• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2016/11/18

書評 「バイオマテリアル その基礎と先端研究への展開」 (岡野光男 監修 田畑泰彦・塙 隆夫 編著,東京化学同人,2016年2月20日 発行)

田畑泰彦

再生医療 Vol.15 No.3,61, 2016

バイオマテリアル(生体材料)とは,体内で使用する,あるいは細胞や体内成分(タンパク質や核酸など),細菌,ウイルスと触れて使用するマテリアル(材料)である。そのため,人工臓器,医療用材料やドラッグ...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/11/18

用語解説 CRISPR-Cas9

宇野愛海

再生医療 Vol.15 No.3,52-55, 2016

ゲノム編集技術(Genome editing)という,各種動物の受精卵の遺伝子改変に代表されるような,様々な動植物の細胞内おいて,人工ヌクレアーゼにより標的配列の切断を誘導することにより,高い効率...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/11/18

THE COMMENTARY 我が国の再生医療関連法(早期承認制度)に関するNature誌の批評に関して

髙橋政代

再生医療 Vol.15 No.3,37-40, 2016

「はじめに」皆様ご存知の通り日本では2014年11月に再生医療の新しい法律が施行された。この世界で初めての再生医療に特化した法律の変化は海外からも大きな注目を集めており,様々な形で取り上げられて...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/11/18

OPINION 治癒とはそもそも自己組織再生である

高橋淳

再生医療 Vol.15 No.3,5, 2016

「分ける」から「つくる」へ。山中伸弥教授が「ES細胞を分けて調べる」から「ES細胞をつくる」へと研究方針を転回したとき,iPS細胞(その時はまだ存在していなかったが)の運命は決まった。この転回は...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/11/18

Review(再生医療) 生体イメージング

水野紘樹/石井優

再生医療 Vol.15 No.3,19-36, 2016

「はじめに」生体内には200種類にも及ぶ細胞が存在する。これらの細胞は,それぞれが適切な場所に適切なタイミングで移動・遊走し,相互作用を起こすことにより,高度で多彩な生命現象が維持されている。「...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/11/18

Review(再生医療) 肝再生機構

宮島篤

再生医療 Vol.15 No.3,7-18, 2016

「はじめに」肝臓は体内における最大重量の実質臓器であり,各種の代謝,解毒,胆汁の産生,血清タンパク質の産生など多種多様な機能により生体の恒常性を保っている。肝臓が生命の源泉であることは古代より知...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/11/18

巻頭言 日本発の再生医療技術によるイノベーションを進めるには

佐藤陽治

再生医療 Vol.15 No.3,1, 2016

いま,わが国の政策として再生医療等の革新的医療技術の開発による医療イノベーションの推進が掲げられています。これには健康・福祉の向上という意味だけではなく,新しい産業の創出という意味もあります。た...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/07/11

TOPICS(再生医療) 『関西再生医療産業コンソーシアム(KRIC)』の設立とその取り組みについて~再生医療実現の加速化に向けて~

河上康裕

再生医療 Vol.15 No.2, 32-38, 2016

「はじめに」再生医療は手術や投薬など,従来の手法では治療困難とされる疾患の根本治療に路を開くものであり,将来的には慢性疾患や高齢化に伴う疾患等への適用も期待されている。経済産業省で再生医療の将来...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/07/11

用語解説 「空気清浄度とクラス分類」

平沢真也

再生医療 Vol.15 No.2, 56-60, 2016

「はじめに」対象空気中の清浄度レベルのうち,浮遊粒子濃度による分類にはISO規格が存在しさまざまな電子分野,バイオ分野で広範囲に共通規格として用いられている。一方,微生物については各産業の特性の...

⇒全文を見る

category13.gif category06.gif

2016/07/11

海外情報 「University of Cambridgeでの研究生活」

松瀬大

再生医療 Vol.15 No.2, 48-50, 2016

2014年10月より,九州大学神経内科から英国ケンブリッジ大学のStem Cell Instituteに留学しております。現在研究生活を行っているケンブリッジと,研究内容に関して,ごく簡単ではござい...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/07/11

Review(再生医療) 多色細胞系譜追跡法と幹細胞研究 Multicolor lineage tracing method and stem cell research

上野博夫

再生医療 Vol.15 No.2, 15-31, 2016

「はじめに」近年の生命科学研究において幹細胞研究が非常に注目されている。幹細胞研究には大きく2つの意義があると考えられる。一つは幹細胞の性質を理解するための基礎生物学的意義,もう一つは臨床応用を...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/07/11

特別企画 (座談会)再生医療の発展に必要な人材育成とは

赤澤智宏/池松真也/江副幸子/西垣扶佐子/原克彦/畠賢一郎

再生医療 Vol.15 No.2, 7-14, 2016

「はじめに」畠:わが国では現在,再生医療の産業化推進に伴い,それにふさわしい雇用創出,人材育成が期待されています。そこで本日は,「再生医療の発展に必要な人材育成とは」をテーマに,再生医療分野に求...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/07/11

OPINION 再生医療研究が果たしうる医療・社会変革

松山晃文

再生医療 Vol.15 No.2, 5, 2016

再生医療ロードマップが昨年末改定されました。iPS細胞等の臨床応用へのたゆみない歩みが示され,まずは加齢黄斑変性症,パーキンソン病,ついで脊髄損傷や心移植でしか救命できない心不全の治療も可能とし...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/07/11

巻頭言 歯科再生医療の推進に向けて

大島勇人

再生医療 Vol.15 No.2, 1, 2016

歯科再生研究・臨床応用は様々なレベルで展開されている。歯の再生研究では,ネズミの胎生期歯胚細胞から口腔内で萌出・機能する歯の再生が実現している。また,歯の形態・大きさの制御や機能面の回復への道筋...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/06/17

特集 近未来の呼吸器疾患治療 基礎医学とのダイアローグ Muse細胞と再生医療への実現性 Feasibility of Muse cells for regenerative medicine

出澤真理/串田良祐/若尾昌平

THE LUNG perspectives Vol.24 No.2, 72-79, 2016

「Summary」われわれは骨髄,脂肪,皮膚などの間葉系組織や市販の線維芽細胞,骨髄間葉系幹細胞などの培養細胞に腫瘍性をもたない新たなタイプの幹細胞が存在することを見出し,Muse細胞と命名した...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/06/17

Learn more 研究者インタビュー テニスが,ゴルフが,もう一度できるようになる! 世界初,滑膜幹細胞を使った膝関節の再生医療

関矢一郎/太田博明/唐橋ユミ

O.li.v.e.―骨代謝と生活習慣病の連関― Vol.6 No.2, 34-41, 2016

「加齢とともに増加し,とくに女性に頻発する運動器疾患」唐橋:加齢に伴い運動器の機能が低下するため,超高齢社会に突入しているわが国においては,加齢による運動器疾患が今後ますます増えていくことが確実...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/06/09

特集 発生および生体工学と生殖医療 子宮の再生

古川克子/廣田泰/吉野修/岸田晶夫/牛田多加志/齋藤滋/大須賀穣

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.23 No.2, 61-65, 2016

「Summary」間葉系幹細胞や人工多能性幹(induced pluripotent stem;iPS)細胞などの幹細胞の分化制御基礎研究がめざましい進歩をとげるなか,3次元的な構造を有する臓器の再...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/06/09

特集 発生および生体工学と生殖医療 胎児付属物,特に羊膜を用いた再生医療の現状と展望

梅川孝/山原研一/池田智明

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.23 No.2, 21-25, 2016

「Summary」胎児付属物は古くより医薬利用されてきたが,生体工学の発達とともに,胎児付属物から分離された幹細胞,特に羊膜中の間葉系幹細胞(mesenchymal stem cell;MSC)を難...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

特集 再生医学と血管 バイオ3Dプリンティング技術を利用したscaffold free小口径細胞人工血管の開発

伊藤学/中山功一/五條理志/野出孝一/森田茂樹

血管医学 Vol.17 No.1, 63-68, 2016

「Summary」iPS細胞をはじめとする幹細胞技術が目覚ましく発展する中,組織工学(ティッシュエンジニアリング)による臓器再生をテーマとした研究・開発が加速している.外来異物を用いて作製した現...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

特集 再生医学と血管 虚血性心疾患における血管再生治療

宮川繁

血管医学 Vol.17 No.1, 55-61, 2016

「Summary」重症心不全治療として最も重要な治療法である心臓移植は,きわめて深刻なドナー不足であり,欧米レベルの汎用性の高い治療法としての普及は困難が予想される.このような状況のなか,心不全...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す