれぞれの臓器のインスリン抵抗性を惹起し,2型糖尿病やメタボリックシンドロームを引き起こす原因になっていることが示...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/12

特集 新しいリピドーシス―中性脂肪と臓器障害― Ⅱ.脂肪毒性の臓器特性 3.膵β細胞における脂肪毒性

親泊政一

The Lipid Vol.27 No.3, 66-72, 2016

「Summary」脂質はエネルギー源でもあり,細胞内外のシグナル伝達物質でもある.エネルギーとして余った脂質は第一に脂肪細胞に貯蔵されるが,過剰に存在する場合は膵β細胞など異所性に蓄積する.過剰...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/12

特集 新しいリピドーシス―中性脂肪と臓器障害― Ⅱ.脂肪毒性の臓器特性 2.肝臓における脂肪毒性

小川祐二/本多靖/結束貴臣/今城健人/留野渉/米田正人/斉藤聡/中島淳

The Lipid Vol.27 No.3, 58-65, 2016

「Summary」脂肪肝を呈する肝疾患は主に非アルコール性脂肪肝疾患(nonalcoholic fatty liver disease; NAFLD)/非アルコール性脂肪肝炎(nonalcoholic s...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/12

特集 新しいリピドーシス―中性脂肪と臓器障害― Ⅱ.脂肪毒性の臓器特性 1.脂肪組織における脂肪毒性

田中都/菅波孝祥

The Lipid Vol.27 No.3, 52-57, 2016

「Summary」従来より,遊離脂肪酸が膵β細胞のインスリン分泌障害を惹起することを脂肪毒性とよんでいたが,最近では,脂肪組織以外の臓器への脂肪蓄積(異所性脂肪蓄積)やそれにともなう臓器機能異常...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/12

特集 新しいリピドーシス―中性脂肪と臓器障害― Ⅰ.中性脂肪代謝の分子機構と臓器障害 5.脂肪毒性の遺伝性素因

堀田紀久子

The Lipid Vol.27 No.3, 46-51, 2016

「Summary」肥満により過剰な中性脂肪を蓄積した脂肪組織から脂肪毒性を引き起こすとされている遊離脂肪酸が分泌される.遊離脂肪酸は肝臓,膵β細胞,骨格筋に取り込まれて臓器障害を起こすと考えられ...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/12

特集 新しいリピドーシス―中性脂肪と臓器障害― Ⅰ.中性脂肪代謝の分子機構と臓器障害 4.細胞外中性脂肪分解と臓器障害

野牛宏晃

The Lipid Vol.27 No.3, 39-45, 2016

「Summary」リポ蛋白リパーゼ(LpL)は細胞外中性脂肪水解を担う主な酵素である.血漿リポ蛋白代謝を介した抗動脈硬化作用を認める一方,マクロファージ泡沫化を介して動脈硬化を進展させる.心臓,...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す