• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2016/10/28

特集 機能性脂質・脂肪酸の多彩な生理活性と病態形成 Overview リポクオリティが制御する血管医学

有田誠

血管医学 Vol.17 No.2, 7-9, 2016

脂質は生命を包み,区画する生体膜を構成する細胞の基本構成要素であり,エネルギー源としての役割に加え,生理活性物質やその前駆体として働く多彩な役割を担う生体分子である.よって,脂質分子の多様性や生...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2016/10/26

症例から学ぶ ビタミンDと小児のくる病

窪田拓生

O.li.v.e.―骨代謝と生活習慣病の連関― Vol.6 No.3, 42-44, 2016

「症例」症例:2歳1カ月,女児.主訴:下肢変形,跛行.現病歴:周産期に明らかな異常を認めなかった.1歳4カ月時に独歩を始めたが,歩き方がぎこちなかった.下肢変形に気づき,2歳1カ月時に整形外科を...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/25

特集 高血圧を再考する:注目点とこれからの診療 減塩対策と高血圧診療の未来

土橋卓也

Pharma Medica Vol.34 No.8, 19-23, 2016

「はじめに」高血圧者は全国に約4,300万人いると推定されている,最も多い生活習慣病である。食塩の過剰摂取が高血圧の発症や増悪,降圧薬治療に対する抵抗性などの要因となることは明らかであり,依然と...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/10/25

特集 高血圧を再考する:注目点とこれからの診療 厳格降圧(120mmHg未満)のこれから

赤坂憲/楽木宏実

Pharma Medica Vol.34 No.8, 25-29, 2016

「Ⅰ.SPRINT試験の衝撃」昨年発表されたSPRINT(Systolic Blood Pressure Intervention Trial)研究1)は,世界に衝撃を与えた。すなわち,糖尿病,脳卒中既...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/27

特集 認知機能のアンチエイジング 栄養と認知機能アンチエイジング Preventive nutrition for cognitive decline

大塚礼/安藤富士子/下方浩史

アンチ・エイジング医学 Vol.12 No.4, 33-38, 2016

「はじめに」認知症の発症には生活習慣,社会的要因,心理的要因,遺伝的素因など多くの要因が関与しており,食事要因も認知機能と関連を有すると考えられる。近年,食事を含む栄養学的要因と認知機能に関する...

⇒全文を見る

category13.gif category06.gif

2016/09/16

実践!チーム医療と診療連携のススメ NTT東日本関東病院糖尿病・内分泌内科におけるチーム医療と地域医療連携

林道夫

Diabetes Horizons ―Practice and Progress― Vol.5 No.3, 30-35, 2016

東京都品川区の都心にありながら静かな環境に立地するNTT東日本関東病院は,日本電信電話公社の職域病院・関東逓信病院として1952年に開設した。1986年より一般開放され,現在は地域の基幹病院とし...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/16

米国糖尿病学会(ADA) The 76th Scientific Sessions of the ADA(New Orleans, LA)

野見山崇

Diabetes Horizons ―Practice and Progress― Vol.5 No.3, 26-29, 2016

2016年6月10日~14日まで,米国・ニューオリンズにて第76回米国糖尿病学会年次学術集会が開催されました。今回の学会に参加して興味深かったトピックを中心にレポートいたします。「清野 裕先生が本...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/09/16

特集 チームで取り組む心不全医療 トピック 心不全患者の栄養管理

衣笠良治

CARDIAC PRACTICE Vol.27 No.3, 59-63, 2016

「はじめに」肥満は心不全発症の危険因子として知られているが,心不全発症後は逆に低体重が予後不良因子となることがさまざまな疫学研究により報告されている。これは肥満の逆転現象,obesity para...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/08/25

特集 生活習慣病と下部尿路症状 運動習慣・食生活と下部尿路症状―コンチネンス・ウエルネスを目指して―

佐藤和佳子

排尿障害プラクティス Vol.24 No.1, 52-59, 2016

近年,下部尿路症状(lower urinary tract symptoms;LUTS)とメタボリック症候群とに関連があることが明らかとなっている。その予防のためには,内臓脂肪型肥満とならないよう,個...

⇒全文を見る

category13.gif category06.gif

2016/08/10

開業医院施設インタビュー 医療法人初生会 福井中央クリニック(福井県福井市)

笈田耕治

DIABETES UPDATE Vol.5 No.3, 42-45, 2016

医療法人初生会 福井中央クリニックは,循環器内科,心療内科,糖尿病・代謝内科,消化器内科の専門医が在籍し,それぞれの専門性を生かしながら院内連携によるチーム医療を実践している。糖尿病・代謝内科の笈...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/07/11

特集 アディポサイエンス・フロンティア Ⅲ アディポサイエンス・クリニカル 肥満症内科治療のフロンティア

長嶺和弘/上野浩晶/中里雅光

Diabetes Frontier Vol.27 No.3, 350-355, 2016

「はじめに」近年,世界中で肥満人口は増加傾向で,わが国でも「平成25年国民健康・栄養調査」による成人肥満者の割合は男性28.6%,女性20.3%であり,若年女性を除いて継年的に増加傾向にある1)...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/07/11

誌上ディベート 朝食を摂る?摂らない? 朝食を摂らない立場より

新村健

アンチ・エイジング医学 Vol.12 No.3, 81-85, 2016

「はじめに」「朝食を摂る?摂らない?」というディベートをする場合,私の知る範囲で,ほとんどの医学的なエビデンスは明らかに前者を支持している。農林水産省ホームページには,「めざましごはん」という朝...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/07/11

誌上ディベート 朝食を摂る?摂らない? 朝食を摂る

柴田重信

アンチ・エイジング医学 Vol.12 No.3, 76-80, 2016

「はじめに」近年,体内時計や時計遺伝子に関する研究が急速に進み,細胞,実験動物,ヒトに至るまでの生体リズムや概日リズムを評価する学問として時間生物学が発展した。時間生物学の発展により,体内時計と...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/07/11

誌上ディベート 朝食を摂る?摂らない?

坪田一男

アンチ・エイジング医学 Vol.12 No.3, 75, 2016

これは毎日,本当に悩む問題だ。ブルーライト問題からサーカディアンリズム研究をする者としては,柴田重信先生(早稲田大学)のおっしゃるように,朝食はサーカディアンリズムのために絶対摂るべきものとなる...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/07/11

特集 糖尿病性腎症の克服を目指して~up to date~ 腎症の食事療法 Diet therapy for diabetic nephropathy.

北田宗弘

Pharma Medica Vol.34 No.6, 31-35, 2016

「はじめに」糖尿病性腎症(以下,腎症)に対する治療は,末期腎不全への進展ならびに心血管疾患発症の抑制を目指して,血糖・血圧・脂質管理を中心とした包括的治療を行うことが推奨されている。包括的治療は...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/05/25

Psychiatric Lecture (成因・危険因子)うつ病リスク因子としての食生活・栄養

功刀浩

精神科臨床 Legato Vol.2 No.2, 20-25, 2016

「1 精神科領域における精神栄養学の位置付け」―近年,精神栄養学に対する注目度が高まりつつあります。どのような学問なのか教えてください。精神栄養学とは,精神機能や精神疾患に関連する栄養学的要因,...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/05/17

Voice of pharmacist 食品表示法と新たな機能性表示食品の流通

堀美智子

インフルエンザ Vol.17 No.2, 21-24, 2016

食品を摂取する際の安全性および生活者の自主的で合理的な食品選択の機会を確保するために,今まで食品衛生法,JAS法および健康増進法で規定されていた義務表示の部分をひとつにした「食品表示法」が平成2...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/05/17

特集 カルシウムとアンチエイジング カルシウムとアンチエイジング Calcium Intake and Anti-aging

上西一弘

アンチ・エイジング医学 Vol.12 No.2, 62-66, 2016

「はじめに―カルシウムの働き」カルシウムは成人の場合,体内に男性で約1kg,女性で約0.7kg含まれる。そのうち約99%は骨に含まれており,リンとともにハイドロキシアパタイトを構成している。残り...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

患者教育実践講座 第46回 高尿酸血症の患者にもすすめられる食品

森脇優司

高尿酸血症と痛風 Vol.24 No.1, 72-75, 2016

「はじめに」高尿酸血症の患者の食事療法としては,これまでプリン体,飲酒,果糖など控えるべき食品に主眼が置かれてきたが,最近では食生活に積極的に取り入れるとよいと考えられる食品についての研究もみら...

⇒全文を見る

category13.gif

2016/04/01

目でみる食事療法 Ⅵ インスリン抵抗性を有する高尿酸血症・痛風の食事療法 Dietary therapy VI ─ For hyperuricemia and gout with insulin resistance

金子希代子/金子佳冬

高尿酸血症と痛風 Vol.24 No.1, 1-4, 2016

「はじめに」今回は「インスリン抵抗性を有する高尿酸血症・痛風の食事療法」をテーマとし,高尿酸血症・痛風の食事療法における基本ポイントに,インスリン抵抗性(耐糖能異常)が進行した糖尿病において『科...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す