• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2018/08/17

一目でわかるクリニカルレシピ 高齢者医療におけるポリファーマシー対策

二宮洋子/末瀧恵子/槇枝亮子/遠藤陽子/市川和子

Pharma Medica Vol.36 No.7, 56-59, 2018

近年特に高齢者におけるポリファーマシーの問題が取りざたされています。ポリファーマシーとは薬を多種類併用することで、薬による有害事象が起こっている状態をいいます。2015年の中央社会保険医療協議会...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/08/17

特集 高齢者医療におけるポリファーマシー対策 ブラウンバッグ運動からみえてきたかかりつけ薬剤師業務

金澤幸江

Pharma Medica Vol.36 No.7, 41-44, 2018

2016年に厚生労働省から発表された『患者のための薬局ビジョン~「門前」から「かかりつけ」,そして「地域へ」~』1)には,これからの薬剤師・薬局のあり方として,「健康サポート機能」,「服薬情報の...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/08/17

特集 高齢者医療におけるポリファーマシー対策 院内医薬連携システムとその効果

小久江伸介/大野能之

Pharma Medica Vol.36 No.7, 35-39, 2018

ポリファーマシーは薬物有害事象のリスクを増加させるため1),薬物治療の評価や見直しが重要であり,薬剤師の積極的な関与が求められている2)。薬剤師は患者の薬に対する理解度や残薬の確認,薬物相互作用...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/08/17

特集 高齢者医療におけるポリファーマシー対策 病院内における処方適正化チームの役割(高齢者薬物療法適正化チーム)

溝神文博

Pharma Medica Vol.36 No.7, 31-34, 2018

昨今,ポリファーマシー問題は注目を集め,高齢者医療にとって重要な課題であるといえる。ポリファーマシーが関わる問題点としては,薬物有害事象の発現頻度が6剤以上で上昇するという報告1),処方の複雑化...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/08/17

特集 高齢者医療におけるポリファーマシー対策 多職種協働によるポリファーマシー対策

鈴木裕介

Pharma Medica Vol.36 No.7, 27-30, 2018

高齢者診療における薬物療法の比重は大きく,特に外来診療においては投薬が主な診療行為である。医師にとっては「処方箋を書く(あるいは最近では電子カルテに打ち込む)」という行為は医師のみに裁量が委ねら...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/08/17

特集 高齢者医療におけるポリファーマシー対策 精神神経領域のポリファーマシー対策

水上勝義

Pharma Medica Vol.36 No.7, 23-26, 2018

高齢者では,うつ病,不眠症,妄想症,認知症をはじめ,さまざまな精神神経症状がみられる。これらは,脳の老化や血管障害などの器質的要因と,喪失体験や周囲の環境などの心理環境要因が作用して現れることが...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/08/17

特集 高齢者医療におけるポリファーマシー対策 生活習慣病領域のポリファーマシー対策

竹屋泰

Pharma Medica Vol.36 No.7, 17-21, 2018

生活習慣病は罹患者数も多く,罹患率は加齢とともに増加するため,生活習慣病領域の薬剤を服用している高齢者は多い。医療者や患者にとって最も身近な疾患であり,この領域でのポリファーマシーを日頃から意識...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/08/17

特集 高齢者医療におけるポリファーマシー対策 ポリファーマシー関連の医療費と診療報酬改定による取り組み

浜田将太

Pharma Medica Vol.36 No.7, 13-16, 2018

ポリファーマシーとは,薬物有害事象のリスクの上昇,服薬過誤,服薬アドヒアランスの低下といった薬物療法上の諸問題につながる状態のことをいう。これらの臨床上の問題だけではなく,ポリファーマシーは,薬...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/08/17

特集 高齢者医療におけるポリファーマシー対策 ポリファーマシーの問題と原因

小島太郎

Pharma Medica Vol.36 No.7, 9-12, 2018

近年高齢患者におけるポリファーマシーが注目されるようになり,2016年4月の診療報酬改定では,薬物総合評価調整管理料が新設された。薬剤の見直しにより処方薬剤数が2剤以上減少した場合には250点加...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/08/17

特集 高齢者医療におけるポリファーマシー対策 特集にあたって

秋下雅弘

Pharma Medica Vol.36 No.7, 7, 2018

超高齢社会を迎え,患者層の中心が75歳以上になる中,生活習慣病などの慢性疾患管理も発想の転換を求められている。その重要なキーワードの1つがポリファーマシー(Polypharmacy)である。ポリ...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/07/10

特集 ワクチン・予防接種:わが国における現状と課題 アカデミアから社会への発信

岩田敏

Pharma Medica Vol.36 No.5, 57-62, 2018

ワクチン先進国を目指すには,よりよい予防接種制度を整備し,より多くの方が適切にワクチン接種を受けられるようにして,ワクチンで予防できる疾病(vaccine preventable disease;V...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/06

ホネのかたち 骨を見る立ち位置⑤-遊泳装置としての肩-

遠藤秀紀

THE BONE Vol.31 No.3, 95-98, 2017

前回,特殊化した肩甲骨に踏み込んでみた.穴居性・掘削性ロコモーションにおいて,肩甲骨がどのような形状に進化するのかという論議であった1).だが,掘削行動は,多かれ少なかれ前肢による土砂の破砕と除...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/06

100歳まで生きるための本100選 第64選 『人は誰でも「元気な100歳」になれる 長寿遺伝子活性化の秘訣』

大倉萬佐子

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.5, 104-105, 2017

著者は坪田一男先生。日本抗加齢医学会の会員の方々にとっては周知のことですが,坪田先生は,ドライアイ,角膜移植,屈折矯正手術における眼科医としても日本の第一人者です。しかも,研究領域を抗加齢医学に...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/06

Theme 新世代の分子標的治療 新世代の分子標的治療 乳がん

服部正也/岩田広治

がん分子標的治療 Vol.15 No.3, 39-44, 2017

乳がん薬物療法の治療指針は内分泌療法(いわゆるホルモン療法)への反応性,またヒト上皮成長因子受容体(HER)2発現の有無により大別され,内分泌療法と抗がん剤や分子標的薬による化学療法により組み立...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/04

涙が出る料理 第3回 老舗喫茶店「ラドリオ」

島﨑潤

Frontiers in Dry Eye Vol.12 No.2, 51, 2017

日本一の古書店街,神田神保町の表通りから一本入った路地に「喫茶ラドリオ」はある。前方の路地は人がようやくすれ違うことができるくらいの幅で,都心ではなかなか見ることができないレトロな雰囲気を醸し出...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/07

Topics for Health Care インバウンド─外国人患者とのかかわり方

中村安秀

up-to-date 子どもの感染症 Vol.5 No.1, 30-33, 2017

21世紀になり,ますます多くの人々が国境を越えて,旅行し,移住し,そして定住している.インターネットにより情報や映像が世界を駆け巡り,LCC(格安航空会社)により国境を超えることの経済的なハード...

⇒全文を見る

category13.gif category06.gif

2018/03/07

TIPS FOR CLINICS おおくぼ小児科

大久保賢介

up-to-date 子どもの感染症 Vol.5 No.1, 26-29, 2017

今回お伺いしたのは,香川県高松市にあるおおくぼ小児科です.一見病院とは思えないような洗練されたデザインの外観から院内に入ると,まるで美容院のような現代的ですっきりとした様子におどろきました.迎え...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/07

CAREER MAKING 専門医から若手ドクターへの提言

岩田敏

up-to-date 子どもの感染症 Vol.5 No.1, 22-25, 2017

私は温泉町として知られる神奈川県の湯河原町に生まれ,自然豊かな大磯で育ちました.自宅は常に犬や鶏がいる環境であったため,幼少時より生物に興味を抱き,小学生の頃にはシュバイツァーやガガーリン,野口...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/07

MESSAGE FROM EDITOR エディターズ・メッセージ(THE GI FOREFRONT) 第25回 新内科専門医制度と地域医療

杉山敏郎

THE GI FOREFRONT Vol.13 No.1, 66-67, 2017

数年前から日本内科学会理事を務めている関係上,進行中の専門医機構を中心とした新内科学会専門医制度設計,特に新内科学会専門医のありかたなどに関わることが多く,硬いテーマではあるが,今回のエディター...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/03/07

私のひそかな趣味 第5回 「地球カレンダー作り」

浅香正博

THE GI FOREFRONT Vol.13 No.1, 64-65, 2017

趣味はと聞かれたとき,これまで読書,写真,テニスなどと答えてきたが,今回依頼されたテーマは「ひそかな趣味」である。これまでの原稿を読むと皆さん方も苦労されながらひとひねりもふたひねりもしながら書...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す