• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2018/07/10

特集 ワクチン・予防接種:わが国における現状と課題 HPVワクチン問題はこのままでよいのか

川名敬

Pharma Medica Vol.36 No.5, 37-41, 2018

生殖器に感染するヒトパピローマウイルス(human papillomavirus;HPV)は,男女を問わず,性交経験のある人はほぼすべて感染している。HPV感染によって子宮頸癌,咽頭癌,肛門癌,陰...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/05/22

特集 がん治療医に聞く:実地臨床に必要な疼痛緩和の知識 多発性骨髄腫の痛みの緩和

河野和/野坂生郷

がん患者と対症療法 Vol.27 No.1, 43-46, 2018

多発性骨髄腫(MM)は,B細胞の最終分化段階である形質細胞の単クローン性増殖により引き起こされる造血器腫瘍である。初診時には70%以上の症例で何らかの骨関連事象を認め,病変部位の疼痛は患者のAD...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/05/22

特集 がん治療医に聞く:実地臨床に必要な疼痛緩和の知識 下腿浮腫による痛み・苦痛の緩和

濵西潤三/井沢知子

がん患者と対症療法 Vol.27 No.1, 36-42, 2018

下肢リンパ浮腫は,しばしばがん治療の後遺症として長期間にわたり患者のQOLに影響を及ぼすことがあり,下肢の重だるさは日常生活に支障をきたすこともある。また,下肢リンパ浮腫は0期からⅢ期まで次第に...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/05/22

特集 がん治療医に聞く:実地臨床に必要な疼痛緩和の知識 後腹膜浸潤による痛み・苦痛の緩和

三宅秀明

がん患者と対症療法 Vol.27 No.1, 30-35, 2018

泌尿器,消化器および婦人科領域などのさまざまな悪性腫瘍が原因で後腹膜浸潤に伴う痛み,苦痛は起こりうるが,その頻度は決して低いものではない。後腹膜腔には腎臓,尿管および膀胱により構成される尿路が存...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/05/22

特集 がん治療医に聞く:実地臨床に必要な疼痛緩和の知識 イレウスに伴う痛み・苦痛の緩和

陶山浩一

がん患者と対症療法 Vol.27 No.1, 25-29, 2018

悪性腫瘍患者においては,さまざまな理由でイレウスをきたすことがある。機序による正確な診断とそれに基づく適切な対処が必要であることは一般的なイレウスと同様に重要であるが,悪性腫瘍患者においては患者...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/05/22

特集 がん治療医に聞く:実地臨床に必要な疼痛緩和の知識 右季肋部痛:肝胆膵がんの痛みの緩和

上野誠

がん患者と対症療法 Vol.27 No.1, 21-24, 2018

肝胆膵領域では膵がんの腫瘍疼痛が広く知られているが,がん治療におけるさまざまな病態で疼痛が出現する。疼痛緩和にはその原因を把握することが重要であり,腫瘍疼痛以外に肝膿瘍,胆囊炎なども鑑別に挙がる...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/05/22

特集 がん治療医に聞く:実地臨床に必要な疼痛緩和の知識 皮膚浸潤・自壊による痛み・苦痛の緩和

大谷彰一郎

がん患者と対症療法 Vol.27 No.1, 17-20, 2018

切除不能な局所進行がんは,がん種を問わず皮膚浸潤を呈して出血,滲出液,悪臭,接触痛などを伴い,QOLを著しく損なう。腫瘍の皮膚浸潤による自壊,出血例では止血に難渋することが多く,輸血を必要とする...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/05/22

特集 がん治療医に聞く:実地臨床に必要な疼痛緩和の知識 パンコースト腫瘍による痛みの緩和

石原未希子/猶木克彦

がん患者と対症療法 Vol.27 No.1, 13-16, 2018

●パンコースト腫瘍(SST)は治癒可能な患者から数日の経過で寝たきりとなる予後不良な患者まで,多彩な経過をとるヘテロな集団である。●肩を中心とした疼痛は初発症状として重要であり,その後の治療にお...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/05/22

特集 がん治療医に聞く:実地臨床に必要な疼痛緩和の知識 化学放射線療法による口腔や食道の痛み・苦痛の緩和

山下拓

がん患者と対症療法 Vol.27 No.1, 7-12, 2018

化学放射線療法(CCRT)に伴う口腔や食道の痛み・苦痛の主たる原因は,口腔・咽頭・食道に生じる粘膜炎である。これは患者のQOLに影響するだけでなく,治療完遂,ひいては治療成績の悪化も招きうる重大...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/05/22

リレーエッセイ―“痛み”の周辺から― (28)オピオイド誘発性便秘症治療薬ナルデメジンの開発

鈴木勉

がん患者と対症療法 Vol.27 No.1, 64-66, 2018

2017年6月に,オピオイド誘発性便秘症治療薬ナルデメジン(スインプロイク®)が塩野義製薬株式会社より世界に先駆けて発売されました。さらに,2017年10月には米国でも日本発のナルデメジンが発売...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/05/22

疼痛緩和に必要な画像検査とそのタイミング がん患者の痛み=がん性疼痛とは限らない

西智弘

がん患者と対症療法 Vol.27 No.1, 60-63, 2018

がんの患者を診ているときに“がん性疼痛”の管理について意識し,知識をアップデートしていくことは必須のことである。がん患者が経験する苦痛のうち,このがん性疼痛を適切に管理することは特に重要である。...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/05/22

がん患者のための薬物療法講座 鎮痛薬・症状緩和治療薬:患者さんに上手に使ってもらうには

龍恵美

がん患者と対症療法 Vol.27 No.1, 55-59, 2018

今回は,医療用麻薬(特にレスキュー薬)の入院中の管理方法と服薬アドヒアランスを中心に考えてみます。また,『病院・診療所における麻薬管理マニュアル』(厚生労働省医薬食品局監視指導・麻薬対策課),『...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/05/22

現場で役立つがん看護 診断期~治療期の患者を支える外来がん看護

谷口愛

がん患者と対症療法 Vol.27 No.1, 50-54, 2018

近年,がん治療は外来にシフトされ,外来看護師が果たすべき役割は拡大している。診断時や再発時の情緒的支援,治療方針や療養先に関する意思決定支援,治療による有害事象のマネジメント,病棟や地域との連携...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/05/22

What's New 日本癌治療学会認定がん医療ネットワークナビゲーター

佐々木治一郎/相羽惠介/矢野篤次郎/冨田尚裕/片渕秀隆/西山正彦/北川雄光

がん患者と対症療法 Vol.27 No.1, 48-49, 2018

2007年にがん対策基本法が施行され,全国の二次医療圏にがん診療連携拠点病院が設置されました。各拠点病院には,患者・家族のがんに関する情報提供を担う組織として,がん相談支援センターの設置が義務づ...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/05/22

特集 がん治療医に聞く:実地臨床に必要な疼痛緩和の知識 はじめに

佐々木治一郎

がん患者と対症療法 Vol.27 No.1, 6, 2018

現在のがん治療は,がん治療に関わる主治医1人で完遂できるものではない。がん治療に関わるさまざまな職種の医療者によってがん治療チームが構成され,チームメンバーのそれぞれが得意分野で力を発揮してこそ...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/06

News and Topics 1次治療のEGFR-TKI耐性後のT790M変異陽性進行非小細胞肺がんに対するオシメルチニブの有効性

仁保誠治

がん分子標的治療 Vol.15 No.3, 109-111, 2017

上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子変異陽性進行非小細胞肺がん(non-small-cell lung cancer;NSCLC)に対する標準治療はEGFRチロシンキナーゼ阻害薬(TKI)である。日...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/06

News and Topics OAK試験からみるatezolizumabの展望

伊藤健太郎

がん分子標的治療 Vol.15 No.3, 112-114, 2017

2次治療以降の非小細胞肺がん(non-small-cell lung cancer;NSCLC)患者を対象として,programmed death-1(PD-1)を標的とした抗PD-1抗体であるニボル...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/06

News and Topics PALOMA-2試験:ホルモン受容体陽性進行乳がんに対するCDK4/6阻害薬の位置づけ

山下奈真/井上有香/徳永えり子

がん分子標的治療 Vol.15 No.3, 101-105, 2017

ホルモン受容体陽性乳がんは全乳がんのおよそ60~65%を占め,乳がん治療におけるホルモン療法は古くから確立された標的治療であるといえる。50年以上にわたり,ホルモン受容体陽性乳がんにおける治療の...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/06

Cancer biology and new seeds Motesanib(VEGFR阻害薬)は血管内皮細胞PKAを活性化し血管透過性を抑制する

松田道行

がん分子標的治療 Vol.15 No.3, 77-81, 2017

血管透過性の亢進はがん組織の特徴の1つである。血管内皮増殖因子(VEGF)が血管透過性を亢進させること,VEGF受容体(VEGFR)阻害薬motesanibが腫瘍組織の血管透過性を正常化させるこ...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/06

特集 プレシジョン・メディシンとアンチエイジング がんのプレシジョン・メディシン

加藤護

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.5, 67-73, 2017

がんは,遺伝子の異常によって引き起こされる病気である。ただし,遺伝子の異常といっても,多くのケースでは,先天的なものではなく後天的なものである。たとえば,細胞内では,多くの遺伝子が関与して細胞の...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す