• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2018/01/19

特集 超高齢社会における循環器疾患 臨床 超高齢循環器疾患患者の在宅医療

弓野大

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.3, 69-73, 2017

高齢者心不全は,不可逆的に進行し,経過が長く,医療や介護を要する期間が長いのが特徴ともいえる。また脳血管障害や認知症,フレイルなどの併存,そして生活環境の問題もあり,基幹病院による専門医ではなく...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/19

特集 超高齢社会における循環器疾患 トピック デスティネーション治療(DT)としての補助人工心臓

安斉俊久

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.2, 57-60, 2017

移植待機患者に対する植込み型左心補助人工心臓(left ventricular assist device:LVAD)は,拍動式の体外設置型から連続流式の植込み型へと時代は進歩し,合併症の軽減とともに...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/19

特集 超高齢社会における循環器疾患 トピック 循環器患者とACP(Advance Care Planning)

大石醒悟

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.2, 51-55, 2017

人口の高齢化とともに,循環器疾患患者は増加の一途を辿っている。その内訳として,急性心筋梗塞は治療の発展とともに減少してきたが,心不全患者は増加の一途を辿っている。これは症候群である心不全が心筋梗...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/19

特集 超高齢社会における循環器疾患 臨床 超高齢社会における緩和医療と終末期ケア

野々木宏

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.2, 47-50, 2017

日本における高齢化は60歳以上が人口の30%,75歳以上が15%以上となり,世界に先駆けて超高齢社会へ突入している。低侵襲手術,移植医療や人工心臓をはじめとする補助循環の導入で,これまで致命的で...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/19

特集 超高齢社会における循環器疾患 臨床 超高齢患者における循環器疾患の治療目標

和泉徹/阿部暁/上原彰史/渡部裕/和泉由貴/鈴木順夫/小幡裕明

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.2, 39-45, 2017

わが国は紛れもない超高齢社会に突入している。平成27(2015)年10月1日現在,総人口は1億2,711万人,その26.7%の3,392万人が65歳以上の高齢者である1)。世界保健機構(WHO)...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/19

特集 超高齢社会における循環器疾患 座談会 超高齢者パンデミック時代における循環器診療

木原康樹/和泉徹/野々木宏/横山広行

CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.2, 61-65, 2017

木原 今回の座談会では超高齢者パンデミック時代における循環器診療の課題を先生方にご指摘いただいて,直面している困難を浮き彫りにしていきたいと思います。まずは和泉先生より超高齢時代を迎えたわが国に...

⇒全文を見る

category13.gif category06.gif

2018/01/15

クリニック紹介 みわ内科クリニック

三輪隆子/三輪英人

Frontiers in Parkinson Disease Vol.10 No.3, 38-42, 2017

「在宅医療は西東京市全域が受け入れ範囲です。すべて自転車で移動です」と話す三輪隆子先生は,クリニックでの診療はもちろん,在宅医療や西東京市医師会理事としての活動に精力的に取り組んでいる。2017...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

第一線で働く医師たちからのオピニオン 立ち止まり,考え,正しくあるように

遠藤正博

THE LUNG perspectives Vol.25 No.2, 88-91, 2017

私はいわゆる医師家系に生まれ,医療が身近にある環境で育ちました。それでも高校生になると進路に迷いが生じました。そのような折,先に医学部に進学していた5歳上の兄が「病院実習に行くと,患者さんは,学...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す