• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2017/09/15

一目でわかるクリニカルレシピ 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の食事

白井亮/西尾萌/槇枝亮子/遠藤陽子/市川和子

Pharma Medica Vol.35 No.7, 76-79, 2017

慢性閉塞性肺疾患(COPD)は、喫煙などによる有害物質の吸入や大気汚染物質などで生じた炎症性疾患です。咳嗽や喀痰などの症状や、気管支閉塞や肺胞壁の破壊による気腫性変化により呼吸機能が低下し、息切...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/14

一目でわかるクリニカルレシピ 胃がん術後の食事

窪田寿子/柾岡沙梨/遠藤陽子/市川和子

Pharma Medica Vol.35 No.5, 88-91, 2017

日本では、毎年約10万人が胃がんを発症しています。罹患者数では第2位となっており、特に50歳以上の男性に多い傾向です。胃がんの治療方法は、胃カメラによる内視鏡的粘膜切除、腹腔鏡手術の導入など低侵...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/14

一目でわかるクリニカルレシピ 変形性関節症の食事

長谷川徹/堀尾佳子/本多唯/遠藤陽子/市川和子

Pharma Medica Vol.35 No.6, 68-71, 2017

変形性関節症(OsteoArthritis;OA)は、膝や足の付け根・肘・肩などの関節に痛み・腫れなどの症状がみられ、様々な原因により関節の変形をきたす病気の総称です。男女比・発症年齢については...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/12

特集 高尿酸血症・痛風の生活指導─栄養学的視点と運動療法 2.糖質制限食の是非

嶺尾郁夫/竹之下優/高田真実/友田如/出口有近/岡内幸義

高尿酸血症と痛風 Vol.25 No.1, 21-27, 2017

糖質制限食とは,三大栄養素のバランスにおいて糖質摂取を低減する食事療法である。どの程度低減するか一定の定義はなく,糖質摂取を50g/日以下にする超糖質制限から,130~200g/日程度の穏やかな...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/12

特集 高尿酸血症・痛風の生活指導─栄養学的視点と運動療法 7.水分摂取の奨励 -尿路結石症と尿路管理を中心に

大野岩男

高尿酸血症と痛風 Vol.25 No.1, 52-57, 2017

高尿酸血症・痛風患者では尿路結石が高率に合併することが知られている。これは高尿酸血症・痛風患者の特徴である高尿酸尿症と酸性尿が原因であると考えられている。尿酸は酸性尿では容易に析出しやすくなる。...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/12

特集 高尿酸血症・痛風の生活指導─栄養学的視点と運動療法 9.レジスタンストレーニングの尿酸への影響

大山博司

高尿酸血症と痛風 Vol.25 No.1, 63-67, 2017

高尿酸血症・痛風患者に運動指導を行う場合,低強度の有酸素運動を推奨し,レジスタンストレーニングについては避けるべきとされてきた。しかし高尿酸血症・痛風患者に対するレジスタンストレーニングの影響に...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/12

特集 高尿酸血症・痛風の生活指導─栄養学的視点と運動療法 8.高尿酸血症・痛風患者に対する有酸素運動の運動処方

荻野和秀

高尿酸血症と痛風 Vol.25 No.1, 58-62, 2017

過激な運動により血清尿酸値が上昇し痛風発作を誘発することがある。その機序は尿酸の産生増加と排泄低下の両面から考えられている。血清尿酸値は嫌気性代謝閾値(AT)レベル以下の運動でも上昇し,長時間の...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/12

特集 高尿酸血症・痛風の生活指導─栄養学的視点と運動療法 6.サプリメントの功罪

谷口敦夫

高尿酸血症と痛風 Vol.25 No.1, 45-51, 2017

米国ではサプリメントを摂取している痛風患者は少なくないとされる。日本での頻度は不明であるが,ウェブサイトには尿酸に関するサプリメントの情報は多い。サプリメントの摂取を一律に否定するのは好ましくな...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/12

特集 高尿酸血症・痛風の生活指導─栄養学的視点と運動療法 5.高尿酸血症への対策 -フルーツは食べてもよいのか?

仲川孝彦

高尿酸血症と痛風 Vol.25 No.1, 39-44, 2017

高尿酸血症を引き起こす原因の1つとして果糖が注目されている。なぜなら果糖が生体内で代謝を受ける際に,その副産物として尿酸が産生されるからである。果糖を含む食品として代表的なものは砂糖や異性化糖で...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/12

特集 高尿酸血症・痛風の生活指導─栄養学的視点と運動療法 4.ビールの飲み方 -低プリン体ビールとノンアルコールビール

藏城雅文

高尿酸血症と痛風 Vol.25 No.1, 35-38, 2017

アルコールを大量に摂取すると,アデノシン三リン酸(ATP)の急激な過剰消費が起こり,尿酸が過剰に産生される。そのためアルコール摂取量の増加に伴い,痛風発症の相対危険度は上昇する。一方でビールは他...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/12

特集 高尿酸血症・痛風の生活指導─栄養学的視点と運動療法 3.推奨できる食品か? -ポリフェノールと尿酸

森脇優司

高尿酸血症と痛風 Vol.25 No.1, 28-34, 2017

ポリフェノールには抗酸化作用をはじめ,抗癌作用,血圧やコレステロール低下作用,代謝の促進作用などさまざまな効能が知られているが,キサンチンオキシダーゼの阻害や尿酸トランスポーターに作用して,血清...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/12

特集 高尿酸血症・痛風の生活指導─栄養学的視点と運動療法 1.プリン体は一律に制限すべきか? -うま味と注意すべきプリン体

金子希代子

高尿酸血症と痛風 Vol.25 No.1, 14-20, 2017

プリン体は一律に制限すべきか,という問いに対して,大事なのは“量”と“質”だと考える。プリン体には4 種類の塩基,そのヌクレオシド,さらにリン酸の結合したヌクレオチド,それらが重合した核酸とさまざ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/12

目でみる食事療法 Ⅷ 高尿酸血症・痛風の生活指導~運動を考える~

金子希代子/金子佳冬

高尿酸血症と痛風 Vol.25 No.1, 1-6, 2017

生活習慣病全般の予防や改善に運動が勧められる。高尿酸血症・痛風に対する生活指導も,食事療法,飲酒制限,運動の推奨が中心となっている。そこで,最終回となる今回は「高尿酸血症・痛風の生活指導」として...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/12

目でみる食事療法 Ⅶ 脂質異常症を合併する高尿酸血症・痛風の食事療法

金子希代子/金子佳冬

高尿酸血症と痛風 Vol.24 No.2, 1-4, 2016

今回は「脂質異常症を合併する高尿酸血症・痛風の食事療法」をテーマとし,高尿酸血症・痛風の食事療法における基本ポイントに,動脈硬化性疾患としての脂質異常症の予防のために勧められているポイントを加え...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/11

FORUM 第20回日本病態栄養学会年次学術集会シンポジウム⑤ 「腎臓病と栄養の最前線」

DIABETES UPDATE Vol.6 No.2, 48-53, 2017

近年,“Healthy Diet”という概念が慢性腎臓病(CKD)の領域でも広がりつつある。そのような背景もあり,これまでのカリウムや蛋白質などの「制限食」から,個々の患者における「健康維持への食...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/08

特集 消化管と糖尿病 食事による血糖調節―食事の質や量,順番などによる血糖調節―

高橋和之/山田祐一郎

Diabetes Frontier Vol.28 No.2, 174-179, 2017

食事療法の実践によって血糖コントロール改善が期待できるため,糖尿病治療において食事療法は重要である。摂取エネルギーは身長,体重,年齢,身体活動量などを考慮して決定し,各栄養素については2013年...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/08

先制医療における栄養の役割―ライフコースヘルスケア― 児童・生徒の栄養:食育

三成由美/徳井教孝

Diabetes Frontier Vol.28 No.2, 129-135, 2017

近年,小学校・中学校の子どもにおいては,偏った栄養摂取の在り方,朝食の欠食など食生活の乱れによる肥満・痩身,また生活習慣病の若年化により健康を取り巻く問題が深刻化されている。こうした現状を踏まえ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/07

誌上ディベート カロリー制限 VS たんぱく質制限

坪田一男

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.2, 77, 2017

今回のバトルはアンチエイジングの本質に迫る課題である。ご存じのように,現在のアンチエイジング医学の大きな研究の柱に“カロリー制限(caloric restriction:CR)”がある。ほとんどす...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/07

抗加齢専門医・指導士認定試験のためのQ&A 「専門医のためのQ&A」「指導士のためのQ&A」

白澤卓二

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.2, 92-95, 2017

「専門医のためのQ&A」Q1 ビタミンD について正しいのはどれか。2つ選べ。Q2 アルツハイマー病について正しいのはどれか。2つ選べ。Q3 パーキンソン病について正しいのはどれか。3つ選べ。

⇒全文を見る

category13.gif

2017/09/05

国内学会・研究会報告 第16回 新生児栄養フォーラム

戸津五月

Fetal & Neonatal Medicine Vol.9 No.1, 35, 2017

2016年6月4~5日,東京女子医科大学母子総合医療センター新生児医学科の戸津五月会長のもと,東京・内幸町にあるイイノホール&カンファレンスセンターで,第16回新生児栄養フォーラムが開催された。...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す