• Webマガジン 検索結果

検索結果

category05.gif category13.gif

2017/09/08

臨床報告 複合高周波によるEMSが腹部内臓脂肪面積,血漿アディポネクチンに及ぼす改善効果について

森下竜一/橋弥尚孝/横山幸三/桑畑亮嗣/細山浩

Anti-aging Science Vol.8 No.1, 89-94, 2016

腹部へ複合高周波EMSを用いて1ヶ月間有酸素運動と無酸素運動を他動的に交互に行い,その脂肪代謝への影響を検討した。腹部の総脂肪面積は減少したが,皮下脂肪よりも特に内臓脂肪面積が有意に約46%減少...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/08

脳心血管抗加齢研究会2016 アンチエイジングサイエンス~分子から実践へ~ 開催にあたって

南野徹/他

Anti-aging Science Vol.8 No.1, 7-21, 2016

2016年12月17日(土)~18日(日)の2日間、テーマ「アンチエイジングサイエンス ~分子から実践へ~」と称し、東京の秋葉原UDXを会場として「脳心血管抗加齢研究会2016」を開催する運びと...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/08

対談 ストレスを認識することから始まるアンチエイジング

野出孝一/芳本美代子

Anti-aging Science Vol.8 No.1, 4-6, 2016

野出:本日は、芸能活動30年を迎え、現在は女優として活躍されている芳本美代子さんをお招きしました。最初に、デビューから今日まで、どのように若々しさを保たれているのかお聞かせください。食事や日常生...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/07

誌上ディベート カロリー制限

新村健

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.2, 78-82, 2017

老化制御法としてより有効な食事制限(dietary restriction:DR)は,カロリー制限(calorie restriction:CR)か,タンパク質制限(protein restricti...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/07

誌上ディベート カロリー制限 VS たんぱく質制限

坪田一男

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.2, 77, 2017

今回のバトルはアンチエイジングの本質に迫る課題である。ご存じのように,現在のアンチエイジング医学の大きな研究の柱に“カロリー制限(caloric restriction:CR)”がある。ほとんどす...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/07

特集 一億総活躍社会実現のためのアンチエイジング いきいきと働くために― 一億総活躍社会に向けた健康施策と心得

田中完

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.2, 35-39, 2017

「一億総活躍社会」―この言葉を聞いて胸躍る人がいかほどいるだろうか。もし,ため息が出てしまうのであればその理由は恐らく一つ,一体いつまで働かなければならないのか,といった思いだろう。そこには仕事...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/07

総説 ストレッチの分子生物学─メカノバイオロジーから眺めるアンチエイジング法としてのストレッチの可能性

澤田泰宏

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.2, 70-75, 2017

ストレッチは,怪我防止あるいはパフォーマンス向上のために運動前に行うこともあれば,疼痛軽減や疲労回復を企図して運動後に行うこともある。ストレッチそのものが,身体の柔軟性向上を介して健康増進に有効...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/07

特集 一億総活躍社会実現のためのアンチエイジング 一億総活躍社会実現のためのアンチエイジング

米井嘉一

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.2, 59-66, 2017

2016年の日本人平均寿命は男性80歳,女性86歳と大変長寿であるが,一方で健康寿命をみると,平均寿命より男性で7年,女性で11年短い。この間は不健康な状態を余儀なくされる。介護が必要な場合もあ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/07

特集 一億総活躍社会実現のためのアンチエイジング 一億総活躍社会における身体活動

宮地元彦

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.2, 54-58, 2017

我々が体を動かすことを総じて身体活動という。身体活動は,目的をもって余暇時間に行われる運動と,それ以外の日常生活を営むために必要な生活活動に分類される。さらに,運動には,楽しみや充足感を得る目的...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/07

特集 一億総活躍社会実現のためのアンチエイジング 農林水産事業の活性化と一億総活躍社会

阿部啓子

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.2, 46-53, 2017

一億総活躍社会の創生のためには,日本全国の各地域における地域包括ケアシステムの構築が重要である。健康増進策としてメタボリックシンドローム(メタボ)対策,認知(コグニション)活性化,運動器のロコモ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/07

特集 一億総活躍社会実現のためのアンチエイジング 女性医療従事者の活躍促進

仲山洋子/関屋晴子/野村恭子/冲永寛子

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.2, 40-45, 2017

日本の少子化が止まらない。厚生労働省が発表した2016年の年間出生数は98万1千人(推計)となった。年間出生数が100万人の大台を割るのは1947年の統計開始以来初めてであり,深刻度を増す少子化...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/07

特集 一億総活躍社会実現のためのアンチエイジング 一億総活躍社会に向けた国家方針と現状と問題点

遠藤英俊

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.2, 31-34, 2017

一億総活躍社会の理念は,希望を生み出す強い経済,夢をつむぐ子育て支援,安心につながる社会保障の3つからなる。この施策によって,超高齢化を迎えて本当に社会が豊かになり,誰もが安心して暮らせる社会に...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/07

特集 一億総活躍社会実現のためのアンチエイジング 一億総活躍社会の支え手としての高齢者の役割

飯島勝矢

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.2, 25-30, 2017

超高齢社会を目前にし,予防(健康増進~介護予防)に重点化した医療制度改革を軸として,真の健康寿命の延伸を図る必要がある。なかでも,元気な高齢者には社会の支え手(担い手側)となってもらうと同時に,...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/07

特集 一億総活躍社会実現のためのアンチエイジング 「ニッポン一億総活躍プラン」に健康増進(=アンチエイジング)が必要だ!

大島和輝/鈴木康裕

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.2, 16-24, 2017

「健康で長生きしたい」という思いは,世界中の誰もが,世代を超えてもっている。わが国は,この願いを世界に先がけて実現してきた国である。しかしながら,世界で最も高齢化が進んだ国となり,今後さらに少子...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/07

エイジングサイエンス 第49回 腫瘍により誘導されるIL-6は宿主の抗腫瘍免疫が抑制されるように再構成する

小倉慶雄/門野至/古家大祐

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.2, 100-103, 2017

膵管腺癌(Pancreatic Ductal Adenocarcinoma:PDA)は致死的な癌であるが,その理由として化学療法や分子標的療法への感受性に乏しいこと,さらには患者(癌の宿主)自身が致...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/07

100歳まで生きるための本100選 第61選 『大事なことはみーんな猫に教わった(そしてもっと)』

真田昌爾

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.2, 96-98, 2017

いつまでも永くいきいきと過ごすためには,からだの健康を保つことはもちろん大切ですが,何かとストレスが高まることが多い現代社会に過ごす私たちには,こころの健康が保たれることも実は大きなエッセンスです。

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/07

抗加齢専門医・指導士認定試験のためのQ&A 「専門医のためのQ&A」「指導士のためのQ&A」

白澤卓二

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.2, 92-95, 2017

「専門医のためのQ&A」Q1 ビタミンD について正しいのはどれか。2つ選べ。Q2 アルツハイマー病について正しいのはどれか。2つ選べ。Q3 パーキンソン病について正しいのはどれか。3つ選べ。

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/07

元・編集長のページ 光とアンチエイジング

坪田一男

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.2, 87-90, 2017

昨年,美肌派の先生には衝撃的な論文が出た! なんと太陽に当たらないようにしている女性は,太陽にたくさん当たる女性より2年ほど寿命が短いというものだ1)。大人もお外で遊ばないといけないのだ! もち...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/07

誌上ディベート たんぱく質制限は健康寿命の延伸につながる

古家大祐/北田宗弘

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.2, 83-86, 2017

たんぱく質の摂取不足は,特に高齢者ではサルコペニア,フレイルのリスク上昇,また死亡率の増加にも関係している。そのため,日本人の食糧摂取基準2015年版では,たんぱく質の摂取推奨量に加え,目標量(...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す