• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2018/01/10

特集 骨免疫学の進歩が変える骨関節疾患アプローチ Ⅲ.リウマチ性疾患と骨免疫学 4.乾癬性関節炎の病態と新たな治療法

鎌田昌洋/佐藤伸一

THE BONE Vol.31 No.2, 77-82, 2017

乾癬性関節炎は,乾癬の皮膚症状に関節炎や付着部炎を伴う慢性炎症性疾患であるが,骨破壊が不可逆的に進行し関節変形や機能障害を引き起こすため,早期の診断と治療介入を必要とする.近年の生物学的製剤の治...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/10

特集 骨免疫学の進歩が変える骨関節疾患アプローチ Ⅲ.リウマチ性疾患と骨免疫学 3.脊椎関節炎の病態と新たな治療法

門野夕峰

THE BONE Vol.31 No.2, 71-76, 2017

強直性脊椎炎や乾癬性関節炎などの脊椎関節炎は炎症性背部痛,仙腸関節炎,関節炎,付着部炎,指趾炎,乾癬,ぶどう膜炎,炎症性腸疾患,先行感染などを呈する疾患群である.HLA-B27と関連があり,IL...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/10

特集 骨免疫学の進歩が変える骨関節疾患アプローチ Ⅲ.リウマチ性疾患と骨免疫学 2.分子標的薬による関節リウマチ治療

山岡邦宏

THE BONE Vol.31 No.2, 65-69, 2017

関節リウマチ(RA)の分子標的治療の有用性は生物学的製剤による細胞外分子の特異的阻害により明確となり,多くの製剤が開発され,わが国では7製剤が承認されている.その高い治療効果によりRA治療にパラ...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/10

特集 骨免疫学の進歩が変える骨関節疾患アプローチ Ⅲ.リウマチ性疾患と骨免疫学 1.関節リウマチにおける炎症性サイトカインの役割

亀田秀人

THE BONE Vol.31 No.2, 61-64, 2017

関節リウマチの滑膜炎病態において炎症性サイトカイン,特に腫瘍壊死因子とインターロイキン-6は中心的な役割を果たし,これらのサイトカイン産生あるいは活性の制御が最新治療に生かされている.しかしサイ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/12

最新文献紹介 尿酸と心血管疾患イベント:メンデルのランダム化研究

桑原政成/荻野和秀

高尿酸血症と痛風 Vol.25 No.1, 89, 2017

Kleber ME, Delgado G, Grammer TB, et al. Uric Acid and Cardiovascular Events: A Mendelian Randomization Study. J Am ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/12

痛風Q&A Q 痛風発作予防にコルヒチンはなぜ効くのですか?

髙濵充寛/齊藤達哉

高尿酸血症と痛風 Vol.25 No.1, 86-87, 2017

痛風発作とは,母趾基節部などの単関節において尿酸塩結晶により誘発される急性関節炎である。過栄養摂取などにより尿酸が過剰となると,血液中の尿酸がナトリウムと尿酸塩を形成し,針状結晶として関節組織に...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/12

特集 高尿酸血症・痛風の生活指導─栄養学的視点と運動療法 2.糖質制限食の是非

嶺尾郁夫/竹之下優/高田真実/友田如/出口有近/岡内幸義

高尿酸血症と痛風 Vol.25 No.1, 21-27, 2017

糖質制限食とは,三大栄養素のバランスにおいて糖質摂取を低減する食事療法である。どの程度低減するか一定の定義はなく,糖質摂取を50g/日以下にする超糖質制限から,130~200g/日程度の穏やかな...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/12

特集 高尿酸血症・痛風の生活指導─栄養学的視点と運動療法 7.水分摂取の奨励 -尿路結石症と尿路管理を中心に

大野岩男

高尿酸血症と痛風 Vol.25 No.1, 52-57, 2017

高尿酸血症・痛風患者では尿路結石が高率に合併することが知られている。これは高尿酸血症・痛風患者の特徴である高尿酸尿症と酸性尿が原因であると考えられている。尿酸は酸性尿では容易に析出しやすくなる。...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/12

特集 高尿酸血症・痛風の生活指導─栄養学的視点と運動療法 9.レジスタンストレーニングの尿酸への影響

大山博司

高尿酸血症と痛風 Vol.25 No.1, 63-67, 2017

高尿酸血症・痛風患者に運動指導を行う場合,低強度の有酸素運動を推奨し,レジスタンストレーニングについては避けるべきとされてきた。しかし高尿酸血症・痛風患者に対するレジスタンストレーニングの影響に...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/12

特集 高尿酸血症・痛風の生活指導─栄養学的視点と運動療法 8.高尿酸血症・痛風患者に対する有酸素運動の運動処方

荻野和秀

高尿酸血症と痛風 Vol.25 No.1, 58-62, 2017

過激な運動により血清尿酸値が上昇し痛風発作を誘発することがある。その機序は尿酸の産生増加と排泄低下の両面から考えられている。血清尿酸値は嫌気性代謝閾値(AT)レベル以下の運動でも上昇し,長時間の...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/12

特集 高尿酸血症・痛風の生活指導─栄養学的視点と運動療法 6.サプリメントの功罪

谷口敦夫

高尿酸血症と痛風 Vol.25 No.1, 45-51, 2017

米国ではサプリメントを摂取している痛風患者は少なくないとされる。日本での頻度は不明であるが,ウェブサイトには尿酸に関するサプリメントの情報は多い。サプリメントの摂取を一律に否定するのは好ましくな...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/12

特集 高尿酸血症・痛風の生活指導─栄養学的視点と運動療法 5.高尿酸血症への対策 -フルーツは食べてもよいのか?

仲川孝彦

高尿酸血症と痛風 Vol.25 No.1, 39-44, 2017

高尿酸血症を引き起こす原因の1つとして果糖が注目されている。なぜなら果糖が生体内で代謝を受ける際に,その副産物として尿酸が産生されるからである。果糖を含む食品として代表的なものは砂糖や異性化糖で...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/12

特集 高尿酸血症・痛風の生活指導─栄養学的視点と運動療法 4.ビールの飲み方 -低プリン体ビールとノンアルコールビール

藏城雅文

高尿酸血症と痛風 Vol.25 No.1, 35-38, 2017

アルコールを大量に摂取すると,アデノシン三リン酸(ATP)の急激な過剰消費が起こり,尿酸が過剰に産生される。そのためアルコール摂取量の増加に伴い,痛風発症の相対危険度は上昇する。一方でビールは他...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/12

特集 高尿酸血症・痛風の生活指導─栄養学的視点と運動療法 3.推奨できる食品か? -ポリフェノールと尿酸

森脇優司

高尿酸血症と痛風 Vol.25 No.1, 28-34, 2017

ポリフェノールには抗酸化作用をはじめ,抗癌作用,血圧やコレステロール低下作用,代謝の促進作用などさまざまな効能が知られているが,キサンチンオキシダーゼの阻害や尿酸トランスポーターに作用して,血清...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/12

特集 高尿酸血症・痛風の生活指導─栄養学的視点と運動療法 1.プリン体は一律に制限すべきか? -うま味と注意すべきプリン体

金子希代子

高尿酸血症と痛風 Vol.25 No.1, 14-20, 2017

プリン体は一律に制限すべきか,という問いに対して,大事なのは“量”と“質”だと考える。プリン体には4 種類の塩基,そのヌクレオシド,さらにリン酸の結合したヌクレオチド,それらが重合した核酸とさまざ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/12

最新文献紹介 メンデルのランダム化研究による血清尿酸値の心疾患および代謝疾患における病因としての評価

箱田雅之

高尿酸血症と痛風 Vol.25 No.1, 88, 2017

Keenan T, Zhao W, Rasheed A, et al. Causal Assessment of Serum Urate Levels in Cardiometabolic Diseases Through a Me...

⇒全文を見る

category13.gif category05.gif

2017/09/12

症例検討 症例を読む 第43回 コルヒチン・カバーが痛風発作に有効であった1症例

山本徹也

高尿酸血症と痛風 Vol.25 No.1, 82-85, 2017

痛風発作(痛風性関節炎)は高尿酸血症を背景に尿酸塩結晶が関節内に出現し,これを契機として関節内マクロファージが活性化され尿酸塩結晶を貪食し,種々の炎症性サイトカインを分泌する。その結果,痛風発作...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/12

血清尿酸値に影響を与える薬剤 第7回 脂質代謝異常に関する薬剤

角谷美樹/山本徹也

高尿酸血症と痛風 Vol.25 No.1, 78-81, 2017

高尿酸血症のうちの80%程度がほかの生活習慣病を合併し,なかでも脂質異常症の合併率は50~60%程度と非常に高い1)。脂質異常症は動脈硬化のリスク因子であり,高尿酸血症もリスク因子である可能性が...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/12

尿酸代謝に関連する疾患 第1回 高尿酸血症と腫瘍崩壊症候群(TLS)

山内高弘/森田美穂子/大岩加奈/上田孝典

高尿酸血症と痛風 Vol.25 No.1, 72-76, 2017

現代日本の成人男性では高尿酸血症はきわめてありふれた検査異常の1つである。血清尿酸値が血中溶解度を超えると尿酸が析出し塩を形成して痛風や腎結石へ進展する。この病態は尿酸沈着症として一般臨床でよく...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/12

患者教育実践講座 第48回 尿酸降下薬の副作用

藤森新

高尿酸血症と痛風 Vol.25 No.1, 68-71, 2017

尿酸降下薬は作用機序の違いによって,尿酸排泄促進薬,尿酸生成抑制薬,尿酸分解促進薬(尿酸酸化酵素製剤)の3 群に分類されるが,尿酸分解促進薬は骨髄増殖性疾患に対する化学療法時に発症する腫瘍崩壊症候...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す